「ブログ記事」の「タイトル」、気を付けておく3つのこと

2019年12月7日

前回に引き続き3つです。

別に、
3つシリーズが始まったわけではありませんので、
軽い気持ちで読み進めて頂ければ、嬉しいです。

たまたまですね、

ブログ」の記事を書こうとして、見出し(目次)を考えてメモを取っていたら、

3つだった、

これだけですので、

よろしくお願いします。

 

「ブログ記事」の「タイトル」は重要です

 

ブログ記事」の「タイトル」に悩む「ブログ初心者」の方も多いと思います。
私もその1人です。

ブログ」で「130記事」書いてきても、
いまだに「タイトル」には悩みます。4ヶ月経っていてもです。

ブログ初心者」ならたくさん検索して、もう既に分かっている事だと思いますが、

「ブログ記事」の「タイトル」は非常に重要です。

 

たくさんの「先輩ブロガー」が書いている記事を読んでみても、
タイトル」を軽視している記事は1つもありません。適当に付けていいよ、
なんて書いてある記事は皆無です。

全ての「先輩ブロガー」の方達が、私たち「ブログ初心者」に教えてくれているのが、
ブログ記事」の「タイトル」についての重要性です。

文字数」とか「キーワード」とか、
あらゆる対策をして「SEO」に効果的な「タイトル」を構築するようにと、
私たち「ブログ初心者」に教えてくれています。

中には、
重要性は変わらないけど、そこまで気にする必要はないと書いてある記事や、
文字数」は何文字がベスト、いや、もっと少なくて良い、などなど、
記事を読み漁っていると答えが見つからないんですが、

おじさんなりにある程度、
この4ヶ月間ほど気にして「タイトル」を付けてきた経緯がありますので、

それを書いていこうと思います。

すいませんが、

あくまで私なりの考えですので、
SEO」対策にバッチリな答えを提供しているわけではありません。

4ヶ月ほど「ブログ」を継続してきて、
多少、検索で上位表示されている「ブログ記事」が出てきましたから、
記事にしてみた、

そんな感じですので、ご了承を。

では早速。

 

(その1)最適な「文字数」は? 

 

タイトル」の「文字数」、
色々な意見があるんですけど、概ねこれぐらいかと。

「ブログ記事」の「タイトル」、「文字数」は32文字以内

33文字と提唱している記事もありますが、
私はこの4ヶ月、32文字以内を守るように「タイトル」を付けてきました。
ほとんどの記事が32文字以内の「タイトル」で構成されています。

これはですね、

Googleで検索した時に、表示される「文字数」に限りがあるからなんです。
32文字(もしくは33文字)以上の「文字数」を使って「タイトル」を付けてしまうと、
タイトル」の後ろの方が、検索結果で切れてしまうんです。

例えば、この記事で例えると、

「〜〜、気を付けている3つのこと」が、「〜〜、気を付けている3

こんな感じで切れてしまいます。内容は通じそうですけど、あまり嬉しくない見え方ですよね。

ですので、私の場合は「タイトル」の「文字数」を32文字以内にしています。
今でも、「タイトル」を考えた時にいちいち数えています。全ての記事で。

 

私が以前に書いたこちらの記事

「ブログ初心者」 「リライト」

で、検索すると、2ページ目か、たまに1ページ目に表示される記事です。こんな感じで、

タイトル」の「文字数」は27文字です。私の場合、句読点や「」をカウントしています。

これなら一応、何を書いている記事なのか伝えられていると思いますので、
文字数」を気にして「タイトル」を付けるという手間をしておいても、損は無いかと。

 

おじさんなりの解釈ですが、

「ブログ記事」の「タイトル」、「文字数」は28文字ぐらいを目安に、
多くても32文字以内で作っておく

ただ、これは本当に色々な説がありますので、
あくまでも私の解釈ですから、これが正解という事ではありません。
モバイルの検索表示だと、もっと書いても大丈夫なようですしね。

私は28文字ぐらいで32文字を超えないようにしている、

それだけです。

 

 

(その2)「キーワード」を入れる 

 

これも必ず書いてあることなんですが、

ブログ記事」の「タイトル」には、しっかりと「キーワード」を入れるようにしてください。

私が以前、「キーワード」について書いた記事はこちら。

 

キーワード」というのは、
悩んでいる人が、こんな感じで検索しそうだなという「単語」の事です。ザックリとですが。

ブログ初心者」が「ブログ記事」の「タイトル」で悩んでいたら、

「ブログ記事」 「タイトル」 「付け方」

で、検索するかな〜と考えて、自分の「記事タイトル」に盛り込んでおくという事ですね。

 

これから夏を迎えるにあたって、

扇風機で、しかも値段の安いヤツでオススメはあるかなと悩んでいる人に向けてだと、

「扇風機」 「格安」 「オススメ」

これを「ブログ記事」の「タイトル」に盛り込んでおく、
そして、「タイトル」に沿って記事を作っていく事が、

SEO対策」であり、「ブログ記事」で言うところの「キーワード」になります。

SEO」をガッツリと極めたいなら、
検索ボリュームやトレンドなどを把握しないとダメでしょうけど、
ブログ初心者」のおじさんである私には少々難しいので、

 

簡単にこう解釈してしまっています。

「ブログ記事」の「タイトル」、「キーワード」は2つか3つ考えておいて、
「タイトル」に盛り込んでおく

 

先ほどの記事なら、
ブログ初心者」 「リライト

この記事なら、
ブログ記事」 「タイトル

これで検索されて上位表示されたらいいな〜、

ぐらいの感覚で「タイトル」を付けて、
なるべく「タイトル」通りの記事になるように構築していきました。
嘘は書けませんからね。「タイトル詐欺」にならないようにしてください。
私も肝に命じています。

 

2つか3つ、「ブログ記事」の「タイトル」に使う「キーワード」を考えたら、
実際にそのまま検索してみてください。
自分がどの舞台で戦おうとしているのかが、検索結果によって分かりますので。

トップページに君臨している記事はたぶん、強敵揃いだと思います。
それでも臆せず、その「キーワード」を使って「タイトル」を付け、記事を作っていってください。
私もそうしました。全く臆する事なく。

 

ブログ初心者」 「リライト

これで検索トップにいる方達は有名なブロガーばかりです。
そこへひょこっと顔を出す私の記事を目にすると、
流石に恥ずかしく思ってしまいますが、もうどうにもなりません。アップしてしまいましたから。
3月の記事がジワジワと順位を上げて、上位表示されるという嬉しさもあって、
今は書いて良かったなと思えるようになりました。

 

こんな「ブログ初心者」のおじさんが書いた記事でも、
時間はかかりますけど、上位表示されるようになるのですから、
臆せず「キーワード」を「タイトル」に盛り込んで、記事を作ってください。
検索ボリュームの少ない所をまず狙う、それもアリだと思います。

ブログ記事」の「タイトル」、「キーワード」は重要です。

 

 

(その3)悩みすぎに注意です 

 

ブログ記事」の「タイトル」、その「文字数」と「キーワード」について書いてきましたが、

最後、

タイトル」を悩み過ぎて、凝りまくったモノにするのは注意してください。
私も「映画」や「小説」の記事でやりがちなんですが、
あまり凝り過ぎると、何が書いてあるのか読者さんに伝わりません。

ブログ記事」の「タイトル」はまず、

「タイトル」で、その記事に何が書いてあるか伝える事

タイトル」に「オススメ扇風機」と表記してあるのに、クリックしたら、
「クーラー」を勧めている記事だったという事がないように、
タイトル」に沿った記事である必要があります。

「タイトル」に嘘を書かない、という事ですね。

 

「タイトル」を凝り過ぎて、「キーワード」を入れ過ぎない

これはですね、

タイトル」に使う「キーワード」が多過ぎると、
タイトル」から記事の内容が想像しにくくなってしまうからです。

例えば、

ワードプレスのテーマに悩んでいて、オススメを知りたい人に向けた記事なら、

「ワードプレス」 「テーマ」 「オススメ」

で記事を構築しようとすれば、スッキリとした「タイトル」も出来上がるでしょうが、

もっと色々書きたいという想いから、

「ワードプレス」「テーマ」「オススメ」 「プラグイン」「オススメ」
「有料テーマと無料テーマの比較」
「ワードプレスを勧める理由」

これらを全て「ブログ記事」の「タイトル」に入れるのは、あまり好ましくないという事です。

「ワードプレス、オススメテーマとプラグイン、解説付きです」

これぐらいにしておけば、記事の構成によって全てを書けますので、
タイトル」に凝り過ぎずに、「キーワード」を見極めて頂ければ、
スッキリとした、読者さんに伝わりやすいタイトル」が出来ると思います。

 

ある「キーワード」を使い過ぎない

これも上と似ているんですけど、

こういう「キーワード」はあまり使い過ぎないようにしてください。

[至宝] [最高] [朗報] [悲報]

こんな感じのやつです。検索していると、よく目にする「キーワード」だと思います。

「先輩ブロガー」の方達は、これらを上手く使っています。
ブログ記事」の「タイトル」の冒頭に使って、インパクトを与えています。

これはですね、

検索されるための「キーワード」ではなく、

検索で記事が表示された際に、
見た目のインパクトを与えるために使われている単語です。
より多くクリックしてもらおうと、興味を持たせるために使われている手法の1つなんですね。

ブログ初心者」 「朗報

これで検索する人はそうそういないと思います。検索するとしっかりヒットはしますけど。

 

「[朗報]◯◯◯を使ったら、10日でアクセスが5倍に」

こんな感じで、「ブログ記事」の「タイトル」の冒頭で使って、
目にした人にインパクトを与えて、より多くの人にクリックしてもらうために使われている単語なんです。

ですので、

使うのは良いんですけど、使い過ぎには注意して欲しいと、おじさんは思っています。
[朗報]ばかりの「ブログ」では胡散臭くなりますからね。

 

以上を踏まえてもらえれば、

ブログ記事」の「タイトル」に悩み過ぎず、
読者さんに伝わりやすいスッキリとした「タイトル」を構築出来ると思いますので、
少しだけ頭に入れておいて欲しい、
そんな想いで「ブログ初心者」のおじさんが書いた記事でした。

私も勉強中なんですけどね。

 

 

最後に

 

冒頭でも書きましたけど、

3にこだわっている訳ではないんです。たまたまそうなっただけで。

もっと「ブログ」を継続していけば、より多くの解説が書けるようになっていくのでしょうが、
今の私だとこれが精一杯です。

結局、
4ヶ月程度の経験値というのは、まだまだ発展途上なんでしょうね。産声を上げたぐらいの。

ゴールは全く見えませんが、

継続していく事こそ大事だと思い込んで、

悩みつつ進んでいきます。[朗報]を求めて。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク