ドラマ『暗黒と神秘の骨』のあらすじ・キャスト・感想/第5話から異様に盛り上がる

4月23日からNetflixで配信が開始された暗黒と神秘の骨

シーズン1全8話で構成されたSFファンタジードラマです。

ドラマ『暗黒と神秘の骨』

1話1話が50分ほどでサクッと観られるシーズン1

SFファンタジー系ですけど、大人でも楽しめる海外ドラマ

第5話から物語は急展開、急に面白くなるので、そこまで我慢

第1話〜第4話まではそこまで没頭できませんでしたが、
第5話から異様に面白くなって、
第5話〜第8話までのラストスパートが一気に加速するドラマ、
暗黒と神秘の骨
今現在Netflixで視聴可能となっています。

スポンサーリンク

 

ドラマ『暗黒と神秘の骨』のあらすじ・キャスト・感想

 

ドラマ『暗黒と神秘の骨

『暗黒と神秘の骨』予告編 - Netflix

 

No.タイトル
「焼けつくような閃光」
(再生時間:52分)
「光に潜む闇」
(再生時間:52分)
「内に秘めた力」
(再生時間:47分)
「見捨てられし者」
(再生時間:51分)
「太陽の女王」
(再生時間:58分
「再会」
(再生時間:54分)
「立ちはだかる暗黒」
(再生時間:52分)
「道への船出」
(再生時間:45分)

Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨は、
シーズン1全8話で構成されているSFファンタジードラマです。

スポンサーリンク

 

あらすじ

ドラマ『暗黒と神秘の骨』あらすじ

大きな暗闇と影が混在し、
怪物ヴァルクラが巣食っている領域「影溜まり」で東西に分断された国ラヴカ。

ラブカには、
各々が特殊な魔法を使う魔法師グリーシャの騎士団が存在している。

そんな国で、
全ての国民が受けなければならないグリーシャの判別試験を逃げ続けてきた孤児、
アリーナ・スターコフ

彼女の両親は「影溜まり」で犠牲になったと聞かされて育ち、
孤児院での唯一の友、幼馴染のマルと共に生き続けていく決意をしていた。

・・・・・・。

やがて、アリーナは銃の代わりにペンを持ち「地図制作者」になり、
マルは銃を持って兵士となって、
同じ道を歩んでいた。

しかし、

2人の運命は劇的に変化していく。

グリーシャの判別試験を逃げ続けてきたアリーナが、
伝説的な魔法師グリーシャの「太陽の召喚者」だと判明してしまい、
マルと引き離されてしまう。

「太陽の召喚者アリーナ」を支配下に収めようとする「闇の主キリガン将軍」。
幼馴染アリーナを追い続けるマル。

「影溜まり」の分断された国ラヴカで巻き起こる、
「光と闇」の戦い・・・

暗黒と神秘の骨

ドラマ『暗黒と神秘の骨』。

影溜まり」に分断された国ラヴカを中心に、
様々な人種が各々の思惑で暮らしている世界を舞台としています。

魔法師グリーシャたち。
グリーシャを敵視している国フョーダの人々。
「太陽の召喚者アリーナ」の誘拐を目論んでいる、西ラヴカのギャング・カズをリーダーとした「クロウ」

そして、「闇の主キリガン将軍」

アリーナの周辺で巻き起こる「光と闇」の戦い、
大人が観ても楽しめるSFファンタジードラマだと思います。

スポンサーリンク

 

キャスト

Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨の主なキャストは、
こんな感じです。

原作
リー・バーデュゴ
「魔法師グリーシャの騎士団シリーズとSix of Crowsシリーズ」

原案
エリック・ハイセラー

キャスト(役名)
ジェシー・メイ・リー
(アリーナ・スターコフ/「太陽の召喚者」、地図製作者、シュー人との混血)

アーチー・ルノー
(マルイェン・オレツェフ/マル、アリーナの幼馴染、追跡者

ベン・バーンズ
(キリガン将軍/「闇の主」、「黒の将軍」、「影の召喚者」)

フレディ・カーター
(カズ・ブレッカー/ケテルダムのギャング「クロウ」のリーダー)

アタミ・スマン
(イネジュ・ガファ/カズの仲間、隠密行動を得意とする女性)

キット・ヤング
(ジェスパー・フェイヒー/カズの仲間、狙撃の名手)

ゾーイ・ワナメイカー
(バグラ/キリガン将軍の母親

ダニエル・ギャリガン
(ニーナ・ゼニク/キリガンの手下の女性、「破壊する者」)

原作はリー・バーデュゴの小説シリーズ「魔法師グリーシャの騎士団」3部作、
および”Six of Crows”2部作に基づいています。

ショーランナー(主に製作総指揮、現場責任者的な意味合いの業界用語)を務めるのが、
エリック・ハイセラー
2017年に公開されたSFドラマ映画「メッセージ」の脚本を担当し、
製作総指揮のうちの1人として名を連ねている方です。

俳優陣にはあまり有名な方がいませんけど、
「闇の主」役ベン・バーンズと、
その母親役ゾーイ・ワナメイカーあたりは、
顔を覚えている方もいるのではないでしょうか?

 

キリガン将軍役/ベン・バーンズについて

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ben Barnes(@benbarnes)がシェアした投稿

 

ベン・バーンズ(1981年8月20日〜)は、
イギリスの俳優です。

主な出演作は、

公開年タイトル(役名)
2008年「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」
(カスピアン王子)
2010年「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」
(カスピアン王)
2013年「グリフィン家のウエディングノート」
(アレハンドロ・グリフィン)
2014年「セブンス・サン 魔使いの弟子」
(トム・フォード)
2017〜2019Netflixドラマ「Marvel パニッシャー
(ビリー・ルッソ/ジグソウ)
2021年Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨
(キリガン将軍)

個人的に印象深いのは、
Netflixドラマ「Marvel パニッシャー」のビリー・ルッソ/ジグソウ役です。

役回り的に悪役側が多いイケメン俳優という印象になってしまいました。
映画ではそんなこともないんでしょうけど。

暗黒と神秘の骨でも明らかなダークサイド「闇の主」、「黒の将軍」ですしね。

ベン・バーンズをガッツリ視聴したいのなら、
Netflixドラマ「Marvel パニッシャー」はオススメです。
シーズン2で完結しているので、ちょうど良い長さで楽しめると思いますよ。
(ちなみに、パニッシャー役はジョン・バーンサル、「ウォーキング・デッド」シェーン役のあの人です)

スポンサーリンク

 

バグラ役/ゾーイ・ワナメイカーについて

ゾーイ・ワナメイカー(1949年5月13日〜)は、
アメリカの女優です。

主な出演作は、

公開年タイトル(役名)
1997年「輝きの海」
(メアリー・フォスター)
2001年「ハリー・ポッターと賢者の石」
(マダム・フーチ)
2011年「マリリン 7日間の恋」
(ポーラ・ストラスバーグ)
2005〜2013ドラマ「名探偵ポワロ」
(アリアドニ・オリヴァ)
2021年Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨
(バグラ)

Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨でバグラを観た時、
どっかで観た女優さんだなと思いながらも思い出せず、
調べてみたら、「ハリー・ポッターと賢者の石」に出演していたので、
「あっ、これだ」なと。

 

 

「ハリー・ポッター」シリーズは第1作目のみの出演、
報酬面でトラブルがあり2作目以降には出演していませんでした。
フーチという役も、原作小説にはたくさん登場するようですが、映画版は第1作目のみ登場。
ワナメイカーと同時にフーチという役も映画版「ハリー・ポッター」シリーズから消滅、
といった感じですかね。

Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨では大丈夫そうです。
シーズン2も再度登場するでしょうし、「闇の主」の母親がどう関わってくるのか、
楽しみです。

 

おじさんの感想(第5話から面白くなる)

おじさんの声
おじさんの声
暗黒と神秘の骨』を観た感想

 

第5話まで我慢すれば、ラストスパートできる)

8.5

 

Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨』シーズン1全8話
最初のうちはなんとなくパッとしない印象だったんですけど、
第5話「太陽の女王」から異様に面白くなって、ラストスパートを楽しめた感じになりました。

 

完全な大人向けのドラマとは言えませんけど、
同じ魔法ファンタジー系の「ロック&キー」よりは対象年齢は高め、
個人的には暗黒と神秘の骨の方が楽しめましたね。

 

第5話以降・・・ですが。

 

第5話までは、登場人物の立ち位置がまだ手探り状態で、
ハッキリとせずモヤモヤ感を感じていました。

 

それが第5話を機に、
ほぼほぼ立ち位置が決まって、スッキリとして分かりやすくなったのが要因かもしれません。

 

そこからは一気に。

 

もちろん、シーズン2へ持ち越し的な部分は多く、何も解決はしませんけど、
これからも楽しめそうだなという期待感は感じています。

 

なるべく早く、暗黒と神秘の骨シーズン2を視聴したいですね。

 

ちなみにですけど、
男性にオススメしたいのが、
「クロウ」の紅一点:イネジュ役のアミタ・スマン
有名な女優さんとは言えない方、でも、超美人でカッコ良い。

 

美人狙いでも良いので、
Netflixドラマ『暗黒と神秘の骨を視聴してみてください。
そして、第5話まで頑張ってください。
楽しめる方も多いと思います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amita Suman(@amitasuman_)がシェアした投稿

 

最後に

 

NetflixSFファンタジードラマ『暗黒と神秘の骨を紹介させていただきました。

最後は美人狙いで、
なんて終わり方になってしまいましたが、
おじさんでも楽しめたSFファンタジーです。

ベン・バーンズを「Marvel パニッシャー」以来、
久しぶりに観られて楽しめたし、
シーズン1全8話と手頃な長さのドラマだったので、
結果的にはサクッと視聴できました。
(第5話までを乗り切れば、いけるはずです)

ちょっとした休日にでも視聴してみてください。

「闇の主」のイケメンぶりと美人狙い
良い休日を過ごせるよう祈っています。

ではまた。

 

スポンサーリンク