アクション映画ランキングで常に上位、個人的ベスト1の『ダイ・ハード』 No ratings yet.

2019年12月25日

あまり意識した事はありませんでしたが、

このアクション映画クリスマスシーズン映画なんですね。

運のない男が、
ただただ体にホースを巻き付けてビルから飛び降りる
それだけの映画ではなかったんです。

クリスマスシーズンに楽しむ、

最高のアクション映画

ダイ・ハード

今更感はありますが、
個人的にはアクション映画ベスト1です。

 

スポンサーリンク

アクション映画ランキング:ベスト1『ダイ・ハード』

 

ダイ・ハード

Die Hard | 30th Anniversary Trailer | 20th Century FOX

監督 ジョン・マクティアナン
原作 ロデリック・ソープ「ダイ・ハード」
出演(役名) ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)
ボニー・べデリア(ホリー・マクレーン)
レジナルド・ヴェルジョンソン(アル・パウエル)
アラン・リックマン(ハンス・グルーバー)
アレクサンダー・ゴドノフ(カール)
デヴロー・ホワイト(アーガイル)
アメリカ公開 1988年7月15日
日本公開 1989年2月4日

ダイ・ハード
なかなか死なないしぶといヤツ

ジョン・マクレーンの不運
クリスマスイブに妻が勤務しているナカトミビルへ→→武装集団がビルを占拠
靴を脱いで別室にて休憩していたマクレーン→→占拠と同時に裸足で逃げる
ハイテク武装集団VS場違いな裸足の刑事→→こんな構図が出来上がる
マクレーンは見張りを1人始末する→→カール(武装集団)の弟だったので怒りを買う
非常用無線で助けを求めたが注意を受ける→→1人だけ見回りに(アル・パウエル)
何とかナカトミビルを武装集団に占拠されている事を伝える→→でも、戦うのは1人
逃げつつ武装集団と戦うマクレーン→→ビルの中を張り巡っている配管には詳しくなる
武装集団のリーダーハンスに妻の存在がバレる→→武装集団と戦う強い理由が1つ、増える
ビルの屋上でなぜか、武装集団の1人だと勘違いされるマクレーン→→とりあえず、ホースを巻いて飛び降りる
10 メリークリスマス!マクレーン!→→アル・パウエル、そして、ガムテープ祝福

 

・ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)
元グリーンベレーでもなく、元CIAの凄腕スパイでもないマクレーン
ニューヨーク市警の刑事です。普通のおじさん刑事
洞察力危険を察知する能力には長けていますが、いう要素にだけ見放されている男
妻のホリーが務めている、日系企業のナカトミ商事のクリスマス・パーティに出席するだけの予定が、
不運に不運が重なり
武装集団とイヤイヤながら戦う羽目に。

・ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)
ナカトミ商事のナカトミビルを占拠した武装集団のリーダー
紳士的な人間を演じ続けていますけど、
実際は冷酷で、極端な行動を起こせる根っからの悪人
紳士的で完全な悪人の目的は、
マクレーンに邪魔をされながらも、金を奪う事に執着します。

ジョン・マクレーンVSハンス・グルーバー

ニューヨーク市警のしがない刑事1人VSハイテク武装集団

高層ビルを舞台とした最高のアクション映画
ダイ・ハード
クリスマスに思い出してしまう、
アクション映画ランキングで常に上位、そして、
個人的にアクション映画ベスト1の作品です。

 

スポンサーリンク

 

『ダイ・ハード』を観た方達のレビューを、紹介します

 

 

『ダイ・ハード』を観たAさんのレビュー

クリスマスといえばこれでしょう!!
何で俺がこんな目に・・・!!
と言いながら巻き込まれてしまうジョンマクレーン。
ヘタレの主人公が否応がなしに敵と対峙せざるを得なくなる、この構図が良いんですよね。
そして随所に散りばめられたクリスマス感!BGMにも鈴の音が混じっているの、最高ですよね。
文句無しの傑作です!

 

 

『ダイ・ハード』を観たBさんのレビュー

ハンスがたまりません。
カッコいい悪役にアガりますね。
良いスーツ着ているし、最高!
ロレックス外して・・・伏線回収ですよ。

 

 

『ダイ・ハード』を観たCさんのレビュー

クリスマス映画なので初鑑賞です。
日本語吹き替えで鑑賞してみたのですが、80年代の映画だなという独特の会話が面白し、
ストーリーも熱い展開がいっぱいあってとても楽しめました。
アラン・リックマンの若い頃、初めて観たのですが、カッコいいですね。
私の中ではもうスネイプ先生だったので、若くスマートな出で立ちが新鮮でした。

 

 

『ダイ・ハード』を観たDさんのレビュー

「アクション映画の金字塔」と言われるこの作品ですが、
本当にその通りだと思います。
ジョン・マクレーンが次々に敵を倒したり、銃声や爆破などが凄い爽快感があって、
何も考えずにずっと観ていられる最高のアクション映画です!

 

 

『ダイ・ハード』がアクション映画ベスト1のおじさんの感想

『ダイ・ハード』を観たおじさん

 

初めて『ダイ・ハード』を観たのは、
確か私が子供だった頃ではないかと、相当昔ですね。
あれから何十年経ってしまったのか、考えるのもイヤですけど、
いまだに私の中では、アクション映画としてベスト1です。

 

高層ビルという密室
泥臭い戦い方をするマクレーン
最強の敵と認めざるおえないハンス
ラストに待っている伏線回収の気持ち良さ
どれを切り取っても完璧です。

 

高層ビルの中の閉塞感、配管の中を這いずり回るマクレーン
対テロの訓練を積んでいないマクレーンが奮闘
金の亡者と言える魅力的な悪人ハンス
全てがバッチリとハマるラスト

こんなに気持ちよく観終われるアクション映画はほぼありません。

 

ダイ・ハード』が日本で公開されたのは1989年、
30年前のアクション映画です。
その後のアクション映画の方が派手になっていますし、
見た目的にもカッコいいヒーローがごまんと誕生してきましたけど、
残念ながらこのジョン・マクレーンの魅力には1歩及ばずと言ったところですね。
(私はおじさんですので、思い出補正がかかっている可能性は否定できません)
超人的な強さを持っていない主人公(超人的な諦めの悪さを持っている)、
人間臭さを堪能させてくれるおじさんヒーロー
ジョン・マクレーンを今一度、楽しんでみてください。

 

 

ハンス役:アラン・リックマンについて

 

アラン・シドニー・パトリック・リックマン
(1946年2月21日〜2016年1月14日)
イギリスの舞台俳優、映画俳優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1988年 ダイ・ハード ハンス・グルーバー
1991年 ロビン・フッド 司法官ジョージ
1996年 ラスプーチン ラスプーチン
2001年 ハリー・ポッターと賢者の石 セブルス・スネイプ
2002年 ハリー・ポッターと秘密の部屋
2004年 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
2005年 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2007年 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 ターピン判事
2009年 ハリー・ポッターと謎のプリンス セブルス・スネイプ
2010年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
2011年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
2016年 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 アブソレム(声のみ):遺作

アラン・リックマンの初出演映画が、
ダイ・ハード』でのハンス・グルーバー役です。
初めてとは思えない悪役ぶりを見せてくれています。

その後、
1991年「ロビン・フッド」で英国アカデミー賞助演男優賞受賞

1996年「ラスプーチン」で、
エミー賞主演男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)受賞
ゴールデングローブ賞主演男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)受賞
全米映画俳優組合賞男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)受賞

そして、
2001年「ハリー・ポッターと賢者の石」、
ハリー・ポッターシリーズセブルス・スネイプ役でよく知られるように。

今現在だと、
セブルス・スネイプアラン・リックマンとして有名になっています。
ハリー・ポッター」の原作ファンからも、
スネイプそのもの」と高い評価を得て、絶大な人気を誇りました。

2016年1月14日、
すい臓癌により69歳で死去。
2016年「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の、
アブソレム役(声のみ)が遺作となりました。

私個人のイメージでも、
ハンスとスネイプ、この2つですね。
スネイプも最高でしたけど、『ダイ・ハード』のハンスでも最高の演技を見せてくれた俳優です。

 

これまでの『ダイ・ハード』シリーズと、これから

 

1988年にアメリカで公開された『ダイ・ハード』、
日本で初めて公開されたのが1989年。

この『ダイ・ハード』は大人気シリーズとなって、
今までに5作、製作されています。

公開年 タイトル 監督
1988年 ダイ・ハード ジョン・マクティアナン
1990年 ダイ・ハード2 レニー・ハーリン
1995年 ダイ・ハード3 ジョン・マクティアナン
2007年 ダイ・ハード4.0 レン・ワイズマン
2013年 ダイ・ハード/ラスト・デイ ジョン・ムーア

シリーズ1作目の『ダイ・ハード』は文句無しで高評価
シリーズ2作目もまだ高評価の方が多い作品でしたが、
シリーズ3作目からはちょっと微妙な評価になっています。楽しめるんですけどね。

※1995年「ダイ・ハード3」は、
ハンス・グルーバーの兄であるサイモン・ピーター・グルーバーの復讐をメインとした、
アクション映画になっています。

今までに5作製作されてきた『ダイ・ハードシリーズ

6作目が製作されるようです。
まだ情報が少ないですが。

監督は、
ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン
もちろん主演はブルース・ウィリス

タイトルは、
マクレーン」、原題は「McClane」。

シリーズの続編である事は確実で、
マクレーンの過去についても描かれる予定だそうです。

マクレーン」の記事を調べてみても、
まだ公開日も全く決まっておりませんし、製作が進んでいるのかすら、
定かではありません。

これから徐々に情報が出てくると思われます。

なんだかんだ言って結局、
ダイ・ハードシリーズの新作は観てしまうんだろうなぁ、
と、おじさんは諦めています。楽しみにしながら。

 

最後に

 

語り尽くされた感のあるアクション映画ですが、

どうしても記憶に強く残ってしまっています。

アクション映画ランキングで常に上位で、
個人的にはアクション映画ベスト1の作品、

ダイ・ハード』を紹介させて頂きました。

思い出補正の可能性は否定できないんですけど、

何回観てもやっぱり面白い!

と、必ずなってしまうアクション映画です。

泥臭いおじさん刑事を、
クリスマスシーズン年末に楽しむのも悪くないなと。

アクション最高なのはジョン・マクレーン
パンチ最高なのは妻ホリー、ですので、確認してみてください。

ではまた。

 

Please rate this

スポンサーリンク