「リライト」は、「グーグルサーチコンソール」をフル活用で

2019年12月10日

「ブログ」で「150記事」ほど書いてくると、

私が書いている程度のものでも、
Googleの検索結果に表示されるようになってきます。

少ないですけど、
アクセスも徐々に増えていきますので、非常に楽しくなってくるのですが、

人間というのは欲の塊ですので、

「もっと上へ」

と、なんだかんだ頑張ってしまうんですね。

そうです、「リライト」です。

最近ネタにし過ぎな感じはありますけど、すいませんが今回もお付き合いください。

最近、私がやっている「リライト」方法をザックリと書いていきます。

検索上位を目指せるかどうかは、
ブログ初心者」の私には明言出来ませんが、
検索順位が変動するだけだったらハッキリと体験しておりますので、

あなたの「ブログ運営」の為に、もしくは、
反面教師として、こうならないようにして頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

「リライト」するなら「サーチコンソール」を活用

 

「ブログ記事」の「リライト」は大事な事です。
ブロガーが絶対に身に付けておくスキルだと思います。

生意気な事を書いておりますが、

私も先輩ブロガーの方達の記事から学ばせてもらっただけです。

受け売りですけどね。

ただ、

見よう見まねで「リライト」してきたここまでで、

リライト」が相当大事だという事は身を以て教えて頂いたと思っています。
痛感しました。

 

そして、

見よう見まねで「リライト」しても意味が無い事も、

しっかりと教えられました。これはダメですね。何も変わりません。

リライト」をする前に絶対にやっておくべき事、


事前にリサーチをしておかなければいけません。「リライト」するべき「記事」を見つける、
これをしておかなければ、「リライト」の効果は見込めません。
私のように、闇雲に文字数を増やしたり、
検索で表示されているからと、調子に乗って少し手を加えようとしたり、
これでは意味を成さないんですよね。

個人的な想いから「リライト」するのではなく、

 ユーザー(読者)さん目線で「リライト」をしなければいけません。

それをリサーチです。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)で。

 

「サーチコンソール」を活用 アクセスのある記事

 

まずはこちら。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)で、
アクセスされている「記事」を確認してください。

1クリックでもいいです。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)に、
まだそこまで情報が蓄積されていないのなら、「リライト」はまだ先でいいと思います。
新しい「記事」を作っていく事だけを考えて「ブログ」に向き合ってください。

1クリックでもされている「記事」があるなら、

そちらの「記事」を「リライト」候補とします。私の場合。

クリックされているという事は、
ちょっとだけですけど、需要があると私は勘違いするようにしています。
勘違いで終わる可能性が高いですけどね。

それを見つける為にも、

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)に情報を蓄積させておかなければいけません。

個人的には、

3ヶ月ほどかかるのではないかと。最低でも「30記事」、
無理を言うなら「100記事」。

これぐらいの「記事」を蓄積しておけば、
たぶんですが、「リライト」候補の「記事」を見つけられるのではないかと、
私は思っています。

 

では見つかったという事で、

早速「リライト」をしていくのですが、

ここから更に大変な作業が待っています。

 

 

「サーチコンソール」を活用 クエリを調べる

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)には、
クエリというのを教えてくれる素晴らしい機能が備わっています。

クエリ」というのは、

キーワード」だと思って頂いて大丈夫です。

例えば、

この記事のクエリは、

ブログ初心者」と「リライト」です。

Google検索で、「ブログ初心者スペースリライト」と入れて検索すると、
今現在、だいたい2ページ目に出てきます。大した「記事」ではありませんが、
なんとか2ページ目に位置しております。

この「記事」は1度、軽く書き直したんですけど、

今年の3月16日から一切手を加えていません。約3ヶ月前の「記事」になっています。

ブログ初心者」と「リライト」というクエリで検索すると、
2ページ目になんとか出てくる「記事」なんです。アクセスはちょっとだけです。

 

このように、

クエリというのを理解しておかないと、
リライト」という行為は意味を成しません。自己満足なら大丈夫だと思いますけど、
一応私の場合は、
ブログ初心者」の方が「リライト」をしたくなった時に、
間違ったやり方で「リライト」をするとこうなりますよ、
そんな感じに読んでくれたら良いなという想いから書いた「記事」なんですね。

これがユーザー(読者)さん目線です。

ブログ初心者」だけど「リライト」ってどうなの?

と思ってGoogle検索した方へ向けた「記事」なんです。私なりにですが。


Google Search Console(グーグルサーチコンソール)なら、
このクエリを教えてくれます。様々な「記事」のクエリを知る事が出来るんです。
何度も書いて申し訳ありませんが、
ある程度の情報量が蓄積されていないといけません。
記事数」だったり「継続期間」だったり。

私はここから、

リライト」をする「記事」を決めます。

1クリックでもいいからアクセスされている、

クエリがしっかりある「記事」をチョイスです。

 

すいません、

まだまだあります。

 

「サーチコンソール」を活用 表示回数と掲載順位を調べる

 

今度はですね、

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)で分かる表示回数です。

リライト」をしようと決めた「記事」、

1クリック以上でクエリがある訳ですから、

ユーザー(読者)さんの目に入ったという事です。Google検索で表示されたんです。

その表示回数と一緒に掲載順位を見ておきます。

掲載順位が高いと表示回数は必然と増えますから、
クリックされやすいという事になりますよね。

でも、「リライト」をしようとしている「記事」はそうではありません。

1クリックぐらいで、クエリはありますけど、「リライト」をしたくなる「記事」、

表示回数はほとんどなくて、掲載順位も低い「記事」、でも1クリック以上はされている、

そういう「記事」を私は「リライト」候補の「記事」にしています。

既にある程度のアクセスがある「記事」はそのままにしておきます。いじりません。

こんな「ブログ」の「記事」でも、

あるキーワードで検索トップページに居座っている「記事」が存在します。

1つのキーワードです。複合ではありません。

そういう「記事」は怖くて触れません。「リライト」をした事によって、
検索順位が下降する可能性もありますし、下手をすると検索圏外へ飛ばされてしまいます。
ある程度のアクセスがあるので、今はそっとしておいています。

以前にも書いておりますが、
リライト」は諸刃の剣です。確実な「リライト」、
ユーザー(読者)さん目線で検索上位を狙えるなんてスキルは、
ブログ初心者」の私は持ち合わせておりません。

まぐれ当たりとはいえ、
1つのキーワードで検索トップページに居座っている「記事」、
闇雲に「リライト」はしません。怖すぎます。

 

ですので、

1クリック以上されているけど、掲載順位が低く、表示回数もそこそこな「記事」を、

私は「リライト」候補の「記事」として選んでいます。

 

そして、

ここまでを全部足すんです。 全てを踏まえて「リライト」です。

 

「サーチコンソール」を活用 フルで

 

ここまで長々と書いてきましたが、

全てを足さないと「リライト」という作業は完結しません。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でまず、

アクセスのある「記事」を選びます。(1クリック以上

「記事」のクエリを調べます。
(この「ブログ」で1番アクセスのある「記事」には35個以上のクエリがあります。たぶん、この数は少ない方だと思います。)

そのクエリでの表示回数と掲載順位を調べます。
(検索キーワードで、どれぐらい表示されたのか、掲載順位は何位ぐらいなのかを把握です。)

ここまできてようやく「リライト」作業です。

クエリは検索キーワードですから、
クエリを駆使して「記事」を「リライト」して、掲載順位が少しでも上がるように、
掲載順位が上がれば表示回数が増えてクリックされる可能性が上がる、

結果として、

アクセスアップ

こんな感じで最近、

私は「リライト」をする「記事」に向き合っています。

残念ながら、

目に見えての結果は得られていません。そう簡単にアクセスアップはしませんね。
時間がかかります。待たないといけません。

ちなみに、

この「ブログ」で今現在、

1番アクセスされている「記事」は今年の2月に書いた「記事」です。
1度、5月に「リライト」をしています。結構ガッツリとやりました。

それが功を奏したのか定かではありませんが、

6月に入ってから毎日アクセスがあります。毎日必ずです。

1つのキーワードで検索トップページに居座ることが出来れば、
こうなるんだなと実感出来ています。「5ヶ月」ほど「ブログ」を継続してきてようやくですよ。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)をフル活用です。

 

最後に

 

結局ですね、

「記事」がGoogleに評価されるようになるには、相当な時間が必要なんですね。

ブログ初心者」の「ブログ」なら尚更です。この「ブログ」のように。

検索上位に表示されている「記事」、2月の「記事」です。

3ヶ月以上前に書いた「記事」なんです。

 

私は最近まで、

闇雲に文字数を足したりした「リライト」を、
Google Search Console(グーグルサーチコンソール)で調べもせずに、
「記事」を選んで行なっておりました。
ちょっとした手直し、誤字脱字レベルなら見つけた時にしても良いと思いますけど、
しっかりとした「リライト」をしようとするなら、

「記事」を投稿してから3ヶ月ぐらい様子を見ておいたほうが良いのではないかと。

意味を伴った「リライト」をしたいなら、ある程度我慢が必要だと思っています。

 

せめて、
「記事」を投稿してから1ヶ月ぐらいはほっておくか、
最善は、
Googleの評価が定まるであろう3ヶ月ほど我慢してから、「記事」を見直す、
リライト」候補をGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)でしっかり調べる、

そんな流れとしておいて、

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)への情報蓄積が少ない内は、
新しい「記事」を作る事に全力を注いでおく。

これが、

今の私が思っている「リライト」です。

まずはGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)に情報蓄積です。

新しい「記事」を投稿し続ける、

そして、ある程度の時間が経ったら「リライト」候補を探す、

今の私がやっているのはこういう感じです。

 

リライト」はハマると面白くなってしまうので、どうか気を付けてください。

新しい「記事」作成の妨げになりますのでね。

リライト」は楽しいけど邪魔もしてきます。
可愛いやつですが闇も深い、

本当にお気を付けください。ハマらないように。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク