『マトリックス レザレクションズ』監督/キャスト/あらすじ/感想、今年最後の映画館鑑賞は不発・・

2021年12月17日から日本で公開されている、
大ヒットシリーズの4作目、
マトリックス レザレクションズ

マトリックス レザレクションズ

前シリーズ3作を、しっかりと視聴した後、映画館へ行くことをおすすめします

✅ 映画館で売っているパンフレットは2種類
(通常盤:880円と特別版:1800円)
(私は映画視聴前に特別版を買ってしまい、今はちょっと後悔しています)

✅ 面白いかどうかは、観て判断してください
(この記事の感想部分にはネタバレがありますので、注意です)

予告動画を観てテンションが上がり、と言うよりも、
予告動画で流れていた、
”ジェファーソン・エアプレイン”の「ホワイト・ラビット」の雰囲気と、
マトリックスの雰囲気が不思議で、妙な感覚を覚え、
気になって仕方なかった4作目。

まさか不発に終わるとは・・・。

スポンサーリンク

『マトリックス レザレクションズ』監督/キャスト/あらすじ/感想

マトリックス レザレクションズ

映画『マトリックス レザレクションズ』予告 2021年12月17日公開

監督
ラナ・ウォシャウスキー

脚本
アレクサンダー・へモン、デイヴィッド・ミッチェル
ラナ・ウォシャウスキー

製作
グラント・ヒル、ジェームズ・マクティーク
ラナ・ウォシャウスキー

音楽
ジョニー・クリメック、トム・タイクワー

撮影
ダニエル・マッサーセシ、ジョン・トール

編集
ジョセフ・ジェット・サリー

日本公開
2021年12月17日

 

シリーズの監督

「マトリックス」シリーズの監督

1999年「マトリックス」
監督/脚本:ウォシャウスキー兄弟
ラリー、アンディの兄弟で作り上げたSF映画の名作

2003年6月「マトリックス リローデッド」
監督/脚本:ウォシャウスキー兄弟
ラリー、アンディの兄弟で作り上げたシリーズ2作目

2003年11月「マトリックス レボリューションズ」
監督/脚本:ウォシャウスキー兄弟
ラリー、アンディの兄弟で作り上げたシリーズ3作目

2021年『マトリックス レザレクションズ
監督:ラナ・ウォシャウスキー
姉のラナが単独で監督をしたシリーズ4作目

✔︎ ウォシャウスキー兄弟(ラリーとアンディ)は、
2人とも性別適合手術を受けていまして、兄弟から姉妹となっています
ラリー(兄)はラナ(姉)へ
アンディ(弟)はリリー(妹)へ
ウォシャウスキー姉妹(ラナとリリー)

「マトリックス」シリーズの監督は、
シリーズ通して同じと言えば同じですけど、厳密に言うと、
シリーズ4作目マトリックス レザレクションズラナのみ

リリー(アンディ)は関わっておりません。

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Keanu Reeves(@keanureevesofflcial_)がシェアした投稿

キャスト(役名)
キアヌ・リーブス
(トーマス・A・アンダーソン/ネオ

キャリー=アン・モス
(ティファニー/トリニティ

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
モーフィアス

ジェシカ・ヘンウィック
バッグス

ニール・パトリック・ハリス
アナリスト

ジョナサン・グロフ
スミス

ダニエル・バーンハード
エージェント・ジョンソン

ジェイダ・ピンケット・スミス
ナイオビ

プリヤンカー・チョープラー・ジョナス
サティー

”モーフィアス役”は、
ローレンス・フィッシュバーンからヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世へ。

エージェントから独立した存在となった”スミス役”は、
ヒューゴ・ウィーヴィングからジョナサン・グロフへ。

”サティ役”は、
タンビーア・K・アトウォルからプリヤンカー・チョープラー・ジョナスへ。

マトリックス レザレクションズ
キャストはある程度アップデートされました。

 

あらすじ

マトリックス レザレクションズ』あらすじ

人気ゲーム「マトリックス」を開発した、
世界的ゲームデザイナーのトーマス・A・アンダーソン。

トーマスは、
精神的不調を抱え、現実と創作の狭間に悩まされながら、
アナリストの治療を受けつつ、
「マトリックス」の続編製作に着手していた。

そのトーマスを、
機械から人類を解放した”救世主ネオ”だと確信し、
探していたのが、
ホバークラフト「ムネモシュネ号」の船長バッグス。

彼女は”モーフィアス”と名乗るプログラムと出会い、
トーマスを追いかけることに。

救世主ネオ”としての記憶をほぼ失い、悩み続けているトーマス。

トーマスに”救世主ネオ”の記憶を取り戻させようと動くバッグス達。

やがて、
トーマスは記憶を取り戻す選択をし、”ネオ”に復活、覚醒

そして”ネオ”は、
自らが以前にもたらした平和が続かなかったことを知り、
記憶を失い囚われている”トリニティ”を取り戻そうと・・・。

マトリックス レザレクションズ

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
マトリックス レザレクションズ』の感想

 

(眠くはなりませんでしたが、不発と感じたので)

6.5

 

1作目⇨「面白かったな〜」
2作目⇨「ん?、なんかちょっと・・・」
3作目⇨「悲しい結末だけどラストだし、まぁ、いいか・・・」
ぐらいの感想で、「マトリックス」シリーズのファンではない私が、
映画館で視聴した4作目。

 

マトリックス レザレクションズ
ハマれませんでしたね。

 

前シリーズを観ていたから、なんとか耐え抜いた2時間超、といった感じです。

 

ただ、冒頭部分、
あのコードが画面いっぱいに出てきた時は興奮して、ちょっと鳥肌ものでしたし、
1作目と同じ”トリニティスタート”をした4作目の冒頭は、テンション上がりまくり。

 

だったんですけど、
残念ながらこの冒頭がピークで、あとは緩やかにダウンしつつユラユラしていただけ。
アクション的にも目新しさを感じられなくて、
ストーリー的にも没入間はなく、
”ネオとトリニティの再会”にも感動を覚えず、
不発に終わってしまいました。

 

2時間超で観せられた、

 

「救世主入れ替え大作戦」

 

そんな印象です。

 

ちょっと皮肉めいた作り方をしていて、
ブラックユーモアが散りばめられていましたから、前シリーズとは一線を画す内容ではあるんです。

 

それなのに、大事そうな感じで前シリーズの場面を映し出すもんだから、
新章突入なのか、あくまでも続編なのかが、
途中で分からなくなって、どうでも良くなるという・・・。

 

眠くはなりませんでしたけど、面白いとは感じませんでしたね。

 

2人で監督をしていた前シリーズの最新作を、
1人で監督をすることになったラナの思惑が分からなくて、おじさんは翻弄されてしまいました。

 

「1作目とほぼ同じような終わり方をしなくても・・・」、
と思いつつ、映画館を後に。

 

その時、目に飛び込んできた「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のポスター、
こっちを視聴した方が良かったんじゃないか、
そう思ったマトリックス レザレクションズでした。

スポンサーリンク

最後に

2021年、
今年最後の映画館鑑賞、個人的に不発となってしまいましたが、
超有名シリーズの4作目で終えられたことだけは、
良かったかなと。

一応、映画館で観ておいた方が良さげな作品ですからね。

面白いか面白くないかは別として。

2021年ももう終わります。
過去を振り返っても仕方がないので、マトリックスは一旦終了。

来年、
2022年公開予定の「ザ・バットマン」、
ゴーストバスターズ/アフターライフ」あたりに期待しつつ、
また映画館に足を運びたいですね。

ではまた。

 

(Visited 79 times, 1 visits today)

スポンサーリンク