『ブラックリスト』シーズン6、全22話のアクション・サスペンス超大作

2020年7月11日

ようやくNetflix(ネットフリックス)で視聴可能となりました。

ブラックリストシーズン6全22話もある新シーズンをほぼ一気に視聴。

22話は長いんですけど、
1話がだいたい45分かかりませんので、妙にスラスラと観続けられる海外ドラマです。

基本的には、
1話完結型のサスペンスが展開されて、
ドラマの大きな軸となっているのが、

FBIの10大最重要指名手配犯”犯罪コンシェルジュ”である、
レイモンド・”レッド”・レディントンと、
FBI捜査官エリザベス・”リズ”・キーンとの関係性です。

前シーズンの5、そしてこのシーズン6で、
レディントンとリズの関係性はほぼ、解明されたと言えるかもしれません。

ちょっとだけ疑問が残ってはいるんですけどね・・・。

 

スポンサーリンク

『ブラックリスト』シーズン6 全22話

 

ブラックリストシーズン6

海外ドラマ「ブラックリスト シーズン6」

原案 ジョン・ボーケンキャンプ
出演(役名) ジェームズ・スペイダー(レイモンド・”レッド”・レディントン)
メーガン・ブーン(エリザベス・”リズ”・キーン)
ディエゴ・クラテンホフ(ドナルド・レスラー)
ハリー・レニックス(ハロルド・クーパー)
ロッテ・ファービーク(カタリーナ・ロストヴァ:過去)
モズハン・マーノ(サマル・ナヴァービ)
アミール・アリソン(アラム・モジタバイ)
ヒシャム・ターフィク(デンべ)
No. 日本語題 再生時間(ネトフリ表記)
ハンス・コーラー医師 43分
コルシカ人 42分
薬学者 43分
質屋 43分
オルター・エゴ 43分
倫理論者 43分
ジェネラル・シロー 43分
マルコ・ヤンコヴィッチ 43分
D大臣 43分
10 クリプトバンカー 43分
11 バスチャン・モロー(前編) 42分
12 バスチャン・モロー(後編) 43分
13 ロバート・ヴェスコ 43分
14 オスターマン・アンブレラ社 43分
15 オリヴィア・オルソン 43分
16 レディ・ラック 43分
17 第三身分 43分
18 ブロックトン大 連続殺人犯 43分
19 ラスヴェット 43分
20 ギイェルモ・リゼール 42分
21 アナ・マクマーン 41分
22 ロバート・ディアス 43分

ブラックリスト』は、
シーズン1:22話
シーズン2:22話
シーズン3:23話
シーズン4:22話
シーズン5:22話
シーズン6:22話

全てのシーズンが20話以上で構成されている海外ドラマです。

長過ぎると言えば長過ぎますが、
ハマってしまうと、この長さが全く気にならなくなってしまう恐ろしいドラマ。
もう1話だけあと1話だけ観たら寝よう・・・、
気が付いたら寝不足確定なんて事が起こり得ますので、
ご注意しながら再生ボタンを押してください。

 

 

シーズン6の注目点

ブラックリストシーズン6
個人的に注目して欲しい点がいくつかあります。

ただですね、
ブラックリスト』をシーズン5まで視聴した方のみにお送りする注目点ですので、
観ていない方、何が書いてあるのか分かりません。
ネタバレは極力避けて書きますので、是非、シーズン5まで視聴してから読み進めて頂けると幸いです。

では。

裁判 レディントンが逮捕される。裁判に勝たなければ、死刑
友達 ジェリービーンズちゃん最高!もっと出番を増やして欲しい。
強敵 政府関係者の権力者、ムカつく強敵登場。
友情 レディントンとデンべの友情の深さ
真実?! リズとレディントンの関係性が明らかに・・・。
正体?! レディントンが一体何者なのか・・明らかに・・。
恐怖 リズのお母さん、怖すぎ

ザックリですけど、
個人的にオススメする『ブラックリストシーズン6の注目点です。

1、2、3、4に関しては、
ちゃんと楽しめますので、そのまま観続けていればオーケー。
ただ、5、6はちょっと腑に落ちない点もありますから、とりあえず「?!」とさせて頂いて、
問題の7。

シーズン7で中心として描かれるであろうリズのお母さん、その示唆があります。

元KGBの凄腕エージェント、伝説となっている人物、
リズのお母さん:カタリーナがもの凄く怖いんですよね。

あまり書くとネタバレになるので、この辺でやめておきますが、

1つだけ言えるのは、

ブラックリスト』はシーズン7も楽しめそう

大人の事情があるんでしょうけど、
ネットフリックスに頑張ってもらって、1日でも早くシーズン7を配信してくれるよう、
今は願うばかりです。

 

 

スポンサーリンク

 

『ブラックリスト』シーズン6を視聴した方達の感想を、紹介します

 

男性の声
男性の声
『ブラックリスト』シーズン6の感想

面白いアクションサスペンス映画を1本観たくらい、満足なシーズンでした。
今シーズンは、レディントンの刑務所生活から裁判や判決の後の行方など・・・。
ホワイトハウスも関わる物語が面白かったですね。
デンべとレディントンの熱い友情は相変わらず素晴らしいですし。
魅力的なキャラが1人卒業しますけど、
出来たらファイナルシーズンでまた姿を見せて欲しいですね。

 

女性の声
女性の声
『ブラックリスト』シーズン6の感想

私の生きがいです!
次シーズンを観られるのは1年後かぁ・・・。
レディントンが毎回毎回とても素晴らしいです。
デンべ〜〜〜〜〜〜!!!
早く次シーズンを観たいです!!

 

男性の声
男性の声
『ブラックリスト』シーズン6の感想

前シーズンほどの衝撃はないものの、レディントンの話は未だにモヤモヤしますねw
早く真実を教えて!!w
メンタリストみたいに、何年も待たせて、
そ、そうなんだ・・・ってオチはやめて欲しいですw

 

男性の声
男性の声
『ブラックリスト』シーズン6の感想

安定した怒涛の展開です。
1話完結ながら、大局のエピソードが展開されて、後から全てのピースが組み合わさる至極の作品。
百聞は一見にしかずという言葉が当てはまるもんで、48分がアッと言う間に過ぎ去っていきます。
ちなみに私は吹き替え派。
吹き替えがここまで違和感を感じない作品はそうそうありません。
素晴らしいですよ。

 

『ブラックリスト』シーズン6を観たおじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
『ブラックリスト』シーズン6の感想

 

待望の新シーズン、待ちに待ったいたレディントン、という事で、
ブラックリスト』のシーズン6を、ほぼほぼ一気に観続けてしまいました。

 

このシーズン6では、
ある程度、謎が解明されていきます。

 

レディントンは一体何者なのか
リズとの関係性は

 

海外ドラマ『ブラックリスト』の最大の謎がその2つなんですが、
リズとの関係性は前シーズン、シーズン5で解明されていたと仮定しておいて、
もう1つの大きな謎。

 

一体、レディントンは何者

 

この答えを得られるシーズン6という事ができます。

 

が!!、ちょっと、歯切れの悪さを感じますね。

というのも、
シーズン6で、レディントンはこの人だよと示唆される人物がしっかりと描かれているんですけど、
どうも、その後のレディントンに歯切れの悪さを感じるんですよ。
もしかすると、
シーズン6で示唆されているのが伏線的な事柄で、
本当の謎解きには至っていないのではないかと・・・。

 

ブラックリスト』をシーズン6までしっかりと観てきてしまった私にとって、
あの歯切れの悪さはどうしても、何かある!!
こう思わずにはいられません。
シーズン5でハッキリしたと断言しても良いであろう、リズとの関係性、
この事すら覆る可能性が・・・。

 

ブラックリスト』シーズン7、2020年4月28日から、
海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で独占日本初放送の予定となっています。

 

私はネットフリックスのみでしか観ておりませんので、
シーズン7を視聴するのはまだまだ先、答え合わせ出来るのは来年・・・・?

 

ひたすら待つ事になるんでしょうね。

 

気になって仕方ありませんが、
シーズン7を観る前にまずは、『ブラックリストシーズン6を楽しんでみてください。
ほぼ一気に観終わってしまいますからね。

 

ブラックリスト』:シーズン1〜シーズン6まで、
今現在、Netflix(ネットフリックス)で視聴可能です。

 

最後に

 

簡単にザックリとでしたけど、
ブラックリストシーズン6を紹介させて頂きました。

まだ終わりを迎えない海外ドラマです。

ダラダラと長引かせて欲しくない気持ちはありますが、

その逆に、

まだまだ終わって欲しくない気持ちがあるのも事実

万人が納得できるラストで気持ち良く

とするのは難しいと重々承知しておりますけど、

スッキリと、そしてある程度納得のいくラストを迎えて欲しいと切に願っている海外ドラマです。

ブラックリストシーズン6、個人的にはしっかりと楽しめたシーズンとなりました。

シーズン7を粛々と待ちたいと思っています。

ではまた。

 

スポンサーリンク