「ジョン・ウィック/パラベラム」、10月4日からキアヌ・アクション!

2020年2月14日

親日家でお馴染み、
ハリウッド俳優でここまで印象の良い人も珍しい、
キアヌ・リーヴス

マトリックス」、「スピード」、「コンスタンティン」、

キアヌの有名な主演映画の中に、今や入り込んできたアクション映画

ジョン・ウィック」、

その最新作が10月4日から日本で公開されます。

ジョン・ウィックシリーズ3作目

ジョン・ウィック/パラベラム

ネタバレなしで紹介します

 

スポンサーリンク

「ジョン・ウィック/パラベラム」、キアヌ主演のアクション映画

 

ジョン・ウィック/パラベラム

John Wick: Chapter 3 – Parabellum(2019 Movie) New Trailer

監督 チャド・スタエルスキ
出演(役名) キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)
ハル・ベリー(ソフィア)
ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)
イアン・マクシェーン(ウィンストン)
マーク・ダカスコス(ゼロ)
アメリカ公開 2019年5月17日
日本公開 2019年10月4日

ジョン・ウィック」、「ジョン・ウィック:チャプター2」ときて、
ジョン・ウィック/パラベラム」、続編です。

ジョン・ウィック:チャプター2」のラスト
裏社会の聖域:コンチネンタル・ホテルでの掟を破った殺し屋ジョン・ウィック
1400万ドルの懸賞金をかけられて、
膨大な数の刺客、最強の暗殺集団から命を狙われる物語です。
ジョンには安息の日々が訪れません。
またまた戦いの渦に巻き込まれていきます。

ジョンVS暗殺集団
日本で観られるのは10月4日からです。

 

スポンサーリンク

 

「ジョン・ウィック」、少しだけ振り返り

 

ジョン・ウィック

監督 チャド・スタエルスキ
出演(役名) キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)
ミカエル・ニクヴィスト(ヴィゴ・タラソフ)
アルフィー・アレン(ヨセフ・タラソフ)
エイドリアンヌ・パリッキ(ミズ・パーキンズ)
ブリジット・モイナハン(ヘレン・ウィック)
アメリカ公開 2014年10月24日
日本公開 2015年10月16日

ジョン・ウィック」は復讐劇です。

5年前、
最愛の女性ヘレンと出会い、裏稼業から足を洗っていたジョン
平穏な結婚生活を送っていましたが、ヘレンが病死。
生きる希望を失っていたジョンの元に、ヘレンが残される夫を心配して手配していた仔犬が。
その仔犬の存在が、ジョン新たな希望になっていました。

そんなある日、
ジョン愛車フォード・マスタング・BOSS429を狙った強盗に家を襲われ、
車を奪われた挙句、生きる希望だった仔犬まで犠牲に・・・。

凄腕の殺し屋としてその名を轟かせていたジョン・ウィック
奪われた車犠牲となった仔犬
再び銃を持つようになり、復讐です。

ジョン・ウィック」、
ジョンの復讐劇です。

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」、少しだけ振り返り

 

ジョン・ウィック:チャプター2

 

監督 チャド・スタエルスキ
出演(役名) キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)
リッカルド・スカマルチョ(サンティーノ・ダントニオ)
ルビー・ローズ(アレス)
クラウディア・ジェリーニ(ジアナ・ダントニオ)
コモン(カシアン)
アメリカ公開 2017年2月10日
日本公開 2017年7月7日

前作「ジョン・ウィック」から5日後

愛車を取り戻したジョンの元に、
かつての借りがあるイタリア系犯罪組織の幹部から暗殺の依頼が。
今度こそ引退を決意していたジョンは、その依頼を断ります。
断られたイタリア系犯罪組織の幹部は、
やめておけば良いのに、ジョンと妻ヘレンの思い出が詰まった家を爆破してしまいます。

家を爆破されながらも、かつての借りの効力は大きく、
1度は依頼を受けたジョン、仕事をこなしますけど、
今度はイタリア系犯罪組織から口封じのために狙われることに・・・。

復讐する側から、今度は狙われる立場となったジョン・ウィック
イタリア系犯罪組織との壮絶なバトルが展開されていきます。
ジョン・ウィック:チャプター2
ジョンの戦闘能力の凄まじさを堪能できる「アクション映画」です。

 

そして、
ジョン・ウィック:チャプター2」のラスト
裏社会の聖域:コンチネンタル・ホテルで起こったジョンの掟破り、
この出来事が、
ジョン・ウィック/パラベラム」へと繋がります。

 

 

キアヌ・リーヴスについて

 

キアヌ・リーヴス(1964年9月2日〜)は、
レバノン出生のカナダの俳優、ミュージシャンです。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1992年 ドラキュラ ジョナサン・ハーカー
1994年 スピード ジャック・トラヴェン
1997年 ディアボロス/悪魔の扉 ケヴィン・ロマックス
1999年 マトリックス トーマス・アンダーソン/ネオ
2003年 マトリックス リローデッド
マトリックス レボリューションズ
2005年 コンスタンティン ジョン・コンスタンティン
2008年 地球が静止する日 クラトゥ
2014年 ジョン・ウィック ジョン・ウィック
2017年 ジョン・ウィック:チャプター2
2019年 ジョン・ウィック:パラベラム

1994年、
ヤン・デ・ボン監督作「スピード」が大ヒット、
国際的なスターになったキアヌ・リーヴス

1999年、
ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」で人気は不動のものになりました。
いまだにネオの印象は強いですね。

1992年、個人的に大好きな「映画」、
フランシス・フォード・コッポラ監督作「ドラキュラ」。

これまた大好きな「映画」、
2005年、戦うエクソシスト「コンスタンティン」。

大ヒット作の「スピード」、「マトリックス」シリーズも面白いですけど、
大ヒット作とはあまり言えない作品の方に、
私は魅力を感じてしまいます。
コンスタンティン」、そして「ジョン・ウィック」シリーズ、
どちらもジョン役ということで、キアヌファンにはおすすめです。
色の違うジョンを楽しんでみてください。

 

最後に

 

キアヌ・リーヴス主演、
殺し屋ジョン・ウィックの「アクション映画」、
ジョン・ウィック/パラベラム
10月4日から日本で公開されます。

出来ましたら、
ジョン・ウィック」、「ジョン・ウィック:チャプター2」を視聴した上で、
映画館で「ジョン・ウィック/パラベラム」を楽しんでください。

ジョン・ウィック」、「ジョン・ウィック:チャプター2」と、
今現在、
Netflix(ネットフリックス)」で視聴可能です。

おさらいをしてからいざ映画館へ、
ですね。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク