「ワンハリ」鑑賞!タランティーノが描くラスト13分、必見です!

2020年2月10日

クエンティン・タランティーノ監督の第9作目

レオナルド・ディカプリオブラッド・ピット初共演

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ようやく鑑賞しましたので、記事にさせて頂きます。

 ネタバレはしません。

タイトルが長すぎて、すでに「ワンハリ」と略されている「映画」です。

ワンハリ」を観た感想は?

A.面白かった!

 

スポンサーリンク

「ワンハリ」鑑賞!ラスト13分は必見です!!

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公開中

監督 クエンティン・タランティーノ
出演(役名) レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)
ブラッド・ピット(クリフ・ブース)
マーゴット・ロビー(シャロン・テート)
ラファル・ザビエルチャ(ロマン・ポランスキー)
ブルース・ダーン(ジョージ・スパーン)
アル・パチーノ(マーヴィン・シュワーズ)
ダミアン・ルイス(スティーブ・マックイーン)
マイク・モー(ブルース・リー)
デイモン・ヘルマン(チャールズ・マンソン)
アメリカ公開 2019年7月26日
日本公開 2019年8月30日

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ


第92回アカデミー賞2部門受賞
助演男優賞ブラッド・ピット(クリフ・ブース役)
美術賞バーバラ・リン

 

スポンサーリンク

 

「ワンハリ 」の舞台は1969年ハリウッド

 

・リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)
一昔前が旬だったテレビ俳優
映画界に進出するも上手くいかず、焦り、くすぶっている状態です。
西部劇を得意としている俳優で、
以前は主役を演じていましたけど、今は悪役しか演じさせてもらえません。
上がって落ちてくすぶって、お次は、キレ喚い泣いてと、ある意味忙しい俳優です。
リックの涙には心が揺さぶられます。何度か声が出るほど笑いましたね。

 

・クリフ・ブース(ブラッド・ピット)
そんなリックの相棒でありスタントマン
ある映画でリックスタントマンを務めたクリフ、その時からのパートナーであり、親友です。
スタントマンとしてリックを助け、私生活でもリックを助ける頼もしい相棒
ほとんど保護者ですけどね。
立ち振る舞い、相棒想いな姿勢、どこをどう突いてもカッコいいクリフ
ブルース・リーとのバトル、楽しませてくれますよ。

1969年ハリウッドを舞台に描かれた、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、通称「ワンハリ 」、
ハリウッドの光と影を存分に味わうリッククリフ
この2人を追うだけでも充分なんですけど、もう1人主役がいます。

 

シャロン・テート

・シャロン・テート(マーゴット・ロビー)
夫はロマン・ポランスキー
ローズマリーの赤ちゃん」で一躍有名になった監督の奥さんです。
自身も新進気鋭の女優として、映画に出演していました。
自分が出演している映画を、わざわざ映画館に観に行き、
客の反応を楽しむお茶目な面も持ち合わせている女性です。
そんな夫婦が、リックの家の隣に引っ越してきます。
売れない俳優とスタントマンのコンビ、有名映画監督と新進気鋭の女優夫妻、
ここにも光りと影が。

このシャロン・テートも主役の1人です。

シャロン・テート1943年1月24日〜1969年8月9日)は、
実在したハリウッド女優で、
ロマン・ポランスキー夫人というのも事実です。

1969年8月9日、シャロンを襲った悲劇・・・。

 

シャロン・テート殺害事件

1969年8月9日

チャールズ・マンソンを指導者とする狂信的カルト集団の3人組に、
ロサンゼルスの自宅を襲撃され殺害されました。この時シャロン26歳妊娠8ヶ月
ハリウッド史上稀に見る凄惨な事件です。

あまり細かい事を書きたくないのですが、

シャロンはこの時、

子供だけでも助けて」と3人組の犯人に懇願したそうです。

その願いは届かず、
ナイフで計16箇所も刺されて惨殺されました。

書いているだけでも、
胸糞の悪くなる話なんですけど、私はこの「ワンハリ」を観て、

タランティーノの思いに触れた気がします。

 

ラスト13分、タランティーノの強烈な思いを描いています

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、

ワンハリ」のラスト13分で描かれる出来事

タランティーノの強烈な思いが描かれています。

1969日、
リッククリフは、リックの自宅でくつろいでいる最中、
そして、シャロンの自宅はリック宅の隣

チャールズ・マンソンの信奉者の3人はある家に押し入ります

そこに描かれていたのは、
タランティーノ流のシャロン・テート殺害事件に対する答え
タランティーノの強烈な思いが視聴者に襲いかかる13分

是非、映画館で確認してください。

ちょっとだけ、ちょっとだけですけど、
シャロン・テートがこのラストを観たら、微笑んでくれるのではないかと・・。
どう受け取るかは分かりませんけどね。

ラスト13分
タランティーノからの挑戦状です。
これをどう受け取るのか、我々視聴者に問いかけていますよ。
映画館で是非。

 

最後に

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、

ワンハリ」を鑑賞してきました。実は今日です。

感想としては、
おすすめ!です。是非、映画館で観て欲しい作品です。

ちなみに、
ちょっと前に話題になっていたブルース・リーについてですが、
個人的な感想だと、あまり似ているとは思いませんでしたね。
雰囲気はブルース・リーですけど、
もっとアクが強いと思うんですよ、本物のブルースは。
ここで描かれていたブルースは、サラッとブルースでした。個人的な感想ですけど。

それでも1度は観ておくべき映画と言える作品です。

タランティーノがなぜ、
シャロン・テート事件をこう描いたのか、彼が思っている気持ちの強さを確認して欲しいと思っています。

 

 

 

主人公達以外でおすすめ:強烈な子役

 

ジュリア・バターズ(2009年4月15日〜)は、
アメリカ合衆国の子役です。

今までの映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
2015年 The Rusted(短編映画) パイパー
2016年 13時間 ベンガジの秘密の兵士 ビヴァリー・シルヴァ
デッド・オア・ラン ケイト
ファミリー・マン ある父の決断 ローレン・ジェンセン
Pais(テレビ映画) ジュリア
2019年 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド トルディ・フレイザー

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で、
リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)との共演シーン
強烈です。

「対決ランサー牧場」という映画でリックと共演する子役俳優トルディを演じています。
8歳ながらすでに、女優として気品に満ち溢れているトルディ
リック的確なアドバイスをする彼女の気品強烈
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」名シーンの1つです。

未来の大女優候補かもしれないジュリア・バターズ
子役時代から評価の高かったダコタ・ファニング
新旧の子役がこの「ワンハリ 」で強烈な存在感を示しています。

リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)、
クリフ・ブースブラッド・ピット)、
ダコタ・ファニングスクィーキー:マンソン・ファミリー)、
トレディ・フレイザージュリア・バターズ)、
そして、
シャロン・テートマーゴット・ロビー)。

タランティーノが、
強烈な思いをぶつけて作り上げたラスト13分

ワンハリ」、映画館で観る価値あり!です。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク