「関連コンテンツ」が解放された時の状況、確実に緩くなっています

2020年11月23日

先日、

グーグルアドセンスの管理画面を確認していたら、

前置き無しに「関連コンテンツ」が解放されていました。

メール連絡のある方、メール連絡無しで急に、

2パターンあるようですが、

この「ブログ」は完全に後者でした。

関連コンテンツ」の解放は相当難しいと聞いていましたけど、

そこまで高いハードルではないようです。

このブログの場合

ブログの継続期間→→9ヶ月ほど

更新頻度→→毎日更新(1月から初めてほぼ休まずに継続)

総記事数→→270記事以上

アドセンスに合格後→→半年ほどしてから「関連コンテンツ解放

1日のアクセス数→→平均で250PVぐらい
1ヶ月の総アクセス数→→ようやく8000PVを超え出した

これぐらいでこの「ブログ」の「関連コンテンツ」は解放されました。
グーグルアドセンスに合格しているという大前提はありますけど、
それさえクリアしていれば、

関連コンテンツ」を解放させることはそこまで難しいとは言えないのかも?、しれません。

「関連コンテンツ」とは

 

グーグルアドセンスの「関連コンテンツ」、

こんな感じのやつです。

記事の下、
記事の終わりによく設置されているのを見ると思いますが、
これがグーグルアドセンスの「関連コンテンツ」です。

関連記事の間に、広告が挟まれて表示されるユニットです。

読者さんが記事を読み終わった後、
他の記事をクリックしてさらに読んでもらう(PV数の増加)。
広告をクリックされると収益が発生する(収益の増加)。
一石二鳥的な「関連コンテンツ」。

グーグルに言わせると、
PV数の増加、読者さんの滞在時間増加アドセンス収益増加
良い事しかないのが「関連コンテンツ」です。

これを使えるようになるには、

ある一定の条件が・・・。

 

明確な解放条件はあるのか?

先に言っておきますが、

グーグルアドセンスの「関連コンテンツ」、

その解放条件明確な答えはありません

グーグルアドセンスに合格しただけでは、使用させてもらえない広告です。
(ごく稀に、合格と同時に使えるサイトもあるようです。)

条件が厳しいんですよね。

 

そんな「関連コンテンツ」が解放される条件は千差万別、人によってマチマチです。

グーグルが設定している条件は、

関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。
ご利用になるには、サイトトラフィック数とページ数が最低要件を満たしている必要があります。
この要件は、関連コンテンツで快適なユーザーエクスペリエンスを提供する目的で定められています。
関連コンテンツユニットを作成できるかどうかは、AdSenseアカウントの[広告]ページで確認してください。

サイトの状況に応じて、ご利用資格は次のいずれかになります。

利用資格 意味
現在関連コンテンツユニットを
利用できません
サイトがトラフィック量とページ数の最低条件を満たしていません。

関連コンテンツユニットを
利用できます

サイトがトラフィック量とページ数の最低条件を満たしています。
また、関連コンテンツに表示されるおすすめコンテンツの間に、
広告が表示されます。[広告の収益化]は、関連コンテンツユニットを作成または編集した時点でデフォルトでオンになりますが、
広告を表示したくない場合はオフに切り替えられます。

なお、サイトで広告収益があまり上がっていない場合は、
[広告の収益化」がオンになっていても、
関連コンテンツユニットには広告が表示されません。

参照元:AdSenseヘルプ-関連コンテンツの概要

 

・トラフィック数→→→アクセス数と考えておいて大丈夫です。

・ページ数→→→これはそのまま記事数です。

グーグルが言っているのは、

ある程度のアクセス数を集めているサイトで、
ある程度の記事数を蓄積してきたサイトにのみ、

関連コンテンツ」を使わせてあげましょう。

こういう事みたいです。

 

解放される条件、数字は?

すいません、
こちらも答えはありません。グーグルは明確な数字を提示しておりませんので。

たくさんの記事を読むと、
ある程度の推測は可能です。

厳し目の条件としては、

厳し目の条件

・1000PV/1日(平均)
・30000PV/1ヶ月(平均)
・累積100記事以上
・振込金額に到達している(8000円以上)

逆に、優し目の条件は、

優し目の条件

・150PV/1日(平均)
・3000PV以上/1ヶ月(平均)
・累積60記事以上
・振込金額に到達していない(1000〜2000円ほど)

本当にマチマチなんですよね。

1ヶ月で30000PVを達成しているにも関わらず、
関連コンテンツ」は解放されない。

1ヶ月で3000PVほどでも、
関連コンテンツ」は解放された。

上と下の落差が激しいんです。

条件に落差のある「関連コンテンツ」ですので、
解放させようと頑張るのは精神衛生上よろしくありません。
これだけの振り幅があると、予想すら出来ませんからね。

グーグルアドセンスに合格したら、
ただひたすら「ブログ」を継続させる。
関連コンテンツ」の解放が目的ではなく、「ブログ」の継続を目的としておく、
こちらの方が健全です。

で、

この「ブログ」はまさに、それでした。

 

スポンサーリンク

 

「関連コンテンツ」が解放された「ブログ」

 

多分で申し訳ありませんけど、

この「ブログ」の「関連コンテンツ」が解放されたのは、

10月19日頃だと思われます。

毎日しっかりと、
グーグルアドセンスを確認していた訳ではないので、
ちゃんとした日にちは分かりませんが、多分、そこら辺だと。

上記しましたように、「関連コンテンツ」の解放は唐突でした。
ある日突然、です。

メール連絡もなく前置き無しでの解放、
急に使えるようになっていましたね。管理画面を見て「あれ?」、それぐらい唐突でした。

 

「関連コンテンツ」が解放された時の状況

10月19日
18日あたりで「関連コンテンツ」が解放されたと仮定します。
その時の「ブログ」の状況はこんな感じです。

「関連コンテンツ」が解放された時の状況

・9/19〜10/19  1ヶ月間の総アクセス数→8000PVほど

・9/19〜10/19  1ヶ月間の1日の平均アクセス数→250PVほど

・総記事数→→1月からほぼ毎日更新をしていますので、270記事以上

・アドセンスでの収益→→まだまだ振込金額には届いていませんが、多少クリックされるようにはなっています。

・主なカテゴリーは4つ。それしか書いていません。

1ヶ月間の総アクセス数については、
この1ヶ月ほどで起こったアクセスの急増によるものです。
トータルすればこの数字になるだけです。

という事で、
1日の平均も250PVほどとなるんですけど、
しっかりと毎日250PVものアクセスのあるサイトではありません。
8000を30で割れば、という感じですね。

 

 

このアクセスの急増を起こした記事、
テレビ」の力を借りて、この「ブログ」のアクセスを伸ばした記事は、
1つだけです。1つの記事が影響しただけで、アクセスが急増です。

もう言い切ってしまってもいいと思いますので、
断言しますけど、

関連コンテンツ」を解放させたのは記事1つ

この「ブログ」の場合、これが答えとなってしまいます(あとは継続)。

 

解放させるために必要なPVと記事数

グーグルアドセンスに合格しているのが、
大前提となります。
その上で書かせて頂きます。

平均としてこれぐらいは必要ではないかと(広くて申し訳ありません)。

グーグルアドセンスの「関連コンテンツ」解放

・1日平均150PV以上

・1ヶ月間のトータルで3000〜8000PV以上

・トータルの記事数100以上

・継続期間6ヶ月以上

・アドセンス広告がクリックされている(振込金額に届いていなくても可

そして、私がただただやっていた事は、
更新頻度を保ちながら、「ブログ」をひたすらに継続

グーグルアドセンスの収益が少なくても、アクセス数が少なくても、
ただただ毎日更新をしていました。

関連コンテンツ」の解放を目標にはしていませんでした。
グーグルアドセンス広告を貼りつつ、「ブログ」を継続していただけです。

グーグルアドセンス合格しておくという大前提はありますけど、
合格後もしっかりと継続している「ブログ」なら、
関連コンテンツ」の解放が待っていると、私は思っています。

グーグルアドセンスがクリックされなくても継続
アクセスが少なくても継続、です。
この「ブログ」がまさにそれですからね。

 

 

 

最後に

 

色々な記事を読み漁ってみると、

一昔前まで、

グーグルアドセンスの「関連コンテンツ」、
解放させる事は至難の技でした。

どんな「ブログ」でも使えるようになるとは言えないものでした。

それがここ最近、
異常に高いハードルではなく、解放条件が多少緩くなってきていると思われます。

解放条件の規定が広くなっているんでしょうね。

だからこの「ブログ」でも「関連コンテンツ」を使えるようになったと。

こんな「ブログ」が解放条件を満たしたんです。
どんな「ブログ」でも、継続さえしていればその可能性は確実にあります。
解放されないと悲観する事はありません。

まずは継続ですね。

関連コンテンツ」を表示出来るようになったのは最近です。
まだその力を体験しておりません。
もし、体験出来て、明らかに違いが分かれば、また記事にしたいと思います。

ではまた。

スポンサーリンク