終末ものSFスリラードラマ『イントゥ・ザ・ナイト』の感想、「ネタバレ無し」です

2020年5月15日

スポンサーリンク

2020年5月1日からNetflix(ネットフリックス)で配信が開始されている、
終末ものSFスリラーイントゥ・ザ・ナイト』。

シーズン1、全6話、1話1話が1時間に満たない、
非常に観やすい海外ドラマです。飽きのこないスピード感を保ちながら、
ラストまで一気に突っ走れる物語。

夜2時間ほどの暇な時間を、2日間準備して、
計4時間もあればシーズン1を視聴できてしまいます。
(私は全てを1日で視聴してしまいました)

ある男にハイジャックされた飛行機、

ハイジャック犯の目的は「何かから逃げること」

ハイジャックされた飛行機が向かう目的地・・・イントゥ・ザ・ナイト

短い話数(6話)、短い時間(1話1話が40分ほど)で、
満足感のある視聴後、を堪能させてくれる海外ドラマです。

 

終末ものSFスリラードラマ『イントゥ・ザ・ナイト』

 

イントゥ・ザ・ナイト

Into the Night | Official Trailer | Netflix

No.(分) タイトル タイトルになっている人物を紹介

(41分)
シルヴィ シルヴィは元ベルギー空軍のヘリコプターパイロット。恋人の死を受け入れられず、ある決意を胸に抱き搭乗。

(38分)
ヤクブ ヤクブは飛行機の整備士。メカニック技術、無線機にも強さを見せ、長い旅路を補佐する。

(35分)
マチュー マチューは副パイロット。負傷しながらも、機の責任者として奮闘。乗客の安全を考慮しつつ、飛び続ける。

(37分)
アヤズ アヤズ、謎多き人物。どんどん明らかになっていく人物像。

(37分)
リック リックは警備員同士の会議に出席するために搭乗。心は揺れ動き、輪をかき乱し、そして・・・。

(37分)
テレンツィオ 飛行機をハイジャックした張本人、テレンツィオ。目的は、逃げる事!

(タイトルになっている人物を紹介しただけで、その話のあらすじではないので、ご注意を)

イントゥ・ザ・ナイト冒頭

ベルギーのブリュッセル空港、モスクワ行きの飛行機に搭乗しだす様々な人たち。
それぞれ違った目的を持って、飛行機に乗り込む。
そして、まだ少数しか乗り込んでいない機内に、招かれざる客が1人
空港で銃を奪い、強引に乗り込んできたNATO勤務のイタリア軍少佐テレンツィオ。
一刻も早くこの場を離れ、逃げ続けなければいけない状況だと確信しているテレンツィオは、
飛行機をハイジャック、副パイロットを脅し、シルヴィに補佐をさせて、
進路を西へ向かわせる。
「いいから西へ向かえこのままだと全員死ぬぞお前らを助けるためにやっている
ハイジャック犯:テレンツィオのデタラメな要求だが、銃を持っているのは事実。
飛行機はブリュッセル空港を離陸する。
しかし、この後、
搭乗している人々は知ることとなる。
テレンツィオの言っている事は全てが嘘ではない。西に向かわなければ、我々は死んでいた・・
人類が死滅危機一体、地球に何が起こっているのか・・・
夜の中で生きていくしかない

〜『イントゥ・ザ・ナイト冒頭

 

Netflixドラマ、終末ものSFスリラーイントゥ・ザ・ナイト』は、
ネトフリがベルギーで製作した初のオリジナルドラマシリーズで、
地球規模、もしくはそれ以上の異常現象飛行機という密室で巻き起こる人間ドラマを描いた作品です。

搭乗手続き中に飛行機がハイジャックされ、少ない乗客たち、
副パイロット、飛行機のメカニック、キャビンアテンダントなどがブリュッセル空港を飛び立ち、
人間に死をもたらす現象から逃げ続ける(飛び続ける)、パニックもの

上の表を見ていただけると分かりやすいと思いますが、
1話1話が短く、1日で全てを視聴しようとしても、そこまで大変ではありません。
私も一気に視聴してしまいました。

なぜ逃げるのか?一体何から逃げているのか?人類はどうなってしまうのか?

再生ボタンを6回押すだけで、シーズン1は終わります。
楽しめますから、約4時間ほどの暇潰しにオススメさせていただきます。

 

スポンサーリンク

 

シルヴィ役ポーリン・エチエンヌについて

ポーリン・エチエンヌ(1989年6月26日〜)は、
ベルギーの女優です。ポーリンは英語読みで、ベルギーではポリーヌさん、だそうです。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル
2009年 愛について、ある土曜日の面会室
2010年 誘惑/セダクション(日本劇場未公開)
2013年 メニルモンタン 2つの秋、3つの冬
2014年 EDEN エデン
東京フィアンセ
ジュリーと恋と靴工場
2017年 ルージュの手紙
ライオンは今夜死ぬ
2018年 コレクション(短編映画、日本劇場未公開)

ヨーロッパでは有望若手女優として有名な方のようで、
フランス映画エトワール賞:新人女優賞や、リミュエール賞有望若手女優賞を受賞しています。
ただ、何1つとして出演映画を知りません。

wikiにページが存在するので、これからどんどん出演作が増えて、
日本でも有名な女優になるのでは・・・、と、願っております。

終末ものSFスリラードラマ『イントゥ・ザ・ナイト』の中でシルヴィ役として活躍。

このドラマの主人公枠です。

登場人物が複数いて、スピード感を保ちつつ一気に加速しますから、
主人公としては地味な印象を受けますけど、
シーズン2以降の『イントゥ・ザ・ナイト』でも主人公枠として期待したいと思います。
シルヴィの活躍がさらに増えそうなシーズン2、楽しみです。

 

 

『イントゥ・ザ・ナイト』を一気に視聴したおじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
『イントゥ・ザ・ナイト』の感想

 

イントゥ・ザ・ナイト』、つい先日に一気観してしまいました。
再生ボタンを押す手が止まらず、少しだけ寝不足に。

 

「人類の危機、地球の危機」
終末ものとして非常に楽しく視聴できましたね。

 

冒頭のちょっとした違和感を乗り越えていただければ、最後まで一気に加速できますし、
ラスト(第6話)のちょっとした強引さも飲み込めます。

 

冒頭、少しだけ雑なハイジャック部分ザル過ぎるセキュリティー問題
ここを乗り越えさえすれば
随分あっさりとハイジャックされ、あっさりと離陸、
致し方ありません、危機!、ですからね。

 

ラスト、短い分数も関係しているのかもしれませんけど、
まぁまぁ強引にオチに持っていく流れ。
そしてシーズン2へ・・・、致し方ありません、気を長くして待つのみです。

 

こんな感じで、冒頭のちょっとした違和感と、ラストに軽く「」はありましたが、
全体を振り返っても、非常に楽しめたドラマでしたし、暇潰しに最適な長さのドラマだったと言えます。
1話1話のタイトルになっている人物以外の登場人物にもドラマがあり、
短い分数の全6話でよくまとめているなと、生意気にもそう思いましたね。
スピード感は一切損なわれませんよ。

 

ドラマのタイトルは『イントゥ・ザ・ナイト』(Into the Night)。
夜の中へ、闇の中へ、夜の敵は?闇の反対は?
と考えるとネタバレ感が多少ありますけど、素晴らしく良く出来たタイトルだと思います。

イントゥ・ザ・ナイト』、オススメです。

 

今現在、Netflix(ネットフリックス)で視聴可能となっています。

 

スポンサーリンク

 

最後に

2020年の5月1日から配信が開始されている、
終末ものSFスリラードラマ『イントゥ・ザ・ナイト』。
まだ日が浅くて、レビューがほとんど見つからない海外ドラマです。

私個人としては非常に楽しめましたので、紹介させていただきました。

感想でも書かせてもらいましたが、
多少のアッサリ感強引さに目をつぶれば、全6話、短い時間で一気に楽しめる作品だと思います。

仮に、この『イントゥ・ザ・ナイト』と同じ事象が今の地球に起きたら、

私は絶望しかしません。
「はい無理!」、と早い段階で諦めてしまいますね。

立ち向かえるはずのない強大な敵に、
立ち向かっていく乗客たち。

イントゥ・ザ・ナイト』シーズン1、再生ボタンを押してみてください。
シーズン2が待ち遠しくなるはずです。

ではまた。

 

スポンサーリンク