映画『ほの蒼き瞳』あらすじ/キャスト/感想、クリスチャン・ベール主演のミステリー

1月6日からNetflixで配信されている、
クリスチャン・ベール主演のミステリーほの蒼き瞳

映画『ほの蒼き瞳

✅ 1830年の米陸軍士官学校を舞台としたミステリー

✅ 主演の元刑事役はクリスチャン・ベール、
その相棒的な役をハリー・メリングが演じている

✅ 大きなオチが2つ用意されているので、最後まで集中して視聴するべき

ハズレが多い事で有名なNetflix映画ですけど、
“バットマン”でお馴染みクリスチャン・ベールと、
“ダドリー”で有名なハリー・メリングにコンビを組ませたほの蒼き瞳
個人的には・・・。

スポンサーリンク

映画『ほの蒼き瞳』

ほの蒼き瞳

The Pale Blue Eye | Official Trailer | Netflix

【監督/脚本】
スコット・クーパー

【原作】
ルイス・ベイヤード「陸軍士官学校の死」

【製作】
クリスチャン・ベール、スコット・クーパー
ジョン・レッシャー、タイラー・トンプソン

【製作総指揮】
トレイシー・ランドン、バディ・パトリック
エミリー・ハンター・サルヴェソン
ライアン・ドネル・スミス、ディラン・ウェザード

【音楽】
ハワード・ショア

【撮影】
マサノブ・タカヤナギ

【配信】
2023年1月6日からNetflixで配信中

【評価】
•2023年1月9日時点での評価
〈filmarks〉
350件以上のレビューで5点満点中3.7

〈Googleユーザー〉
92%のユーザーが高評価

 

あらすじ

ほの蒼き瞳』あらすじ

1830年、
NY州ハドソンバレーにあるウエストポイントの米陸軍士官学校。

NYで伝説的な警官だったと噂されているランドーは、
陸軍士官学校の校長セアー大佐と副校長のヒッチコック大尉から依頼を受け、
捜査を開始した。

その依頼とは、

「昨夜、首を吊って死亡した士官候補生。
病棟に安置していたが、
遺体から心臓が何者かによってくり抜かれていた
その犯人を探して欲しい。」

不祥事を恐れ、学校の名誉を守るために捜査を依頼されたランドー

そして、

捜査の過程で知り合った士官候補生のエドガー・A・ポーと名乗る生徒と共に、
陰惨な事件の真実を求め、
解明に動き出す。

しかし、

またしても士官候補生の遺体が発見され・・・。

事件の裏に隠された壮絶な真実と、
恐ろしくも悲しいある人間の想い、
ランドーが導き出した真実とは一体・・・。

ほの蒼き瞳

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Netflix Japan | ネットフリックス(@netflixjp)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
クリスチャン・ベール
オーガスタス・ランドー/ニューヨークで活躍していた元刑事)

ハリー・メリング
エドガー・A・ポー/ランドーに協力する士官候補生)

ジリアン・アンダーソン
ジュリア・マークウィス/医者のダニエルの妻)

ルーシー・ボイントン
リア・マークウィス/マークウィス家の長女、病を患っている)

シャルロット・ゲンズブール
パッツィ/酒屋で働く女性)

トビー・ジョーンズ
ダニエル・マークウィス/陸軍士官学校に勤務している医者)

ハリー・ローティー
アーティマス・マークウィス/マークウィス家の長男、リアの弟)

サイモン・マクバーニー
ヒッチコック大尉/陸軍士官学校の副校長)

ティモシー・スポール
セアー大佐/陸軍士官学校の校長)

ロバート・デュヴァル
ジャン・ぺぺ教授/シンボルや儀式、オカルト専門の教授)

ハードリー・ロビンソン
マッティ/ランドーの娘、行方不明となっている)

 

クリスチャン・ベール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Christian Bale(@christianbale_)がシェアした投稿

クリスチャン・チャールズ・フィリップ・ベール(1974年1月30日〜)は、
イギリス出身の俳優です。

今現在(2023年1月10日)、
Netflixで視聴可能なクリスチャン・ベール出演作は以下の通りです。

「バットマン ビギンズ」(2005年)
監督:クリストファー・ノーラン
主演(ブルース・ウェイン/バットマン役)

「3時10分、決断のとき」(2007年)
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演(ダン・エヴァンス役)

「ダークナイト」(2008年)
監督:クリストファー・ノーラン
主演(ブルース・ウェイン/バットマン役)

「ダークナイト ライジング」(2012年)
監督:クリストファー・ノーラン
主演(ブルース・ウェイン/バットマン役)

「モーグリ:ジャングルの伝説」(2018年)
監督:アンディ・サーキス
声とモーションキャプチャーの出演(黒ヒョウのバギーラ役)

『ほの蒼き瞳』(2023年)
監督:スコット・クーパー
主演(オーガスタス・ランドー役)

クリストファー・ノーラン監督の、
「ダークナイト トリロジー」3部作全てが視聴可能となっています。

ほの蒼き瞳の“ランドー役”とは落差が激し過ぎますけども、
クリスチャン・ベール出演作を視聴するなら、
ある意味丁度良い感じではないかと。

ダークなサスペンス・ミステリーから派手な大作まで、
暇を潰すには十分ですね。

スポンサーリンク

ハリー・メリング

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lucy Boynton(@lucyboynton1)がシェアした投稿

(左がルーシー・ボイントン、右がハリー・メリング)

ハリー・アーサー・デイヴィッド・メリング(1989年3月13日〜)は、
イギリスの俳優です。

今現在(2023年1月10日)、
Netflixで視聴可能な出演作は、

「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年)
監督:クリス・コロンバス
出演(ダドリー・ダーズリー役)

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002年)
監督:クリス・コロンバス
出演(ダドリー・ダーズリー役)

「ハリー・ポッターとアズガバンの囚人」(2004年)
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演(ダドリー・ダーズリー役)

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年)
監督:デヴィッド・イェーツ
出演(ダドリー・ダーズリー役)

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」(2010年)
監督:デヴィッド・イェーツ
出演(ダドリー・ダーズリー役)

「バスターのバラード」(2018年)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演(ハリソン役)

「キーパー ある兵士の奇跡」(2018年)
監督:マルクス・H・ローゼンミュラー
出演(スマイス軍曹役)

「オールド・ガード」(2020年)
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演(メリック役)

「悪魔はいつもそこに」(2020年)
監督:アントニオ・カンポス
出演(ロイ・ラファーティ役)

ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(2020年)
監督:スコット・フランク
出演(ハリー・ベルティック役)

ほの蒼き瞳』(2023年)
監督:スコット・クーパー
出演(エドガー・A・ポー役)

Netflixのオリジナル映画、ドラマにも出演しているハリー・メリング。

ですが、
圧倒的に印象深くなってしまっているのは、
「ハリー・ポッター」シリーズの“ダドリー・ダーズリー役”。

ちなみにですね、
ほの蒼き瞳には、
「ハリー・ポッター」シリーズに出演していた俳優が他にも出演しています。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」、
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」で“ドビーの声”を演じた、
トビー・ジョーンズ(ダニエル・マークウィス役)。

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」で“クリーチャーの声”を演じた、
サイモン・マクバーニー(ヒッチコック大尉役)。

「ハリー・ポッターとアズガバンの囚人」、
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」、
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」に“ピーター・ペティグリュー役”で出演していた、
ティモシー・スポール(セアー大佐役)。

「ハリー・ポッター」シリーズの印象深い脇役たちが、
ほの蒼き瞳でシリアスな演技を魅せてくれています。

“ダドリー”以外のハリー・メリングを視聴する良い機会だと思いますよ。

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
映画『ほの蒼き瞳』の感想

 

(淡々とダークな物語だが、最後の最後はビックリ!

8

 

予告動画から醸し出している雰囲気が何とも不気味でしたので、
結構な期待をしつつ視聴したほの蒼き瞳

 

Netflix配給の映画はハズレが多く、当たりが極端に少ないんですけども、

 

個人的には、

 

このほの蒼き瞳

 

当たりでした。

 

物語の序盤から、グロさを交えながら物静かな展開が続いて行く中で、
事件の真相に隠されていた真実が徐々にではなく、
終盤で一気に明らかにし、おぞましさを視聴者に見せつけておいて、そして、さらにもう1つ!

 

ほの蒼き瞳には大きなオチが2つ
最後の最後までしっかりと観ておかないといけない1本でした。

 

伏線を極端に張り巡らせているような映画ではないんですけど、
2つ目の大オチを確認した後、
何とも言い難い悲しみと、不思議な納得感を感じながら、
記憶に残る映画になりました。

 

序盤から中盤まではあまりパッとしませんが、
終盤に視聴者をグッと引き込む内容となっていますから、是非、
集中して視聴していただければなと。

 

“ダドリー”以外のハリー・メリングを視聴する良い機会ですしね。
キャラではなく俳優として確認できますので。

 

Netflix配給として数少ない当たり作と言えるほの蒼き瞳
サスペンス、ミステリー好きの方にオススメです。

スポンサーリンク

最後に

Netflixで1月6日から配信されている、
クリスチャン・ベール主演のミステリー映画、
ほの蒼き瞳を紹介させていただきました。

全然関係ない話なんですけど、
年末だったか年始だったか、Netflixで「ハリー・ポッター」シリーズ全ての配信が開始されました。

ほの蒼き瞳の配信に合わせてですか?」

と勘ぐってしまうほどのタイミングの良さ、でした。

主役級が出演している訳ではないんですが・・・。

ほの蒼き瞳のハリー・メリングを確認したのち、
「ハリー・ポッター」シリーズをもう1度視聴してみると、結構面白いかもしれませんね。

“ダドリー”は良い俳優になったな〜、なんて変な心地良さを感じられるかも。

ではまた。

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

スポンサーリンク