「歴代最高の映画ランキング」、いつまでも常連です。

2019年11月28日

おじさんになればなるほど、昔を懐かしむ事があります。

よくある事です。

今より昔のほうが良かったとは思いませんが、記憶が美化されている事は多いでしょうね。
現に私も、「あの頃は〜」とか、「俺らの時は〜」とか、

そういう言葉を使いがちです。うっとおしく思われても仕方がありません。

 

昔を懐かしむぐらいなら良いのでしょうが、度が過ぎると大変です。

懐古厨

こう呼ばれてしまいます。

 

昔を懐かしむことがある、おじさんです

 

ニコニコ大百科によりますと、「懐古厨」とは、

「昔のほうが良かった」といった言葉を連発し、
むやみやたらに現在あるものを否定したがる人たちの事である。
2000年代初期に2ちゃんねるで生まれた2ちゃん語の一つ。

現在の良さを認めようとせず、悪い所を取り上げてぼやいたり叩いたり。

要は、新しいものをよく知りもせず否定して、
美化された記憶にあるものを至高だ最高だと、うるさく説教じみたおじさん達の総称なんでしょうね。

 

そんな「懐古厨」になって、オススメしたい映画があります。

誰もが知っているタイトルで、若くしてこの映画に出演していた俳優陣は、今や大御所です。

 

「歴代最高の映画」と評される作品

 

ゴッドファーザー

The Godfather Trailer(HD)

監督・脚本 フランシス・フォード・コッポラ
原作・脚本 マリオ・プーゾ
出演(役名) マーロン・ブランド(ドン・ヴィトー・コルレオーネ)
アル・パチーノ(マイケル)
ジェームズ・カーン(ソニー)
ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)
アメリカ公開 1972年3月15日
日本公開 1972年7月15日

 

第45回アカデミー賞 作品賞 アルバート・S・ラディ 受賞
主演男優賞 マーロン・ブランド 受賞
助演男優賞 ジェームズ・カーン ノミネート
ロバート・デュヴァル
アル・パチーノ
監督賞 フランシス・フォード・コッポラ ノミネート
脚色賞 マリオ・ブーゾ 受賞
フランシス・フォード・コッポラ
作曲賞 ニーノ・ロータ ノミネート
編集賞 ピーター・ツィンナー ノミネート
ウィリアム・H・レイノルズ
録音賞 クリストファー・ニューマン ノミネート
リチャード・ポートマン
バド・グレンツバック
衣装デザイン賞 アンナ・ヒル・ジョンストン ノミネート

1972年 アカデミー賞 作品賞/主演男優賞/脚色賞/脚色賞

 

 

 

ゴッドファーザーPARTⅡ

The Godfather PartⅡ Trailer(HD)

監督・脚本 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 マリオ・プーゾ
出演 アル・パチーノ(マイケル)
ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)
ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)
ロバート・デ・ニーロ(若き日のヴィトー・コルレオーネ)
アメリカ公開 1974年12月12日
日本公開 1975年4月26日

 

第47回アカデミー賞 作品賞 フランシス・フォード・コッポラ 受賞
グレイ・フレデリクソン
フレッド・ルース
監督賞 フランシス・フォード・コッポラ 受賞
主演男優賞 アル・パチーノ ノミネート
助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ 受賞
マイケル・V・ガッツォ ノミネート
リー・ストラスバーグ ノミネート
助演女優賞 タリア・シャイア ノミネート
脚色賞 フランシス・フォード・コッポラ 受賞
マリオ・ブーゾ
美術賞 ディーン・タブラリス 受賞
アンジェロ・グラハム
ジョージ・R・ネルソン
作曲賞 ニーノ・ロータ 受賞
カーマイン・コッポラ
衣装デザイン賞 デオドラ・ヴァン・ランクル ノミネート

1974年 アカデミー賞 作品賞/監督賞/助演男優賞/脚色賞/美術賞/作曲賞

 

 

アカデミー作品賞を受賞した映画の続編が、再び作品賞を受賞、今までで唯一です。

 

 

作品紹介をネタバレをせずに・・・

今更感が半端ないですが、簡単に書くと、

 

PARTⅠ

家族がマフィア、巻き込まれて行く一般人の息子、
いつの間にかマフィアとしての才能を発揮する息子。
裏切り、策略、復讐、苦悩、アッという間に過ぎ去る2時間超。

PARTⅡ

シチリア島からアメリカへ移住、なぜマフィアになったのか、
家族の絆の強さ、過去が明らかになる。そして、
一般人だったのにマフィアのドンになった息子、
待ち受けるものは・・・アッという間に過ぎ去る2時間超。

古い映画です。今のCGに慣れてしまっている方には厳しいかもしれません。

ただ、

この映画には、

2019年の科学力に負けないドラマがあります。
映像を見ようとしないで、ドラマを観ようと思えば、
今現在でも楽しめるはずです。濃厚な2時間になると思います。

PART1で、若き日のアル・パチーノにビックリ、

PART2で、若き日のロバート・デ・ニーロにビックリできます。

2人とも、今やハリウッドの重鎮です。
この2人が出ているだけで、映像が締まる気がしてしまうぐらいの名優です。
若き日の彼らを観ているだけで、「映画の歴史」に触れている感覚になりますよ。

 

 

「ゴッドファーザー」を観た方達の感想を、少しだけ

 

「ゴッドファーザー」を観たAさん

名作は意外と好きじゃない事が多いから、今回も期待せずに鑑賞しました。

しかし、どハマり!
めっちゃ面白い!です。
3時間ぐらいの映画だけど、全く飽きずに観られました。
やはり名作は名作なんだなと・・・。

 

 「ゴッドファーザー」を観たBさん

初めて鑑賞したのは、水野晴郎先生の水曜ロードショーでした。それから多分、20回以上は鑑賞しています。
いまだにこの映画を超えるものに出会えません。単なるマフィア映画ではありませんよ。
シリーズ3作で、親子三代の壮大な家族の物語です。
人気のある映画の共通項目に家族が必ずあります。私の人生の座右の映画でもあります。
何十年も色褪せる事の無いヴィンテージワインのような映画です。
だいたいの映画は加齢とともに忘れ去られるか、再見したら、がっかりする事しばしばですが、
何回鑑賞しても発見できる事が多いです。
数年前に3作一挙上映に行きましたが、感動で目頭が熱くなりました。

 

「ゴッドファーザー」を観たCさん

マイオールタイムベスト!

完璧な映画なんて無い・・・。

これ以外は・・・。

 

「ゴッドファーザー」を観たおじさん

古い映画が好みだというわけではないですが、

この「ゴッドファーザー」は、悔しいですけどいまだに「完璧な映画」だと思っています。

冒頭のシーンからラストまで、非の打ち所がない作品だと思っています。
上映時間の長さをほとんど感じさせない濃厚なストーリー、
マーロン・ブランドとアル・パチーノの演技にやられてしまいましたね。その他共演陣も素晴らしい。

間違いなく、 コッポラの最高傑作ではないでしょうか。

ゴッドファーザーPARTⅡ」も同様に素晴らしいです。

ロバート・デ・ニーロの演技に注目してください。
若き日のドン・コルネオーネを演じるデ・ニーロは素晴らしいの一言です。
デ・ニーロがこの映画に出るキッカケとなったのは、
前作でソニー役のオーディションを受けていた事です。残念ながら役のイメージに合わず落選しています。
そのオーディションで、
デ・ニーロの演技を気に入ったコッポラが「PARTⅡ」で起用、そういう流れがあったようです。
是非、注目して観てください。

 

ゴッドファーザー」と「ゴッドファーザーPARTⅡ

映画史に残る「名作中の名作」と言える作品です。

 

スポンサーリンク

 

「歴代最高の映画ランキング」、今でも上位です

 

映画批評家が選ぶベストテン」「歴代最高の映画ランキング

例として英国の映画雑誌「エンパイア」が、
読者10000人、ハリウッドの映画関係者150人、
映画評論家50人でアンケートを集計したもの、そのベスト10を載せておきます。

順位 公開年 タイトル
1位 1972年 ゴッドファーザー
2位 1981年 レイダース 失われた聖櫃<アーク>
3位 1980年 スター・ウォーズ 帝国の逆襲
4位 1994年 ショーシャンクの空に
5位 1975年 ジョーズ
6位 1990年 グッドフェローズ 
7位 1979年 地獄の黙示録
8位 1952年 雨に唄えば
9位 1994年 パルプ・フィクション
10位 1999年 ファイト・クラブ

※ちなみに、「ゴッドファーザーPARTⅡ」は、
歴代の19位にランクインしています。

こういう類のランキングを、全く信用しない方もいると思います。
誰がどうやって選んだのか、よく分からないランキングですね。

そういう方達にちょっとだけ、おじさんからの(「懐古厨」状態の)アドバイスです。

よく分からないランキングですけど、こんな古い映画が未だに上位に入ってくるのは、

 

何か理由がある

 

ということです。その「何か」を確認していただきたい。もしかすると、

自分の歴代最高映画ランキング トップ10に入る可能性があるかもしれません。
私のランキングには入っています。

ゴッドファーザー」 「ゴッドファーザーPARTⅡ

オススメです。

 

「ゴッドファーザーPARTⅢ」もありますが、
どうしようもなく暇になったらご検討ください。決して、つまらないわけではありませんが、
PART1、PART2と比べると・・・。

ゴッドファーザー」という映画を、
自分の中でキッチリ完結させたいなら観ておくべきだと思います。

 

 

あのシーン、事実は知りたくなかった

 

ちなみに、

ゴッドファーザー」で1番有名なシーン

馬の生首のシーンがありますよね。ベッドで寝ていたら布団の中に、というシーンです。

あれ、

 

本物です。

 

 

時代背景は古いが、今でも充分楽しめる映画

 

▶︎▶︎▶︎「インディアン」を題材にした映画、今でも耳に残っているテーマ曲

 

 

スポンサーリンク