「ブログを1年間、継続出来ますか?」、おじさんなりの答えです

2019年12月14日

ブログ1年間、続けられますか?」

この問いに私が答えるなら、

わかりません

これが私の答えです。これ以上の言葉を足すのが怖いですね。

 

この「ブログ」は、
開設からようやく半年間が経ちました。
アッという間でしたけど、プライベートな時間をゴッソリ持っていかれましたので、
不満と充実感が入り乱れた不思議な感覚になっております。

一応、
半年間「ブログ」を継続できたということで、

ブログ自体」の継続率を調べてみました。

一体、
ブログ」を1年以上続けられる確率はどれぐらいなのか、

私なりにではございますが、

調べた結果がこの記事です。

 

スポンサーリンク

「ブログ」の継続率は?

 

ブログ」を1年間365日継続する人は一体どれぐらいいるのか?

毎日更新」を1年間となると、

あまりいないでしょうから、

1週間に1記事、1ヶ月に1記事、3ヶ月に1記事、

これも継続したことにするとして、
その状態でも1年間継続する人はどれぐらいなのか、

色々な記事を読んでみると、結構恐ろしい確率だという事が分かりました。

大変なんですね、1年間継続

無謀にもおじさんが挑戦しておりますけど。

 

「ブログ」を3ヶ月間継続する確率

この「ブログ」は今年の1月14日に開設してますので、

3ヶ月を約90日とした時の4月14日時点での状態は、

「saviceblog」3ヶ月間
記事数(4月14日時点) 94
noindex記事 6(1記事消しています)
アドセンス申請(3月13日審査開始) 3月14日合格

 

アドセンス」に合格という変化のあった3ヶ月間でした。
変化があったのと、まだ3ヶ月ですから、
ネタ的にも困らなかった時期です。今とは違って。

私はなんとか乗り越えましたけど、
ブログ」を開設してから3ヶ月ほど経った時、

1つの壁が存在しているようですね。

この3ヶ月という壁を乗り越えられるのは、

 

3ヶ月という壁を乗り越えるのはブログ」を開設した人、全体の7割から8割

10人いたとしたら、

2、3人が3ヶ月で脱落するようです。

多いのか少ないのか判断が付きませんけどね。

 

「ブログ」を半年間継続する確率

この「ブログ」の半年間、180日としての状態は、

「saviceblog」半年間
記事数(7月14日時点) 185
noindex記事 6(1記事消しています)
更新頻度 ほぼ毎日更新

記事数は順調に増えていって、
少しずつではありますけど、変化を感じられる半年間でした。

 

この半年間という時間、180日前後にも壁が存在します。

今の私も、
その壁を必死に越えようとしている最中ですが、

ブログ」を開設して半年経った時、

その壁を乗り越えられるのは、

 

半年という壁を乗り越えるのはブログ」を開設した人、全体の5割程度

10人いたとしたら、

約半数、5人ほどが脱落するようです。

これは多いと言えますね。

半数が辞めてしまいますから。

この「ブログ」、半年は経ったのですが、
今現在、明らかに四苦八苦しております。ネタがどんどん無くなっています。

いつ更新が途絶えてもおかしくない状態です。
絞り出しているだけの現状です。

半年の壁
実在しております。

 

「ブログ」を1年間継続する確率

 

私にはまだ遠い未来ですけど、

に、
この「ブログ」が1年間、365日継続出来たとしたら、こんな状態です。

「saviceblog」1年間(仮)
記事数(来年の1月14日時点) 365(
noindex記事 6(:増えている可能性が高い)
更新頻度 ほぼ毎日更新(

全く想像出来ない未来です。

今の状態では、記事数が約半分しかありません。当たり前ですけど。

さらに今から180記事を書くなんて、
遠い未来で、しかも苦行です。考えるとゾッとしますね。

そんなゾッとする時間、

ブログ」を1年間、365日継続出来る人は、

 

「ブログ」を1年間継続出来る人はブログ」を開設した人、全体の1割程度

10人いたとしたら、

1人です。選ばれし1人ですね。

ブログ」を1年間継続する人は10人中1人、

そんな確率になっているようです。

私の現状を踏まえますと、

アッサリと頷ける数字です。違和感なく受け止める事の出来る確率です。

この「ブログ」が、
1年間継続しているのが想像出来ないのは当たり前で、
しかも、
今現在の半年がただの折り返し地点だという現実に戦々恐々としております。

本当にゾッとしますね。

 

「ブログ」を辞めないで継続

 

この辺で暗い話は辞めて、

ここからは、
ブログ」を辞めないで継続するコツみたいなものを書いていきます。

生意気な事を書きますけど、

私はただの「ブログ初心者」のおじさんですので、

暇潰しに読み進めてください。

今現在、191記事しか書いておりません。

1年の半分、半年間継続しただけ、
折り返し地点をウロウロしているおじさんですからね。

 

「ブログ」を3ヶ月間継続するコツ

以前にもこの手の事は書いておりますけど、

まずは、

毎日更新」に囚われない事です。

 

最初、「ブログ」を開設したばかりの頃は、

ネタにも困らない、勢いとやる気で一杯の状態です。明確な目標もあるでしょうし。

毎日更新」、「100記事」という良く聞く言葉に囚われると、
徐々に苦痛が増していきます。ある時から苦行になって、
ブログ」に向き合う事すらイヤになってしまうでしょうから、

辞めない継続をするようにしてください。

3日に1記事でも素晴らしい事です。
1週間に1記事でも恥ずかしくはないです。

ブログ」は辞めない事、

継続する事が何より大事です。
辞めないで継続していれば変化を感じますしね。

3ヶ月の壁は乗り越えられます。誰にでも。

 

「ブログ」を半年間継続するコツ

以前の記事にも書いておりますので、

細かい事は省かせて頂きまして、1つだけ、
今の私の現状を踏まえて書かせてもらいます。

1日1日のアクセス数を気にしない

これです。

この「ブログ」はありがたい事に、

徐々にアクセスが増えております。

まだまだ少ないアクセスですけど、
目に見える変化を感じられる程度には増えていますから、
モチベーション維持に繋がってはいます。

ですが、

1日単位で見てしまうと、

アクセス数の浮き沈みが激しくて、
かなり心が揺さぶられてしまいます。ショックを受けてしまうんですね。

私の場合ですけど、
「100記事」を超えた時に感じた変化と、
「150記事」を超えた時に感じた変化はかなりの差がありました。

 

3ヶ月という壁を乗り越えると、

色々と見える景色が変わってきます。

アクセスもその1つで、

3ヶ月時点と、半年時点ではかなり違っています。
徐々に増えていくんですね。大なり小なり、アクセスアップはしていきます。

ですが、

1日単位でアクセスを気にしてしまうと、

昨日よりも減っていただけでショックを受けてしまいがち、です。

私はこの3ヶ月〜半年という期間でそうなっておりましたので、

ある時から考え方を変えました

1日1日のアクセスに振り回されないように、

1ヶ月のトータルで考えるようにしております。長いスパンで考えるように。

極端な言い方になりますけど、

昨日のアクセスは100いったのに、今日は10だ・・・。悲しい・・・。

なんて事が30日、60日、180日続いてしまうと、
心が折れますよ。ポキっと。

 

という事で、

半年間継続するには、

ある程度の事は諦めて、辞めない継続だけを考えてください。


アクセス数に振り回されることの無いように、
長〜い目をもって「ブログ」に向き合ってください。
1日ではなく1ヶ月、
今月のアクセスが先月よりも少なくなったら、
来月で取り返そうと継続すればいいだけです。
常に前を向いている方が楽ですよ。考え過ぎない方が平和です。
私のように。

半年間継続してきたこの「ブログ」、

1日1日のアクセス、浮き沈みが激しい現状はありますけど、

前だけを向いています、正解不正解は関係なく。

 

「ブログ」を1年間継続するコツ

 

すいません、書けません。経験していませんからね。

私には想像出来ない領域です。

ですので、1つだけ言えるとしたら、

 

「ブログ」を1年間継続、恐ろしい壁ですけど
「ブログ」を開設して半年ほどの方、乗り越えてみますか?

こんな感じです。

私のようなおじさんでも目指せる、「ブログ」を1年間継続、

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、そして1年と壁が存在していますけど、

実は誰にでも目指せるものですから、

是非、辞めない継続で立ち向かってください。おじさんがしておりますから。

 

最後に

 

ブログ1年間、続けられますか?」

ダラダラと書いてきてしまいましたが、

今、キーボードで打ち込みながら少しだけ気持ちが変わりました。

「わかりません」ではなく、

目指してみます

そんな気持ちになりましたね。単純過ぎますけど。

1年間、「ブログ」を継続出来るかどうかは自信がありませんが、

目指すだけ目指してみます。

私のようなおじさんでも目指せる目標です。
誰にでも目指せる事です。

辞めない継続、だけですね。

 

ではまた。

 

「ブログ」関連の記事、他にも書いています

 

ブログ初心者」のおじさんが、
捻り出した記事です。
ブログ」で悩んでいる方、少しだけでも手助けになれば幸いです。

 

スポンサーリンク