Netflixドラマ『忍びの家 House of Ninjas』キャスト/あらすじ/感想、シーズン2にも期待!

2024年2月15日から、
Netflixで配信されているドラマ『忍びの家 House of Ninjas

Netflixドラマ『忍びの家 House of Ninjas

✅ シーズン1:全8話

✅ スタッフを確認してみると、
監督:デイブ・ボイル
エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤善宏
コー・エグゼクティブ・プロデューサー:賀来賢人、デイブ・ボイル
となっておりましたので、主演を演じている賀来賢人さんが共同製作者として関わっているようです
(ちなみに、英語表記だとCo.Executive Producerです)

✅ シーズン2へ継続するかどうかは、今後に期待、といった感じ

NetflixのTV番組TOP10(日本)では今現在(2月24日)、
1位を獲得しているのがドラマ『忍びの家 House of Ninjas

ドラマには定評のあるNetflixです。
観ておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

Netflixドラマ『忍びの家 House of Ninjas』

Netflixドラマ『忍びの家

『忍びの家 House of Ninjas』予告編 - Netflix

  • エピソード1「The Offer - 指令 -」〜55分〜
  • エピソード2「The Trail - 痕跡 -」〜52分〜
  • エピソード3「The Flower - 幻花 -」〜53分〜
  • エピソード4「The Resurrection - 復活 -」〜52分〜
  • エピソード5「The Confession - 告白 -」〜51分〜
  • エピソード6「The Stranger - 異人 -」〜55分〜
  • エピソード7「The Trade - 取引 -」〜53分〜
  • エピソード8「The Eclipse - 日蝕 -」〜54分〜

 

キャスト

【キャスト(役名)】
賀来賢人(俵 晴:たわら はる/服部半蔵の子孫である俵家の次男)

吉岡里帆(伊藤 可憐/女性ライター、晴と知り合う)

江口洋介(俵 壮一/服部半蔵の子孫、俵家の長、晴の父親)

木村多江(俵 洋子/俵家の母親)

蒔田彩珠(俵 凪/俵家の長女、晴の妹)

番家天嵩(俵 陸/俵家の三男、晴の弟)

宮本信子(俵 タキ/壮一の母、俵家の祖母)

高良健吾(俵 岳/俵家の長男、晴の兄、6年前に亡くなっている)

田口トモロヲ(浜島仁/文化庁の役人、俵家と深い繋がり)

柄本時生(沖正光/文化庁の役人、浜島の部下)

嶋田久作(久世浩作/文化庁の役人、清掃担当)

ピエール瀧(尾身善助/窃盗事件を追う刑事)

筒井真理子(向井瞳子/新民党所属・新都知事候補の女性)

沖万美(あやめ/新興宗教団体元天会の団員)

山田孝之(辻岡洋介/新興宗教団体元天会のカリスマ教祖)

スポンサーリンク

スタッフ

Netflixドラマ『忍びの家 House of Ninjas
エンドロールに表示されているスタッフ陣の1部を順番通りに記載しておきます。

エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤善宏

コー・エグゼクティブ・プロデューサー:賀来賢人、デイヴ・ボイル

プロデューサー:神戸明 ラインプロデューサー:森徹

音楽:ジョナサン・スナイプス

監督:デイブ・ボイル

脚本:山浦雅大、大浦光太

撮影:江原祥ニ 美術:林田裕至、高橋泰代

照明:杉本崇 録音:竹内久史

編集:洲崎千恵子 アクション監督:田渕景也

衣裳デザイナー:小川久美子 ヘアメイク:荒井智美

装置設計:郡司英雄 装飾:山田好男

スクリプター:赤澤環 整音:竹島直登

音響効果:井上奈津子

VFXスーパーバイザー:白石哲也 VFXプロデューサー:横石淳

DIプロデューサー/カラーグレーディング:齋藤精二、星子駿光

音楽プロデューサー:成川沙世子

監督補:村尾嘉昭 助監督:久保田博紀、足立公良

キャスティング:飯田美保

制作担当:堤健太 制作統括:會田望

 

あらすじ

ドラマ『忍びの家』あらすじ

伝説の忍者、
徳川家康に仕えたことでも有名な服部半蔵。

その半蔵の血を引く子孫・忍び一家の俵家

父・壮一
母・洋子
祖母・タキ
長男・
次男・
長女・
三男・

日本の闇に紛れ込み、
数々の事件を裏から解決に導いてきた優秀な忍び一家だったが、
6年前のある事件をきっかけに忍び家業を捨て、
一般人として暮らしていた。

しかし、
その平穏な日々は続かなかった・・・。

日本を揺るがす陰謀
新興宗教団体の元天会
そして、
服部半蔵のライバルだった風魔一族という存在・・・。

様々な事件と、
6年前の因果が蘇ってくる中、
俵家たち忍び一家は再び、
忍び装束に身を包むことになっていく。

ドラマ『忍びの家

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
Netflixドラマ『忍びの家』の感想

 

(出演している俳優さん達のほとんどを知らなくても、楽しめた)

8

 

Netflixドラマ『忍びの家、試聴しました。

 

個人的には面白かった、
単純に最後まで楽しめたドラマでしたね。

 

忍者らしい格闘シーンが多いアクションドラマではありませんが、
「代々受け継がれてきた能力を擁する“忍びの一族”が現代に」という設定は魅力的でしたし、
一族の各自にそれぞれの生活感があって、
家族的なホームドラマ感と、
裏家業的なスパイもの感が相まり、視聴者を飽きさせないシーズン1だったのではないかと。

 

少ないなりに迫力のある格闘シーンでしたし。暇潰しに重宝したドラマでした。

 

国内ドラマや邦画に疎い私にとって、
お恥ずかしい話ですけど、
初めて観る俳優さんなどもたくさんいて、非常に興味深かったです。
(名前を知っている方もいたんですけど、ドラマや映画ではほぼ・・・)

 

主人公“”の賀来賢人さん・・・初見・・・。
伊藤可憐役”の吉岡里帆さん・・・ドラマ「ガンニバル」以来2度目・・・。
洋子役”の木村多江さん・・・初見・・・。
役”の蒔田彩珠さん・・・初見・・・。
役”の番家天嵩さん・・・初見・・・。
役”の高良健吾さん・・・映画「シン・ゴジラ」(2016年)以来2度目・・・。

 

流石に“壮一役”の江口洋介さんは観ておりました。
最近もドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 〜東京湾大海戦〜」を試聴したばかりでしたし。

 

辻岡役”の山田孝之さんも何本か試聴済み。

 

おじさんならではの体たらくぶりです。

 

しかも、
タキ役”の宮本信子さんに関しては、
配役されていたことにビックリし、いつ以来に観たんだろうと調べてみたら、
伊丹十三監督作「ミンボーの女」(1992年)以来、約30年ぶりに演技を堪能させていただいたという・・・。

 

こんな状態でしたから、
ドラマの内容よりも新鮮味が勝ってしまった・・・的な部分が大いにあり得る・・・のかもしれません。

 

「忍んで生きる“忍びの一族”が最終的にまぁまぁいるじゃねーか!」とか、
「日蝕の怖さは一体何だったんだ・・・?」とか、
「シーズン2へ継続させるなら、山田孝之は残しておいた方がよろしかったのでは?」など、
多少のツッコミどころを感じつつ終焉を迎えたわけですけど、
しっかりとラストまで一気に試聴し、楽しめた、それが事実です。

 

私はシーズン2を期待しています。彼を復活させてしまえば良いんですよ・・・。
何かしらの闇術的なのがあるでしょうし。
是非、継続して欲しいドラマです。

 

Netflixドラマ『忍びの家、気になる方は試聴してみてください。

スポンサーリンク

最後に

2月15日からNetflixで配信されているドラマ、
忍びの家 House of Ninjasを紹介させていただきました。

そこまでダークな物語ではないし、
軽快なテンポで観やすい類のドラマだと思いますから、
まだ試聴していないのなら、
肩の力を抜いて再生してみてもよろしいかと思います。

シーズン2への継続もしそうですしね、多分。

私個人としては、とりあえず、
次シーズンも試聴したいと思えるドラマでした。

ではまた。

 

(Visited 114 times, 1 visits today)

スポンサーリンク