シリーズ第7弾『リセット』主要人物/悪臭の道筋/感想/リカの時系列、いつもながらオゾマシイ

「他の人は怖いし、嫌なの。話したくない。
晃くんが(あなたが)いればリカはそれでいい

この台詞を今までに聞いてきた登場人物の末路・・・。

フラグ回収率100%のモンスター:リカの最新作、
シリーズ第7弾『リセット

リセット

✔︎ シリーズ7作目、時系列的に並べると、物語の2作目にあたる

✔︎ 数々の悪意を撒き散らしてきたリカが、女子高生だった頃のお話

✔︎ 今回、リカの周りで命を落とす人数は10人以上・・・

リセットの語り手は男子高校生の“升本晃”です。
リカと同年代の男の子視点から、読者が頭の中に描く女子高生リカ”の物語・・・

今回もリカと関わってしまった人達の末路は悲惨でしたね。

スポンサーリンク

シリーズ第7弾『リセット』主要人物/悪臭の道筋/感想/リカの時系列

リセット』五十嵐貴久

目次
  • 第1章「少女」6〜
  • 第2章「先生」93〜
  • 第3章「視線」106〜
  • 第4章「金網」160〜
  • 第5章「十字路」207〜
  • 第6章「夏の嵐」255〜
  • 終章「通報」306〜
  • 『リセット』後書き 312〜

スポンサーリンク

主要人物

【主要人物】
升本家
晃(あきら:高校1年生、奈緒美の息子)

俊幸(としゆき:52歳、晃の義父、奈緒美と再婚)

奈緒美(なおみ:33歳、晃の母親、俊幸と再婚)

幸司(こうじ:大学生、晃の義理の兄、俊幸の息子)

晃の同級生
小野萌香(もえか:晃の同級生、勘の鋭い女子高生)

三笠(みかさ:晃の同級生の男子高校生)

浜田京子(ハマキョー:萌香と塾が一緒の女子高生)

高校の教師
高木(たかぎ:晃が1年の時の担任、生徒受けの良い男性教員)

菅野(すがの:晃が2年の時の担任、音大卒の女性教員)

刑事
屋敷(やしき:浦和東署の刑事)

若月(わかつき:埼玉県警の刑事)

神崎(かんざき:埼玉県警の警部補)

邪悪で異形な何か
雨宮結花(リカ:晃の従姉弟、痩せ型で長い黒髪の女子高生)

 

 

悪臭の道筋

リカは常に悪臭を放っている訳ではありません。
リカを引き取り一緒に住んでいた升本家の人たちでさえ、
それが“リカから放たれている悪臭”とはなかなか気付かない・・・。

ある意味、警告なんですけどね。

今作リセットの中でも、
“リカの悪臭=警告”と感じられる場面がありましたので、紹介します。

【リカの悪臭の道筋】
最初に気付いたのは小野萌香
「あの子が私の横を通った時、臭ったの・・・。腕に鳥肌が立つほどの異質な臭いだった」
勘の鋭い萌香は、誰よりも早くリカの異常性に気付いていました。
そして、萌香は即行動を起こします・・・。

敵意と悪意が籠められた悪臭
晃も早い段階でリカの悪臭を感じ取っていましたけど、
「結花みたいな綺麗な子から、あんな酷い臭いがするはずはない」
と、萌香の声を思い出しつつも、リカを疑うようなことはありませんでした。

2人の死体の第一発見者が嗅ぎ取った悪臭
「この倉庫はカビ臭かった。だけど、違う気がする。生臭いというか、肉や魚が腐ったような臭い・・・、あの臭いには明らかに悪意があった」
最初の犠牲者が出た時、
リカの悪臭は悪意となって、何時間も現場に残っていたようです・・・。

晃の母親:奈緒美も感じた悪臭
「・・・凄い臭い。沢庵かしら・・・捨ててくる、食欲なくなっちゃった」
奈緒美と一緒に晃も嗅ぎ取っていた悪臭。
リカと会話中だったが、
晃はまだリカだとは・・・半信半疑です。

とうとうリカの悪臭だと確信する晃
自分の周りで明らに異質で異様な“死”が連続して、とうとう晃は、
リカから放たれている悪臭だと気付きます。

そして・・・
悪意と敵意に満ちたリカの悪臭は、全てをリセットしました。

“リカの悪臭=警告”といち早く感じ取り、行動を起こした人物は、

ただ1人です・・・。

 

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
リセット』の感想

 

(あのリカが女子高生だった時代・・・)

8.5

 

リカシリーズの第7弾
物語の時系列的には2作目となるリセット
“女子高生リカ”だったとはいえ、そこにいたのは、
いつものリカ”でした。

 

今作リセット
リカを引き取った升本家の男子高校生“晃”の視点で語られる物語となっています。
容姿端麗で他の女子高生とは雰囲気の違うリカに、恋をしている男の子が主人公です。

 

リカを信じて疑っていない男子高校生が、
自分の周りで起こる幾つのも“死”に直面しながら、徐々に“リカという生き物”に気付いていき、
そして、
“気付いた時にはもう遅かった・・・”とラストを迎える1冊。

 

リカシリーズをここまで読み進めてきた読者からすると、
いつも通りといった展開かもしれませんけども、
私はちょっとだけ期待した部分がありました。

 

それは、

 

終盤に至った時、
「もしかしたら、リカは彼の心を救うのではないか?」、
そんな淡い期待をしながら読み進め、その結果、

 

「ある意味、救ったんだろうな・・・」という思いと、

 

結局は、

 

「リカはいつの時代もリカそのもの、徹底している・・・」

 

と、“リカという生き物”を再確認しただけ。

 

そして、淡い期待を打ち砕かれて読了・・・。

 

リカと関わった人たちがどのような末路になるのか、
想像は簡単にできてしまうのに、最後まで一気に読み進めてしまったリセット
いつも通りですけど、非常に面白かったです。

 

後書きに書かれていた、
「次回作は復讐の物語になる」という五十嵐貴久さんの言葉に、
「えっ、誰の?どっちの?」と気になりつつ、第8弾も読ませてもらおうと思っています。

 

 

リカの時系列

五十嵐貴久の「リカシリーズ」が始まったのは2002年、
約20年前に生み出されました。

そこから第7弾まで続いている人気シリーズです。
ドラマや映画化もされています。

【発売順】

第1弾「リカ」(2003年に文庫化)
第2弾「リターン」(2015年に文庫化)
第3弾「リバース」(2016年)
第4弾「リハーサル」(2019年)
第5弾「リメンバー」(2019年)
第6弾「リフレイン」(2021年)
第7弾『リセット(2022年)

発売順だとこんな感じですが、物語の時系列を追って並べ替えると、

【時系列】

第3弾「リバース」リカ誕生の物語
第7弾リセット(女子高生リカの物語)
第6弾「リフレイン」看護学生リカの物語
第4弾「リハーサル」看護婦リカの物語
第1弾「リカ」狂気のストーカー:リカ
第2弾「リターン」10年後のリカ
第5弾「リメンバー」リカの狂気の感染

そして、上にも書きましたけど、
第8弾となるリカシリーズ次回作は、
復讐の物語」となるようです。第2弾「リターン」のその後のお話ではないかと。

復讐”という部分が異様に気になりますね。一体誰視点の・・・。

楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

最後に

五十嵐貴久のリカシリーズ第7弾
リセットを紹介させていただきました。

ネタバレをするつもりは毛頭無いんですが、
リセットのラストの文章、やっぱり彼女のことなんでしょうか?

「場所的に中野区とはそこまで近くないし」と思いながら読了して、
後書きを読んだら、
「次回作は復讐の物語」となっておりましたので、
「彼女の復讐劇なら面白そう」
そう感じていました。

「彼女には助かっていて欲しいな〜」なんて期待しているんですけどね・・・。

「・・・リカ・・・無理かな・・・」

リカシリーズを読み進めてきた私の頭の中では、
“淡い期待を抱くな!”という警告音が粛々と鳴り続けております。

ではまた。

 

(Visited 82 times, 1 visits today)

スポンサーリンク