映画『マッドマックス:フュリオサ』キャスト/あらすじ/感想(ネタバレ注意)、前作と比べると・・・

2015年に公開された大ヒット作、
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場した“フュリオサ”の前日譚、
マッドマックス:フュリオサ

映画館で視聴してきました。

映画『マッドマックス:フュリオサ

✅ 「マッドマックス」シリーズの5作目
(1979年「マッドマックス」、1981年「マッドマックス2」、1985年「マッドマックス/サンダードーム」、2015年「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)

✅ シリーズ初の女性主人公、前日譚的なキャラ深掘りもシリーズ初

✅ 2024年5月31日から日本で公開中

公開から約1週間ほど経った(6月6日)に映画館で視聴、
空いていたので非常に快適な鑑賞になったマッドマックス・フュリオサ

個人的にはですね・・・。

スポンサーリンク

映画『マッドマックス:フュリオサ』

映画『マッドマックス:フュリオサ

映画『マッドマックス:フュリオサ』日本版劇場予告

【監督】
ジョージ・ミラー

【脚本】
ジョージ・ミラー、ニコ・ラサウリス

【製作】
ジョージ・ミラー、ダグ・ミッチェル

【音楽】
ジャンキーXL

【撮影】
サイモン・ダガン

【編集】
マーガレット・シクセル

【日本公開】
2024年5月31日

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anya Taylor-Joy(@anyataylorjoy)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
アニャ・テイラー=ジョイ(フュリオサ
前作ではシャーリーズ・セロンが演じていた

アリーラ・ブラウン(少女時代のフュリオサ

クリス・ヘムズワース(ディメンタス

ラッキー・ヒューム(イモータン・ジョー
前作ではヒュー・キース・バーンが演じていた

トム・バーク(ジャック

チャーリー・フレイザー(メリー・ジャバサ
前作に名前だけ登場

ネイサン・ジョーンズ(リクタス
前作にも同役で出演

アンガス・サンプソン(オーガニック・メカニック
前作にも同役で出演

ジョシュ・ヘルマン(スクロータス
前作には“スリット役”で出演していた俳優

ジョン・ハワード(人喰い男爵
前作にも同役で出演

リー・ペリー(武器将軍
前作ではリチャード・カーターが演じていた

スポンサーリンク

あらすじ

マッドマックス:フュリオサ』あらすじ

世界が崩壊した時、
緑の地で暮らしていた幼きフュリオサは、
ウォーロードのディメンタス率いるバイカー集団に拐われてしまい、
彼らの手に落ちてしまう。

その知らせを受け、
フュリオサの母メリー・ジャバサは、
単独で娘の救出に向かう。

しかし、

娘の目の前で母は命を落とすことに・・・。

そして、

ウェイスランドを駆け抜けるこの集団は、

イモータン・ジョーという独裁者が支配する、

シタデルの砦に辿り着く。

ディメンタスとイモータン・ジョー、
2人の暴君が覇権を争う中、
フュリオサは多くの試練を乗り越え、
故郷への道を探りつつ、

その目に復讐を宿し続けていく。

マッドマックス:フュリオサ

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
映画『マッドマックス:フュリオサ』の感想

 

(前作を10点とするなら、今作は・・・)

7.5

 

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場した女戦士フュリオサ、
その彼女の前日譚を描いた今作、
マッドマックス:フュリオサ

 

ハードルが上がりきった状態での視聴となりましたので、個人的には、傑作といった感じではなく、あくまでも良作、といった評価に落ち着いてしまいました。

 

「つまらなくは無いけど、前作ほど何度も視聴するとは思えない」

 

理由はいくつか・・・。

 

まず、1番大きいのが、

 

〈リメンバーミー?〉
前作でフュリオサがイモータン・ジョーへ放った言葉、この強烈なシーンへの答え合わせ、もの凄い意味が「覚えている?」に込められているんだろうと、その重さを知ることになる今作。
と、期待していたんですけど、アレでは弱すぎる・・・。そう私は感じてしまいました。
ディメンタスへは重々納得できる・・・、前作のイモータン・ジョーへは繋がりが弱い・・・、
これが1番大きかったです。

 

〈アクションシーン〉
これは単純です。
前作が強すぎる。あのスピード感と爽快感には及ばなかったなと。
復讐劇メインのドラマ性が高い今作、アクションをメインに楽しむ映画ではないので、前作と比べるのは酷ですけど、どうしても期待してしまい・・・。
衝撃度という意味では、前作に軍配が上がりました。

 

〈アニャ・テイラー=ジョイ〉
ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」、映画「ウィッチ」、映画「ラストナイト・イン・ソーホー」、
映画「ノースマン 導かれし復讐者」、映画「ザ・メニュー」など、
非常に好きな女優さんなんですが、
シャーリーズ・セロンのフュリオサと、
アニャ・テイラー=ジョイのフュリオサとを比較した場合、
個人的には前者の方が魅力的に感じてしまいました。
前作で緑の地がすでに無くなったと知り、絶望するフュリオサを超える画力のある強烈なシーンが、
今作には見当たらなかった。

 

最後にもう1つ、
ちょっと間違っているかも知れませんけども、

 

〈スクロータス〉
前作には登場していないキャラクター、イモータン・ジョーの息子の1人として今作に登場したスクロータス。
かなりヤバイ感じのキャラクターなんですけど、彼、
生き残りませんでした?
今作でスクロータスを演じた俳優さんはジョシュ・ヘルマン。
前作ではウォー・ボーイズのランサー(槍主)のスリットとして出演しておりましたので、
「前作にいないのに生き延びるの?」と疑問が・・・。
間違っていたらすいません。

 

このようにですね、
マッドマックス:フュリオサのラストを、
前作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でのフュリオサ登場シーンへとしっかり繋げているにも関わらず、
イモータン・ジョーへの〈リメンバーミー?〉の弱さと、
〈スクロータス〉への「あれ?何で?」、などの細かいシコリみたいなものが気になってしまい、
個人的に7.5という良作どまりな評価になりました。

 

映画館で1回視聴しただけですから、
いつの日か、もう1度サブスクで視聴したいと思っています。

 

「もう1回観よう」とは思える映画。
私のようなおじさんの戯言は気にせず、ご自分の目で確認してみてください。

スポンサーリンク

最後に

映画『マッドマックス:フュリオサを紹介させていただきました。

今現在(6月16日)、
今作は興行収入的に苦戦を強いられているようですけど、
作品自体の評価は高いものとなっている感じ。

映画館へ足を運んだ人たちが高評価をしているのは事実です。

〈Filmarks〉でも、
8000件以上のレビュー数で5点満点中4.1の高得点。

とりあえず、
1度は観ておいても損はしないのではないかと。

気になる方はお早めに映画館へ。

ではまた。

 

(Visited 15 times, 1 visits today)

スポンサーリンク