「ワードプレス」で使用する「YouTube動画」、貼り方と使用の注意点

2021年8月14日

ワードプレス」で使用する「YouTube動画」の貼り方と、
使用の注意点を説明させていただきます。

  • 「ワードプレス」で使用する「YouTube動画」の貼り方
  • 「ワードプレス」の投稿画面での貼り方
  • 「YouTube動画」使用の注意点

このような内容の記事になっています。

作業内容を覚えてしまえば簡単ですが、

注意点約束事はしっかりとありますので、
お間違えのないよう、安全に「YouTube動画」を活用してください。

スポンサーリンク

 

「ワードプレス」での「YouTube動画」の貼り方

簡単ですので、慣れてしまえば余裕です。
いちいち調べる事も無くなりますから、覚えてしまってください。

まず、ブログ記事に貼り付けたい「YouTube動画」を選びます。

 

動画再生ページにいくと、再生画面の右下、
こんな風に表示されていると思います。

 

この共有というところをクリックしてください。

 

そうするとこんな表示に。

今度は「埋め込む」をクリックです。
ちなみにこの「動画」は、YouTube Japan公式チャンネルの「動画」です。

 

埋め込む」をクリックすると、

このように表示されますので、
赤枠の中のコードを全てコピーしておいてください。
開始位置は0秒を選んでおけば良いと思います。この画像だと2秒になってしまっていますが、
0秒の位置で「動画」を止めておけば大丈夫です。

これで「動画」選びは終了です。コピーだけしっかりとお願いします。

次は、

ワードプレス」の投稿画面でのやり方です。

 

「ワードプレス」の投稿画面、「動画」の貼り方

こちらも手順は簡単です。

まず、

ワードプレス」の投稿画面で、

投稿画面の上の方に、
挿入」という項目があると思いますので、そちらにマウスを持っていってください。

 

クリックすると、

別窓が開きますので、
今度は「メディア」をクリックです。

「メディア」をクリックした後、
こんな画面になりますので、次は「埋め込む」をクリックしてください。

そうすると、

埋め込む」という画面、
1、赤枠の中に先ほどコピーしたYouTubeの「動画」のコードを貼り付けます。そのままそっくりと。
2、貼り付けたら、OKボタンをクリック。

これで投稿画面に「動画」が反映されていると思います。

動画」のサイズは変更できますので、お好みのサイズに変更してください。
私の場合は、何もいじってはいませんので、すいませんが、検索してください。簡単に見つかりますからね。

 

 

昨日書いた「海外ドラマ」の投稿画面です。
投稿画面では、「動画」が左に寄ってしまっていますけど、
プレビューを見るとしっかり、「動画」は真ん中へ来ております。
投稿画面の表示はこんな感じです。
(投稿画面でもフルで表示される場合があります)

 

ここまでが、
ワードプレス」での「YouTube動画」の貼り方です。

ここからは、
少しだけ「YouTube動画」の使用に関する注意点を。

スポンサーリンク

 

「YouTube動画」の使用に関する注意点

YouTube動画」は非常に便利ですけど、

ちょっとだけ注意しながら使用するようにしてください。

YouTube動画」の利用規約はこちら→→「YouTube 利用規約」

細かいことは利用規約を読んで頂ければ分かると思います。
上から下まで読むのは、私もイヤですので、ザックリというと、

「違法動画」は使用しない、これだけ頭に入れておけば良いのかなと。

注意点

 

✔︎ テレビ番組ドラマ音楽系動画、映画をそのまま、アダルト系など、
それらの「動画」は違法にアップロードしている可能性が高いし、著作権もありますから、
「ブログ」で使用しないようにしてください。

 

✔︎ デメリットしかありません。

あと、

YouTube動画」ばかりを貼り付けた記事は注意が必要です

5000文字ほどの「記事」なら、
4本ぐらい「動画」を使っても違和感がありませんけど、
1000文字ほどの「記事」で、4、5本も「動画」を使うのは避けておいた方が良いと思います。

記事の読み込み速度も遅くなりますし、「SEO」的にもよろしくないです。

Googleに評価されなくなる可能性がありますからね。

「動画」の使い過ぎに注意です。
画像や写真と一緒で、補助的な使い方を心がけてください。

 

最後に

 

簡単ではありましたが、
ワードプレス」で使用する「YouTube動画」の貼り方と注意点を紹介させていただきました。

「ブログ」で「動画」を使用するのは簡単です。
誰にでもできてしまいます。

ですが、

違法な「YouTube動画」を「ブログ」で使用してしまうリスクを避けるためにも、
使いたいからといって何でも貼り付ける行為は、
絶対にやめておくべきですね。

見極め、というと大げさかもしれませんけど、
著作権に引っかかって、あとあと面倒臭いことになりますから、
是非、
YouTube動画」を使用する際は、細心の注意

ではまた。

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

スポンサーリンク