最終話2時間越え『ストレンジャー・シングス』シーズン4:Vol2/キャスト/「潜入」の見どころ/感想

Netflixのオリジナルドラマ、
ストレンジャー・シングス』シーズン4が、
7月1日に配信完了となりました。

ストレンジャー・シングス』シーズン4

✅ 全9話:Vol1(7話)とVol2(2話)に分けて配信

✅ 最終話は2時間越え

✅ ドラマの最終シーズンであるシーズン5への、期待感MAXとなるシーズン4

今までたくさんの海外ドラマを視聴してきましたが、
2時間を超えている1話は初体験でした。

それで飽きさせないんだから・・・凄いですね。

スポンサーリンク

『ストレンジャー・シングス』シーズン4:Vol2/キャスト/「潜入」の見どころ/感想

ストレンジャー・シングス

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 VOL2 予告編-Netflix

  • 第8章「パパ」〜85分〜
  • 第9章「潜入」150分

第9章「潜入」は、
Netflix内の表記だと150分ですが、
実際の再生時間は約2時間17分といったところです。

最終話137分・・・、しかも、
既にシーズン4まで続いているドラマの1話分でこの長尺。
シーズンの最終話、ドラマの最終回ではありません。

数字だけを観たら驚きですけど、
視聴してみたら別段気になりもせず、ただただ楽しめた最終話でした。

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Millie Bobby Brown(@milliebobbybrown)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
少女と少年たち

ミリー・ボビー・ブラウン
イレブン:エル/超能力を取り戻し、仲間たちと戦いに挑む)

フィン・ヴォルフハルト
マイク/ウィルの友人、イレブンの彼氏)

ノア・シュナップ
ウィル・バイヤーズ/シーズン1で失踪し、生還を果たした少年)

ゲイテン・マタラッツォ
ダスティン/ウィルの友人、シーズン3で歌唱力抜群なのがバレる)

ケイレブ・マクラフリン
ルーカス/ウィルの友人、バスケ部所属)

セイディー・シンク
マックス/イレブンの友人、トラウマを抱える少女)

プリア・ファーガソン
エリカ/ルーカスの妹、生意気だが憎めないキャラ)

Gabriella Pizzolo
スージー/ダスティンの彼女、有能なオタク少女)

ウィルの兄や友人たち
チャーリー・ヒートン
ジョナサン・バイヤーズ/ウィルの兄)

ナタリア・ダイアー
ナンシー/マイクの姉、ジョナサンの彼女)

ジョー・キーリー
スティーブ/ダスティンの友人、ビデオ店で働く青年)

マヤ・ホーク
ロビン/スティーブの友人、知能が高いお姉さん)

ジョセフ・クイン
エディー・マンソン/ダスティンの友人、ホーキンス事件で犯人扱いされる青年)

エドゥアルド・フランコ
アーガイル/ジョナサンの友人、超ロン毛)

デイカー・モンゴメリー
ビリー/マックスの義理の兄、シーズン3で命を落としている)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ᴊᴀᴍɪᴇ ᴄᴀᴍᴘʙᴇʟʟ ʙᴏᴡᴇʀ(@bowerjamie)がシェアした投稿

大人たち
ウィノナ・ライダー
ジョイス・バイヤーズ/ウィルの母親)

デヴィッド・ハーバー
ジム・ホッパー/ホーキンス警察署の元署長、ソ連に囚われている)

ブレット・ゲルマン
マレー/ジョイスと共にジム救出作戦を決行する、クセのあるおじさん)

マシュー・モディーン
マーティン・ブレナー博士/ホーキンス研究所の科学者)

ポール・ライザー
サム・オーエンズ博士/エネルギー省の幹部)

Tom Wlaschiha
アントノフ/ソ連の看守)

ニコラ・ジュリコ
ユーリ/ソ連の密輸業者)

ジェイミー・キャンベル・バウアー
研究所の職員/イレブンがいた頃のホーキンス研究所で働いていた青年)

スポンサーリンク

第9章「潜入」の見どころ(ネタバレ注意)

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン4
2時間越えの長尺エピソード「潜入」での見どころを紹介します。

ホーキンスに大集合してラストバトル、とはならずに、
それぞれがそれぞれの場所から、出来る事をやって最善を尽くし、
離れているけど一緒に戦っているといった第9章の「潜入」。

個人的な見どころは4つほど、
ネタバレを含みますから、まだ視聴していない方は読み進めないようお願いします。
(あと、「デモンズソウル」を知らない方だと意味不明です。ご了承を)

 

スパイクシールド

【ダスティンとエディー】

囮要員となったダスティンとエディーの名コンビ。
お手製の武器と防具を製作するのですが、
これがまさに一挙両得といった“スパイクシールド”

敵の攻撃を盾で防ぎつつ、こちらからもその盾で攻撃が可能な“スパイクシールド”
「デモンズソウル」で使用していたプレイヤーは少なかったと思いますけど、
ダスティンとエディーにとっては強武器鉄壁防御となって2人を援護しております。

スポンサーリンク

バスタードソード

【ジョイスとジムとマレー】

ジム救出作戦を成功させたジョイスとマレー、
ホーキンスの窮地に間に合わないと理解した3人は、
遠く離れたソ連から子供達とホーキンスのために立ち上がります。

そして、
最終的にジムが手にしたのは“バスタードソード”
〈上質の〉か〈祝福された〉のかは分かりませんけど、切れ味抜群の威力を発揮します。
クレイモアほど長剣ではなかったので“バッソ”かなと。
見た目的には少しだけ、“北のレガリア”っぽい感じも受けましたけども・・・。
“バスタードソード”の威力を堪能してください。

 

火炎瓶(火炎壺)

【ナンシーとスティーブとロビン】

裏の世界で、
ヴェクナ本体を火炎瓶で攻撃するというプランを実行する3人。
致命傷を与えたとは言い難いですけども、
効果的だったのは事実です。

で、
“スパイクシールド”から「デモンズソウル」を思い出していた私は、
この流れから多少強引にではありますが、
火炎瓶を“火炎壺”と見なしていました。
ファランクスへ効果的だった“火炎壺”は、
ヴェクナに効果的な火炎瓶に・・・良いシーンでした。

 

エルとマックス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sadie Sink(@sadiesink_)がシェアした投稿

【エルとマックス】

エルは、
マイク、ウィル、ジョナサンとアーガイルの助けを借りて、
遠く離れたピザ屋から戦いを挑み、
ルーカスとエリカと共にヴェクナをおびき寄せたマックスのもとへ。

マックスの意識の中で再会した2人、
超能力を取り戻したエルは果たして、ヴェクナを倒しマックスを救えるのか?
第9章「潜入」の最大の見どころではないでしょうか。

この部分に「デモンズソウル」は関係ありません、というか、
そもそも「デモンズソウル」は関係ないです・・・。

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
ストレンジャー・シングス』シーズン4の感想

 

(最終シーズンへの期待が高まるばかり)

9

 

「おっ」って感じで「デモンズソウル」を思い出していたのは事実。

 

だからと言って、
ドラマに集中出来なかったわけではありません。

 

むしろ、
ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン4Vol1Vol2と、
メチャクチャ面白かったというのが感想です。

 

80年代のノスタルジックな雰囲気はなりを潜めましたけども、
ここへ来てさらに、面白さを増した感を受ける海外ドラマではないかと思っています。

 

全然飽きませんでしたね。

 

最終話の第9章「潜入」なんて、
数字だけを見ると驚きの150分(実際は137分ほど)、そんな長尺に少し構えてしまいましたが、
結局視聴後に長さなんて感じませんでしたし。

 

本当にアッという間に時間が過ぎ去っていきます。

 

主要キャスト全員の活躍をしっかりと描ききったエピソードでした。

 

しかも、
2時間以上の最終話を経て、心地よい疲労感と満足感に浸った挙句、
今強烈に感じるのは、

 

シーズン5への期待!!

 

シーズン4には“あるキャラの死”という悲しい部分もあり、
「どうなってしまうんだろう・・・」という“あるキャラのその後”といった心配事もあるんですけど、
全てをひっくるめても、

 

シーズン5への期待が高まるばかりです。

 

その反面、
“1話だけで2時間越え”を成立させてしまい、
シーズン4全体の面白さも高めるだけ高めましたから、
ある意味、相当ハードルは上がってしまったと思われます。

 

最終シーズンであるシーズン5は、絶対にシーズン4よりも視聴者を納得させる面白さでないと、
ストレンジャー・シングスというドラマ自体の評価がガラッと変わってしまう・・・、
そんな可能性もあるのではないかと。

 

強烈な期待感、
そして、
「超面白い最終シーズンをお願いします!」、
そんな期待と懇願が入り混じる気持ちにさせられたシーズン4でした。

 

今からでも遅くありません、
ドラマ『ストレンジャー・シングスを未視聴の方、
シーズン1から再生してみてください。損はしないはずです。

スポンサーリンク

最後に

Netflixのオリジナルドラマ、
ストレンジャー・シングス』のシーズン4:Vol2を紹介させていただきました。

PlayStation3の「デモンズソウル」を思い出しつつ、
最高に楽しい時間を過ごせたシーズン4。

Netflixは本当にオリジナルドラマが強いですよね。

韓国系は異様な強さを誇っていますし。

オリジナル映画が全てダメな訳ではないんですけど、
歴然とした差を感じずにはいられません。
(「アイリッシュマン」「シカゴ7裁判」あたりは大好きです)

シーズン4まできたドラマの最終話で2時間越え、
そこらの映画より長尺なのに、明らかに面白いという・・・。

単純に比較はできませんが・・・。

ドラマ『ストレンジャー・シングスシーズン4を視聴し終えて、
やっぱり“ドラマのNetflix”だなと感じた今日この頃でした。

ではまた。

 

(Visited 267 times, 1 visits today)

スポンサーリンク