「T2」正統続編「ターミネーター:ニュー・フェイト」、11月8日から公開!

2019年11月15日

ターミネーターシリーズ」は今までに5作

・「ターミネーター」(1985年公開)

・「ターミネーター2」(1991年公開)

・「ターミネーター3」(2003年公開)

・「ターミネーター4」(2009年公開)

・「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015年)

そして今回、
2019年11月8日、日本で公開される新たなターミネーター
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター2」の正統な続編という事です。

 

スポンサーリンク

「T2」の正統続編「ターミネーター:ニュー・フェイト」

 

ターミネーター:ニュー・フェイト

Terminator:Dark Fate-Official Trailer(2019)

監督 ティム・ミラー
製作・製作総指揮 ジェームズ・キャメロン
出演(役名) リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)
アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)
マッケンジー・デイヴィス(グレース)
ナタリア・レジェス(ダニー・ラモス)
ガブリエル・ルナ(Rev-9)
エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)
ジュード・コリー(少年ジョン・コナー)
アメリカ公開 2019年11月1日
日本公開 2019年11月8日

ターミネーター2」(T2)の正統な続編

ターミネーターシリーズ生誕35周年記念作品

ターミネーター2」(T2)に残してきたものを再開する物語

ターミネーター3」以降の作品、「忘れてもらってもいい

ターミネーターシリーズ」と言えば、
1991年に公開された「ターミネーター2」です。
この作品の印象を、いつまで経っても超えられないシリーズ、
今回は期待出来そうです。

ターミネーター3」以降の作品を忘れてとコメントされていますが、
(ハミルトンが断言したようです。記憶に残らないと)
安心して頂いて大丈夫ですよね。視聴者もほぼ覚えておりませんし
SF・アクションとしてまぁ観られたな、それぐらいです。

という事は、
ターミネーター2」までを視聴しておいて、
11月8日から映画館で「ターミネーター:ニュー・フェイト」を視聴、
十分ではないでしょうか。

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞:関連記事


▶︎▶︎▶︎︎「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞!シリーズ最新作はキャラが魅力的

 

 

サラ・コナー役:リンダ・ハミルトンについて

 

リンダ・キャロル・ハミルトン(1956年9月26日〜)は、
アメリカのメリーランド州出身の女優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1984年 チルドレン・オブ・ザ・コーン ヴィッキー
ターミネーター サラ・コナー
1986年 キングコング2 エイミー・フランクリン
1991年 ターミネーター2 サラ・コナー
1997年 ザ・ターゲット アマンダ・ギブンズ
ダンテズ・ピーク レイチェル
2009年 ターミネーター4 サラ・コナー(声のみ)
2019年 ターミネーター:ニュー・フェイト サラ・コナー

一卵性双生児で、
ターミネーター2」で姉と共演しています。あれ、CGではないんですね。
ラスト付近にありますので、確認してみてください。

1997年、
ターミネーターシリーズ」の生みの親と言えるジェームズ・キャメロンと再婚。
1999年に離婚しています。

リンダ・ハミルトンと言えばサラ・コナー
サラ・コナーと言えばリンダ・ハミルトン、圧倒的に強い印象です。

そんなリンダ・ハミルトン
今年で63歳となりますけど、肉体改造をしまくって、
ターミネーター:ニュー・フェイト」に出演しています。
ターミネーター2」(T2)から数えて28年ぶりです。
予告映像がカッコ良すぎますね。

元夫ジェームズ・キャメロンからの出演オファー

「1ヶ月以上じっくり考えた。でも私は、サラが28年後にどうなっているのかに興味があったの。それからジム(キャメロン)の存在ね。彼が作品を推進するクリエイティブパワー。シリーズ最初の2作をやったのも彼がやったから。私は仕事をするのが好きだし、『オッケーやるわ』って言ったのよ。」

〜リンダ・ハミルトン〜

 

 

ジョン・コナー役:エドワード・ファーロングについて

 

エドワード・ウォルター・ファーロング(1977年8月2日〜)は、
アメリカの俳優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1991年 ターミネーター2 ジョン・コナー
1992年 ペット・セメタリー2 ジェフ・マシューズ
1994年 リトル・オデッサ ルーベン・シャピラ
1998年 アメリカン・ヒストリーX ダニー・ヴィンヤード
2019年 ターミネーター:ニュー・フェイト ジョン・コナー

ある日、
バスケットボールをしていた少年は、
キャスティングディレクターの目に止まり「ターミネーター2」で映画デビュー
あのジョン・コナーが生まれたのは偶然です。
日本でも凄まじい人気がありましたね。

その後、
彼は落ちていってしまいました。薬物依存、アルコール依存、逮捕歴。
子役として成功を収めましたけど、人生は前途多難ですね。
深い意味はありませんが、3人だけ名前を挙げさせて頂くと、
エドワード・ファーロングマコーレー・カルキン
ハーレイ・ジョエル・オスメント
深い意味はありません・・・。

今作、
ターミネーター:ニュー・フェイト」の記事を書かせて頂く時に、
wikiのページを調べてビックリしました。

ジョン・コナー – エドワード・ファーロング

今まで全く知らなかったものですから、
相当ショッキングでした。まさか彼が出演するとは・・・。
個人的には、リンダ・ハミルトン復活よりもビックリです。
エドワード・ファーロング復活の方が興奮しますよ。これだけを確認しに映画館へ行きたいぐらいです。

wikiに書かれている出演者の順位的に、
出演シーンは多くなさそうですけど、
エドワード・ファーロングを観に「ターミネーター:ニュー・フェイト」を!!
と、おすすめしたくなります。

サラ・コナー28年ぶり
ジョン・コナー28年ぶりです。

 

スポンサーリンク

 

ジェームズ・キャロン監督について

 

ジェームズ・キャメロン(1954年8月16日〜)は、
カナダ出身の映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

主な映画監督作は、

公開年(日本) タイトル 主演
1985年 ターミネーター アーノルド・シュワルツェネッガー
1986年 エイリアン2 シガニー・ウィーバー
1990年 アビス エド・ハリス
1991年 ターミネーター2 アーノルド・シュワルツェネッガー
1994年 トゥルーライズ
1997年 タイタニック レオナルド・ディカプリオ
2009年 アバター サム・ワーシントン

ターミネーター」(1985年)の成功、
エイリアン2」(1986年)の大成功、
アビス」(1990年)で多少の不審に悩まされるも(私は個人的に好きな作品です)、
ターミネーター2」(1991年)が全世界で大ヒットを記録、
ジェームズ・キャメロンの名声は一気に駆け上がりました。

そして、
タイタニック」(1997年)でアカデミー賞11部門を獲得
(作品賞、監督賞、撮影賞、主題歌賞、劇映画音楽賞、音響編集賞、録音賞、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞、視覚効果賞の11部門)
日本で興行収入262億円(配給収入160億円)を記録。
全世界で18億3500万ドルを叩き出して、
当時、史上最高世界興行収入を記録しています。
ちなみに、日本で売れたパンフレットの数は153万部

この「タイタニック」の記録を抜いたのは、
ジェームズ・キャメロン監督作「アバター」(2009年)です。
1人で記録に挑戦!という競争をしていた監督でした。
アカデミー賞9部門ノミネート3部門で受賞しています。
(撮影賞、美術賞、視覚効果賞)
日本では「タイタニック」には及びませんでしたが大ヒット、
世界興行収入は27億8800万ドル、「タイタニック」を抜いて史上最高になりました。

タイタニック」を抜いた「アバター」、その「アバター」の記録を抜いたのは、
2019年に公開された「アベンジャーズ/エンドゲーム」です。

記録ばかりのジェームズ・キャメロンが今回、
監督としてではありませんけど、
ターミネーターシリーズ」にサラジョンと共に帰ってきました。

原案原作製作、そして製作総指揮となって、
ターミネーター:ニュー・フェイト」を手がけました。

リンダ・ハミルトンを出演させて、
エドワード・ファーロングを引っ張り出し、
シュワちゃんと共演させ、
新しいターミネーターを作り上げたのがジェームズ・キャメロンです。

サラジョンT-800
ジェームズ・キャメロンの最新作と言っても過言ではない、
ターミネーター:ニュー・フェイト
11月8日から公開されます。

 

最後に

 

2019年11月8日から日本で公開される、
ターミネーター:ニュー・フェイト」を紹介させて頂きました。

年齢を重ねたリンダ・ハミルトンサラ・コナー
おじいちゃんになったシュワちゃん演じるT-800
強化人間」を演じるマッケンジー・デイヴィス

そして何より(個人的にですが)、
ジョン・コナー役として復活するエドワード・ファーロング

チョイ役だとしても、私は注目したいと思っています。

28年ぶり正統なジョン・コナーが出演している、
T2」の正統続編
ターミネーター:ニュー・フェイト
映画館で楽しみます。

ではまた。

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞:関連記事


▶︎▶︎▶︎︎「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞!シリーズ最新作はキャラが魅力的

スポンサーリンク