ドキュメンタリー『殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合』エピソード/感想

ピエロ恐怖症(道化恐怖症)、
始まりは、
スティーヴン・キングの「IT」に登場する“ペニーワイズ”か、
バットマンシリーズの“ジョーカー”、
色々な説があるようですが、彼の存在の影響力はどちらも凌駕していそうです。

ジョン・ウェイン・ゲイシー
“キラークラウン”、“殺人ピエロ”などの異名を持つシリアルキラー

ドキュメンタリー『殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合

✔︎ リミテッドシリーズ、全3話、約3時間で視聴可能

✔︎ ゲイシーの弁護団の1人が、60時間以上にわたって彼にインタビューし、その録音テープを基に製作

✔︎ 有名なシリアルキラーの幼少期、逮捕に至る経緯、死刑までを簡潔にまとめたドキュメンタリー

シリアルキラーという存在に興味がある方は必見、
興味の無い方は観ない方が平和、
そんな3時間となっています。

スポンサーリンク

『殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合』エピソード/感想

殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合

Conversations with a Killer:The John Wayne Gacy Tapes | Official Trailer | Netflix

  • エピソード1「人気者」〜64分〜
  • エピソード2「埋もれた秘密」〜60分〜
  • エピソード3「正気か否か」〜59分〜

 

エピソード1「人気者」

エピソード1「人気者」

容疑者ジョン・ウェイン・ゲイシー
「1978年、15歳の少年ロブ・ピーストが失踪。
状況や目撃証言から容疑者として浮上したのは、地元で有名な資産家の名士、
ジョン・ウェイン・ゲイシー。
彼と面識のある様々な人たちの証言を基に、彼の過去から、彼の人となりを紐解いていく。」

ゲイシーの地下室から生き延びた男性の証言
私は18歳だった。大人の男にズボンを下ろされて、ナイフを喉に突きつけられて太ももを触られた”

1970年代のアメリカ、
同性愛者への偏見が根強く残っている時代です。
というか、ほぼ完全否定ですね。

今現在ではそのような偏見も無くなってきましたが、
1970年代は全く・・・。

そして、

ジョン・ウェイン・ゲイシーが執着していたのは、
10代の少年たち・・・。

スポンサーリンク

エピソード2「埋もれた秘密」

エピソード2「埋もれた秘密」

ジョン・ウェイン・ゲイシー逮捕
「ロブ・ピースト失踪事件の捜査を続けながら、
警察はゲイシーを別件で逮捕して拘束。そして、警察はゲイシーの住まいの床下を捜索。
泥土を掘り起こし、次々に、腐乱し骨と化した遺体を発見。」

全ての遺体が、若い青年か10代の少年たち
「床下から遺体が見つかった場所に番号を書いた旗を立てていく。
その数は、
20を超えた・・・。」

被害者の数が恐ろしいスピードで増えていくエピソード2。

数十体の遺体の上で生活をしていたジョン・ウェイン・ゲイシー

・・・言葉が見つかりません。

 

エピソード3「正気か否か」

エピソード3「正気か否か」

裁判⇨判決⇨死
「犯行期間:1972年〜1978年」
「逮捕:1978年」
「最終的な被害者の数:33名(全てが若い青年、10代の少年たち)」
「裁判では、ゲイシーの精神状態が争点となったが、有罪判決、死刑が確定した」
「1994年5月10日深夜、
ジョリエット刑務所にて薬物注射による死刑執行。52歳没。」

被害者33名
「ロブ・ピーストの遺体は発見された。しかし、
いまだに身元不明の犠牲者が存在している。
2011年から、DNA鑑定を用いた身元不明の被害者の再調査は開始されているが、
数人は不明のまま・・・。」

このドキュメンタリー『殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合』のラスト、
こんな言葉で締め括られています

「家族や友人が、ジョン・ゲイシーの被害者だと思う方は、クック郡 保安官事務所にご連絡ください」

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合』の感想

 

(面白いとは言いません・・・)

8.5

 

Netflixのリミテッドシリーズ、
ドキュメンタリー『殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合

 

こういうドキュメンタリーを視聴した時、
どう表現して良いのかいつも悩むんですけど、当たり障りのない言葉で言わせてもらうと、

 

「観応えのあるシリーズだった」

 

“面白かった”と書くと語弊が生まれそうですから、
あえてこんな表現のみにしがちです。

 

しかも、本当に“面白い”訳ではないですしね。

 

エピソード1〜3、笑顔には一切ならずに眉をひそめながら視聴する約3時間、
“面白くはないです”よ、
「観応えはあるけど」、
といった感想になってしまいます。

 

この殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合もまさにそんなシリーズでした。

 

キラー・クラウンとして非常に有名なシリアルキラー、
ジョン・ウェイン・ゲイシー

 

彼の逮捕に至った経緯、家宅捜索で発見された数十体の遺体、
精神鑑定を争った裁判、そして、彼の最後までを簡潔にまとめ上げた約3時間。

 

ピエロ姿だけを取り上げているようなシリーズではありません。
むしろ、少ないぐらいでしたし。

 

キラー・クラウンという異名を持つシリアルキラー、
そこを全面に押し出さず、
ジョン・ウェイン・ゲイシーというシリアルキラーを扱ったドキュメンタリーでした。

 

時系列も飛び飛びになりますけども、
集中して視聴していれば問題ありません。

 

“面白い”とか“楽しい”気持ちにはなりませんが、
有名なシリアルキラーを扱った非常に分かりやすい内容です。

 

気になる方はNetflixで視聴してみてください。
3時間、アッという間ですよ。

スポンサーリンク

最後に

Netflixのドキュメンタリー、
殺人鬼との対談:ジョン・ウェイン・ゲイシーの場合を紹介させていただきました。

この殺人鬼との対談はシリーズで、
ジョン・ウェイン・ゲイシーは2作目です。

1作目はテッド・バンディ。

すいません、そちらはまだ観ておりませんから、
こちらから、となってしまいました。

一応、近い将来に観ておこうとは思っているので、
また記事にさせていただきます・・・そのうち、ですけど・・・。

ではまた。

 

(Visited 166 times, 1 visits today)

スポンサーリンク