「キリング/17人の沈黙」、暗すぎる「海外ドラマ」のシーズン3です

2020年7月19日

17歳の美少女殺害事件が解決して1年が経ちました

▶︎▶︎▶︎「キリング/26日間」シーズン1

▶︎▶︎▶︎「キリング/26日間」シーズン2

 

身も心も疲れ切ったリンデンホールダー

2人の道は別れたはずでしたが、

また新たに混ざり合い始めます・・・凄惨な事件と共に

今度の犠牲者は、

17人です。

 

スポンサーリンク

「キリング/17人の沈黙」

 

キリング/17人の沈黙

No. 日本語題
新たな殺人と過去の事件※1
異常な選択
17の遺体
顔写真
追跡
異なる視点
はかない希望
消せない過去
報い
10 12時間
11 動機※2
12 虚像
出演 役柄
ミレイユ・イーノス サラ・リンデン(殺人刑事課の刑事)
ジョエル・キナマン スティーブン・ホールダー(リンデンの元パートナー)
ピーター・サースガード レイ・スワード(死刑囚)
イライアス・コティーズ ジェームス・スキナー(リンデンの元パートナー)
ベックス・テイラー=クラウス バレット(ホームレスの女の子)
ジュリア・サラ・ストーン リリック(15歳の家出少女)

※1
Netflix(ネットフリックス)」では、
第1話「新たな殺人と過去の事件」、第2話「異常な選択」、合わせて1話でした。

※2
Netflix(ネットフリックス)」では、
第11話「動機」、第12話「虚像」、合わせて1話でした。

 

スポンサーリンク

 

ネタバレをせずに、紹介します

 

・サラ・リンデン(ミレイユ・イーノス)
17歳のロージー殺害事件が解決した後、リンデンは刑事の職を辞めていました。
シアトル周辺にある島内の都市交通局で働きながら、穏やかな生活を送っていましたが、
リンデンの天職は刑事、
ある事件がキッカケで復職する事になります。
そして、恐ろしい事件に巻き込まれていき、やがて、
リンデン途方もない苦しみを味わう事に・・・。

 

・スティーブン・ホールダー(ジェエル・キナマン)
シアトル警察、殺人刑事課に所属している刑事です。リンデンの元パートナー。
ロージー殺害事件が解決した後も警察に残り、新しい相棒と共に、
仕事に打ち込んでいました。
ある事件をキッカケに、
元パートナーのリンデンの元へ、捜査への協力を求めます。
ホールダーリンデンと共に、
恐ろしい事件を追う事に・・・2人を待ち受けているのは凄惨極まりない事件です。

リンデンホールダーが追う事件、

少女連続猟奇殺人事件犠牲者は17人

 

この事件の犯人を追い詰めていくサスペンス

キリング/17人の沈黙

暗すぎる「刑事もの」の「海外ドラマ」です。
体調を整えて再生ボタンを押してください。

 

 

「キリング/17人の沈黙」を観た方達のレビューを、紹介します

 

男性の声
男性の声
「キリング/17人の沈黙」を観た感想

4

今シーズンも暗くて重くて辛かった・・・。
リンデンとホールダーと死刑囚と、行き場のない子供達、
それぞれ丁寧に描かれていて、素晴らしい脚本でした。
主役2人の個性的で複雑なキャラクター性にも深みが増していて、前回よりも同調して観られました。

ホールダーが殺人課の刑事として飛躍的に成長していて頼もしく、
犯人は今シーズンもまさか!!
という人なのに呆気なく終わる・・・、
でもそこがこのドラマの良いところ。ラストシーンは壮絶!!!



 

女性の声
女性の声
「キリング/17人の沈黙」を観た感想

4.5

私はこのシーズンが一番好きです。
暗い重いしんどい辛い。
冤罪立証の難しさについて考えさせられます。

このドラマはとにかく脚本が素晴らしいです。
視聴者の気をてらう推理ものって、どこかで破綻して尻すぼみになったりしますけど、
これは全部が計算され尽くしています。



 

男性の声
男性の声
「キリング/17人の沈黙」を観た感想

4

「17人の沈黙」は「26日間」ほどのストーリーではないものの、演技演出をどの方向から見ても魅力的で、ラストはリンデンとホールだーの気持ちが痛いほど伝わってきます。



 

男性の声
男性の声
「キリング/17人の沈黙」を観た感想

4

新たな事件に臨むシーズン3。
相変わらずな感じのリンデンとホールダーコンビが良いです。
ストーリーも、前シリーズ同様に暗く、陰鬱です。



 

「キリング/17人の沈黙」を観たおじさん

(今回の事件は、前回のそれを上回る凄惨さ暗さ

8

キリング/26日間」から1年後のお話、
キリング/17人の沈黙
今回の事件は前回のそれを軽く上回る凄惨さで描かれています。
暗すぎて疲労感は半端ではありません。

リンデンホールダーには、
新しい生活が始まっていましたけど、妙な吸引力で引き寄せられ、また一緒に事件を追う事に。
今回の事件、犠牲者は17人の少女です。
連続猟奇殺人事件、犯人の行動を理解できるようなシロモノではありません。
17人を毒牙にかけた、人間とは呼べないバケモノが相手です。
ただ逆に言えば、
嫌な言葉ですけど、
17人を毒牙にかけられる頭脳の持ち主と言えます。警察の視野から外れながら17人、
おいそれと出来る事ではありませんね。

そんなおぞましい犯人を追い詰めていくのが、
リンデンホールダー
17人の声にならない声をなんとか読み取って、犯人逮捕へひた走る全12話
キリング/17人の沈黙
このおぞましく、暗すぎるサスペンスを体感してください。

 

 

「キリング」シーズン4

 

キリング」シーズン4

The Killing|The Final Season


今現在ネットフリックスでは視聴できません

No. 日本語題
水の中に沈む血
秘密
不愉快な事実
悪夢
記憶の断片
エデンの園
出演 役柄
ミレイユ・イーノス サラ・リンデン(殺人刑事課の刑事)
ジョエル・キナマン スティーブン・ホールダー(リンデンの元パートナー)
ジョアン・アレン カーネル・マーガレット・レイン(陸軍士官学校の長官)
グレッグ・ヘンリー カール・レディック(ホールダーのパートナー)
タイラー・ロス カイル・スタンズバリー(一家殺害事件の唯一の生存者)

 

ネタバレをせずに、紹介します

 

・サラ・リンデン(ミレイユ・イーノス)
17人の少女連続猟奇殺害事件の幕を閉じたリンデン
リンデンの幕引きは、このシーズンでも暗い影を落とす事に・・・。
そして新たな事件。
スタンズバリー家殺害事件
陸軍士官学校に通う息子カイルだけが生き残った悲惨な事件です。
リンデンが今回引きずり込まれる闇は、またしても暗くて深い底なし沼

 

・スティーブン・ホールダー(ジェエル・キナマン)
リンデン底なし沼に一緒になって引きずり込まれるホールダー
ホールダーはなんとかリンデンを救い出そうとしますけど、
簡単に救い出せるほど、沼は浅くありません。
新たな生命の誕生に翻弄されつつ、
ホールダーは今回もリンデンと行動を共に。

 

リンデン自ら作った少女連続猟奇事件の幕引きという底なし沼と、
スタンズバリー家殺害事件という底なし沼
2つの闇に侵食されながら突き進むリンデンホールダー
キリングシーズン4
6話しかありませんが、やっぱり暗すぎるサスペンスです。

 

 

「キリング」シーズン4を観た方達のレビューを、紹介します

 

男性の声
男性の声
「キリング」シーズン4を観た感想

4

最初1はなんだか暗くて観る気になれず、主人公のリンデンも好きになれなかったけど、
なんとなく見返しているうちに、
徐々に引き込まれて途中から一気観してしまいました。

息子に対しても、ホールダーに対しても、なんでそんな事言う?
というなんとも不器用な表現しか出来ないリンデン役を見事に演じていたと思います。
ホールダーもイケメンだけど、ダメンズで味がありました。



 

女性の声
女性の声
「キリング」シーズン4を観た感想

4.5

シリーズ中で1番イヤな事件だったなぁ・・・。
今まで以上にリンデンに限界がきているという感じで、途中ハラハラさせられましたが、本当に良い終わり方で良かったです。
少し救われました。



 

男性の声
男性の声
「キリング」シーズン4を観た感想

4

それぞれの立場には守るモノがある。
それを守り続ける事は簡単な事ではありませんが、どんな事をしてもやり抜く「力」が生まれます。

全シーズン通して丁寧な作りで、キャストの演技、演出、
どれを取っても観て良かったと思える作品でした。



 

男性の声
男性の声
「キリング」シーズン4を観た感想

4.5

シーズン4は事件自体、あまり好きになれませんでしたけど、
時間があれば観ていたぐらいザ・キリングはシーズン1〜4まで一定して面白かった!です。
ラストは文句なしの良いラストで、まさかのグッときてしまいましたね。



 

「キリング」シーズン4を観たおじさん

(短い話数ですけど相変わらずの暗さ、でも、ラストで救われる

8

キリング/17人の沈黙」のラストから繋がる、
キリングシーズン4
6話しかないシーズンです。

6話で急に終わらせた感は否めませんけど、
シーズン4も相変わらず暗すぎるサスペンスになっています。

陸軍士官学校という、日本人には特殊に映ってしまう環境を舞台にして、
リンデンホールダーの苦悩の日々を描いたシーズンです。
どちらかというと、
17人の沈黙から連なっている底なし沼がメインと言えるシーズンです。
この底なし沼の暗さと深さが異常で、6話しかないのにこれまた疲労感が・・・。

ただですね、
このシーズン4ラスト
私は「キリング」をシーズン1からシーズン4まで観てきて初めて、
ホッとしながら観る事が出来たラストでした。少しホロっとしながら。
それまでといえば、
面白いけど暗すぎる描写の数々、面白いけど疲労感の溜まる1話1話、
全く明るくなれない「海外ドラマ」として印象付けられていましたけど、
このシーズン4ラストで、少しだけ救われました
妙な達成感すら感じていましたね。観終わったぞと。

暗すぎる海外ドラマ」ですから、
自信満々にオススメとは言い難い作品ですが、
刑事もの」のサスペンスとしては、超一級品だと確信しています。
面白い「海外ドラマ」です。そこらの「海外ドラマ」より。
キリング」シーズン1からシーズン4まで、
暗すぎますけど、涼しい部屋で万全の体調と共に噛み締めてください。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

暗すぎる海外ドラマ」、暗すぎるサスペンス

キリング」を紹介させて頂きました。

ようやく終わりです。

Netflix(ネットフリックス)」で去年、一気に観た作品です。
(今現在、視聴できません)

ですが、
一気観はオススメしません。ゆっくりと視聴してください。
相当疲れますからね。1話1話じっくりと噛み締めてください。

途中で疲労感が襲ってきたら、停止ボタンを押して視聴をやめて、
気楽に楽しめる動画でお茶を濁してください。
それぐらいの余裕を持って、
キリング」に挑んでみて欲しいと思います。

本当に暗いですよ。お気をつけて。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク