【ステイサム✖︎リッチーの5作目】映画『オペレーション・フォーチュン』キャスト/あらすじ/感想

ガイ・リッチー監督の初長編映画、
1999年に日本で公開された「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」。

この最高な群像劇で俳優デビューを果たしたジェイソン・ステイサム。

ステイサムとリッチーのコンビはまだまだ続いていくようです。

映画『オペレーション・フォーチュン』

✅ ステイサムとリッチーのコンビ5作品目

✅ ガイ・リッチー監督、ジェイソン・ステイサム主演のスパイ映画

✅ 日本では2023年10月13日から公開

ステイサムとリッチー、
「ロック、ストック〜」「スナッチ」の印象が強烈に残ってしまっておりますが、
今回の5作目オペレーション・フォーチュンは果たして・・・。

視聴してきましたので、
記事の後半に感想を記載させていただきました。

スポンサーリンク

【ステイサム✖︎リッチーコンビ】1作目「ロック、ストック〜」

(出典元:U-NEXT「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」)

【日本公開】
1999年8月7日

【監督/脚本】
ガイ・リッチー

【キャスト】
ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング
デクスター・フレッチャー、スティング、ヴィニー・ジョーンズ

【個人的には】
超オススメ映画。ガイ・リッチーという監督名をこの映画で完全に覚えてしまいました。
最高の群像劇。様々な登場人物の色々な伏線を、完璧に回収させる107分。
90年代のUKロック好きにもたまらない。
オーシャン・カラー・シーンの「Hundred Mile High City」で始まり、
ストーン・ローゼズの「Fool's Gold」で幕を閉じる・・・。
私はこの締め方がカッコ良すぎて、当時、鳥肌をたててしまいました。
その他、感想記事はこちら⇨「ロック、ストック〜

 

2作目「スナッチ」

(出典元:U-NEXT「スナッチ」)

【日本公開】
2001年3月10日

【監督/脚本】
ガイ・リッチー

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、スティーヴン・グレアム、ブラッド・ピット
ベニチオ・デル・トロ、レニー・ジェームズ、ヴィニー・ジョーンズ
デニス・ファリーナ

【個人的には】
オススメ映画、ですけど、「ロック、ストック〜」よりは下という印象です。
同じ群像劇ということで、かなりの期待感を持って視聴したのが仇に・・・。
キャスト陣の豪華さが異様に増して、派手にはなりましたが、
少しとっ散らかった印象を受けてしまいました。面白かったんですけどね。
ただ、最終的に、
ブラピの印象だけが強烈に残ってしまった・・・。」、
という1本でした。

スポンサーリンク

3作目「リボルバー」

(出典元:U-NEXT「リボルバー」)

【日本公開】
2008年6月7日

【監督】
ガイ・リッチー

【脚本】
ガイ・リッチー、リュック・ベッソン

【製作】
リュック・ベッソン、ヴィルジニー・シラ

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ、ヴィンセント・パストーレ
アンドレ・ベンジャミン、マーク・ストロング

【個人的には】
ステイサム✖︎リッチー作品で、とりあえずオススメはしないという唯一の1本です。
当時奥さんだったマドンナを主演にした駄作「スウェプト・アウェイ」の大失敗の影響か、
リュック・ベッソンが邪魔だったのかは定かではありませんけど、
ガイ・リッチー監督好きとしてはちょっと悲しい映画・・・。
難解で複雑な部分とか、斬新に感じる部分とか、色々と詰め込まれているのは理解できる、が、
単純に「面白くない・・・」という理由で、
個人的にはオススメしません。

スポンサーリンク

4作目「キャッシュトラック」

(出典元:U-NEXT「キャッシュトラック」)

【日本公開】
2021年10月8日

【監督】
ガイ・リッチー

【脚本】
ガイ・リッチー、アイヴァン・アトキンソン
マーン・デイヴィス

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、ホルト・マッキャラニー、ジョシュ・ハートネット
ジェフリー・ドノヴァン、スコット・イーストウッド、アンディ・ガルシア

【個人的には】
ジェイソン・ステイサムのアクションを堪能しようとするなら、オススメな1本です。
ただ、
「ロック、ストック〜」や「スナッチ」のようなガイ・リッチー臭を楽しみたい方には不向き。
群像劇ではありません、いわば復讐劇です。
超ヤバイ男の復讐劇
「リボルバー」よりは圧倒的に面白いので、気になる方は視聴してみてください。
その他、細かい感想はこちらに⇨「キャッシュトラック」。

 

ステイサムとリッチーコンビの映画
「ロック、ストック〜」
「スナッチ」
「リボルバー」
「キャッシュトラック」

今ならU-NEXTで見放題配信されていますから、
0円での視聴が可能となっています。

 

5作目『オペレーション・フォーチュン』

オペレーション・フォーチュン

ジェイソン・ステイサム主演!『オペレーション・フォーチュン』本編映像(船上パーティーに潜入した最強スパイ)

【監督】
ガイ・リッチー

【脚本】
ガイ・リッチー、アイヴァン・アトキンソン
マーン・デイヴィス

【製作】
ジェイソン・ステイサム、アイヴァン・アトキンソン
Bill Block

【音楽】
Christopher Benstead

【撮影】
Alan Stewart

【編集】
James Herbert

【日本公開】
2023年10月13日

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jason Statham(@jasonstatham)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
ジェイソン・ステイサム
オーソン・フォーチュン/MI6御用達の敏腕スパイ)

オーブリー・プラザ
サラ・フィデル/クセ強ハッカー)

ケイリー・エルウィス
ネイサン・ジャスミン/MI6上官)

ヒュー・グラント
グレッグ・シモンズ/武器商人)

ジョシュ・ハートネット
ダニー・フランチェスコ/能天気ハリウッドスター)

バグジー・マローン
JJ・デイヴィス/新米スナイパー)

エディー・マーサン
ナイトン/MI6長官)

ピーター・フェルディナンド
マイク/フォーチュン達と別行動をするスパイチームのリーダー)

ニコラス・フェイシー
ジョン/フォーチュンのかつての相棒)

ロールデス・ファブレス
エミリア

マックス・ビーズリー
ベン・ハリス

スポンサーリンク

あらすじ

オペレーション・フォーチュン』あらすじ

英国諜報局MI6御用達の敏腕エージェント、
オーソン・フォーチュンに下された新たなミッション。

それは、

100億ドルで闇取引されるとてつもなくヤバイブツ=“ハンドル”を、
追跡・回収すること。

フォーチュンは、
MI6のコーディネーター:ネイサンや、
クセ強の天才ハッカー:サラ
新米スナイパー:JJ
彼ら即席チームを率いて行動を開始する。

さらに、
能天気ハリウッドスターのダニーを無理矢理任務へと巻き込み、
武器商人グレッグに大胆不敵に接近。

次第に明らかになっていく巨大な陰謀を、
フォーチュン達は阻止できるのか?

そして、

100億ドルの価値があるヤバイブツ=“ハンドル”の正体とは!?

オペレーション・フォーチュン
(参照元:映画『オペレーション・フォーチュン』公式サイト

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
オペレーション・フォーチュン』の感想

 

(良くはないけど、悪くもない)

7

 

ジェイソン・ステイサム主演、
ガイ・リッチー監督作オペレーション・フォーチュン
映画館で視聴してきました。

 

正直に言いますと、

 

及第点なスパイ映画、サラッと楽しめる1本」

 

といった感じですね。

 

ジェイソン・ステイサムのアクションを楽しもうと映画館へ足を運ぶのはアリ!、ですけど、
「ロック、ストック〜」「スナッチ」系のガイ・リッチー臭を期待するのは!。

 

2021年に公開された「ジェントルメン」の方がガイ・リッチーでした。

 

ただ、

 

ツマラナイわけではありません。
「リボルバー」より楽しめます。

 

会話シーンのもっさり感はありますが、
物語の展開はスピーディーでわかりやすく、
“ハンドル”への恐怖感は若干薄っぺらく感じてしまいますけど、
ステイサムアクションで諸々を補いつつ、
及第点のスパイ映画としてちゃんと、
普通に視聴できる!」といった1本でした。

 

伏線回収型の群像劇と期待せずに、
普通のアクション・スパイ映画として映画館へ足を運べば、そこまで損はしないと思いますよ。

 

「まぁ、良いんじゃない」ぐらいの感想を抱いて帰路につける、
当たり障りのない時間を過ごせるのではないかと。

 

ステイサムとリッチーコンビの5作目、
オペレーション・フォーチュン
10月13日から日本で公開されています。
ロングランとはなり得ないと思いますので、気になる方はお早めに映画館へ。

スポンサーリンク

最後に

ジェイソン・ステイサム主演、
ガイ・リッチー監督作オペレーション・フォーチュンを紹介させていただきました。

今作を視聴して、また改めて思いましたけど、

ロック、ストック〜」「スナッチ」「ジェントルメン」、
この3本がガイ・リッチー臭プンプンな映画だったなと。

その系譜の映画をお願いしたいものです。

ゴリゴリなアクションとか一切期待しておりませんから。

と言いつつ、ツマラなかった訳ではないので、「まぁ、良し」ですかね。

リッチー監督作はこれで終了、
次は、いよいよ、
スコセッシ監督作!

ではまた。

 

(Visited 62 times, 1 visits today)

スポンサーリンク