ドラマ『GRIMM/グリム』シーズン5/シーズン6、いよいよファイナルです

2021年12月30日

ようやくこれで完結です。

『GRIMM/グリム』シーズン5シーズン6を紹介します。

グリム童話」と「刑事ドラマ」が融合した、
ダーク・ファンタジー・サスペンスも見納めですね。

ここまで長い時間を使って楽しんできた方ばかりでしょうから、

最後まで『GRIMM/グリムを楽しんでしまいましょう。

では早速。

スポンサーリンク

ドラマ『GRIMM/グリム』シーズン5

『GRIMM/グリム』シーズン5

GRIMM SEASON 5-FIRST TRAILER

  • エピソード1「グリム・アイデンティティー」
  • エピソード2「今そこにある危機」
  • エピソード3「ロストボーイズ」
  • エピソード4「乙女の祈り」
  • エピソード5「ラット・キング」
  • エピソード6「魔の夜」
  • エピソード7「再会」
  • エピソード8「ダイヤモンド湖の怪物」
  • エピソード9「古代の儀式」
  • エピソード10「七騎士の地図」
  • エピソード11「鍵の目印」
  • エピソード12「明かされたもの」
  • エピソード13「男たちの沈黙」
  • エピソード14「ライカンスロープ」
  • エピソード15「美の秘訣」
  • エピソード16「信じる者たち」
  • エピソード17「イヌガミ」
  • エピソード18「善の神髄」
  • エピソード19「忍び寄る影」
  • エピソード20「運命の夜」
  • エピソード21「終わりの始まり(前編)」
  • エピソード22「終わりの始まり(後編)」

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bree Turner(@realbreeturner)がシェアした投稿

キャスト(役名)
デヴィッド・ジュントーリ(ニック/グリム)

サイラス・ウィアー・ミッチェル(モンロー/ヴェッセン)

ラッセル・ホーンズビー(ハンク/ニックの相棒)

ピッツィー・トゥロック(ジュリエット/魔女)

サッシャ・ロイズ(ショーン/ニックの上司)

レジー・リー(ウー/警察官)

ブリー・ターナー(ロザリー/モンローの妻、ヴェッセン)

クレア・コフィー(アダリンド/ニックの??、魔女)

ジャクリーン・トボーニ(トラブル/グリム)

 

シーズン5の簡単なあらすじ

・『GRIMM/グリム』シーズン5の簡単なあらすじ

ここまで来ると、多少のネタバレは許してもらえそうですが、
なるべく隠して、軽く紹介していきます。

まず、
ニックの息子をなんとアダリンドが出産します。
この経緯は『GRIMM/グリムを視聴して確認してください。

では、ジュリエットはいうと、
完全な魔女として微妙な立ち位置になっています。最終的にニックと共にヴェッセンに対抗するようになりますが、ニックとの記憶は曖昧でほとんど覚えておりません。
魔女・イヴの誕生

そして、
シーズン5シーズン6重要な鍵はニックとアダリンドの娘、
ダイアナです。

恐ろしい能力を持ったダイアナが主人公と言ってしまっても問題無いぐらい、
物語の中心になっていきます。

最後に、
ジャクリーン・トボーニ演じる「トラブル」、
しっかりとシーズン5にも出演していますので、ご安心ください。
カッコ良くて美人、健在です。
ただですね、
もっと登場させても良いのではないかと、個人的には強く思ってしまいましたね。

『GRIMM/グリム』シーズン5
ラストスパートまでの序章です。

スポンサーリンク

『GRIMM/グリム』は打ち切りで終了?

既に完結してしまっている「海外ドラマ」ですから、
今更何を言ってもしょうがないんですけど、
色々調べてみると、どうも『GRIMM/グリム打ち切りのような形で、
シーズン6をもって終了したみたいですね。

理由として挙げられているのが、

ドラマ『GRIMM/グリム』打ち切り?

✔︎ シーズン1からシーズン3まで好調だった視聴率が、シーズン4から下降した事。

✔︎ ファイナルシーズンであるシーズン6が、全13話で構成されている事。
(その他のシーズンは22話

✔︎ 話を大きくし過ぎて、着地点を見失いそうになっていた事。

本国アメリカでは、こんな感じで打ち切り説が出ていたようです。

色々なサイトを見て調べてみると、どうも本当のようです。

打ち切りではないと書いてあるサイトもありましたけどね。

本当のところは分かりませんけど、完結したのは事実ですので、
自分の中だけでもしっかりと『GRIMM/グリムを終わらせる気持ちで、

『GRIMM/グリム』シーズン6

紹介します。ラスト

スポンサーリンク

ドラマ『GRIMM/グリム』シーズン6:ファイナル

『GRIMM/グリム』シーズン6

Grimm Series Finale Trailer(HD)

  • エピソード1「逃亡者」
  • エピソード2「信頼の結び目」
  • エピソード3「おお、警部!我が警部よ!」
  • エピソード4「エル・クエグレ」
  • エピソード5「七年目のうずき」
  • エピソード6「ベッドで朝食を」
  • エピソード7「ブラインド・ラブ」
  • エピソード8「命の日はまた昇る」
  • エピソード9「ツリー・ピープル」
  • エピソード10「血の魔術」
  • エピソード11「異界」
  • エピソード12「破壊者」
  • エピソード13「ジ・エンド」

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bree Turner(@realbreeturner)がシェアした投稿

キャスト(役名)
デヴィッド・ジュントーリ(ニック/グリム)

サイラス・ウィアー・ミッチェル(モンロー/ヴェッセン)

ラッセル・ホーンズビー(ハンク/ニックの相棒)

ピッツィー・トゥロック(ジュリエット/魔女)

サッシャ・ロイズ(ショーン/ニックの上司)

レジー・リー(ウー/警察官)

ブリー・ターナー(ロザリー/モンローの妻、ヴェッセン)

クレア・コフィー(アダリンド/ニックの??、魔女)

ジャクリーン・トボーニ(トラブル/グリム)

 

シーズン6の簡単なあらすじ

・『GRIMM/グリム』シーズン6の簡単なあらすじ

シーズン6ファイナルシーズンです。

全13話『GRIMM/グリムともお別れですね。

ネタバレをせずに、軽く紹介します。

おめでたいニュース
モンローとロザリーの夫婦、ロザリーは子供を授かりました。三つ子の。

個人的にショック・・
トラブルです。シーズン6にもしっかりと出演しておりますが、
最後の方はなんかポッチャリとしてしまっています。
少し髪も伸びたようで、より一層ポッチャリが際立っているように見えてしまい、
美人に変わりありませんが、少しショックでした。
ドラマが終わるので、油断して食べ過ぎましたかね。

少し真面目に書くと、

ファイナルシーズン13話
『GRIMM/グリムというドラマが終焉を迎えますから、
物語は一気に加速して急ブレーキを踏むような形でラストを迎えます。
強引さはありますけど、終わらせるならこれぐらい思い切った設定で終わらせた方が、
ある意味スッキリできますので、
個人的には満足しています。

一応、正直な気持ちをそのまま言葉にすると、
ラストバトルは気に入らないけど
ラストシーンの数分は好きです。あのような終わり方は好きなんです。
子供たちが・・・。

これ以上は書けないので、視聴して確認してください。

ドラマ『GRIMM/グリム』シーズン1からファイナルシーズンまで、

今現在、「Amazonプライムビデオ」「Hulu
TSUTAYA DISCAS」などで視聴可能です

スポンサーリンク

『GRIMM/グリム』を観た方達のレビューを、紹介します

『GRIMM/グリム』を観たAさん

色々な魔物が出てきて、その特徴と物語をモチーフにした事件、解決まで面白いです。
後半にいくにつれ新たな設定と風呂敷が・・・少し広げすぎではないかと・・。
個人的には、主人公カップルより、モンローとロザリーのカップルに好感を持っていました。

 

『GRIMM/グリム』を観たBさん

面白いです!
ファイナルまで全部観てしまいました。
私的には、アダリンドが大好きです。あの変わっていく様がたまりません。
逆にジュリエットはちょっと・・・です。
みんな大好きモンロー、私も大好きです。
まぁ、多くは語りませんw

 

『GRIMM/グリム』を観たCさん

シーズン5からラストにかけてが、メチャクチャ面白かった!

中盤シーズンで、ちょっとダラけた印象もありましたけど、
毎回丁寧にヴェッセンを描いて、ファミリーで頑張る感じがホッコリとしてしまい、好きでしたね。
モンローとロザリーの安心感、
なんだかんだイケメンニックとアダリンドの可愛さ。

最後、駆け足だったけど、しっかり完結してくれて良かったです!

『GRIMM/グリム』を全て観たおじさんの感想

『GRIMM/グリム』シーズン1からファイナルシーズンまで、
しっかりと楽しませてもらいました。

Netflix(ネットフリックス)」に加入してから、
鬼のように「海外ドラマ」を観続けてきた結果、
この『GRIMM/グリムは「相当面白い海外ドラマ」の部類に入ると思っています。
あくまで個人的にですけど。
(2021年12月現在、Netflixでは配信されていません

理由はいくつかあって、
まず、完結している事ですね。
ドラマ中ずっと暗く同じ事を繰り返している作品と違って(好きなんですけどね)、
ラストバトルは少しアレですけど、
物語をしっかりと着地させた事は評価出来ると思います。
最後の最後は好きですし。

そして、
『GRIMM/グリムというドラマは、気持ちが重くなるような事はほぼありません。
1度紹介しようとした「キリング」というドラマなんか、ずっと心が痛くて悲惨でしたからね。面白いドラマなんですが。

そういう意味では、
『GRIMM/グリム』は誰にでもオススメできる「海外ドラマ」の1つだと、私は思っています。
ハラハラドキドキとダークファンタジーを楽しむ、
観やすさ満点の「海外ドラマ」ではないかと。

クドイかもしれませんが、
ゴースト/ニューヨークの幻」の頃のデミー・ムーアを思い出させる、
トラブル役のジャクリーン・トボーニ
是非、確認してみてください。
共感して頂けるのではないかと、密かに期待しております。

『GRIMM/グリム』シーズン1からファイナルシーズンまで、
123話
軽い気持ちで楽しんでください。

今現在、「Amazonプライムビデオ」「Hulu
TSUTAYA DISCAS」などで視聴可能です

スポンサーリンク

最後に

終わりました。
これで私のドラマ『GRIMM/グリムが本当の意味で完結しました。

と、思っておりましたが、

実は、

『GRIMM/グリム』のスピンオフシリーズの製作が企画されているようです。

2018年11月時点での情報では、
主役は「女性グリム」らしく、オリジナルキャラで誰が出演するかは未定だそうで・・・。

もしかすると、いつの日かアメリカで放送され、
やがて日本でも、となる可能性はあるみたいですね。

完全に新しい『GRIMM/グリムを作る、

主役が「女性グリム」・・・、

トラブルで作れよ!

私の正直な心の声です。
配信されれば観ますけど・・・。
ジャクリーン・トボーニ主演で良いじゃないか!、そう思った次第です。

ではまた。

 

 

 

(Visited 75 times, 1 visits today)

スポンサーリンク