トム・ハーディ主演の伝記映画『カポネ』、2021年2月26日から劇場公開

2020年12月26日

伝説的な暗黒街のドン、アル・カポネ

彼を題材にした映画やドラマは数多く作られてきました。
その中でも有名なのが、

「スカーフェイス」(1983年のギャング映画)
・アル・カポネをモデルとしたギャング映画
・主演アル・パチーノ、監督ブライアン・デ・パルマ、脚本オリバー・ストーン
・「暗黒街の顔役」(1932年制作のアメリカ映画)のリメイク版

 

「アンタッチャブル」(1987年の犯罪アクション映画)
・アル・カポネを逮捕しようと奮闘したエリオット・ネスのチームを描いた実録映画
・主演ケビン・コスナー、監督ブライアン・デ・パルマ
・アル・カポネ役はロバート・デ・ニーロ

この2本があまりにも有名ですね。

「スカーフェイス」にアル・カポネは登場していませんけど、
「アンタッチャブル」でデニーロが演じているアル・カポネは非常に印象深いです。

そして今作、2021年2月26日から公開予定となっている伝記映画、
カポネ
今度はトム・ハーディアル・カポネを演じています。

 

スポンサーリンク

 

トム・ハーディ主演『カポネ』

 

カポネ

トム・ハーディ主演!映画『カポネ(原題:Capone)』米国版予告編

監督・脚本ジョシュ・トランク
出演(役名)トム・ハーディ(アル・カポネ)
リンダ・カーデリーニ(メエ・カポネ)
ジャック・ロウデン(クロフォード捜査官)
マット・ディロン(ジョニー)
ノエル・フィッシャー(ジュニア)
カイル・マクラクラン(カーロック)
ジョシュ・トランク(ハリス捜査官)
アメリカ公開2020年5月12日(配信)
日本公開2021年2月26日(劇場公開)

 

カポネ
・アメリカでは劇場公開が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染が拡大したため、映画館のほとんどが休業に追い込まれた。
このような事態を受けて、本作の劇場公開は断念され、デジタル配信となった。

・日本では2021年2月26日から劇場公開される予定。

 

あらすじ

トム・ハーディ主演カポネ
晩年のアル・カポネを描いた作品になっています。

カポネ』あらすじ

1920年代のシカゴで絶大な影響力、力を誇っていたマフィアのドン、

アル・カポネ

彼の晩年はあまり知られていない。

1946年、フロリダ州パーム・アイランドに、
刑期を終えてひっそりと暮らしていたアル・カポネ。

彼は梅毒のために思考力や判断力をほぼ失っていたが、
FBIはそれを演技ではないかと疑っていて、カポネ一家を監視続けていた。

幻覚症状やフラッシュバックにも悩まされ続けていたカポネ。

精神状態も悪化の一途を辿っていた。

時間と病気、時代が変りゆく中で、

アル・カポネの晩年に何が起きていたのか・・・

カポネ

 

スポンサーリンク

 

アル・カポネの晩年

アル・カポネ(1899年1月17日〜1947年1月25日)は、
アメリカの有名なギャングです。

禁酒法時代のシカゴで、高級ホテルを根城に酒の密造・販売、売春業、賭博業を生業とした犯罪組織のドンとして君臨。
機関銃を使った抗争で多くの死者を出したことでも有名です。
頬の傷跡から「スカーフェイス」という通り名が付いています。

今作カポネで描かれているのは、
裏社会で華々しい活躍をしていた頃のカポネではなくて、
彼の晩年死が訪れるまでの1、2年ぐらいを中心とした物語となっているようです。

 

カポネの晩年
1931年10月7日、カポネの脱税裁判が始まり、合計11年の懲役、罰金8万ドルの有罪判決を受ける。

1931年10月24日、クック郡刑務所に収監。

1931年8月22日、アルカトラズ刑務所に移送。収監。

1938年、検査で初めて梅毒が発覚。

1939年1月、ロサンゼルス近くの連邦矯正施設に移送。

1939年11月16日、釈放。

・出所後、ボルチモアのユニオン記念病院で梅毒の治療を受ける。

1945年、梅毒治療として、民間人で初めてペニシリンを投与されたが、病気が進行しすぎていたため、効果はほぼ無し。

1947年1月25日土曜日
アル・カポネは脳卒中に伴う肺炎により死亡(48歳没)。
ニューヨーク・タイムズは日曜日版で「悪夢の終わり」と伝えた。

アル・カポネの晩年(1945〜1947年)を描いているのが、
2021年2月26日から公開予定となっているカポネ

有名な映画「アンタッチャブル」とは時代背景が全く違いますね。
(ちなみに、「アンタッチャブル」で描かれている物語はほぼ、フィクションです。実在したネスチームは銃撃戦など行なっていないし、チーム内に死亡したメンバーはいません)

カポネを「アンタッチャブル」と比較して視聴するのは危険でしょうね。
アクション的要素はあまり期待できそうもありません。

あくまで伝記映画、アル・カポネの晩年を描いている作品、
と思って視聴した方が良さそうです。

 

 

主演トム・ハーディについて

トム・ハーディ(1977年9月15日〜)は、
イングランド・ロンドン出身の俳優です。

主な映画出演作は、

公開年タイトル役名
2001年ブラックホーク・ダウンランス特技下士官
2010年インセプションイームス
2011年裏切りのサーカスリッキー・ター
2012年ダークナイト・ライジングベイン
2013年オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分アイヴァン・ロック
2015年マッドマックス 怒りのデス・ロードマックス・ロカタンスキー
レヴェナント:蘇えりし者ジョン・フィッツジェラルド
2017年ダンケルクファリア
2018年ヴェノムエディ・ブロック/ヴェノム
2020年カポネアル・カポネ

代表作といえば、
2015年に公開された「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですね。
第88回アカデミー賞で10部門にノミネートされ、6部門を受賞した作品の主演です。

その他でいうと、
「ダークナイト・ライジング」のベイン役や、
「ヴェノム」のヴェノム役など、
バットマンシリーズの悪役、マーベル系の作品にも出演しています。

そして、「レヴェナント:蘇えりし者」のフィッツジェラルド役。
第88回アカデミー助演男優賞ノミネート

嫌な感じの悪役から、ヒーロー役まで幅広く演じられるトム・ハーディが、
今作カポネで、
晩年のアル・カポネになりきっています。

「アンタッチャブル」という映画とは比較しませんけど、
デニーロのアル・カポネとは比較して観てみたい気がしますね。楽しみです。

 

監督ジョシュ・トランクについて

ジョシュア・ベンジャミン・”ジョシュ”・トランク(1984年2月19日〜)は、
アメリカの脚本家、映画監督です。

今までの映画監督作は、

公開年タイトルジョシュ・トランク
2012年クロニクル監督・原案
2015年ファンタスティック・フォー監督・脚本
2020年カポネ監督・脚本・編集・出演

映画監督としてはまだ3作だけですが、
36歳と若い方ですから、これからの活躍が期待されている監督さんですね。

そんなジョシュ・トランク監督の新作カポネ
アル・カポネの晩年を描いた伝記映画です。

今までのカラーとは全く違います。
「クロニクル」はSFアクション、
「ファンタスティック・フォー」はマーベルのスーパーヒーロー映画。

バリバリのSFを監督していた人が、急にシリアスな伝記映画の監督へ・・・。
カポネに対する批評家の評価は伸び悩んでいるようですが、
観てみない事には何もわかりませんから、
2021年2月26日からの劇場公開で楽しみたいと思います。

 

 

最後に

 

晩年のアル・カポネを描いた伝記映画、
トム・ハーディ主演カポネを紹介させて頂きました。

アメリカでは既に配信されていて大ヒット。
ですけど、評価はあまり芳しくないといった感じになっています。

結局は、御自身で視聴して、自分自身の評価が全て、
と言ったところでしょうか。批評家の評価を気にしたって仕方ありませんからね。

一応、個人的には気になる映画ですので、
2021年2月26日以降、劇場で視聴してみようと思っている作品です。

デニーロのカポネと、トム・ハーディのカポネを比較して楽しんでみようかなと。

ではまた。

 

スポンサーリンク