フランスの名作をハリウッドがリメイク!、「最強のふたり」12.20公開

2020年2月14日

2012年に日本で公開されたフランス映画の名作

最強のふたり

体が不自由な大富豪と、その介護人となった若者の物語。

この素晴らしい映画を、

ハリウッドがリメイクしました。

THE UPSIDE/最強のふたり

今作で、体の不自由な大富豪フィリップを演じるのは、

ドラマ「ブレイキング・バッド」でお馴染み、

ブライアン・クランストンです。

 

スポンサーリンク

ハリウッドがリメイク!「THE UPSIDE/最強のふたり」

 

THE UPSIDE最強のふたり

THE UPSIDE Official Trailer(2019)

監督 ニール・バーガー
出演(役名) ブライアン・クランストン(フィリップ・ラカッセ)
ケヴィン・ハート(デル・スコット)
ニコール・キッドマン(イヴォンヌ)
アメリカ公開 2019年1月11日
日本公開 2019年12月20日

・「THE UPSIDE/最強のふたり」はすでに1月に全米で公開されていて、
オリジナル版を遥かに超えるオープニング成績を上げて、全米で大ヒットを記録しています。

・日本では2019年4月19日から、
AmazonビデオPrime Originalとして独占配信されています。
劇場公開は12月20日から。

・映画批評家からは低評価を受けている本作ですけど、
批評家の言う事などは気にする必要がありません。
面白いのか面白くないのかは、自分自身で決めてください。

有名なフランス映画の名作「最強のふたり」、
そのリメイク版の「THE UPSIDE/最強のふたり」。
ネタバレも何も、有名なお話ですので書く事もないんですけど、少しだけ。

この物語は実話を基に作られた映画です。

フィリップ・ポゾ・ボルゴと、
その介護人アブデル・ヤスミン・セローをモデルとして描かれています。
1993年に事故で頸髄損傷となり、車椅子生活を余儀なくされたフィリップと、
フィリップを介護するアブデルの物語。

前作、オリジナル版でフィリップを演じたのがフランソワ・クリュゼ
介護人ドリス役を演じたのがオマール・シー
フィリップの助手役を演じたのがアンヌ・ル・ニ
彼ら3人はこう変わりました。

 

スポンサーリンク

 

「最強のふたり」フィリップ役:ブライアン・クランストン

 

ブライアン・クランストン(1956年3月7日〜)は、
アメリカの俳優、声優、演出家です。

主な映画出演作、ドラマ出演作は、

公開年 タイトル 役名
1998年 プライベート・ライアン I・W・ブライス大佐
2012年 アルゴ ジャック・オニール
トータル・リコール ヴィロス・コーヘイゲン
2013年 ワールド・ウォーZ
2014年 GODZILLA ゴジラ ジョー・ブロディ
2015年 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 ダルトン・トランボ
2019年 THE UPSIDE/最強のふたり フィリップ
2008年〜
2013年
ブレイキング・バッド(ドラマ) ウォルター・H・ホワイト

2013年のブラッド・ピット主演映画「ワールド・ウォーZ」に出演していますが、
役名が分かりませんでした。

有名な映画へ出演をしているブライアン・クランストンですけど、
やはり何と言っても、ウォルター・ホワイトです。
2008年から2013年まで放送された、
日本でも超有名な海外ドラマ「ブレイキング・バッド」、主人公ウォルターはあまりにも有名です。

キャンピングカーに乗って、ブルーメスを製造していたウォルターが、

今作では、
車椅子生活を余儀なくされたフィリップを演じます。

フィリップは「最強のふたり」の内1人

もう1人の「最強のひとり」を演じるのはケヴィン・ハートです。

 

「最強のふたり」デル・スコット役:ケヴィン・ハート

 

ケヴィン・ハート(1979年7月6日〜)は、
アメリカの俳優、コメディアンです。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
2003年 最’狂’絶叫計画 CJ
2010年 ミート・ザ・ペアレンツ3 ルイス
2019年 ワイルド・スピード/スーパーコンボ ディンクリー
ジュマンジ/ネクスト・レベル フランクリン・”ムース”・フィンバー
THE UPSIDE/最強のふたり デル・スコット

申し訳ありませんが、
私は全く知らない俳優さんです。
観ていない映画ばかりですし、今作で初めて観る事になるであろう俳優さんです。

オリジナル版「最強のふたり」ではオマール・シーが介護人役、
今作で介護人役デルを演じるのがケヴィン・ハート
ブライアン・クランストンとの「最強のふたり」、楽しみにしております。

そして、

フィリップブライアン・クランストン)と、
デルケヴィン・ハート)を手助けするであろう助手役イヴォンヌには、
久々に名前を聞いた気がする、ニコール・キッドマンが配役されています。

 

「最強のふたり」イヴォンヌ役:ニコール・キッドマン

 

ニコール・メアリー・キッドマン(1967年6月20日〜)は、
アメリカ合衆国ハワイ州出身の、オーストラリアの女優、映画プロデューサーです。
アメリカ合衆国とオーストラリアの二重国籍。

主な出演映画は、

公開年 タイトル 役名
1990年 デイズ・オブ・サンダー Dr.クレア
1995年 誘う女 スーザン
1997年 ピースメーカー ジュリア・ケリー博士
1999年 アイズ ワイド シャット アリス
2001年 ムーラン・ルージュ サティーン
アザーズ グレース
2002年 めぐりあう時間たち ヴァージニア・ウルフ
2003年 ドッグヴィル グレース・マリガン
コールドマウンテン エイダ・モンロー
2010年 ラビット・ホール ベッカ・コルベット
2016年 LION/ライオン〜25年目のただいま〜 スー・ブライアリー
2018年 ある少年の告白 ナンシー
2019年 THE UPSIDE/最強のふたり イヴォンヌ

相当はしょった表になってしまいました。
ニコール・キッドマンはもの凄い数の作品に出演しています。
有名な映画賞も受賞している、大御所女優ですね。

アカデミー主演女優賞

アカデミー主演女優賞ノミネート:3回
「ムーラン・ルージュ」(2001年)、「めぐりあう時間たち」(2002年)、
「ラビット・ホール」(2010年)
アカデミー主演女優賞受賞:1回


「めぐりあう時間たち」(2002年)

 

アカデミー助演女優賞

アカデミー助演女優賞ノミネート:1回
「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」

 

ゴールデングローブ賞では、
誘う女」(1995年)、「ムーラン・ルージュ」(2001年)で、
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞

めぐりあう時間たち」(2002年)で、
主演女優賞(ドラマ部門)を受賞

こちらも相当はしょらせて頂きました。
あらゆる映画賞などで、数多くのノミネート数多くの受賞をしています。
名女優大御所女優、呼び名が足りないほどです。

そんなニコール・キッドマンが「THE UPSIDE/最強のふたり」で、
フィリップデルを助けるであろう助手役秘書役ですかね。
動画を観る限り、50歳を超えているとは全く思えない容姿を保ちつつ、
映画に華を添えてくれています。

THE UPSIDE/最強のふたり」に出演している俳優陣の中で、
映画キャリアとしてはニコール・キッドマン圧倒的です。完全な大御所

巨匠スタンリー・キューブリック監督の遺作となった、
1999年の「アイズ ワイド シャット」、この時はまだトム・クルーズの奥さんでしたので、
夫婦揃っての出演、ニコール・キッドマンが演じたアリスは、
今も強烈に記憶に残っています。

THE UPSIDE/最強のふたり」でニコール・キッドマン演じるイヴォンヌ
ブライアン・クランストン演じるフィリップ
ケヴィン・ハート演じるデルと共に、
楽しみたいと思います。

 

最後に

 

もし、「THE UPSIDE/最強のふたり」のデータ的な事を知りたいなら、

最強のふたり」「リメイク」で検索せずに、

人生の動かし方」で検索すると、Wikipediaのページがヒットしますので、

是非、知りたい方は検索してみてください。

情報はそこまで多くはありませんけど、
ある程度は分かるようになっていますからね。

本作のタイトルは原題「The Untouchables」から「The Upside」に変更されています。

 

2019年12月20日から劇場公開される、
フランス映画の名作最強のふたり」をリメイクした作品、
THE UPSIDE/最強のふたり
ブレイキング・バッド」でお馴染みブライアン・クランストンを主役に、
ケヴィン・ハート、そして、ニコール・キッドマンとの化学反応を楽しみたいと思います。

Amazonビデオで観られる方は
映画館で観ようと思っている方は12月20日を待つ。

私は後者なので待ちます。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク