サスペンスで刑事もの、暗すぎる「海外ドラマ」ですけどオススメです

2020年7月19日

以前、紹介しようとして辞めていた「海外ドラマ」を、

今回は記事にさせて頂きます。

濃厚な刑事ドラマなんですけど、

基本、

全編通して暗いです。ずっと暗い話が続いていくサスペンス・刑事ドラマです。

見応えはバッチリですが、
明るい気持ちで観続ける事は出来ませんので、

ご注意ください。

スポンサーリンク

サスペンスで刑事もの、オススメ「海外ドラマ」

 

キリング/26日間」シーズン1

The Killing Season 1-Trailer

No. 日本語題
Day1 消えた少女
Day2 リアル・パーティ
Day3 仮面の中の悪魔
Day4 無音のこだま
Day5 フィルムの中の謎
Day6 容疑者
Day7 弱き者
Day8 捜査妨害
Day9 大きな過ち
Day10 新たな容疑者
Day11 心当たりの場所
Day12 ボー・ソレイユ
出演 役柄
ミレイユ・イーノス サラ・リンデン(殺人刑事課の刑事)
ジョエル・キナマン スティーブン・ホールダー(リンデンの同僚)
ケイティー・フィンドレイ ロージー・ラーセン(17歳の犠牲者)
ブレント・セクストン スタン・ラーセン(ロージーの父親)
ミシェル・フォーブス ミッチ・ラーセン(ロージーの母親)
ビリー・キャンベル ダレン・リッチモンド(次期シアトル市長候補)

ネタバレをせずに、紹介します

主人公は2人の刑事です。

・サラ・リンデン(ミレイユ・イーノス)
シアトル警察の殺人刑事課に所属するリンデン
別れた夫との間に13歳の息子ジャックがいる、シングルマザーです。
リンデンは再婚予定で、カリフォルニアに引っ越すため、警察を辞めようとしていました。
辞める当日、
ロージー・ラーセン殺害事件が起きます。

17歳の美少女が犠牲に。
里親の間を転々と暮らしてきた過去を持っているリンデン
子供が関係している事件の捜査には過剰に反応してしまい、居ても立っても居られず、
退職を延期です。

 

・スティーブン・ホールダー(ジョエル・キナマン)
退職予定だったリンデン後任として、郡警察の麻薬捜査課からシアトル警察に転属してきた刑事。
退職を延期したリンデンとコンビを組んで、
ロージー・ラーセン殺害事件を追うことに。
大柄で、一見するとぶっきらぼうなタバコばかり吸うお兄ちゃんですけど、
実は子供には優しい、意外と勉強家な一面を併せ持った刑事です。
リンデンと衝突していきながらも、
犯人逮捕に走り続けます。

この2人の刑事がロージー・ラーセン殺害事件を追い続け、
ロージーの意外な一面に翻弄されながら、
様々な圧力と人間関係に立ち向かいつつ、事件解決にひた走る、
キリング/26日間シーズン1
暗いサスペンスドラマですが、濃厚な時間を約束してくれる作品です。

 

スポンサーリンク

 

サスペンスで刑事もの「海外ドラマ」を観た方達のレビューを、紹介します

 

 

男性の声
男性の声
「キリング/26日間」を観た感想

5

1番好きなドラマです。
「絶対こいつ怪しいだろ!」みたいな、初めから犯人臭い人もいませんし、
真剣に観ている側も推理できる作品です。
一話1日単位なのが個人的に楽しめた点でした。
俳優・女優の演技の高さは凄い・・セリフっぽく無くて観飽きませんでした。



 

女性の声
女性の声
「キリング/26日間」を観た感想

4.5

暗めの映像で、最初は静かに淡々と。
中盤からはいろんな事件が入り乱れて、誰が犯人なのか全然分かりません。
本格派サスペンスです。
観応えありですね。観れば見るほどに引き込まれますよ。



 

女性の声
女性の声
「キリング/26日間」を観た感想

5

そこそこの数のドラマを観てきましたけど、1番面白いのは?と聞かれれば、
アメリカ版「キリング」と答えます。

ミスリードに次ぐミスリード、
犯人が最後まで分からない展開、シアトルの天気もあいまった憂鬱な展開、
そして何よりも、リンデンとホールだーというとても人間臭いコンビ、どれをとっても最高のドラマです。

1日1話で26話という長さ、そしてあの憂鬱さ、合わない人がたくさんいるのは間違いないだろうし、万人に受ける作品ではないと思いますけど、私みたいにハマる人はとことんハマってしまうはずです。
もっともっと評価されても良い作品ではないでしょうか。



 

男性の声
男性の声
「キリング/26日間」を観た感想

4

犯罪/刑事モノって大抵一話完結型が多いですけど、
このドラマはワンシーズンで一つの事件を扱います。それもあってか、
まるで小説を読んでいるみたいにリアルに色々伝わってくる感じです。
遅いとは感じません。ドラマには珍しい良さがあります。



 

 

「キリング/26日間」を観たおじさん

(楽しい面白さは一切無し、暗くて濃厚な物語を観る面白さ抜群

8.5

本格的なサスペンス・刑事ドラマ、
キリング/26日間
濃厚な時間を過ごせますけど、暗い話なのでお気をつけください。

シーズン1で軸になっている事件は、
17歳の美少女殺害事件です。
この事件を、リンデンホールダーのコンビが追い続けます。
刑事ドラマとして妥協が一切ない物語、濃厚です。

その濃厚さゆえに、全編を通して本当に暗い話が展開されていきます。
雨の多いシアトルを舞台に、シクシクと、そして淡々と、
事件の概要が徐々に姿を現してくる刑事ドラマ、
シーズン1で全てに決着がつく事はありませんけど、
視聴者を次へ次へと、妙に引っ張るパワーのある「海外ドラマ」です。
暗くて、途中でキツくはなっていきますが。

キリング/26日間シーズン1
この物語の前編というべきシーズンです。
26日間分を一気に観てしまうと、かなりの疲労感を伴ってしまいますから、
シーズン1一区切りをつけておいた方がよろしいかと。
集中力を持続させられる「海外ドラマ」ですのでね。

本格的なサスペンス・刑事ドラマ、
キリング/26日間シーズン1
少しずつ噛み締めてみてください。

 

 

 

ミレイユ・イーノスについて

 

サラ・リンデン役のミレイユ・イーノス(1975年9月22日〜)は、
アメリカの女優さんです。

主な映画出演作は、

2001年 恋する遺伝子(ヨガのインストラクター役)
2013年 L.A.ギャングストーリー(コニー・オマラ役)
ワールド・ウォーZ(カレン・レーン役)
デビルズ・ノット(ヴィッキー・ハッチャーソン役)
2014年 サポタージュ(リジー・マレー役)

映画は、
そこまで有名な作品に出演している訳ではありません。
ワールド・ウォーZ」は好きな作品ですので、よく覚えていますけど、
サポタージュ」のイーノスは覚えておりません。シュワちゃん映画ですから、
シュワちゃんでお腹いっぱいになった可能性が・・・。

という事で、

ミレイユ・イーノスの印象は、
この「キリング/26日間」で出来上がってしまっています。

サラ・リンデンを演じているイーノスは、
物語の暗さにピッタリの配役だと思っています。
背負っているものを背景に、
刑事でシングルマザーを演じるイーノスは素晴らしいの一言です。
シーズン2で大変な目に遭いますけどね。

キリング/26日間」のサラ・リンデン
ミレイユ・イーノスを確認してください。

 

最後に

 

本当はもっと早くに紹介しようとしていた「海外ドラマ」です。

今現在、

Netflix(ネットフリックス)」で視聴出来ないんですよね。

私はシーズン4まで視聴しておいたのですが、

なぜか今は無くなっています。

どんどん無くなるし、どんどん新しい「海外ドラマ」が増えていくし、

どちらが良いのかよく分かりませんね。
もう少し、視聴者に優しくしてくれると助かるのですが・・・。

愚痴を言っても仕方ありませんから、

次回、

キリング/26日間」のシーズン2を紹介したいと思います。
物語の後編です。

ではまた。

 

「ネットフリックス」内で観られる、オススメ「海外ドラマ」

 

キリング/26日間」は、
今現在、「Netflix(ネットフリックス)」で視聴出来ませんけど、

今でも視聴可能なオススメの「海外ドラマ」を載せておきます。

すでに夏休みに入っている方も、
これから夏休みがやって来る方も、
この機会に「海外ドラマ」を楽しんでしまってください。

寝不足を気にしなくてもいい状態で、視聴する事をオススメします。
ハマってしまいますからね。

 

 

スポンサーリンク