簡単な考え方で、記事ネタにする「何か」を探してください

ブログ」を立ち上げた当初、

ネタになんか困らないんですよね。

あれも書こう、これも書こうと、

モチベーションの高さと重なり合って、
どんどん記事を書き続けていけます。ちょっと考えればネタが出てくる、
そんなスタートを切れるのが「ブログ」です。

ただ残念ながら、
この感じを1年、2年と続けていけるのはで、

ほとんどの人がぶち当たる壁が存在します。

ネタが無い

書く事が無い

私もそんな1人です。

 

スポンサーリンク

「何か」をネタにして、「何か」の記事を書く

 

290記事ほど継続してきましたけど、

ネタ不足に悩まされたのは100記事を超えて即でした。

何を書いたら良いのか、

何をネタとして記事にしたら「ブログ」として成立するのか、

ずっと悩んでいます。

この「ブログ」の場合だと、
ある程度の流れを自分勝手に作ってしまいましたので、
その流れに沿って継続しているだけなんですが、
それでも日々のネタには悩まされます。

ブログ」は何でも書ける媒体、

分かってはいるけど・・・う〜ん・・・そんな感じです。

という事で、

ネタにする「何か」、記事にするその「何か」、

何か」を探す時の考え方を書かせて頂こうと思います。

簡単ですからね。

 

伝えたい事を書く

この「ブログ」の場合だと、

面白かった映画や小説を、面白かったと伝えたいのでネタにしています。

それぐらいでも記事として書けますね。

要は、
面白かった、悲しかった、泣いた、笑った、
などのありとあらゆる感情的な部分を記事にして伝えるんです。

伝えたい事を書く

伝えたい事を誰かに伝えようとして、
ブログ」の記事にしてしまっても何の問題もありません。

立派な「ブログ記事」の出来上がりです。

 

 

自身が体験した事を書く

これが1番楽かもしれません。

自身が体験したきた事を「ブログ記事」にしてしまうんですね。

現在進行形で体験していなくても、
過去に体験している事であれば、それは立派な記事になると思います。

ネタにする「何か」、
その「何か」にうってつけなのが自身の体験です。

過去にやっていた習い事でも良いですし、
自身が趣味として楽しんでいる事でも全然構いません。

既に体験しているものであれば、
書きやすいし、ネタにも困らないのではないかと。

自身が体験した事を書く


自身が体験してきた事を文字にし、文章として、
ブログ記事」を作成、伝えよう
そんな感じですね。

自身の体験、その体験談は強みですよ。

 

 

成功例、失敗例を書く

 

これも自身の体験からくるものですが、

自身の体験での成功例失敗例も「ブログ記事」として成立します。

成功例は書きやすいんですよ。
これだけ凄い事をしましたよ、と、自慢げな文章を書くのは楽なんです。
結果も出てるし。

逆に、
失敗例は書きにくいんですよね。恥ずかしさもありますから。

ですが、

成功例ばかりの「ブログ記事」では、
凄さは感じますけど、存在を遠く感じてしまって、共感しづらいです。

成功例+失敗例
失敗を重ねて成功を掴み取った、こちらの方が共感できます。

だからと言って、捏造しろと言っている訳ではありません。

正直な成功例と、正直な失敗例を書いていけば良いのではないかと。

全ての事柄で100点を叩き出してきた、
そんな人間はいませんからね。

成功例、失敗例を書く
成功例はもちろんですが、
失敗例もちゃんとした「ブログ記事」になります。
恥ずかしく思う必要はありません。失敗した経験が成功を手繰り寄せますから。
と、私は信じています。

 

書ける事を書く

もうこれはですね、

ちょっと安易なんですけど、

書ける事を「何か」に強引にしてしまおうという事です。

私が「ブログ」を立ち上げた時の考え方は、まさにこれでした。

今、自分が書ける事はなんだろうと考えた時に、
まぁ、映画と小説ぐらいなら・・・で、この「ブログ」で記事にしてきたと。

どちらかというと、
ブログ」を始めてから何を書くか決めたので、
私は安易過ぎたんですけどね。勢いで立ち上げたので。

あなたの「ブログ」がちゃんとしたテーマを持っていて、
明確な目標を掲げて継続しているなら、これはやめておいた方がいいです。
書ける事だけを書いているようでは、何にもなりません
この「ブログ」のように。

ですので、
どうしようもなくネタにする「何か」が見つからないなら、
最終手段として活用してみてください。

書ける事を書く
自分の好きな事だけ得意な事だけを記事にしてしまってください。
記事、と言えるかどうかは分かりませんけど、継続にはなりますから。

 

まさに今!を書く(ニュースも可)

最近体験したので、こんな考えが出てきてしまいました。

最近この「ブログ」であった事件が、

テレビドラマの影響を受けてのアクセスアップです。

テレビドラマですよ、民法の。
ネットフリックスではないですよ。

 

これは一過性のものですから、
あまりお勧め出来るような手法とは言えませんけど、
日々のネタに困るようでしたら、書いてみるのもアリではないかと。

その日にあった出来事
ニュース放送されるドラマテレビ番組等々、
ブログ記事」として、ネタとして書いてみても面白いと思います。
1日限りのアクセスになる可能性もありますし、
グーグルへのインデックスが遅過ぎて、アクセスされない場合もあります。

それでも、
ネタにする「何か」、記事として書く「何か」には困りません。

毎日起こる事ですからね。

Yahoo!ニュースとにらめっこしつつ、
毎日そこから「何か」を頂いて、「ブログ記事」として毎日更新
私もやりたいぐらいです。

まさに今!を書く(ニュースも可)

体験談はいつか枯渇します(こちらをお勧めしております)。

今!は、ずっと続きますから(こちらはお勧めしません)。

1日だけのアクセスでもいい、
大量のアクセスが欲しいなら1度、今!を書いてみてはいかがでしょうか。
トレンドを追ってみてください。
アクセスを集めるのは色々大変でしょうけど、継続は楽でしょうからね。

 

 

まとめ

 

ネタにする「何か」、「何か」を記事にする、

毎日毎日、「ブログ」を継続している方々にとっては大変な作業です。

伝えたい事を書く

自身が体験した事を書く

成功例、失敗例を書く

書ける事だけを書く

まさに今!を書く(ニュースも可)

こんな感じで順を追って考えていくと、
どこかでその「何か」に出会えると思いますので、
ちょっとだけ実践してみてください。

自身の体験談、その成功例失敗例を伝えていくのが、
何よりも共感を得られますし、読者さんの為にもなるはずです。

逆に、
トレンドを追って、アクセス狙いでいくとするなら、
旬なものまさに今!を書いてみてください。
アクセスはこちらの方が断然集まりますからね。もの凄いですよ。
スピードインデックスライバルの多さなどなど、
大変だとは思いますが。

私はそれが出来ないので、
書ける事伝えたい事(映画や小説の面白さ)を書きつつ、
ブログ」について(体験談)を記事にして継続させてもらっています。
最近は先の事(公開予定の映画)も書いておりますけどね。

どちらにしろ、
ブログ」の継続工夫していかないと難しい
そこに落ち着いてしまいます。

ではまた。

 

スポンサーリンク