七尾与史『偶然屋2 闇に揺れるツインテール』あらすじ/感想、シリーズ2作目

偶然を演出するプロ集団「偶然屋」、
そのシリーズ2作目となるのが、

偶然屋2 闇に揺れるツインテール

七尾与史『偶然屋2

✅ 「偶然屋」シリーズ2作目『闇に揺れるツインテール』

✅ おすすめエピソードは、「明らかになるクロエの過去」パート

✅ このシリーズはまだまだ続いていく

七尾与史版”ニキータの誕生と想像してしまうエピソードが盛り込まれたシリーズ2作目、
今回も楽しませてもらいました。

スポンサーリンク

七尾与史『偶然屋2 闇に揺れるツインテール』あらすじ/感想

偶然屋2 闇に揺れるツインテール』七尾与史

「偶然屋」の面々

「オフィス油炭」の社長:油炭寿文

・焦げ茶色に染められた個性的な髪型、舞台役者を思わせる整った顔立ち、
筋肉質でしなやかな体型、だが、本人は恵まれた容姿に頓着がない

・運動能力は異様に高い

確率に異常にこだわる

 

「オフィス油炭」の女子中学生:クロエ

・父親は防衛省の権力者、お嬢様学校に通う女子中学生

・基本的に口は悪いが、見た目は容姿端麗なツインテール、
誰からも可愛いと評価される容姿の持ち主

・運動神経と戦闘能力が高い、相当の訓練を受けていた・・・

 

「オフィス油炭」の社員:水氷里美

・弁護士試験に挫折して「オフィス油炭」で働くようになった女性
アクシデントディレクター

・空手の有段者で、「偶然屋稼業」にも能力を発揮してきている

・基本的に金欠、パチンコで生活費を稼ぐ力も併せ持つ

 

あらすじ

偶然屋2 闇に揺れるツインテール』あらすじ

偶然屋2は主に3つの物語で構成されています。

1、「偶然屋」として真っ当な?仕事

・”偶然の出会いを演出
大ヒットアニメ映画「君のナワ」で描かれていた”出会って一目惚れ”演出を、現実世界で再現しようと依頼人を手伝う「偶然屋」の面々。
しかし、依頼人の本当の狙いは別のところに・・・。

2、クロエの昔話

・”クロエの過去エピソード
可愛いだけじゃない、明らかに普通ではない身のこなしと、戦闘能力の高さを誇っているクロエ。

その彼女の知られざる驚愕の”過去”が明らかに。
あの戦闘能力の高さが生み出されたエピソード。

3、「偶然屋」最大の敵

・”偶然屋と仏
日本中の優秀な子供たちを集めて、特別学習させる国家主導のプロジェクトへ、クロエはメンバーとして選ばれた。
そのプロジェクトに、”偶然屋、最大の敵「仏」”の影が見え隠れしている・・・。
潜入捜査を試みる里美、メンバーとして参加するクロエ、
そして「仏」の影。
無人島で開催されたプロジェクト、何かが起こる・・・。

この3つの物語が1つに纏め上げられているのが、
七尾与史『偶然屋2 闇に揺れるツインテールです。

 

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
偶然屋2』の感想

 

「死亡フラグが立ちました!」の続編を待っていたんですけど、
先にこちらの続編が文庫で発売されていたので、
手に取りました。

 

偶然屋2 闇に揺れるツインテール

 

派手さもあって、いつもの通り、楽しく読み進めさせていただきました。

 

中でも、
独立したエピソードとして、”クロエの過去エピソード”は非常に楽しかったですね。
七尾与史版”ニキータの誕生を描いているようで、
クロエが過去に経験した壮絶な出来事、
そのまま映画を観ている感覚で読み進められました。

 

偶然屋2のラストも楽しかったですが、
私個人としては、断然”クロエの過去エピソード”がおすすめです。

 

今後も「偶然屋シリーズ」に必ず絡んでくるであろう部分ですしね。

 

「仏」との対決の行方は気になる、けども、
クロエとエマ”の方が・・・、これ以上はやめておきます。

 

「偶然屋」の仕事内容を楽しんでいる感じではなくなってしまいましたけど、
この先の展開も気になって仕方ないシリーズもの、
『偶然屋』偶然屋2

 

肩の力を抜いて楽しめるミステリーとして読んでみてください。
アクション要素もありますしね。

 

 

シリーズ1作目『偶然屋』

七尾与史(1969年6月3日〜)は、
静岡県出身の推理作家、歯科医師です。

第8回「このミステリーがすごい!」大賞で、
「死亡フラグが立ちました!」が最終選考に残り、その後、
2010年に同作で作家デビューしました。

デビューから「死亡フラグシリーズ」、「ドS刑事シリーズ」などのヒット作を生み出し、
今回”七尾与史のシリーズもの”に新たに加わったのが「偶然屋シリーズ」。

シリーズ1作目偶然屋の文庫化は2018年10月です。

偶然屋』簡単なあらすじ

・弁護士試験で挫折、就職活動中の水氷里美は、ある日、偶然に、
電信柱に貼られていた求人広告「オフィス油炭」を見つけてしまった。

働かなくてはと焦っていた里美は、なんとか面接までたどり着いて、その後、
「アクシデントディレクター」という聞いたこともない仕事(ミッション)をこなしていくことに。
妙な人たちと・・・。

確率に異常なこだわりを見せる社長の油炭
見た目は可愛いけどクソ生意気な女子中学生、しかも戦闘能力が異様に高いクロエ
妙で変な人たちと里美の3人で「偶然屋」が動き出す。

このシリーズ1作目偶然屋を読んだのちに、
偶然屋2 闇に揺れるツインテールを読み進めた方が、より楽しめると思います。
まだ読んでいない方は、1作目からスタートさせてみてください。

 

最後に

 

七尾与史偶然屋2 闇に揺れるツインテールを紹介させていただきました。

シリーズ2作目、
1作目を読んだのがそこまで昔ではなかったので、
すんなりと物語に入り込むことができました。

本当は、上にも書きましたけど、
「死亡フラグシリーズ」の第5作目を待ち望んでいたんです。
七尾与史版「デッド・バイ・デイライト」の続編を読みたかったんですよね。

それがまさか、
七尾与史版”ニキータの誕生を読み進めることになるとは・・・。
少量エピソードなのに、非常に面白かったです。

偶然屋シリーズの次回作に期待しつつ、
「死亡フラグシリーズ」の最新作を早めでお願いします!、
といった願いを込めて。

ではまた。

 

(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサーリンク