9人を監禁?『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、20年1月24日公開

2020年9月22日

実話を基に製作された映画です。

こんな事までしてネタバレを防ぎたかったのかと、
自分の目と耳を疑ってしまいましたね。

世界的なベストセラーになるのは凄いと、
安易に考えてしまいますが、
大きくなればなるほど、

悩みも大きくなって、

恐怖まで付いてきてしまう、怖い世界ですね。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、

フランス・ベルギーで製作されたスリラー映画です。

 

スポンサーリンク

実話がベース『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

 

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

【公式】『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』2020年1月24日(金)公開/本予告

監督 レジス・ロワンサル
出演(役名) ランベール・ウィルソン(エリック・アングストロム)
オルガ・キュリレンコ(カテリナ・アニシノワ)
アレックス・ロウザー(アレックス・グッドマン)
エドゥアルド・ノリエガ(ハビエル・カサル)
シセ・バベット・クヌッセン(エレーヌ・タクセン)
リッカルド・スカマルチョ(ダリオ・ファレーリ)
パトリック・ポーショー(ジョルジュ・フォンテーヌ)
サラ・ジロドー(ロゼ=メール・ウーエ)
アンナ・マリア・シュトルム(イングリッド・コーベル)
フランス公開 2020年1月29日
日本公開 2020年1月24日

 

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

フランスの人里離れた村にある洋館。
全世界待望のミステリー小説「デダリュス」の完結編を各国語へ翻訳するために、
9カ国から集められた9人の翻訳家
彼らは洋館の地下にある密室に隔離されてしまう。
「デダリュス」の出版元が、著者の同意のもとに行わせた翻訳作業。
外の世界と完全に遮断された空間で、囚人同様に監視され、
外出禁止電話やSNSなどの通信も禁止
毎日20ページずつ渡される原稿をひたすら翻訳する事に。
そんなある夜、
出版元の社長の携帯にメールが届く。
冒頭10ページをネットに公開した
24時間以内に500万ユーロ払わないと
次の100ページも公開する

犯人9人の翻訳家の中に・・・

〜『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』〜

 

ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとする、
ダン・ブラウン原作の小説「ロバート・ラングドンシリーズの4作目、
インフェルノ」の出版の際に、
違法に流出することを恐れた出版元が、ダン・ブラウンの同意のもと、
各国の翻訳家を地下室に隔離して翻訳を行った。

という、本当にあった怖い話をベースにしたスリラー映画

実話を基に製作された物語なんです。

 

スポンサーリンク

 

『9人の翻訳家』の元ネタになったダン・ブラウン

ダン・ブラウン(1964年6月22日〜)は、
アメリカのニューハンプシャー出身の小説家です。

ロバート・ラングドンシリーズは日本でも有名ですね。

発行年 タイトル 主なテーマ
2000年 天使と悪魔 秘密結社イルミナティ
2003年 ダ・ヴィンチ・コード レオナルド・ダヴィンチ
2009年 ロスト・シンボル フリーメイソン
2013年 インフェルノ ダンテ

映画化されたのは、
ダ・ヴィンチ・コード」(日本公開2006年)、
天使と悪魔」(日本公開2009年)、
インフェルノ」(日本公開2016年)と、
原作が発売された順番とは異なっています。

ダ・ヴィンチ・コード」は「ロバート・ラングドンシリーズの2作目です。

そして、
映画3作とも主演はトム・ハンクス

この3作は、いつ観てもしれっと楽しめてしまう娯楽大作。
私も楽しませて頂きました。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(日本公開2020年)、
原作としては4作目
映画のシリーズとしては3作目にあたる「インフェルノ」、
この原作を翻訳する時に、実際に行われたお話を、
スリラー映画として作られた作品です。

全世界でベストセラーとなっている「ロバート・ラングドンシリーズ

最新作「インフェルノ」を守るために、
出版元が著者ダン・ブラウンに許可を得て行った対策が、

翻訳家たちの監禁です。

インフェルノ」を映画内では「デダリュス」と変更。

デダリュス」のネタバレを防ごうと、
度が過ぎる行為を行った出版社の社長を演じるのが、
ランベール・ウィルソン

 

ランベール・ウィルソンについて

 

ランベール・ウィルソン(1958年8月3日〜)は、
フランス出身の俳優、歌手です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1983年 サハラ ジャファー
2003年 マトリックス・リローデッド メロヴィンジアン
マトリックス・レボリューションズ
タイムライン アルノー卿
2004年 キャットウーマン ジョージ・ヘデア
2008年 華麗なるアリバイ ピエール・コリエ
2019年 9人の翻訳家 囚われたベストセラー エリック・アングストロム

9人の翻訳家 囚われたベストセラー』、
日本公開は2020年1月24日です。
チェコでは2019年11月23日に公開されているようです。

ランベール・ウィルソン出演映画で有名なのは、
マトリックスシリーズメロヴィンジアン役。

2004年「キャットウーマン」では、
第25回ゴールデンラズベリー賞最低助演男優賞ノミネートされていますが、
受賞はしておりません。

そんなランベール・ウィルソンが主演を務める、
9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は実話を基に製作された映画です。

ここ最近、映画のことを調べていると、
妙に、実話を基に作られた映画の多さが際立ってしまいますね。

 

実話を基に製作された映画の公開予定

リチャード・ジュエル

1996年アトランタオリンピック中に起きた、
爆破テロ事件、その事件で被害を最小限に抑えたヒーローでもあり、
加害者側にも立たされてしまったリチャード・ジェエル実話を基に製作。
日本公開は2020年1月17日です。

監督はクリント・イーストウッド

リチャード・ジュエル」の関連記事です

 

▶︎▶︎▶︎実話『リチャード・ジュエル』、イーストウッド監督最新作は20年1月17日公開

 

THE UPSIDE/最強のふたり

フランス映画の名作「最強のふたり」をハリウッドがリメイクした作品。
主演は「ブレインキング・バッド」でお馴染みブライアン・クランストン
車椅子生活を余儀なくされた大富豪と、その介護人の生活を描いた実話
日本公開は2019年12月20日です。      

THE UPSIDE/最強のふたり」の関連記事です

 

▶︎▶︎▶︎フランスの名作をハリウッドがリメイク!、「最強のふたり」12.20公開

 

テッド・バンディ

実在したアメリカのシリアルキラーを題材にした映画。
30人以上を殺害してきたテッド・バンディ
1989年1月24日、フロリダ州刑務所で電気椅子による死刑が執行されています。
日本公開は2019年12月20日です。

 

ジョン・デロリアン

バック・トゥ・ザ・フューチャー」でお馴染みタイムマシン「デロリアン」。
その原型「デロリアンDMC-12)」の生みの親と言える、
ジョン・ザッカリー・デロリアンを題材にした実話
バック・トゥ・ザ・フューチャー」のコアなファンが楽しめそうな作品です。

ジョン・デロリアン」の関連記事です

 

▶︎▶︎▶︎「BTTF」の伝説はこの人から?「ジョン・デロリアン」は12月7日から順次公開!

 

ここ最近でも、
9人の翻訳家 囚われたベストセラー』を入れて、
実話を基に製作された公開予定映画5本もあります。

ただ残念ながら、
全国どこででも観られるという訳ではないようで、

9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の公開予定の映画館は、

都内だと、
ヒューマントラストシネマ有楽町
渋谷シネクイント
新宿ピカデリーなどで、

全国では順次公開予定となっています。

大々的に公開される作品ではないので、
お近くの映画館で観られる状況にある方々はラッキー
そんな作品になりそうです。

ちなみに私は、ちょっと視聴するのが難しくなっております。
ムカつきますけど。

 

最後に

 

実話を基に製作された映画、
9人の翻訳家 囚われたベストセラー』を紹介させて頂きました。

予告動画を観ただけでも、
その異様さと怖さが伝わってきます。

ネタバレを防ぐために、
翻訳家をほぼ監禁状態にしてしまうんですから、
偉い方達の考え方は、凡人の私には理解できません。

だからこそ、

映画の題材として相応しいミステリーが出来上がって、

スリラー映画として楽しめるんでしょうけどね。

近くの映画館で公開されるようなら、
来年、視聴したい作品の1つです。

ではまた。

 

スポンサーリンク