【ただ観て楽しむだけ】映画『SISU/シス 不死身の男』キャスト/あらすじ【10月27日公開】

単独の戦闘能力が異様に高い、
古くはスタローン演じるランボー(映画「ランボー」シリーズ)や、
シュワちゃん演じるメイトリックス(映画「コマンドー」)。

新しいところで言うと、
キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィック(映画「ジョン・ウィック」シリーズ)、
デンゼル・ワシントン演じるマッコール(映画「イコライザー」シリーズ)など。

この流れにもう1人、加わるようです。

映画『SISU/シス 不死身の男

✅ 母国フィンランドで、5ヶ月連続トップ10入りしたアクション映画

✅ 老兵1人vs軍隊を観て楽しむだけ、
戦闘能力が異様に高い1人の老兵が主人公

✅ 予告動画の楽しさは異常

ようやく日本での公開日が決まり(10月27日予定)、
一安心といった感じのSISU/シス 不死身の男

予告動画を観てしまうと、
映画館へ足を運ばずにはいられなくなってしまいます。

スポンサーリンク

映画『SISU/シス 不死身の男』

SISU/シス 不死身の男

映画『SISU/シス 不死身の男』予告

【監督/脚本】
ヤリマリ・へランダー

【製作】
ペトリ・ヨキランタ

【撮影】
チェル・ラゲルルース

【プロダクション・デザイナー】
オッツォ・リンナラークソ

【衣装デザイナー】
アンナ・ビルプネン

【編集】
ユホ・ヴィロライネン

【サウンドデザイン】
パヌ・リーコネン

【日本公開】
2023年10月27日

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tatu Sinisalo(@tatusinisalo)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
ヨルマ・トンミラ(アアタミ・コルピ:伝説の1人殺戮部隊)

アクセル・へニー(ブルーノ中尉:ナチス・ドイツ軍)

ジャック・ドゥーラン(ヴォルフ:ナチス・ドイツ軍)

ミモサ・ヴィッラモ(アイノ:捕虜の女性)

オンニ・トンミラ(シュルツ:ナチス・ドイツ軍)

Tatu Sinisalo(:ナチス・ドイツ軍)

Aamu Milonoff(Bank Teller

アントゥ・カプライネン(Rower

Pekka Huotari(Pilot

イルッカ・コイヴラ(Fighter Pilot

セヴィリ・サーリネン(Troop Leader

リスト・コルホネン(Bank Customer

ユッカ・ヴィルタネン(Bank Customer

スポンサーリンク

あらすじ

SISU/シス 不死身の男』あらすじ

第二次世界大戦末期の1944年。

ソ連に侵攻され、
ナチス・ドイツに国土を焼き尽くされたフィンランド。

凍てつく荒野を旅する老兵コルピは、
愛犬ウッコを連れ、
掘り当てた金塊を運ぶ途中でブルーノ中尉率いるナチスの戦車隊に遭遇し、
金塊も命も狙われるハメに。

コルピが手にしているのは、
〈1本のツルハシ〉と、
〈折れない心SISU〉のみ。

そんな状況でも、
戦場に落ちている武器と知恵をフル活用し、
ナチス戦車相手に、
機銃掃射浴びても、
地雷原に追い込まれても、
縛り首にあっても、
挙げ句の果てに戦闘機にツルハシ1本で食らいついても、
絶対に死なない

それどころか、
機関銃を撃ちまくる敵には埋めてあった地雷をぶん投げ、
一撃で爆殺。

戦場にたまたま落ちていた武器と知恵で次々とナチス軍を打ち破る。

コルピはかつて、
ソビエトとの冬戦争に参加し、
家族を殺された報復として、
たったひとりで300人ものソビエト兵を殺した〈伝説の兵士〉だった。

コルピはいかにして戦い、生き抜くのか。

そして、

彼の目的地とは・・・。

SISU/シス 不死身の男
(参照元:公式HP

スタローン演じるランボー(映画「ランボー」シリーズ)、
シュワちゃん演じるメイトリックス(映画「コマンドー」)。

キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィック(映画「ジョン・ウィック」シリーズ)、
デンゼル・ワシントン演じるマッコール(映画「イコライザー」シリーズ)。

この中に、

ヨルマ・トンミラ演じるコルピ映画『SISU/シス 不死身の男)が加わるのか、
10月27日に日本で答えが出るのではないかと。

スポンサーリンク

公開される映画館は要確認です

(参照元:公式HP

2023年10月27日(金)から公開予定となっている、
映画『SISU/シス 不死身の男

公開される映画館を全国的に見てみると、
〈ユナイテッド・シネマ系の映画館〉
〈イオンシネマ系の映画館
〈TOHOシネマ系の映画館〉などが主な上映館となっています。

上の写真は北海道地区、東北地区の上映館の写真で、6件のみ。

関東地区も限定されていますから、必ず確認の上、映画館へ足を運んでください。

(参照元:公式HP

埼玉や千葉、東京でも上映館はそこまで多くありません。

映画『SISU/シス 不死身の男を視聴する際は、
上にあるリンクから公式HPで確認し、お住いの地域に近い映画館を選んでください。
(その他の関東地区、中部地区、近畿地区、中国・四国地区、九州・沖縄地区も確認できます)
くれぐれもお間違いのないように

スポンサーリンク

最後に

予告動画が既にブッ飛んでいるアクション映画、
SISU/シス 不死身の男を紹介させていただきました。

有名な俳優さんは出演しておりませんし、
フィンランドという国のこともよく知らない、
そんな状態で注目作と紹介するのはどうかと思いますけど、
あの予告動画を観てしまうと、どうしても、
1回は観ないと気が済まない

そんな想いで紹介させていただきました。

面白いかどうかは分かりません。

ハズれる可能性だって大いにあると思います。

それでも1回だけ、1回だけは観ないと気が済まない!、
そんな予告動画を擁しているSISU/シス 不死身の男
気になる方は映画館で10月27日以降、確認してみてください。

ではまた。

 

(Visited 49 times, 1 visits today)

スポンサーリンク