ドラマ『チェスナットマン』キャスト/あらすじ/感想(少しネタバレ)、サスペンスの良作

デンマークのミステリー小説、
セーアン・スヴァイストロプ著の「チェスナットマン」が原作。

Netflixオリジナルドラマ『チェスナットマン

ドラマ『チェスナットマン

✔︎ シーズン1全6話で構成されているミステリー・サスペンス

✔︎ 少しグロいが、観ておいて損の無いドラマ

✔︎ 犯人を知った時、間違いなくビックリできる

何となく再生したドラマ『チェスナットマン
非常に面白かったですね。

ドラマ中盤で「この人が犯人なのか・・・」と予想できるんですけど、
私は完全に外しました。

「まさか・・・この人なの?!」とビックリできますよ。
おすすめです。

スポンサーリンク

ドラマ『チェスナットマン』キャスト/あらすじ/感想

チェスナットマン

The Chestnut Man | Official Trailer | Netflix

  • 「エピソード1」〜57分〜
  • 「エピソード2」〜56分〜
  • 「エピソード3」〜52分〜
  • 「エピソード4」〜59分〜
  • 「エピソード5」〜55分〜
  • 「エピソード6」〜51分〜

 

キャスト

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mikkel Boe Følsgaard(@mikkelboefolsgaard)がシェアした投稿

原作/制作
セーアン・スヴァイストロプ、ドルテ・W・ホ、
ダヴィド・サンドロイター、ミケル・セラプ

監督
ミケル・セラプ

キャスト(役名)
ダニカ・カーチック
(ナイア・トゥーリン/女性刑事、1児の母親)

Liva Forsberg
(リー・トゥーリン/ナイアの娘)

ミケル・ボー・フォルスゴー
(マーク・ヘス/ユーロポールからやってきた刑事、ナイアの相棒)

イベン・ドルナー
(ローザ・ハルトゥンク/社会大臣の女性、娘が誘拐殺人の犠牲に)

エスペン・ダルガード・アンデルセン
(スティン・ハルトゥンク/ローザの夫)

Louis Naess-Schmidt
(ゴスタウ/ローザの息子)

セリーヌ・モーテンセン
(クリスティン/ローザの娘、誘拐殺人事件の犠牲者、遺体は見つかっていない)

デヴィッド・デンシック
(シモン・ゲンツ/法医学研究所の所長)

アンダース・ホヴ
(アクセル/リーの祖父)

ジェスパー・オレ・フェイト・アンデルセン
(ニュランダ/トゥーリンの上司)

Elliott Crosset Hove
(リヌス・ベッカー/クリスティン誘拐の犯人・・・?)

スポンサーリンク

あらすじ

ドラマ『チェスナットマン』あらすじ

1987年
デンマークのメン島で起きた凄惨な事件。
ある牧場の家に駆けつけた警察官が見た光景は、
3体の惨殺死体、重傷を負った少年。そして、
地下室に隠れていた少女と、地下室に飾られていた奇妙な人形の数々。
その警察官が見た最後の光景だった・・・。

・・・現在・・・

人里離れた森の中で殺人事件が発生。
被害者は37歳のラウラ・ケア、1児の母親。
目をくり抜かれ、左手首を切断された状態で見つかった。
犯人が持ち去ったと思われる左手首。
現場にポツンと置かれていた奇妙な人形、
”栗の人形(チェスナットマン)”。
その人形には、1年前の誘拐殺人の被害者クリスティンの指紋が残っていた。

この事件にあたることになったナイア・トゥーリン刑事と、
ユーロポールからやって来たマーク・ヘス刑事は、
捜査を開始。

しかし、
またしても同じような殺人事件が発生。

森の中で、両手首を切断され、片足にロープが巻いてあり吊るされた状態で発見された、
アンネ=サーラ・ラッセン、
2児の母親。
彼女の家にポツンと置かれていた”栗の人形(チェスナットマン)”。
人形に残されていたクリスティンの指紋。

残虐な手口の連続殺人はさらに・・・。

犯人が狙っているのは”何かしらの理由”がある母親。
現場に残されている”チェスナットマン”。

そして、
チェスナットマン”から検出されるクリスティンの指紋。
社会大臣ローザの娘クリスティンは、1年前の誘拐殺人で犠牲となっているはずなのに、
今になって何かを暗示するように次々と指紋が・・・。

死んだと思われていたクリスティンと、
連続殺人事件に何かしらの関係があるのか?

犯人の目的は?犯人の動機は?

ナイアとヘスが辿り着いた先、そこには、
1987年に起きた凄惨な殺人事件の真相因縁・・・。

チェスナットマン

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
チェスナットマン』の感想

 

ちょうど良く楽しめるミステリー・サスペンス)

8.5

 

原作小説、ドラマ自体の評価も高いチェスナットマン
個人的には非常に面白かったと思えたドラマでした。

 

多少、
上手くまとまり過ぎた感は否めませんけど、
納得のいくラストと、驚き、観応えのあるミステリー・サスペンスを楽しめましたね。
感動する場面もあって満足です。

 

Netflixで観られる北欧系のドラマ、
ポストモーテム」「KATLA/カトラ」「ラグナロク」や、
映画「赤い光点」なども視聴しましたが、
まだ外れておりません。
(一般的に北欧といわれる場所は、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、アイスランドです)

 

画面から醸し出している雰囲気は暗くて陰鬱
自然の背景は物凄く綺麗(「ミッドサマー」しかり)、
北欧系の特徴なんでしょうか?
明暗のバランス表現が絶妙です。

 

このチェスナットマンもまさに北欧系といった感じ、
「THE KILLING」の製作陣が関わっているということで、
間違いないドラマですね。
(私が視聴したのは、アメリカでリメイクされた「THE KILLING〜闇に眠る美少女〜」)

 

少しネタバレなんですが、
ドラマ『チェスナットマンのラスト、
ある人物が「手は尽くした」と語るんです。

 

その意味をどう捉えたらいいのか悩んでしまって・・・。

 

「指紋はわざと残した」「守り通したよ」的な意味なのか・・・。

 

インパクトの弱いドラマなら、そこまで悩んだりしませんけど、
チェスナットマンぐらいの良作サスペンスだと、
色々と勘ぐりたくなってしまいます。あ〜だこ〜だ。

 

まとまり過ぎた感は確かにある、
それでも非常に面白かったと思えるドラマでした。

 

おすすめです。

〜原作小説はこちら〜

最後に

Netflixオリジナル、北欧系のミステリー・サスペンス、
ドラマ『チェスナットマンを紹介させていただきました。

全編通して暗いドラマと言えますけど、
観応えのある物語となっていますから、気になる方は視聴してみてください。

全6話とちょうど良い長さですしね。

「犯人、お前かよ?!」

ビックリして欲しいと思っています。

ではまた。

(Visited 47 times, 1 visits today)

スポンサーリンク