Netflixドラマ『エリック』キャスト/あらすじ/感想【ベネディクト・カンバーバッチ主演】

「アベンジャーズ」シリーズの“ドクター・ストレンジ役”でお馴染み、
ベネディクト・カンバーバッチ主演のNetflixドラマ
エリックが配信されています。

Netflixドラマ『エリック

✅ ベネディクト・カンバーバッチ主演

✅ 全6話の心理スリラー

✅ Netflixのオリジナルドラマ

魔術師のヒーローとして、だけではなく、
演技力のある俳優としても有名なベネディクト・カンバーバッチ。

その彼が主演のドラマですから、視聴しない訳にはいきません。
全6話を一気に視聴しました。

スポンサーリンク

Netflixドラマ『エリック』

Netflixドラマ『エリック

『エリック』予告編 - Netflix

  • 「エピソード1」〜53分〜
  • 「エピソード2」〜55分〜
  • 「エピソード3」〜54分〜
  • 「エピソード4」〜52分〜
  • 「エピソード5」〜52分〜
  • 「エピソード6」〜52分〜

【監督】
ルーシー・フォーブス

【原作/制作】
アビ・モーガン

【製作総指揮】
ベネディクト・カンバーバッチ
ルーシー・フォーブス
アビ・モーガン
ジェーン・フェザーストーン
ルーシー・ダイク

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

McKinley Belcher III(@mckinleybcubed)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
ベネディクト・カンバーバッチ
ヴィンセント・アンダーソン/テレビ番組“おはよう、お日さま”の人形使い)

ギャビー・ホフマン
キャシー・アンダーソン/ヴィンセントの妻、エドガーの母親)

マッキンリー・ベルチャー3世
マイケル・ルドワ刑事/行方不明者を捜査する刑事)

アイヴァン・モリス・ハウ
エドガー・アンダーソン/ヴィンセントとキャシーの息子)

ダン・フォグラー
レニー・ウィルソン/テレビ番組“おはよう、お日さま”のプロデューサー)

クラーク・ピータース
ジョージ・ラヴェット/ヴィンセント達が住むアパートの管理人)

デヴィッド・デンマン
マッテオ・クリップ

フィービー・ニコルズ
アン・アンダーソン/ヴィンセントの母親)

ジョン・ドーマン
ロバート・アンダーソン/ヴィンセントの父親)

ジェフ・ヘフナー
リチャード・コステロ/ニューヨークの副市長)

バーマー・ケイン
ユーセフ・エグべ/ホームレスのドレッドヘア男性)

ウェイド・アイレン=マーカス
アレックス・ゲイター/クラブのオーナー)

アデペロ・オデュイエ
セシリ・ロシェル/子供が行方不明になっている黒人女性)

アレクシス・モルナー
ラヤ/ホームレスの女性)

ロベルタ・コリンドレス
ロニー/テレビ番組“おはよう、お日さま”の女性人形使い)

エリカ・ソト
ティナ/警察署でマイケルを支えながら働く女性)

声:ベネディクト・カンバーバッチ
エリック/エドガーが描いた青い怪物)

スポンサーリンク

ベネディクト・カンバーバッチ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Benedict Cumberbatch(@benedictcumberbatch_221b)がシェアした投稿

ベネディクト・ティモシー・カールトン・カンバーバッチ(1976年7月19日〜)は、
イギリスの俳優です。

今現在(2024年6月5日)、
Netflixで視聴可能なベネディクト・カンバーバッチ出演作は、

〈Netflixのカンバーバッチ〉

映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(2021年)
監督:ジェーン・カンピオン
主演(フィル・バーバンク役)
第94回アカデミー賞 12部門ノミネート 1部門受賞
作品賞監督賞、主演男優賞、助演男優賞2人、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、美術賞、音響賞)

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(2022年)
監督:ジョン・ワッツ
出演(ドクター・ストレンジ役)

映画「毒」(2023年・17分の短編)
監督:ウェス・アンダーソン
主演(ハリー)
ウェス・アンダーソン監督の短編映画4部作の1つ

映画「ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語」(2023年・39分の短編映画)
監督:ウェス・アンダーソン
主演(シュガー役)
第96回アカデミー賞 短編映画賞受賞

映画「奇才ヘンリー・シュガーの物語 他3編」(2024年)
監督:ウェス・アンダーソン
主演(シュガー役)

ドラマ『エリック(2024年)
監督:ルーシー・フォーブス
主演(ヴィンセント・アンダーソン役)

今のところ、
Netflixで視聴できるベネディクト・カンバーバッチ出演作はこんな感じ。
少ないですね。

長時間、彼の演技を堪能しようとするなら、
ドラマ『エリックを再生するのが最適、と言えそうです。

スポンサーリンク

あらすじ

ドラマ『エリック』あらすじ

1980年代のニューヨーク。

子供向け人気テレビ番組“おはよう、お日さま”の人形使いであり、
番組の制作者としても働くヴィンセントは、
視聴率の低下を防ぐために、
新しいキャラクターを登場させるように圧力をかけられていた。

そんな時、
ヴィンセントの息子エドガーから、
「青い怪物のエリック」というキャラクターを提案されるが、
ヴィンセントは上の空。
エドガーは却下された形に・・・。

そしてある夜、
ヴィンセントと妻のキャシーは、
エドガーに聞こえるほどの激しい口論をしてしまう。

翌朝、
またしても朝から口論を繰り広げる両親を見たエドガーは、
1人で学校へ向かい、
そのまま、
行方不明となってしまう。

失踪か誘拐か・・・。

警察へ届け出ても依然として見つからないエドガー。

ヴィンセントは酒を煽り、
自分自身を顧みず周りに当たり散らしながら、
内なる声「青い怪物エリック」と共にエドガーを探し続ける。

・・・ヴィンセントが辿り着いた先には・・・。

ドラマ『エリック

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
Netflixドラマ『エリック』の感想

 

(全6話の丁度良い良作)

8

 

ベネディクト・カンバーバッチ主演ということで、
Netflixドラマ『エリックを視聴しました。

 

面白かったです。

 

1980年代のニューヨークを舞台に、
治安の悪さや幼い子供達の事件、人種差別、同性愛者への偏見、エイズ問題、薬物問題、警察や官僚の汚職など、
様々な要因が重なりあって蠢く巨大な街で行方不明となった息子。
そんな状況下に置かれた父親が、
自分自身と向き合えず酒や薬に逃げつつも、
息子は生きていると信じて探し続けていく心理的スリラードラマ。

 

内容的には暗くて、明るい気持ちになれるような物語ではないんですけど、
「青い怪物エリック」の可愛さにほんの少し救われながら、
人間ドラマを堪能できる重厚な作品だったと思います。

 

ベネディクト・カンバーバッチの演技力は言うに及ばず、
他のキャスト陣も違和感がなくて、
物語は重いのに安心して視聴できる1本でした。

 

Netflixのオリジナルドラマはハズレが少ないな〜と、改めて感じましたね。

 

観応えのあるドラマを視聴したいと探しているなら、
Netflixドラマ『エリックはおすすめ、全6話で丁度良い長さですから、ちょっとした暇潰しにも最適ではないかと。

 

あと、
これはドラマの内容とは全然関係ないですけど、
“エドガー役”のアイヴァン・モリス・ハウ。

 

最初観た時、
Netflixドラマ「スイート・トゥース」で“ガス役”を演じている彼かと思って、
調べたら、
全然違いました・・・。(なんとなく似てるんですよね)

 

ドラマ『エリックはアイヴァン・モリス・ハウ。
ドラマ「スイート・トゥース」はクリスチャン・コンバリー。

 

おじさんの記憶力なんてものはこの程度・・・という、どうでも良い話でした。

スポンサーリンク

最後に

ベネディクト・カンバーバッチ主演、
Netflixドラマ『エリックを紹介させていただきました。

先日視聴したドラマ「ブラックリスト」シーズン10は全22話、
エリックは全6話。

22から6への移行だと、
非常に短い気になってしまいましたけども、実際のところ、
これぐらいが丁度良いんでしょうね。

約6時間、
2時間ずつで3日間という計算が成り立ちます。

ゆっくり視聴していっての3日間、物語に没頭するならペース的にもよろしいかと。
・・・まぁ、面白いと無理するんですけど・・・。

Netflixドラマ『エリック
内容的には重い部類に入りますから、無理せず、時間の許す限りで楽しんでください。

ではまた。

 

(Visited 34 times, 1 visits today)

スポンサーリンク