【2020年5月】Googleコアアップデートを被弾:アクセス激減、良い経験になりました

2020年11月15日

このブログは、2019年1月から初めていまして、
今年が2年目、
1年と半年以上継続していることになります。

最初の1年目はとりあえず毎日更新を続け、
1年間キッチリと継続できましたから、2年目からはちょっと更新頻度を落として継続、
今もなんとか継続しています。
(更新頻度はだいぶ落ちましたが)

毎日更新を辞めた2年目、アクセスが落ち込む恐れもあったんですけど、
徐々に増えていく傾向はそのままで、あまりアクセス数に「毎日更新は関係ないな〜」なんて思っていたその矢先、

ガッツリとアクセス数が激減する現象が起きました。

それは2020年5月、今から約2ヶ月前の出来事。

なんとか戻そうと色々と試したんですが、
今のところ、復活の兆しはありませんね。

 

スポンサーリンク

2020年5月のGoogleコアアップデートに被弾

Googleコアアップデート
Googleは2020年5月4日(米国時間)、コアアップデートを開始。2週間ほどでロールアウトは終了。
 検索アルゴリズムの基盤を見直し変更を加える
 医療系や健康系、お金に関する事、就職など、人の体に関する事柄や人生に関わるジャンルに大きな影響
 このコアアップデートにより、順位の変動が大きくなる(上昇、下降、共に)

ザックリと言うと、
Googleのコアアップデートの影響で、ブログ記事の掲載順位が大きく変動しますよ。アクセス数も変化しますよ。」

そんな感じです。

もちろん、こんなブログにもその影響はありまして、

アクセス数が激減(逆に上がることもあります)。

まさかこんな弱小ブログがGoogleのコアアップデート被弾するなんて、
夢にも思っていませんでしたから、その日は結構ビックリしてしまいました。

米国時間の5月4日にGoogleコアアップデート開始ですので、
このブログが被弾した日は日本時間の5月5日、決定的になったのは翌6日

 

 

アクセス数は激減:前日の30%のアクセス数に

 

アクセス激減の仕方はこんな感じでした。

2020年5月5日から6日にかけてのアクセスの減り方

 

最初は何が起こったのか全く分かりませんでしたけど、
調べてみたらGoogleコアアップデートだと気付くことに。アドセンスにも規約違反はなかったし、
サーチコンソールを調べてみても、改善項目はありませんでしたしね。

その後、
ブログ記事の掲載順位が軒並み下降しているのが分かりました。

だいたい多い日で400PVだった全体のアクセスが、
1日100PV前後、2桁アクセスなんて日もザラに・・・。

 

 

掲載順位が落ちたページ:落ち方が酷い

 

このブログの場合、
ガッツリと掲載順位が落ちたページは、複数存在していました。
そのほとんどが、検索のトップページに位置していた記事でしたので、その影響は大きかったです。

検索上位表示していたある記事の順位の落ち方

この掲載順位の落ち方は、ほぼ記事の死亡を意味しています。

検索で上位表示させるというのは、
SEO頼みでブログを運営しているものにとって生命線です。
人の目につかないとアクセスされないんですね。

ザックリとした表で申し訳ありませんが、
だいたいのクリック率を調べてみると、

平均掲載順位 クリック率 アクセスを集めるなら
1位 20〜30% アクセスを集める最高順位:目標
2位 15% 可能性は大いにある順位
3位 8%
4位 4% ちょっと怪しくなるが人の目につく
5位 3%
6位 2% キーワードが強ければ十分に戦える
7位 2%
8位 1%
9位 1%
10位 1%
11〜20位 0〜1% 2ページ目以降、人の目につかない可能性大
20位〜以下 可能性はほぼほぼ0 3ページ目以降、絶望的

少し厳し目な表になってしまいましたけど、
やはり検索のトップページにないと、アクセスを集めるというのは難しくなってしまいます。

もの凄く強いキーワード、引きの強いキーワードで掲載順位が4位や5位、
検索のトップページに記事が表記されていれば、1日に数百というアクセスが1つの記事で稼げると思います。
例えば、

「ブログ」 「稼ぐ」

このような引きの強いキーワードで上位表示、
トップページに記事が表記されていれば、1位ではなくてもアクセスは集まりますよね。

しかし、
このブログのように、そこまで強いとは言えないキーワードで上位表示していた記事を複数持っている場合、
Googleコアアップデートを悪い方向で被弾してしまうと、
撃沈してしまいます。

アクセスは多い日の30%ぐらいまで落ち込み
単純計算すると、100が30、1000が300と・・・。

もうですね、
自分の記事がGoogleに評価されなくなったと、
記事の質が劣っていますよ」と教えてもらったので、これを教訓として継続していこう、
そんな風に切り替えるしかありません。

 

スポンサーリンク

 

アクセスを戻すための改善方法:まだ結果は出ず

2020年5月4日(米時間)のGoogleコアアップデート
それを悪い方向で被弾したこのブログ、何もしていなかった訳ではないんですよ。

一応それなりに調べて、私なりに改善を施してみたんですけど、
これは意味がありませんでした。

結局、
SEO頼みのブログはGoogleに評価されないと戦えないんです。

簡単に言ってしまえば、

検索で上位表示されないとアクセスは望めない

この事実をイヤというほど味わいました。
検索のトップページから外れただけで、相当な落ち込みようになります。
(このブログの場合、60〜70%減ですからね)

かなり凹まされたんですけど、何もしない訳にはいきませんから、
ちょっとだけ私なりに頑張った事をお伝えさせていただきます。

 

掲載順位が落ちた記事をリライト:結果は乏しくない

 

検索上位表示していたある記事の順位の落ち方

この例に出した記事もリライトしたんですよ。
元々4500文字ぐらいの記事だったんですけど、5000文字ぐらいまで文字数を伸ばして、
少しでも読みやすくしようとリライトしました。1ヶ月半ぐらい前に。

そしたら今現在、こんな感じです。

リライト後の掲載順位:ほとんど変化無し

ほとんど変化していないんですよ。
ここ数日間、多少順位が上がってきているので、希望があるかも・・・なんて淡い期待をしていますけど、
この記事の以前のアクセス数には程遠いので、まだまだ待つしかありません。

ちなみに、掲載順位が落ちたその他の記事もリライトを施しています。
だいたい同じような感じですね、今のところ改善の兆しは薄いです。

ただ、
リライトがダメだとは思っていません。むしろ、
何もしないよりは良いのではないかと。

 

掲載順位が落ちた記事のリライト
トップページから2ページ目以降に順位が落ちた場合、もう1度その記事を読み返し、リライトをしてみる
キーワードを見直し、記事のタイトルをもう1度考えてみる(記事の内容に沿ったタイトルへ
上位表示している記事を読み、自分の記事に足りない部分を補ってみる(パクリ無しで)
1度ガッツリとリライトしたら、ある程度の期間様子見(せめて1週間以上)

 

私はこの約2ヶ月間、記事のリライト後、少なくても1ヶ月ぐらいは様子見をしています。
そんなにすぐGoogleも対応していないでしょうから、リライト後はせめて1週間以上、記事の動向を探ってください。
焦らないように。

 

元々アクセスの無かった記事を削除

これはあるあるかも知れませんけど、
ブログを1年、2年と継続していると、アクセスの無い記事は増えるだけ増えていきますから、
なんとかアクセスが欲しくて、即リライトしたくなるんですよね。

リライトに追われる日々、ブロガーのあるあるです。

このブログもようやく400記事を超えましたので、
リライトしたい記事ばかりになっているんですが、残念ながらそんなアクセスの無い記事をリライトしたところで、
かなりの確率で無意味となります。

要はですね、

SEO頼みのブログ
アクセスが無いということは、検索すらされないキーワードで記事を書いている
そもそも、検索にすら引っかかっていない
ということは、キーワード選定を間違っていて、そのキーワードに沿った記事内容になっているはずなので、
タイトルも記事内容もリライト対象
新しい記事を書くのと一緒

新しい記事を投稿するのと、アクセスの無い記事をリライトするのは、
ほぼ同じようなものです。

もちろん、
過去に書いた記事、数ヶ月前に書いた記事ですから、リライトしたら息を吹き返す可能性はあります。
ですが、
数ヶ月間、ほぼほぼアクセスの無かった記事が息を吹き返して、人気記事になるなんて、
相当夢物語な感じですよね。

私はそう解釈して、
このGoogleコアアップデート被弾してから、すでに複数の記事を削除しています。
消しました。

消した記事は、

「検索キーワードが被っていそうなタイトルで、アクセスの無いブログ記事」

例えば、
去年公開された「ジョーカー」という映画の記事、
公開前と視聴後で2つの記事が存在していたんですよ。その公開前の記事を削除しました。
そんな風に削除した記事が複数です。

Googleに重複コンテンツだと思われないようにした

記事数は減りますけど、
キーワードが被らなくて良いのではないかと。

過去記事、アクセスの無い記事を削除することをオススメしているわけではありません。
アクセスの無い記事をリライトするぐらいなら、
新しい記事を作成して投稿した方が、より良い結果を生む可能性が広がる、
そう思っているだけです。

 

もう1度、毎日更新復活?

すいません、申し訳ないんですけど、
今の私には無理なお話、まだ実現できていないので、おいそれと提案できないことなんです。

ですから、もし、仮定の話として、

Googleコアアップデートでアクセスが激減した方、
毎日更新をしていなかった、または、
毎日更新していたけどその時はやっていなかった方(このブログのように)、
毎日更新を復活させてみるのも、1つの改善点になり得るような気がします。

私が仮に、今年もしっかりと毎日更新をしていて、
Googleコアアップデート被弾し、アクセスが激減していたとしたら、
完全に心が折れていたと思います。

そうならなかったのは、

毎日更新を辞めていたから

に他なりません。

毎日更新に追われて記事を書きまくっていなかったからこそ、
アクセス激減の理由を落ち着いて調べる時間があり、「リライトして様子を見よう」とか、
重複コンテンツだと見受けられる記事を削除」という思い切ったことが出来た、
それは紛れもない事実です。

毎日更新なんか辞めてしまえ、とは微塵にも思っていませんけど、
多少のゆとりがあるブログ更新をしていないと、大きくアクセスが減った時に緊張が解けて、
ポキっと心が折られてしまいますからね。

毎日更新に囚われることなく、あなたなりのブログ更新をおすすめさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

この弱小ブログもGoogleコアアップデート被弾するようになりました。
SEO頼りのブログの怖さを知ることが出来ましたね。

もし、
今回のGoogleコアアップデート被弾して、

「もうブログは辞める・・・」

そんな風に追い込まれてしまった方、

大丈夫ですよ、
Googleコアアップデート被弾して、アクセスが激減したのにまだ続けているブログがここにあります。
大したアクセス数ではなかったですが、60〜70%減ですから。
見える景色は確実に別物、時が戻ったんではないかというぐらいのアクセス数に逆戻りです。

それでも、

ブログを辞めていません

諦めが悪いわけではなくて、
ただただやり直してみようという発想なんです。
自分なりの更新頻度に落ち着いていますし、日々のアクセスが0になった訳でもないので。

Googleコアアップデート被弾アクセス激減
良い経験をさせて頂きました。これを糧にしてしまって、被弾された方も前向きに、と願っています。
(本当は、被弾後、アクセスを戻しました!という記事が書きたかった・・・)

ではまた。

 

スポンサーリンク