3人で237歳!レジェンド達のコメディ映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』、6月4日から

2021年5月4日

ロバート・デ・ニーロ
モーガン・フリーマン
トミー・リー・ジョーンズ
このレジェンド達を集めて「コメディかよ?!」、
とツッコミたくなりますけど、なぜか「絶対に観たい!」とワクワクしてしまう映画。

『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』

ロバート・デ・ニーロ(2021年で78歳

モーガン・フリーマン(2021年で84歳

トミー・リー・ジョーンズ(2021年で75歳

レジェンド達の合計237歳

1970年代のハリウッドを舞台に、
レジェンド達が繰り広げるコメディ映画カムバック・トゥ・ハリウッド!!

画面が濃すぎますね。

スポンサーリンク

 

3人で237歳!『カムバック・トゥ・ハリウッド』

 

カムバック・トゥ・ハリウッド!!

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』予告編

監督/脚本
ジョージ・ギャロ

出演(役名)
ロバート・デ・ニーロ
(マックス/借金だらけ、B級映画のプロデューサー

モーガン・フリーマン
(レジー/映画マニア、極悪なギャングのボス

トミー・リー・ジョーンズ
(デューク/老人ホーム入居中、往年の西部劇スター

ザック・ブラフ
(ウォルター・クリーソン)

エミール・ハーシュ
(ジェームズ・ムーア)

日本公開は2021年6月4日を予定

監督はジョージ・ギャロ、
デ・ニーロ主演のアクションコメディ「ミッドナイト・ラン」の脚本を担当した方です。

あの「ミッドナイト・ラン」の脚本家、
「じゃあ大丈夫でしょ!」
と、個人的には安易な発想になっております。

 

あらすじ

カムバック・トゥ・ハリウッド!!』あらすじ

1970年代のハリウッド。

B級映画のプロデューサー:マックスは、
極悪なギャング:レジーからの借金返済に追われて大ピンチだったが、
とんでもない発想をしてしまう。

「危険なスタント撮影で死亡事故を起こし、保険金をがっぽりゲット!

「その保険金を借金返済に充ててしまえ!」

マックスは早速、
クソ映画の脚本を引っ張り出してきて、
すでに落ちぶれている往年のスター、デュークを老人ホームから呼び戻し、
クソ西部劇の撮影を開始する。

目的はもちろん、

保険金ゲット!

映画をすんなり完成させずに、
撮影を出来るだけ引き延ばしている最中、デュークに事故で死んでもらう。

そうすれば、

「保険金でレジーへの借金を返済できる!」

しかし、

予想を遥かに超えるしぶとさを持っているデュークに苦戦。

「クソ西部劇なのに、撮影が順調に進んでしまう・・・」

マックスの運命は!!

カムバック・トゥ・ハリウッド!!

予告動画を観てみると、
マックスが保険金絡みの悪巧みをして、レジーと共に、
映画撮影中にデュークの命を狙う。
そんな感じのストーリーになっているようです。

3人で237歳!】、
ロバート・デ・ニーロ(今年で78歳)、
モーガン・フリーマン(今年で84歳)、
トミー・リー・ジョーンズ(今年で75歳)、
このレジェンド達で繰り広げられるコメディ、
カムバック・トゥ・ハリウッド!!
今の所、日本での公開予定日は2021年6月4日となっています。

スポンサーリンク

 

ロバート・デ・ニーロ(今年で78歳)

1965年「マンハッタンの哀愁」(ダイナーの客役)から数えて、
今年で映画界56年というキャリアを誇るレジェンド。

ロバート・デ・ニーロ(1943年8月17日〜)。

アカデミー賞だけを切り取ってみても、
これだけの作品が並びます。

公開年タイトル(役名)
1974年ゴッドファーザー PART Ⅱ
(若き日のドン・ヴィトー・コルレオーネ)
第47回アカデミー賞 助演男優賞 受賞
1976年タクシードライバー
(トラヴィス・ビックル)
第49回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1978年「ディア・ハンター」
(マイケル・”マイク”・ヴロンスキー)
第51回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1980年「レイジング・ブル」
(ジェイク・ラモッタ)
第53回アカデミー賞 主演男優賞 受賞
1990年レナードの朝
(レナード・ロウ)
第63回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1991年ケープ・フィアー
(マクシミリアン・”マックス”・ケイディ)
第64回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
2012年「世界にひとつだけのプレイバック」
(パット・ソリターノ・シニア)
第85回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート

1970〜1980年代初頭(30代の頃)あたりで、
アカデミー賞の助演男優賞、主演男優賞を受賞し、
徹底した役作りをする俳優だと世間に浸透。「デ・ニーロ=演技」と誰もが知る俳優となりました。

近年は、
コメディ映画などへの出演も目立ちますけど、
ジョーカー」や「アイリッシュマン」などの話題性の高い作品に出演、
その抜群の存在感を観せてくれています。

「ジョーカー」でホアキン・フェニックス、
「アイリッシュマン」でアル・パチーノ、ジョー・ペシといった凄いメンツと絡んだデ・ニーロ

今度は、
カムバック・トゥ・ハリウッド!!モーガン・フリーマン
トミー・リー・ジョーンズらレジェンド達との絡みが楽しめます。

「ジョーカー」「アイリッシュマン」は真剣に観ましたけど、
今度のは肩の力を抜いて観られそうですね。
レジェンド達で笑える、最高です。

 

動画サイト視聴可能な映画
Netflix「ジョーカー」「アイリッシュマン」などが、
定額料金で今なら視聴可能
U-NEXT「レイジング・ブル」「ディア・ハンター」などが、
今なら無料で視聴可能

 

モーガン・フリーマン(今年で84歳)

まともな映画デビューとなると、
1980年「ブルベイカー」(ウォルター役)となりますが、
それ以前にテレビ番組などや、エキストラとしてのチョイ役で出演はしていたようです。

そのエキストラを役者デビューとするならば、
1965年「質屋」(エキストラとして)から数えて、
今年で俳優キャリア56年というレジェンド。

モーガン・フリーマン(1937年6月1日〜)。

アカデミー賞だけを切り取ってみると、

公開年タイトル(役名)
1987年「NYストリート・スマート」
(ファスト・ブラック)
第60回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート
1989年「ドライビング Miss デイジー」
(ホーク・コバーン)
第62回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1994年「ショーシャンクの空に」
(エリス・ボイド・”レッド”・レディング)
第67回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
2004年「ミリオンダラー・ベイビー」
(エディ・デュプリス)
第77回アカデミー賞 助演男優賞 受賞

長いキャリアの中で、アカデミー賞の個人賞に絡んだのは、
以外にも4回程度なんですよね。

タイトルよりも記憶に残るタイプのレジェンド俳優、といった感じでしょうか。

個人的にオススメなのは、
ほとんどの人が名作と褒め称える「ショーシャンクの空に」、
ではなく、
アカデミー賞とは縁のなかった(編集賞ノミネートのみ)サイコ・サスペンス
セブン

モーガン・フリーマン演じる”サマセット刑事”を1度は観ておいて、
シリアスモーガンを堪能しておけば、
カムバック・トゥ・ハリウッド!!とのギャップを楽しめるのではないかと、
そんな想いになっております。

セブン」で気分が凹んだら謝りますが・・・。

 

動画サイト視聴可能な映画
Netflix「セブン」「ショーシャンクの空に」などが、
定額料金で今なら視聴可能
U-NEXT「ミリオンダラー・ベイビー」が、
今なら無料で視聴可能

 

トミー・リー・ジョーンズ(今年で75歳)

日本では、
「メン・イン・ブラック」の”エージェントK”、
そして、”ボスの宇宙人ジョーンズ”として有名な俳優。

トミー・リー・ジョーンズ(1946年9月15日〜)。

1970年「ある愛の詩」(ハンク役)で映画デビューし、
キャリア51年というレジェンド。

アカデミー賞だけを切り取ってみると、

公開年タイトル(役名)
1991年「JFK」
(クレイ・ショー)
第64回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート
1993年逃亡者
(サミュエル・ジェラード)
第66回アカデミー賞 助演男優賞 受賞
2007年「告発のとき」
(ハンク・ディアフィールド)
第80回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
2021年「リンカーン」
(タデウス・スティーブンス)
第85回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート

トミー・リー・ジョーンズも、
アカデミー賞の個人賞に絡んだのは4回のみ。

タイトル以上に記憶に残っているのが、
エージェントK”と”宇宙人ジョーンズ”、良いか悪いかは別として、
日本人には馴染みのあるレジェンドですね。

個人的には、
逃亡者」の”ジェラード連邦保安官”が何より印象深いです。
ラストもカッコ良かったですし。

今作カムバック・トゥ・ハリウッド!!
ふざけた理由で命を狙われる、落ちぶれた西部劇スターを演じているジョーンズ

しかも、しぶとく生き続けるという役柄のデューク役。

逃亡者」では”追うもの”、
「メン・イン・ブラック」でもある意味”追うもの”、
カムバック・トゥ・ハリウッド!!ではなぜか”命を狙われるもの”、
楽しみですね。

 

動画サイト視聴可能な映画
Netflix「逃亡者」「メン・イン・ブラック」などが、
定額料金で今なら視聴可能
U-NEXT「JFK」「告発のとき」などが、
今なら無料で視聴可能

 

最後に

 

3人で237歳!】、
ロバート・デ・ニーロ(今年で78歳)、
モーガン・フリーマン(今年で84歳)、
トミー・リー・ジョーンズ(今年で75歳)、
このレジェンド達で繰り広げられるコメディ、
カムバック・トゥ・ハリウッド!!を紹介させていただきました。

一応、今の所、2021年6月4日から公開予定となっておりますが、

現状では未定と言わざる負えない状況です。

ここへきてさらに公開延期となった映画が出てきています。
(「ゴジラvsコング」も公開延期)

せっかくならこのレジェンド達を映画館で笑いたいですよね。
デ・ニーロフリーマンジョーンズ
吐き気を催すほど濃過ぎるメンツ、肩の力を抜いて吐かずに楽しみたい、
そんな想いです。

ではまた。

 

スポンサーリンク