「ブログ記事」の「文字数」を、1分で簡単に知る方法

2020年2月24日

「ブログ」を立ち上げた当初は誰だって、

文書を書く事に慣れていません。1文書くのも悩むぐらいですよね。

ましてや、

「ブログ記事」の「文字数」なんか無視して記事をアップしてしまいます。

ただですね、

これはちょっと立ち止まった方がいいです。「ブログ記事」の「文字数」は非常に大事な事なんです。
「文字数」は大事、
頭の片隅に置いておいてください。

文字数」は大事だと認識はしましたが、

では、

一体、「ブログ記事」の「文字数」は何文字書いたらいいのか

これが悩みどころなんですけど、しっかりとした答えがありませんので、
自分の書いた「ブログ記事」の「文字数」が何文字なのか、
それだけでも把握してしまってください。作業的には簡単ですからね。

「ブログ記事」の「文字数」を1分で簡単に教えてくれるサイト、

紹介します。

 

「ブログ初心者」が悩む「文字数」

ブログの記事って、どれぐらいの長さで書いたらいいの?

 

私のようなブログ初心者は結構悩みますよね。

色々なサイトを見まくって勉強していますが、なかなか結論が出ません。

1000文字以上書け

2000文字以上必要

サイトによってマチマチですね。

 

まぁ、間をとって1500ぐらい?

なんて、

私は簡単に考えてしまっていますが、ここからが問題です。

 

一体自分が書いている記事の文字数はいくつなのか

 

文章に慣れてくれば、ある程度は想像できるのかもしれません。

この記事の文字数は、今現在、これぐらいだと。

 

しかし、ブログ初心者には厳しいですね。

文章を書くことも慣れていないし、どれぐらい書いたのか、想像することもできません。

1文字1文字数えようとすると、目は疲れるし、時間はかかるしで、やってられませんよね。

どこかに、数えてくれる人でもいれば最高ですが・・。

 

探したら、あっさり見つかりました。

 

人ではありませんが、簡単に素早く数えてくれるサイトがありました。

「お手数ですが、お願いします。」

ということで、利用させてもらっています。

 

紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「ブログ初心者」の悩みを解決、「文字数」を1分で計測するサイト

Googleで、「文字数」 「カウント」で検索、トップページに出てきます。

 

文字数カウント-Sundry Street

 

簡単で素早くカウントしてくれます。
(上記した以外にも複数、文字数をカウントしてくれるサイトが存在しています。私にとっては、こちらのサイトが一番やりやすかったです。)

ちょっと実践してみますね。

 

「文字数」をカウント、実践してみます

例文

私は「ハンター✖︎ハンター」が好きです。

冨樫先生の腰が悪いことは重々承知していますが、なんとか今年中に、

しかも、まぁまぁ早い時期に復帰してくれると嬉しいです。

冨樫先生、なんとかなりませんか?

待つことに慣れてしまっていますが、なんとかお願いできませんか?

よろしくお願いします。

 

 

このふざけた例文、『』の中をコピーします。

コピーした例文を、サイト内にあるカウントする文字列の中にペーストするだけです。

 

 

見にくいですね。すいません。

 

「リアルタイムに文字数をカウントする」にチェックが入っていれば、ペーストした瞬間に文字数がわかるようになっています。

ふざけた例文、

146文字でした。

他にも、改行を除いた文字数や行数なども分かるようになっています。便利ですね。

所要時間は、ほぼ1分です。

相当長い文章でも2分かからずに、素早く数えてくれるサイトです。

是非、利用してみてください。コピペだけで自分の書いた文字数が把握できますので。

 

ちょっとした注意点


ブログ記事の文字数、少な過ぎるのはどうかと思いますけど、
あまり文字数ばかりに囚われないようご注意ください。
伝えたい事を分かりやすく伝えるために必要な文字数
訪れてくれた方の悩みを解消するために必要な文字数
意味のある文字数が大事です。
闇雲に文字数だけを増やしている記事は必要ありません。お気をつけて。

 

最後に

 

上記したように、色々なサイトで文字数に関して調べてみたのですが、

結局のところ答えは出ませんでした。最初のうちは文字数を気にせずに書けばいい、
こう書いてあるサイトもチラホラありました。

何が正解なんでしょう?

ブログ初心者の私には、まだ答えが見付かっておりません。

 

疑問に思うことがあるから検索する。

調べて、色々な人(サイト)の意見を聞いてみる。

分からない事があるならとりあえず検索、そんな癖をつけておくと、
何かと役に立ちますから、是非、ちょっとの疑問でも調べるようにしてみてください。

ちょっとした作業、ちょっとした行動、

それが大事なのかなと、少しだけ前進した気持ちになっている今日この頃です。

 

 

 

スポンサーリンク