アカデミー賞7部門ノミネート『フェイブルマンズ』、スピルバーグ監督作は今回?!

2022年トロント国際映画祭で、
最高賞に値する観客賞を受賞。

第80回ゴールデングローブ賞(2023年)で、
作品賞(ドラマ部門)と、
監督賞(ドラマ部門)を受賞したスティーヴン・スピルバーグ監督最新作、
フェイブルマンズ

映画『フェイブルマンズ

✅ 監督スティーヴン・スピルバーグの自伝的作品

✅ 第95回アカデミー賞でも7部門へノミネート
(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、作曲賞、美術賞)

✅ 日本での公開は2022年3月3日から

2023年3月は、
日本での映画公開作品に注目作が多い月となっています。
何かと迷ってしまうところですけども、
スピルバーグ監督作『フェイブルマンズ』はその中でも要注目ではないかと。

スポンサーリンク

スピルバーグ監督作『フェイブルマンズ』

フェイブルマンズ

映画『フェイブルマンズ』本予告/2023年3月3日(金)全国公開

【監督】
スティーヴン・スピルバーグ

【脚本】
スティーヴン・スピルバーグ、トニー・クシュナー

【製作】
クリスティ・マコスコ・クリーガー
スティーヴン・スピルバーグ、トニー・クシュナー

【音楽】
ジョン・ウィリアムズ

【撮影】
ヤヌス・カミンスキー

【編集】
マイケル・カーン

【日本公開】
2023年3月3日

【評価】
2023年2月28日現在の評価
〈filmarks〉
160件以上のレビューで5点満点中3.9

〈Googleユーザー〉
83%のユーザーが高評価

〈IMDb RATING〉
60000件以上の評価を受け10点満点中7.6

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@michellewilliamsfanofficialがシェアした投稿

【キャスト(役名)】
ガブリエル・ラベル(サミー・フェイブルマン

ミシェル・ウィリアムズ(サミーの母

ポール・ダノ(サミーの父

デイヴィッド・リンチ(ジョン・フォード

セス・ローゲン(ベニー

ジャド・ハーシュ(ボリス・シルドクラート

クロエ・イースト(モニカ・シャーウッド

オークス・フェグリー(チャド・トーマス

ジュリア・バターズ(Reggie Fabelman

ジーニー・バーリン(Hadassah Fabelman

ガブリエル・ベイトマン(ロジャー

グレッグ・グランバーグ(バーニー・ファイン

鬼才として有名な映画監督のデイヴィッド・リンチが、
アカデミー賞の監督賞を史上最多受賞している(4回)、ジョン・フォードを演じています。
(実在した人物です)

最近、リンチ監督の映画はご無沙汰ですけど、
まさか2023年に映画の中で俳優として確認できるとは・・・。

フェイブルマンズ、3月3日から公開予定となっています。

スポンサーリンク

あらすじ

フェイブルマンズ』あらすじ

〈スティーヴン・スピルバーグが、
映画監督”になる夢を叶えた自身の原体験・・・〉

初めて映画館を訪れ、初めて映画を目にした少年は、
心を奪われ、
映画に夢中になってしまう。

その少年の名は、

サミー・フェイブルマン

サミーはそれから、
8ミリカメラを手に家族の休暇や旅行の記録係となり、
妹や友人たちが出演する作品を制作していく。

そんなサミーを、芸術家のは応援。

しかし、

科学者であるは、
不真面目な趣味だとあまりよく思っていない。

そしてある日、

フェイブルマン一家は西部へ引越しすることになり、
そこでの様々な出来事が、
サミーの未来へ大きく影響していく・・・。

フェイブルマンズ

スポンサーリンク

アカデミー賞7部門ノミネート、これまでは?

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作、
フェイブルマンズは第95回アカデミー賞で7部門にノミネートされています。

第95回アカデミー賞(2023年3月12日発表)

ノミネート

作品賞フェイブルマンズ
監督賞:スティーヴン・スピルバーグ
主演女優賞:ミシェル・ウィリアムズ
助演男優賞:ジャド・ハーシュ
脚本賞:スティーヴン・スピルバーグ、トニー・クシュナー
作曲賞:ジョン・ウィリアムズ
美術賞:リック・カーター、カレン・A・オハラ

今年の第95回アカデミー賞で、
主役級の1つと言えるスピルバーグ監督作フェイブルマンズ

ですが、
今現在(2月28日)だと、
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」の勢いに飲み込まれそうな感じです。

どうなるのか、結果は2023年3月12日。

ちなみに、
これまでのスティーヴン・スピルバーグ監督作、
今回ノミネートされた部門でどのような結果を残しているのかというと、
こんな感じとなっています。

 

作品賞

これまでに、
スティーヴン・スピルバーグ監督作として、
アカデミー賞の作品賞にノミネートされた映画は、以下の通りです。

アカデミー賞の作品賞へノミネート:監督作として
(開催回:アメリカでの公開年)

「ジョーズ」(第48回:1975年)
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(第54回:1981年)
「E.T.」(第55回:1981年)
「カラーパープル」(第58回:1985年)
「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)
「プライベート・ライアン」(第71回:1998年)
「ミュンヘン」(第78回:2005年)
「戦火の馬」(第84回:2011年)
「リンカーン」(第85回:2012年)
「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2015年)
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(第90回:2017年)
「ウエスト・サイド・ストーリー」(第94回:2021年)
フェイブルマンズ(第95回:2022年)

13もの監督作が作品賞へノミネートされています。
(ここへ“製作陣の1人として”を加えると、「硫黄島からの手紙」が加わります)

そして、
アカデミー賞の作品賞を受賞したのは、

✔︎「シンドラーのリスト」
•第66回アカデミー賞(開催年1994年)
作品賞監督賞脚色賞撮影賞編集賞美術賞作曲賞7部門受賞

スティーヴン・スピルバーグ監督作が、
アカデミー賞の作品賞を受賞したのは1回のみです。
意外と少ない、そう感じてしまうかもしれませんけど、1回でも凄い事で、
映画監督として作品賞の最多受賞回数記録を保持しているのは、
ウィリアム・ワイラーの3回。
(「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の都市」「ベン・ハー」で作品賞を受賞)

最高記録が3回ですからね、
スピルバーグの1回も相当な名誉ではないかと。

今作フェイブルマンズが受賞となれば、
監督作として2回目のアカデミー作品賞の受賞となります。

スポンサーリンク

余談ですが・・・

映画監督としてアカデミー賞の作品賞を2回受賞しているのは、

(開催回:アメリカでの公開年)

クリント・イーストウッド
「許されざる者」(第65回:1992年)
「ミリオンダラー・ベイビー」(第77回:2004年)

ミロス・フォアマン
「カッコーの巣の上で」(第48回:1975年)
「アマデウス」(第57回:1984年)

フランシス・フォード・コッポラ
「ゴッドファーザー」(第45回:1972年)
「ゴッドファーザー PARTⅡ」(第47回:1974年)

フレッド・ジンネマン
「地上より永遠に」(第26回:1953年)
「わが命つきるとも」(第39回:1966年)

ロバート・ワイズ
「ウエスト・サイド物語」(第34回:1961年)
「サウンド・オブ・ミュージック」(第38回:1964年)

デヴィッド・リーン
「戦場にかける橋」(第30回:1957年)
「アラビアのロレンス」(第35回:1962年)

ビル・ワイルダー
「失われた週末」(第18回:1945年)
「アパートの鍵貸します」(第33回:1960年)

ヴィンセント・ミネリ
「巴里のアメリカ人」(第24回:1951年)
「恋の手ほどき」(第31回:1958年)

エリア・カザン
「紳士協定」(第20回:1947年)
「波止場」(第27回:1954年)

フランク・キャプラ
「或る夜の出来事」(第7回:1934年)
「我が家の楽園」(第11回:1938年)

フランク・ロイド
「カヴァルケード」(第6回:1932/33年)
「戦艦バウンティ号の叛乱」(第8回:1935年)

アカデミー賞の長い歴史の中で、
監督として作品賞の名誉に2回輝いているのはたったの11人、
こちらに上述したウィリアム・ワイラー(計3回)を足して12人という少なさです。
(間違っていたらすいません)

1990年代以降となると、
クリント・イーストウッドただ1人しかいません。

そして、
第95回アカデミー賞の作品賞、その結果によっては、
スティーヴン・スピルバーグがこのラインナップに名を連ねるか、
もしくは、
「タイタニック」で既に作品賞を受賞しているジェームズ・キャメロンがもしかすると・・・。

3月12日に結果発表ですね。

スポンサーリンク

監督賞

スティーヴン・スピルバーグが監督し、
アカデミー賞の監督賞へノミネートされたのは以下の通りです。

アカデミー賞の監督賞へノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

「未知との遭遇」(第50回:1977年)
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(第54回:1981年)
「E.T.」(第55回:1981年)
「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)
「プライベート・ライアン」(第71回:1998年)
「ミュンヘン」(第78回:2005年)
「リンカーン」(第85回:2012年)
「ウエスト・サイド・ストーリー」(第94回:2021年)
フェイブルマンズ(第95回:2022年)

アカデミー賞の監督賞へのノミネートは計9回

受賞歴は、

✔︎「シンドラーのリスト」
•第66回アカデミー賞(開催年1994年)
作品賞監督賞脚色賞撮影賞編集賞美術賞作曲賞7部門受賞

✔︎「プライベート・ライアン」
•第71回アカデミー賞(開催年1998年)
監督賞音響編集賞録音賞撮影賞編集賞5部門受賞

スピルバーグがアカデミー賞の監督賞を受賞したのは、これまでに2回

ちなみに、監督賞受賞の最多記録保持者はジョン・フォードの4回。
(「男の敵」「怒りの葡萄」「わが谷は緑なりき」「静かなる男」で監督賞を受賞)

第95回アカデミー賞で、
スピルバーグが3回目の監督賞受賞となるには、
イニシェリン島の精霊」のマーティン・マクドナー、
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」のダニエルズ、
ここら辺が最大のライバルではないかと思われます。

フェイブルマンズが作品賞を受賞できるのか、
スピルバーグが監督賞を受賞できるのか、
楽しみです。

スポンサーリンク

主演女優賞

スティーヴン・スピルバーグが監督したこれまでの映画で、
アカデミー賞の主演女優賞を受賞した歴史はありません。

ビックリでしたけど、1人もいないんですよね。

ノミネートだけなら。

スピルバーグ監督作からアカデミー主演女優賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

ウーピー・ゴールドバーグ/「カラーパープル」(第58回:1985年)
メリル・ストリープ「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(第90回:2017年)
ミシェル・ウィリアムズフェイブルマンズ(第95回:2022年)

3回という少なさです。
スピルバーグ監督作、女優さんのイメージよりは、
男優さんのイメージの方が強い印象、個人的にですけど・・・。
ロイ・シャイダーやハリソン・フォード、トム・ハンクスが強い。

ちなみに、主演男優賞は?、というと、

スピルバーグ監督作からアカデミー主演男優賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

ダニエル・デイ=ルイス/「リンカーン」(第85回:2012年)
トム・ハンクス「プライベート・ライアン)(第71回:1998年)
リーアム・ニーソン/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)

主演女優賞同様、こちらも3人のみがノミネートされています。

で、受賞したのは、

✔︎ ダニエル・デイ=ルイス/「リンカーン」(第85回:2012年)

第95回アカデミー賞、
仮にミシェル・ウィリアムズが主演女優賞を受賞したとなれば、
スティーヴン・スピルバーグ監督作から初の快挙となります。

「TAR/ター」のケイト・ブランシェット、
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」のミシェル・ヨー、
強敵揃いですけど、果たして結果は・・・?

スポンサーリンク

助演男優賞

スティーヴン・スピルバーグ監督作から、
アカデミー賞の助演男優賞受賞となったのは、1回のみです。

スピルバーグ監督作から助演男優賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

レイフ・ファインズ/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)
クリストファー・ウォーケン
/「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(第75回:2002年)
トミー・リー・ジョーンズ/「リンカーン」(第85回:2012年)
マーク・ライランス/「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2015年)
ジャド・ハーシュフェイブルマンズ(第95回:2022年)

5人がノミネートされています。

そして、受賞となったのは、

✔︎ マーク・ライランス/「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2016年)

ちなみに、助演女優賞となると、

スピルバーグ監督作から助演女優賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

メリンダ・ディロン/「未知との遭遇」(第50回:1977年)
マーガレット・エイヴリー/「カラーパープル」(第58回:1985年)
オプラ・ウィンフリー/「カラーパープル」(第58回:1985年)
サリー・フィールド/「リンカーン」(第85回:2012年)
アリアナ・デボーズ/「ウエスト・サイド・ストーリー」(第94回:2021年)

受賞しているのは、

✔︎ アリアナ・デボーズ/「ウエスト・サイド・ストーリー」(第94回:2021年)

こちらも1回のみです。

第95回アカデミー賞の助演男優賞、激戦区となっています。

勢いが止まらない「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」の、
キー・ホイ・クァン。

イニシェリン島の精霊」で強烈なインパクトを残した、
ブレンダン・グリーソンとバリー・コーガン。

ジャド・ハーシュの受賞を予想している人はほぼいない状態・・・、
私個人はブレンダン・グリーソンだと思っていますけど、果たしてどうなるか・・・。

スポンサーリンク

脚本賞

スティーヴン・スピルバーグは脚本家ではありませんが、
一応、監督作から脚本賞へのノミネートを記載しておきます。

スピルバーグ監督作から脚本賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

メリッサ・マシスン/「E.T.」(第55回:1981年)
ロバート・ロダット「プライベート・ライアン」(第71回:1998年)
マット・チャーマンジョエル・コーエンイーサン・コーエン
/「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2015年)

スティーヴン・スピルバーグトニー・クシュナー
フェイブルマンズ(第95回:2022年)

今のところ、スピルバーグ監督作が脚本賞を受賞した事はありません

フェイブルマンズが受賞すれば初です。

ちなみに、脚色賞となると、

スピルバーグ監督作から脚色賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

メノ・メイエス/「カラーパープル」(第58回:1985年)
スティーヴン・ザイリアン/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)
トニー・クシュナーエリック・ロス/「ミュンヘン」(第78回:2005年)
トニー・クシュナー/「リンカーン」(第85回:2012年)

受賞は、

✔︎ スティーヴン・ザイリアン/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)

スティーヴン・スピルバーグ監督作、
オリジナルの脚本から脚本賞を受賞した事は1度もありません。

ただ、
この脚本賞もかなり苦戦しそうな感じです。

イニシェリン島の精霊」のマーティン・マクドナー、
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」のダニエルズ、
第95回アカデミー賞は3月12日に結果が分かります。

スポンサーリンク

作曲賞

スティーヴン・スピルバーグ監督作から、
作曲賞へのノミネート、
ジョン・ウィリアムズ無双といった感じとなっています。

スピルバーグ監督作から作曲賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

ジョン・ウィリアムズ/「ジョーズ」(第48回:1975年)
ジョン・ウィリアムズ/「未知との遭遇」(第50回:1977年)
ジョン・ウィリアムズ/「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(第54回:1981年)
ジョン・ウィリアムズ/「E.T.」(第55回:1982年)
ジョン・ウィリアムズ/「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」(第57回:1984年)
クインシー・ジョーンズ/「カラーパープル」(第58回:1985年)
ジョン・ウィリアムズ/「太陽の帝国」(第60回:1987年)
ジョン・ウィリアムズ/「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」(第62回:1989年)
ジョン・ウィリアムズ/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)
ジョン・ウィリアムズ「プライベート・ライアン」(第71回:1998年)
ジョン・ウィリアムズ/「A.I.」(第74回:2001年)
ジョン・ウィリアムズ/「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(第75回:2002年)
ジョン・ウィリアムズ/「ミュンヘン」(第78回:2005年)
ジョン・ウィリアムズ/「戦火の馬」(第84回:2011年)
ジョン・ウィリアムズ/「リンカーン」(第85回:2012年)
トーマス・ニューマン/「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2015年)
ジョン・ウィリアムズフェイブルマンズ(第95回:2002年)

計17回のノミネート、受賞結果は、

✔︎ ジョン・ウィリアムズ/「ジョーズ」(第48回:1975年)

✔︎ ジョン・ウィリアムズ/「E.T.」(第55回:1982年)

✔︎ ジョン・ウィリアムズ/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)

3回の受賞を達成しています。

ただ、何が凄いって、
スピルバーグというよりもジョン・ウィリアムズが凄すぎる・・・。

この他にも、
「スター・ウォーズ」シリーズ、「ホーム・アローン」シリーズ、
「ジュラシック・パーク」シリーズ、「ハリー・ポッター」シリーズなど、
誰もが知っている映画シリーズの音楽を手掛けてきています。

映画音楽界の圧倒的なトップ、
第95回アカデミー賞でその輝かしい経歴にまた1つトロフィーを加えるのか、
注目ですね。

スポンサーリンク

美術賞

スティーヴン・スピルバーグ監督作から、
アカデミー賞の美術賞へのノミネート、以下の通りとなっています。

スピルバーグ監督作から美術賞へのノミネート
(開催回:アメリカでの公開年)

ジョー・アルヴスダン・ロミノフィル・アブラムソン
/「未知との遭遇」(第50回:1977年)

ノーマン・レイノルズレスリー・ディリーマイケル・D・フォード
/「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(第54回:1981年)

J・マイケル・リヴァロバート・W・ウェルチリンダ・デシーナ
/「カラーパープル」(第58回:1985年)

ノーマン・レイノルズハリー・コードウェル
/「太陽の帝国」(第60回:1987年)

ノーマン・ガーウッドギャレット・ルイス
/「フック」(第64回:1991年)

アラン・スタルスキエヴァ・ブラウン
/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)

トーマス・E・サンダースリサ・ディーン・カヴァノー
「プライベート・ライアン」(第71回:1998年)
リック・カーターリー・サンデイルズ
/「戦火の馬」(第84回:2011年)

リック・カータージム・エリックソン
/「リンカーン」(第85回:2012年)

アダム・ストックハウゼンレナ・ディアンジェロベルンハルト・ヘンリック
/「ブリッジ・オブ・スパイ」(第88回:2015年)

アダム・ストックハウゼンレナ・ディアンジェロ
/「ウエスト・サイド・ストーリー」(第94回:2021年)

リック・カーターカレン・A・オハラ
フェイブルマンズ(第95回:2022年)

12回のノミネート、
これまでに美術賞を受賞したのは、

✔︎ ノーマン・レイノルズレスリー・ディリーマイケル・D・フォード
/「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(第54回:1981年)

✔︎ アラン・スタルスキエヴァ・ブラウン
/「シンドラーのリスト」(第66回:1993年)

✔︎ リック・カータージム・エリックソン
/「リンカーン」(第85回:2012年)

計3回の受賞歴となっています。

これで以上となります。

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作フェイブルマンズが、
第95回アカデミー賞でノミネートされた7部門、
その部門でのスピルバーグ監督作のこれまでの受賞と、ノミネートを紹介させていただきました。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」に席巻されそうな今年のアカデミー賞ですけど、
なんとなくですが、
作品賞はフェイブルマンズではないかと予想しております。
まだ視聴していないんですけどね、両方とも。

3月12日を楽しみにしています。

スポンサーリンク

最後に

「インディ・ジョーンズ」シリーズの第5作目、
「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」も今年公開予定(2023年6月30日)。
(監督はジェームズ・マンゴールド、スピバーグは製作陣の1人)

スピルバーグ監督作にずっと触れてきた私たちにとっては、
何かと忙しい年になりそうな感じですね。

スピルバーグの自伝的映画フェイブルマンズと、
超有名シリーズの最新作、
毛並みの違う作品を楽しませて頂けるようです。

映画館へもある程度、気兼ねなく行けそうな世の中に戻りそうですし、
少しでも明るい話題で満たされる未来であればなと。

ではまた。

 

(Visited 60 times, 1 visits today)

スポンサーリンク