ドラマ『ニッセ:闇に住まう者』シーズン1/あらすじ/キャスト/感想、2時間半で!

Netflixで11月28日から配信されている、
デンマークのホラー・ファンタジー系のドラマ、
ニッセ:闇に住まう者

面白いからおすすめ、とは言いませんけど、
かなりの短時間でシーズン1が観終わりますから、ちょっとした暇つぶしに最適です。

ドラマ『ニッセ:闇に住まう者

✔︎ シーズン1全6話、全てを一気に観ても2時間半!

✔︎ 人里離れた孤島で巻き起こる、得体の知れない怪物パニック

✔︎ 恐怖感はほぼ無いが、妙な胸糞悪さの残るドラマ

再生時間がかなり短いドラマニッセ:闇に住まう者
あのエンディングで、この胸糞悪さ・・・、
不思議なドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ『ニッセ:闇に住まう者』シーズン1/あらすじ/キャスト/感想

ニッセ:闇に住まう者』シーズン1

Elves | Official Trailer | Netflix

  • エピソード1「オーマンズ島」〜25分〜
  • エピソード2「森の生き物」〜23分〜
  • エピソード3「秘密」〜26分〜
  • エピソード4「フェンスの向こう側」〜20分〜
  • エピソード5「猛威」〜24分〜
  • エピソード6「いけにえ」〜23分〜

 

あらすじ

ニッセ:闇に住まう者』あらすじ

人里離れた孤島のオーマンズ島

静かに暮らしている人々、
島の中心部にある森は、フェンスで囲み立入禁止区域となっている・・・。

そんなオーマンズ島へ、
クリスマス休暇を利用して、
父親の同僚が見つけた貸家にやってきた家族。

静かに家族で過ごそうとしていたが、
孤島にやってきた初日、異変はすぐに始まった。

貸家に移動中の車内、
何かにぶつかり、車を止めた父親:マス。
車の外に出て、あたりを調べてみると、車の正面に粘り気のある謎の液体と、
何かにぶつかった跡が。

しかし、痕跡はそれだけ、
小動物がいる気配もない。

そこへ地元民がやってきて、すぐに立ち去るように言われた家族は、
貸家へと車を走らせる。

その日の夜、

娘のヨセフィーンは、
フェンスの近くで、怪我をしている得体の知れない生き物を見つけ、
貸家の近くにある不気味な納屋へ連れ帰った。

得体の知れない生き物に食事を与え、
怪我の手当てをするヨセフィーン。

彼女はその生き物をキーコと名付け、
保護していたのだが・・・。

外の世界との交流が一切ない孤島のオーマンズ島、
フェンスで囲んである地域に潜んでいる、得体の知れない何か
ヨセフィーンが保護している生き物

やがて、
孤島の中で暮らしている人々が何かに襲われ始める・・・。

ニッセ:闇に住まう者

トムテ

・ノルウェーとデンマークではニッセ(nisse)と呼ばれる、
北欧民間伝承に登場する妖精のこと。

・小さな子供ぐらいの大きさで赤い帽子をかぶり、農家の守護神とされている。

・優しい性格で農家に繁栄をもたらすが、一方で気難しく、
大事に扱わなければその家は捨て去ってしまう。

・北欧圏では、クリスマス(ユール)にはトムテに粥(ポリッジ)を供える習慣がある。

参照元:wikipedia-トムテ

ドラマ『ニッセ:闇に住まう者の中では、
粥ではなく、生贄となっています。

スポンサーリンク

キャスト(役名)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lila Nobel(@nobelila)がシェアした投稿

原作/制作
ステファン・ジャウォースキー

キャスト(役名)

オーマンズ島を訪れる家族
ソーニャ・ソフィー・エングバリ・スティーン
ヨセフィーン/好奇心旺盛な少女)

リラ・ノーベル
シャルロット/母親)

ピーザ・トマス・ピーダスン
マス/父親)

ミロ・カンパナーレ
キャスパー/ヨセフィーンの兄)

オーマンズ島の住人
アン・エレオノーラ・ヨルゲンセン
カーン/孫と店を経営している女性、島の中心人物)

ヴィヴリル・スゴー・ホルム
リウ/カーンの孫、キャスパーと知り合う女性)

ラスムス・ハメルク
ムラー/フェンスの管理をしている男性)

 

おじさんの感想(少しネタバレあり)

おじさんの声
おじさんの声
ニッセ:闇に住まう者』の感想

 

(イライラしますけど、短時間だから・・・)

6.5

 

新着で見つけて、
シーズン1全6話、しかも1話1話が30分に満たないドラマでしたので、
すぐ観終わると思い再生したニッセ:闇に住まう者

 

個人的に面白いとは思えませんでした。

 

単純に頭にキテしまったのが原因ですね。

 

オーマンズ島にやってきた家族、
特にヨセフィーンですけど、
彼らがやたらと島のルール的なものを破り、島に災いを撒き散らす原因となりますから、
観ていてちょっと不快になってしまいました。

 

好奇心旺盛で動物保護の精神は良いんですが、
もう少し郷に入っては郷に従うといった気持ちがないものか・・・。

 

優しさと捉えたい部分なのに、
ただのワガママに見えてしまって・・・、島の人間が被害者に・・・。

 

家族に感情移入できずに視聴が終わりました

 

ただ、
ドラマとして、物語として、
ヨセフィーンが動かないと、静かな島に異変が起きませんから、
キャラ的には正解なんでしょうね。いけ好かないけど・・・。

 

そして、あのラスト、
「さようなら、オーマンズ島」的な家族の立ち振る舞いもあまり・・・。

 

しかも、
シーズン2があるかもよ〜的な部分もありました。

 

家族への胸糞悪さと、
ラストで描かれている安堵感と期待感のギャップがあり過ぎて、
なんとも言い難いドラマ、といった評に。

 

ニッセ:闇に住まう者
おすすめはしませんけど、短時間で暇つぶしが可能なので、
6.5点としておきます。

スポンサーリンク

余談:曲について

エピソード1「オーマンズ島」の中で流れていた曲
少し気になったので調べてみました。

曲名:「Carol Of The Bells」
「キャロル・オブ・ザ・ベル」は、ウクライナの民謡を元に、
マイコラ・レオントーヴィッチュが1914年に編曲したシュチェドルィックに、
1936年にウクライナ人作曲家ピーター・J・ウィルウフスキーが英語の歌詞を付けたもの。
今現在でも、最もよく歌われるクリスマス・ソングの1つ

歌手:Fallulah
デンマークの女性シンガーソングライター。

YouTubeで「Carol Of The Bells Fallulah」と検索すれば視聴可能。

ドラマ『ニッセ:闇に住まう者イントロで流れている曲も、
ハミングのみの「Carol Of The Bells」ではないかと。

気になったので一応。

スポンサーリンク

最後に

約2時間半ほどで観終わるドラマ、
ニッセ:闇に住まう者を紹介させていただきました。

短時間で暇つぶしできますから、
気になる方はNetflixで視聴してみてください。

私がハマれなかっただけです。

視聴して判断していただけば良いなと。

おじさんの感性だと限界がありますからね。

雰囲気のある「Carol Of The Bells Fallulah」を知られた事のみ、
良かったな〜と思えたドラマでした。

ではまた。

 

(Visited 199 times, 1 visits today)

スポンサーリンク