「VS映画」の傑作「エイリアンVSプレデター」、怪物同士の壮絶バトル

2020年2月13日

贅沢な映画です。

人類の脅威
人間では歯が立たないどうしようもない怪物エイリアン
人類唯一の対抗手段リプリーシガニー・ウィーバー)は出てきません。

そしてもう1つの脅威
二足歩行なのに圧倒的な戦闘能力を持っている怪物プレデター
ガップリ四つで渡り合えるシュワちゃんダッチ少佐)も出てきません。

リプリーは出てこない、シュワちゃんも出てこない、

じゃあ、

怪物同士で戦わせよう!!
そんな贅沢なアクション映画

AVP」こと、
エイリアンVSプレデター」を紹介します。

 

「VS映画」の傑作「エイリアンVSプレデター」

 

エイリアンVSプレデター

AVP:Alien vs. Predator(2004)Official Trailer #1

監督・脚本 ポール・W・S・アンダーソン
出演(役名) サナ・レイサン(アレクサ・ウッズ:レックス)
ラウル・ボヴァ(セバスチャン・ウェルズ)
ランス・ヘンリクセン(チャールズ・ビショップ・ウェイランド)
ユエン・ブレムナー(グラハム・ミラー)
コリン・サーモン(マックス・スタッフォード)
アメリカ公開 2004年8月31日
日本公開 2004年12月18日

 

ネタバレをせずに、紹介します。

2004年10月4日、
人工衛星が謎の熱源を発見します。
南極のブーヴェ島で感知された大規模な熱反応、地中深くにある遺跡だと判明して、
大富豪がプロフェッショナルを揃えた遺跡調査チームを率いて乗り込みます。

調査チームが発見した地下遺跡は、
様々な古代文明の特徴を含んだ巨大地下構造物、人類にとっての大発見です。

ただ残念ながら、
その地下遺跡は普通の遺跡ではありませんでした。

プレデター種族成人儀礼を行うための闘技場、
宇宙で最強の怪物エイリアンとの生死を賭けた戦いの場です。

エイリアンと戦い、勝ち残った者だけが成人した種族と認められる、
いわば、プレデター種族通過儀礼の場なんです。

そんな地下遺跡を発見してしまった調査チーム、

無事で済むわけがありません。

そして、
遺跡の地下深く、冷凍睡眠させられているエイリアン・クイーン・・・。

・アレクサ・ウッズ:レックス(サナ・レイサン)
女性冒険家で登山家。正義感があって、リーダーシップを発揮する女性。
遺跡調査チームの1人です。
エイリアンシリーズプレデターシリーズでいう所の、
リプリー枠であり、シュワちゃん枠である主人公的立ち位置の女性です。
エイリアンプレデター、怪物たちに翻弄されながら、
登山家から戦士に変わっていく様を、人類代表として観せてくれています。

とはいえ、
この「映画」のタイトルは「エイリアンVSプレデター」、
怪物同士の壮絶なバトルを楽しむ「アクション映画」、人間は脇役です。
主人公的立ち位置の女性戦士も楽しめますけど、
戦士プレデターが高度な武器の数々を用いて、怪物エイリアンと死闘、
そのバトルを純粋に楽しんでしまった方がよろしいかと。何も考えずに。

VS映画」の傑作「エイリアンVSプレデター
怪物同士の壮絶なバトルをお楽しみください。

 

スポンサーリンク

 

「エイリアン」シリーズについて

 

SFホラー」の名作、
エイリアン」が生まれたのは1979年です。

公開年 タイトル 監督
1979年 エイリアン リドリー・スコット
1986年 エイリアン2 ジェームズ・キャメロン
1992年 エイリアン3 デヴィッド・フィンチャー
1998年 エイリアン4 ジャン=ピエール・ジュネ
2012年 プロメテウス リドリー・スコット
2017年 エイリアン:コヴェナント リドリー・スコット

ブレードランナー」、「ブラック・レイン」、「グラディエーター」、
ハンニバル」、「オデッセイ」などを手がけた巨匠リドリー・スコット

ターミネーター」、「ターミネーター2」、「アビス」、
タイタニック」、「アバター」などを手がけたヒットメーカー:ジェームズ・キャメロン

セブン」、「ファイト・クラブ」、「ソーシャル・ネットワーク」、
ドラゴン・タトゥーの女」、「ゴーン・ガール」などを手がけた鬼才デヴィッド・フィンチャー

デリカテッセン(マルク・キャロと共同監督)」、
アメリ」でよく知られているジャン=ピエール・ジュネ

エイリアン」シリーズに携わってきたのは彼ら、
名の知れた監督ばかりです。
一般的には、「エイリアン」、「エイリアン2」の評価が高いですね。
プロメテウス」と「エイリアン:コヴェナント」は観ておりませんので、
何とも言えません。

エイリアンと戦うのはリプリー
シガニー・ウィーバーに立ち向かってもらわないと、どうしようもない、
おじさんはそんな想いでおりましたけど、
プレデターと戦わせたらこんなに面白いのかと、新たな発見をさせてくれたのが、
エイリアンVSプレデター」です。

 

「プレデター」シリーズについて

 

シュワちゃん映画の超有名作品、
プレデター」が生まれたのは1987年です。

公開年 タイトル 監督
1987年 プレデター ジョン・マクティアナン
1991年 プレデター2 スティーヴン・ホプキンス
2010年 プレデターズ ニムロッド・アーントル
2018年 ザ・プレデター シェーン・ブラック

ダイ・ハード」、「ダイ・ハード3」、
レッドオクトーバーを追え!」、「ラスト・アクション・ヒーロー」などの、
アクション映画監督として有名なジョン・マクティアナン
閉ざされた森」というサスペンスも面白かったです。

ロスト・イン・スペース」の監督としてしか知りませんが、
エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド」の監督もしている、
スティーヴン・ホーキンス

私は全く聞いたことのない映画監督、
ニムロッド・アーントル

リーサル・ウェポン」の脚本、「リーサル・ウェポン2/炎の約束」の原案
ロング・キス・グッドナイト」の製作、「アイアンマン3」の監督
そして、
プレデター」にホーキンス役で出演、
調べてみて初めて凄さを知ったシェーン・ブラック

プレデター」シリーズに携わってきたのは彼ら、
知る人ぞ知るといった監督ばかりです。

プレデターとガップリ四つで戦えるのはシュワちゃん
ダニー・グローヴァー(プレデター2の主人公)でギリギリだと思っておりました。
プレデターと戦わせるならシュワちゃん一択だと確信していましたけど、
エイリアンを同じ土俵に上げてしまえばいいんだ、シュワちゃんをこれ以上苦しめなくていいんだと、
思わせてくれたのが「エイリアンVSプレデター」でした。

 

 

「エイリアンVSプレデター」を観た方達のレビューを、紹介します

 

「エイリアンVSプレデター」を観たAさんのレビュー

そんなに期待してなかった分、とても楽しめました。
やっぱ強いやつに強いやつをぶつけるのは最高です!!
絵面がもうネチャネチャしていて良かったですね。
人間が物語を進めるだけのただの駒的扱いなのが邪魔じゃなくて、スッキリでした。
序盤の遺跡の現役風景を終盤に回想として入れてくれたのも、親切設計で超良かったです。

 

「エイリアンVSプレデター」を観たBさんのレビュー

よく考えたなぁ・・・といったところですね。
エイリアンの歴史って、一体どうなっているのだろうなぁ・・なんて考えながら観ていました。
よく知るキャラクターの出てくる、何となく胡散臭いB級巨編という感じでしょうか?
活劇として楽しめました。

 

「エイリアンVSプレデター」を観たCさんのレビュー

B級映画界の頂点。
ビショップが同じ俳優なのも情熱を感じます。
プレデターと息がぴったり合っており、奇妙な友情があったという感じです。
何も考えずに楽しめる作品ですね。

 

「エイリアンVSプレデター」を観たおじさん

VS映画」はもれなく微妙なんですが、
純粋にアクション映画として楽しめる「エイリアンVSプレデター」。
怪物同士のバトルを堪能できる作品です。

エイリアン視点で考えると、
こんなに酷い話はありません。プレデターの成人式に利用されているだけですから。
それでもプレデターに利用されながら、驚異の身体能力と全てを溶かす酸を武器に、
プレデター屈指の名勝負を繰り広げるエイリアン、強いですよ。

かたやプレデター視点で考えると、
成人式の儀式としては厳しすぎませんか?と、可哀想に思えてしまいます。
高度な武器の数々で高い戦闘能力を誇るプレデターといえど、
相手はエイリアンです。ちょっとした油断が死に直結します。
そんな成人式の儀式を通過しないと、一人前と認めてもらえないプレデター種族
恐ろしい社会形成ですね。人間で良かった・・・。

そして、
人間視点で考えてみると、
邪魔をしてすいません・・・、何とか生き延びる術を考えますけど、
本当に、邪魔をしてすいません
そんな感じです。

ふざけたレビューになりましたが、
純粋にアクション映画として「エイリアンVSプレデター」は好きなんです。
プレデター高度な武器の数々は、やっぱり魅力的に映りますし、
エイリアンとの怪物バトルは迫力があって面白いんですよね。
誰にも感情移入せずに楽しめる映画」です。


利用されているエイリアン、怪物と戦わざるおえないプレデター
邪魔な人間
怪物同士の壮絶なバトルをひたすら楽しむ「VS映画」、
エイリアンVSプレデター
暇潰しに最適なアクション映画ですよ。

 

 

最後に

 

正直に言いますと、

VS映画」は疎いです。あまり観てきておりません。

フレディVSジェイソン」と、
この「エイリアンVSプレデター」ぐらいですね。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」は観ましたけど、
製作総指揮にクリストファー・ノーランの名前があったから観ただけで、
もう既に記憶も薄まっている作品です。

VS映画」が苦手というより、
詳しくないんですよね。語れる知識は持ち合わせていません。

という事で、

VS映画」の中から、単純にアクション映画として楽しめた
エイリアンVSプレデター」を紹介させて頂きました。

強烈に暇を潰したいと思っているあなたにだけ、
おすすめさせてください。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク