内部リンクの設置、メリットが豊富!注意点は1つだけです

2019年12月10日

ブログ」を運営していると、

よく目にする言葉で、内部リンクというのがあります。

大まかに言うと、

ブログ」の内側を強化して、

内側、そして、外側にもいい影響を与えよう、

そんな感じの手法が内部リンクです。

実際に行ってみると簡単ですので、

是非、内部リンクを増やしていってください。

 

スポンサーリンク

内部リンクはメリットが豊富

簡単に言うと、

記事同士を繋げてしまえば良いんです

ブログ」内にある記事から、
別の「ブログ」内の記事へ橋渡しをするという事です。

訪問してくれたユーザーさんに、
この記事に興味を持ってくれたのなら、こちらにも関連した記事がありますよ、
と、他の記事も読んでもらおうとお誘いしてみる、
そんな感じで記事同士を繋げるのが内部リンクです。

記事と記事を繋げるだけですので、絶対にやっておいた方が良いです。
色々とメリットが豊富ですからね。

 

PV数の増加を見込める

ブログ」内の記事同士を繋げて、
ユーザーさんに別の記事も読んでもらおうと、内部リンクを設置するわけですから、
リンクをクリックして頂き、別の記事も読んでもらえれば、
PV数の増加に繋がっていきます。

1ページだけで離れてしまわれると直帰率が上がりますので、
ユーザーさんに少しでも滞在して頂けるように、
内部リンクを設置しておく、大事な事ですね。

内部リンクの設置

PV数の増加に繋がる
ユーザーさんの滞在時間が増える(直帰率を下げる)

 

スポンサーリンク

 

SEO対策にもなる

こちらも良く言われている事なんですが、

内部リンクを設置、強化していくと、

SEO対策として有益だと。

Googleのプログラム、クローラーに対応するために、
内部リンクを設置しておく事で、クローラーがサイト内を巡回しやすくなります。
ブログ」内をグルグルと回りやすくなるという感じです。

道筋を作っておいてあげよう、
そういう事ですね。

ブログ」にとって、
SEOは避けて通れませんから、内部リンクの設置、必ず行ってください。

内部リンクの設置

SEO対策に効果的
クローラーの道順を構築しておく

 

テキストリンクかブログカードか?

 

テキストリンクは文字通り、
テキストを利用した内部リンクです。

テキスト→→→「プライバシーポリシー」コピペOKですが、少し注意点があります

こんな感じのやつ。

かたやブログカードというのは、

こんな風に表示される、
ちょっとオシャレな感じのやつです。写真付きですし。

この「ブログ」でもよくブログカードを使っていたのですが、
最近はあまり使わなくなりました。
クリックされないんですよね、思った以上に。

私の貼り方が下手なせいもあるんでしょうけど、
あまり期待できそうにないので、最近はもっぱらテキストリンクにしております。

だからと言ってクリックされるかというと微妙ですけど、

見た目的にはテキストの方がシンプルで、
広告みたいには見えないから、ユーザーさんも気軽にクリックしてくれそうですしね。

テキストリンクのメリットとデメリット

メリット
・文章に溶け込むのでシンプル
広告っぽくない

デメリット
・シンプル過ぎて、見つけにくい可能性

ブログカードのメリットとデメリット

メリット
・見た目がオシャレで目立つ

デメリット
広告っぽい

一概にどちらがどうとは言えませんが、

テキストリンクの方が使いやすいし、シンプルだと思いますので、
個人的にはテキストリンクをお勧めしておきます。

 

内部リンクの注意点

これは簡単な事なんですけど、

関連性のある記事同士を繋げておく、これだけが注意すべき点です。

この「ブログ」でいうと、

映画の記事に「ブログ」の記事を内部リンクさせても、

何の意味もありませんよね。

映画に興味があって訪れてくれたユーザーさんに、
「ブログ」の継続に役立つ記事がこちらにありますよ、
なんて内部リンクを貼ったところで、

クリックされるはずがありませんから。

Aという記事にBという記事を内部リンクするなら、

AとBに関連性がないといけません。

内部リンクの設置

必ず関連している記事同士を繋げる

よく目にする「あわせて読みたい」的な内部リンク

必ず、関連性のある記事への誘導になっています。

内部リンクは、
関連性のある記事同士を繋げる、これだけをしっかりと守ってください。

 

最後に

 

ブログ」を頑張って継続していれば、

記事数が増えていって、

関連性の高い記事が出てくると思います。

同じような内容の、ちょっと切り口の違う記事が。

関連性のある記事同士内部リンクで繋げて、

PV数の増加

SEO効果

ユーザーさんの滞在時間増加

これらを意識してみてください。

まずは記事を増やしていく事ですね。
記事が増えれば、関連性の高い記事は必ず出てきますので。

ではまた。

 

スポンサーリンク