「フランス映画」で「アクション」満載、珍しくスカッとします

2020年2月12日

このブログで紹介している「映画」は、

私が観たことのある、「面白かったな〜」と思った「映画」ばかりです。

例外もあるんですけど、

ほとんどはこれです。

今回は、

フランス映画」なのに「アクション」満載

受け付けない人が多数いそうな「映画」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

「フランス映画」について

 

以前にも書いてますが、

フランス映画」って、少し取っ付きにくい印象がありますよね。
固そうなイメージがあったり、オシャレ感満載な気がしてしまったり、
気軽に楽しめるとは言い難い印象を持ってしまいがちです。
批判をしているわけでなないんですが。

 

今現在、最も有名な「フランス映画」といえば「アメリ」でしょうか。

残念ながら私は観たことがありませんが、
日本でもヒットした数少ない「フランス映画」の1つですね。

フランス映画」のヒット作「アメリ」、

私は手に取ることができません。取っ付きにくいんですよね。

 

 

何度も書いていますが、私はおじさんです。

おじさんが意気揚々と「アメリ」を観るのは気が引けてしまいます。

しかも、「アメリ」に影響を受けて、
この世で1番好きな「映画」は「セブン」と公言しているおじさんが、
急におすすめ「映画」として「アメリ」の記事を投稿しようものなら、
せっかく訪問してくれている数少ない方が、スッといなくなる可能性が・・・。

だから「アメリ」は観ない、という極論ではないんですが、

やっぱり取っ付きにくいです。気が引けてしまいます。

 

フランス映画」は取っ付きにくい、そんな印象が色濃く残っている私ですけど、

今回紹介する「フランス映画」はその印象を壊す可能性があります。

「アクション」満載でド派手、そんな「フランス映画」です。

 

 

「フランス映画」で「アクション」満載

 

フランス映画」で「アクション」満載といえば、

ニキータ」や「レオン」が頭に浮かびます。
共にリュック・ベッソンが監督をした有名な「映画」です。

ニキータ」は、暗殺者となるように政府に訓練された少女の物語、

 

 

レオン」は、暗殺者と少女の奇妙な関係を描いた物語、

この2作は、「アクション映画」として世界的に評価されている「フランス映画」です。

 

今回紹介する「フランス映画」は、

フランス映画」の印象は無いし、
「アクション映画」としても評価されているのかどうか、微妙な作品です。
私は大好きなんですけど、あまり周りから聞いたことが無い「映画」です。

かと言って、知る人ぞ知る「映画」とは言えないんですけどね。
主役は有名な俳優ですし、周りを固めている俳優も名前の通った俳優がいますし。

 

「アクション」満載でド派手な「フランス映画」、紹介します。

 

「フランス映画」で「アクション」満載、スカッとします

 

ドーベルマン

「ドーベルマン」 監督 ヤン・クーネン
出演 ヴァンサン・カッセル
チェッキー・カリョ
モニカ・ベルッチ
フランス公開 1997年6月18日
日本公開 1998年4月11日

 

ネタバレをせずに、紹介します。

オランダ出身の映像作家ヤン・クーネンが、
クエンティン・タランティーノに影響を受けて製作した、
バイオレンス・コミック・アクション映画です。

パリで連続強盗事件が発生。

犯人は「ドーベルマン」と名乗る男が率いる強盗集団です。

この強盗集団、個性的な面子が揃っています。

薬に溺れ常に殺人の衝動に駆られている男、
斧が大好きで犬を愛する男、神父のくせに聖書の中に手榴弾を携帯する男、
同性愛者で女装好きなドラッグクイーンな男、マシンガンの名手な男、
ドーベルマン」の恋人で爆弾の扱いに秀でている耳に障害がある女性、
そして、その女性の弟は狙撃の名手です。

妙な特技をお持ちの集団、これが「ドーベルマン」が率いている強盗団です。

彼らは常に、鮮やかな手口で犯行を成功させていました。
追い詰められた警察は、致し方なくある1人の警視を強盗団壊滅作戦に起用します。

この警視、
目的のためなら手段を選ばない冷酷非情な男です。
何もかもを無視した警視のやり方に、徐々に「ドーベルマン」一味が・・・。

 

ドーベルマン」一味と冷酷な警視の対決、

フランス映画」っぽくない、ド派手な「アクション」満載の「映画」です。

 

 

観た感想

 

派手な「アクション映画」を観たい方のみに、おすすめしたいと思います。

フランス映画」に触れたいとか、
「映画」を観て有意義な時間を過ごしたいと思っている方にはおすすめできません。
コミック的要素満載な「映画」ですのでね。

 

世の中に複数存在する映画賞に、全く引っかからない「アクション映画」です。
フランス映画」なのに、登場人物は異様な犯罪者ばかりです。
私が以前に紹介した「フランス映画」とはまるで違う後味を残します。
心がポカポカするようなことはなく、ただただスカッとするだけです。

 

「まぁ、それでも良いよ」という方、

100分ほどの「映画」で、ド派手な「アクション映画」を観て暇を潰したい、
ハリウッド大作の「アクション映画」に飽きてきている、
そんな方におすすめしたいと思います。

 

ドーベルマン」一味の異様な面々と、ラストバトルのド派手さとエグさ

映像の見せ方もスタイリッシュな感じで、
スピード感のある展開を楽しめる「映画」として、
どうしようもなく暇な時間を潰したい方に、是非観て欲しい「映画」です。

あと、

モニカ・ベルッチ、超綺麗です。

 

 

 

 

ヴァンサン・カッセルについて

 

ドーベルマン」こと、ヴァンサン・カッセル、有名な俳優です。主な出演作に、

1997年 「ドーベルマン」
1999年 ジャンヌ・ダルク
2000年 クリムゾン・リバー
2001年 「ジェヴォーダンの獣」
2004年 「オーシャンズ12」
2010年 「ブラック・スワン」
2016年 「ジェイソン・ボーン」

これ以外にも、有名な「映画」に出演している俳優です。

個人的には、この「ドーベルマン」と「クリムゾン・リバー」が印象深いですね。

ドーベルマン」の異常なカッコよさで印象付けられて、その後の作品を観ている感じです。

ジャン=フランソワ・リシェ監督作、
パブリック・エネミー・ナンバー1」(Part1&2)で実在のギャングの半生を主演、
2008年第21回東京国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しています。

1999年にモニカ・ベルッチと結婚、2人の娘が生まれています。
ドーベルマン」が結婚のキッカケになったと思いますが、2013年に離婚しています。

もう1度書いておきますけど、

モニカ・ベルッチ、超綺麗です。

 

最後に

 

生粋の「フランス映画」としては2本目の紹介です。

これだけ色合いが違う「フランス映画」もあるんですよ、

という、生きていく上であまり役に立たない情報ですが、

「映画」を楽しめた方が1人でも増えたなら、

私は嬉しいです。

 

と、

おじさんらしい事を書いておいて、締めたいと思います。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク