映画『オッペンハイマー』キャスト/あらすじ/アカデミー賞【2024年3月29日から】

2024年3月11日

クリストファー・ノーラン監督の最新作、
「原爆の父」として知られる理論物理学者ロバート・オッペンハイマーを描いた伝記映画、
オッペンハイマーが公開予定となっています。

映画『オッペンハイマー

✅ クリストファー・ノーラン監督作として12作目

✅ 第96回アカデミー賞で13部門ノミネート:7部門受賞
(後述してます)

✅ 伝記映画として歴代興行収入1位
(2023年11月の時点で、9億4800万ドル越え:約1400億円)

世界で初めて原子爆弾を開発した人物、その生涯を描いた映画。

日本人として何も思わない訳はありません。
栄光だけを描いているのであれば、観る気は起きません。

ただ、
そうじゃないという事であれば、映画館へ足を運ぶ価値は存分にある作品ではないかと。

映画ファン、
ノーランファンとしてオッペンハイマーは必ず視聴します。

スポンサーリンク

映画『オッペンハイマー』

オッペンハイマー

【本予告】『オッペンハイマー』3月29日(金)、全国ロードショー

【監督/脚本】
クリストファー・ノーラン

【製作】
エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン

【原作】
カイ・バード、マーティン・J・シャーウィン
『オッペンハイマー 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』

【音楽】
ルドウィグ・ゴランソン

【撮影】
ホイテ・ヴァン・ホイテマ

【上映時間】
180分

【日本公開】
2024年3月29日

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cillian Murphy(@cillianmurphyofficiall)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
キリアン・マーフィー(ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー

エミリー・ブラント(キャサリン・キティ・オッペンハイマー

マット・デイモン(レズリー・グローヴス

ロバート・ダウニー・Jr.(ルイス・ストローズ

フローレンス・ピュー(ジーン・タットロック

ベニー・サフディ(エドワード・テラー

ジョシュ・ハートネット(アーネスト・ローレンス

ディラン・アーノルド(フランク・オッペンハイマー

マイケル・アンガラノ(ロバート・サーバー

ダニー・デフェラーリ(エンリコ・フェルミ

グスタフ・スカルスガルド(ハンス・ベーテ

デヴォン・ボスティック(セス・ネッダーマイヤー

デヴィッド・クラムホルツ(イジドール・イザーク

トム・コンティ(アルベルト・アインシュタイン

ケネス・ブラナー(ニールス・ボーア

アレックス・ウルフ(ルイス・ウォルター・アルヴァレズ

ゲイリー・オールドマン(ハリー・S・トルーマン大統領

スポンサーリンク

キリアン・マーフィー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cillian Murphy(@cillianmurphyofficiall)がシェアした投稿

ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー”役、
キリアン・マーフィー(1976年5月25日〜)は、
アイルランド出身の俳優です。

クリストファー・ノーラン監督作でお馴染みではないでしょうか。

「バットマン ビギンズ」(2005年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ役)

「ダークナイト」(2008年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ役)

インセプション(2010年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ロバート・フィッシャー役)

「ダークナイト ライジング」(2012年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジョナサン・クレイン役)

ダンケルク(2017年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(謎の英国兵役)

オッペンハイマー(2024年)
監督:クリストファー・ノーラン
主演:(ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー役)

(年)内は日本公開年

ノーランファンならよく目にする俳優さんです。チョロチョロですけど。

ちなみに私は、
ノーラン監督作と、
ダニー・ボイル監督作「28日後...」でのキリアン・マーフィーしか知りません。

しっかりと視聴するのはオッペンハイマーが初めてになるのではないかと。

第96回アカデミー賞の主演男優賞を受賞していますし、
俳優キリアン・マーフィーを知るには良い機会だと思います。

スポンサーリンク

エミリー・ブラント

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Emily Blunt(@_emily_blunt_)がシェアした投稿

キャサリン・キティ・オッペンハイマー”役、
エミリー・ブラント(1983年2月23日〜)は、
イギリスの女優です。

ノーラン監督作には初出演。

主な映画出演作は、

「プラダを着た悪魔」(2006年)
監督:デヴィッド・フランケル
出演:(エミリー・チャールトン役)

「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(2009年)
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
主演:(ヴィクトリア女王役)

「砂漠でサーモン・フィッシング」(2012年)
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:(ハリエット・チェトウォド=タルボット役)

「LOOPER/ルーパー」(2013年)
監督:ライアン・ジョンソン
出演:(サラ役)

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014年)
監督:ダグ・リーマン
出演:(リタ・ヴラタスキ役)

「ボーダーライン」(2016年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
主演:(ケイト・メイサー役)

「ガール・オン・ザ・トレイン」(2016年)
監督:テイト・テイラー
主演:(レイチェル・ワトソン役)

「クワイエット・プレイス」(2018年)
監督:ジョン・クラシンスキー
出演:(イヴリン・アボット役)

「メリー・ポピンズ・リターンズ」(2019年)
監督:ロブ・マーシャル
主演:(メリー・ポピンズ役)

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」(2021年)
監督:ジョン・クラシンスキー
出演:(イヴリン・アボット役)

オッペンハイマー(2024年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(キャサリン・キティ・オッペンハイマー役)

(年)内は日本公開年

キリアン・マーフィーとはオッペンハイマーの前に、
「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」で共演していたエミリー・ブラント。

知っている方も多い女優さんではないでしょうか。

「クワイエット・プレイス」シリーズ、
「プラダを着た悪魔」、
「LOOPER/ルーパー」などへの出演、
個人的には映画そのものが面白かったので、
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の“リタ・ヴラスタスキ役”が印象深くなっている女優さんです。

今作では、
第96回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされています。
初オスカーとなるか、楽しみですね。

 

アレックス・ウルフ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

alexwolffofficial(@alexwolffofficial)がシェアした投稿

(右端がアレックス・ウルフ)

ルイス・ウォルター・アルヴァレズ”役、
アレックス・ウルフ(1997年11月1日〜)は、
アメリカのミュージシャン、俳優です。

ノーラン監督作には初出演。

主な映画出演作は、

「ライ麦畑で出会ったら」(2018年)
監督:ジェームズ・スティーヴン・サドウィズ
主演:(ジェイミー・シュワルツ役)

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(2018年)
監督:ジェイク・カスダン
出演:(スペンサー・ギルピン役)

ヘレディタリー/継承(2018年)
監督:アリ・アスター
出演:(ピーター・グラハム役)

「ジュマンジ/ネクスト・レベル」(2019年)
監督:ジェイク・カスダン
出演:(スペンサー・ギルピン役)

オールド(2021年)
監督:M・ナイト・シャラマン
出演:(トレント・キャパの15歳役)

オッペンハイマー(2024年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ルイス・ウォルター・アルヴァレズ役)

(年)内は日本公開年

オッペンハイマーで実在した人物“ルイス・ウォルター・アルヴァレズ”を演じているアレックス・ウルフ。

これからの俳優さんなので、そこまで有名ではありませんけど、
アリ・アスター監督作「ヘレディタリー/継承」を視聴した方なら、
異様に覚えているのではないでしょうか。

私は目に焼き付いております・・・。

オッペンハイマーでの登場シーンは少ないと思われますが、
個人的には注目しています。

スポンサーリンク

ゲイリー・オールドマン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GARY OLDMAN WEB(@garyoldmanweb)がシェアした投稿

ハリー・S・トルーマン大統領”役、
ゲイリー・オールドマン(1958年3月21日〜)は、
イギリスの俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

ノーラン監督作に出演するのは4作目。

「バットマン ビギンズ」(2005年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジェームズ・“ジム”・ゴードン役)

「ダークナイト」(2008年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジェームズ・“ジム”・ゴードン役)

「ダークナイト ライジング」(2012年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジェームズ・“ジム”・ゴードン役)

オッペンハイマー(2024年)
監督:クリストファー・ノーラン
特別出演:(ハリー・S・トルーマン大統領役)

()内は日本公開年

ノーランの「ダークナイト トリロジー」3部作全てに出演しているオールドマン。

その印象と、
「ハリー・ポッター」シリーズの“シリウス・ブラック役”なども有名ですが、
個人的にはこちら。

“リー・ハーヴェイ・オズワルド”の「JFK」、
“ドラキュラ伯爵”の「ドラキュラ」、
“スタンスフィールド”の「レオン」、
“ゾーグ”の「フィフス・エレメント」、
“イワン”の「エアフォース・ワン」、
“ドクター・スミス”の「ロスト・イン・スペース」、
“ジョージ”の「裏切りのサーカス」、
“チャーチル”の「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」、
“マンキーウィッツ”の「Mank/マンク」、
“ジャクソン”の「窓際のスパイ」、です。

大好きな俳優さん。

オッペンハイマーでは特別出演ということで、
登場シーンは少ないんでしょうけど、
作中でのゲイリー・オールドマンを噛み締めたいと思います。

 

あらすじ

オッペンハイマー』あらすじ

1926年、
ハーバード大学を最優秀の成績で卒業したオッペンハイマーは、
イギリスのケンブリッジ大学に留学する。

その後、
ドイツのゲッティンゲン大学に留学し、
様々な影響から理論物理学者の道を歩み始めた。

1929年、
博士号を取得した彼はアメリカへ戻り、
若く優秀な科学者としてカリフォルニア大学バークレー校で教鞭を取りつつ、
自身の研究や活動を通して核分裂を応用した原子爆弾実現の可能性を感じるように・・・。

1938年、
ナチス・ドイツでは、
核分裂が発見され原爆開発は時間の問題となっていた。

そして、
第二次世界大戦が中盤に差し掛かった1942年、
ナチス・ドイツの勢いに焦りを感じていたアメリカ軍は、
原爆を開発・製造するための極秘プロジェクト、
マンハッタン計画」を立ち上げ、
オッペンハイマーを原爆開発チームのリーダーに抜擢。

ナチス・ドイツより先に原爆を完成させる必要があった彼は、
原爆開発成功後も各国間の開発競争や更に強力な水素爆弾の誕生に危惧しつつも、
開発を精力的に続けていく。

しかし、
1945年5月8日、
当初目標としていたナチス・ドイツが降伏。
アメリカの目標は切り替えられる・・・。

1945年7月16日、
オッペンハイマーたち開発チームはとうとう、
人類史上初の核実験「トリニティ」を成功させる・・・。

1945年8月6日:広島
1945年8月9日:長崎

第二次世界大戦は終結し、
戦後オッペンハイマーは「原爆の父」と呼ばれ、
多くのアメリカ兵を救った英雄として賞賛されるが、
自身が開発した原爆投下によって多くの犠牲者が出たことに深く苦悩し、
困惑を極めていく。

ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー
彼は人類に何をもたらしたのだろう・・・。

オッペンハイマー

スポンサーリンク

第96回アカデミー賞

ノーラン監督最新作オッペンハイマー
2024年3月10日(日本時間3月11日)に行われた第96回アカデミー賞で、
13部門にノミネート、7部門で受賞しました。

第96回アカデミー賞:『オッペンハイマー』のノミネートと受賞

作品賞エマ・トーマス、チャールズ・ローヴェン、クリストファー・ノーラン
監督賞クリストファー・ノーラン
主演男優賞キリアン・マーフィー
助演男優賞ロバート・ダウニー・Jr.
助演女優賞エミリー・ブラント
脚色賞クリストファー・ノーラン
撮影賞ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集賞ジェニファー・レイム
衣装デザイン賞エレン・マイロニック
美術賞ルース・デ・ヨンク、クレア・カウフマン
メイクアップ&ヘアスタイリング賞ルイサ・アベル
音響賞ウィリー・D・バートン、リチャード・キング、ケヴィン・オコネル、ゲイリー・リッツオ
作曲賞ルドウィグ・ゴランソン

第96回アカデミー賞の主役・大本命と目されていたオッペンハイマー

とりわけアカデミー賞の最重要賞にあたる作品賞では、
キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」、
「哀れなるものたち」、
落下の解剖学」などの強敵達から頭1つ抜き出て、その勢いのまま受賞

クリストファー・ノーラン自身、
まだアカデミー賞で作品賞や監督賞の受賞経験がありませんでしたから、
ファンとしてはようやく受賞してくれて、嬉しい限りです。

あとは映画館へ足を運ぶだけ、ですね。

 

ノーランのアカデミー賞

今までに12本の映画を世に送り出してきたクリストファー・ノーラン。

名作、傑作と評される作品が多いのは間違いないのですが、
アカデミー賞ではパッとしない成績が続いておりました。

ざっくりと紹介してみると、

「メメント」(2001年)
第74回アカデミー賞 2部門へノミネート
脚本賞:クリストファー・ノーラン)
編集賞:ドディ・ドーン)

「バットマン ビギンズ」(2005年)
第78回アカデミー賞 1部門へノミネート
撮影賞:ウォーリー・フィスター)

「プレステージ」(2007年)
第79回アカデミー賞 2部門へノミネート
撮影賞:ウォーリー・フィスター)
美術賞:ネイサン・クロウリー、ジュリー・オチピンティ)

「ダークナイト」(2008年)
第81回アカデミー賞 8部門ノミネート 2部門受賞
助演男優賞:ヒース・レジャー)
撮影賞:ウォーリー・フィスター)
編集賞:リー・スミス)
美術賞:ネイサン・クロウリー、Peter Lando)
メイクアップ賞:John Caglione,Jr.、Conor O'Sullivan)
録音賞:ローラ・ハーシュバーグ、ゲイリー・リッツオ、エド・ノヴィック)
音響編集賞:リチャード・キング)
視覚効果賞:ニック・デイヴィス、クリス・コーボールド、ティモシー・ウェバー、ポール・フランクリン)

インセプション(2010年)
第83回アカデミー賞 8部門ノミネート 4部門受賞
作品賞:クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス)
脚本賞:クリストファー・ノーラン)
作曲賞:ハンス・ジマー)
音響編集賞:リチャード・キング)
録音賞:ローラ・ハーシュバーグ、ゲイリー・リッツオ、エド・ノヴィック)
美術賞:ガイ・ヘンドリックス・ディアス、ラリー・ディアス、ダグ・モワット)
撮影賞:ウォーリー・フィスター)
視覚効果賞:ポール・フランクリン、クリス・コーボールド、アンドリュー・ロックリー、ピーター・ベッブ)

インターステラー(2014年)
第87回アカデミー賞 5部門ノミネート 1部門受賞
作曲賞:ハンス・ジマー)
音響編集賞:リチャード・キング)
録音賞:ゲイリー・リッツオ、グレッグ・ランデイカー、マーク・ウェインガーデン)
美術賞:ネイサン・クロウリー、ゲイリー・フェティス)
視覚効果賞:ポール・フランクリン、アンドリュー・ロックリー、イアン・ハンター、スコット・フィッシャー)

ダンケルク(2017年)
第90回アカデミー賞 8部門ノミネート 3部門受賞
作品賞:クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス)
監督賞:クリストファー・ノーラン)
作曲賞:ハンス・ジマー)
音響編集賞:リチャード・キング、アレックス・ギブソン)
録音賞:マーク・ウェインガーテン、グレッグ・ランデイカー、ゲイリー・リッツオ)
美術賞:ネイサン・クロウリー、ゲイリー・フェティス)
撮影賞:ホイテ・ヴァン・ホイテマ)
編集賞:リー・スミス)

TENET テネット(2020年)
第93回アカデミー賞 2部門ノミネート 1部門受賞
美術賞:ネイサン・クロウリー、キャシー・ルーカス)
視覚効果賞:アンドリュー・ジャクソン、デヴィッド・リー、アンドリュー・ロックリー、スコット・R・フィッシャー)

オッペンハイマー(2024年)
第96回アカデミー賞 13部門ノミネート 7部門受賞
(上を参照してください)

(年)内は日本公開年

Vintage old fashioned projector in a dark room projecting a film, cinematography concept

これまでに作品賞へのノミネートが計3回(受賞1回)。
(「インセプション」「ダンケルクオッペンハイマー

監督賞へのノミネートが2回目(受賞初)。
(「ダンケルクオッペンハイマー

今回の第96回アカデミー賞では大方の予想通り、
オッペンハイマーが主役となりました。

面白みや意外性といった部分では乏しいアカデミー賞になった感じではありますが、
ノーランファンとしては納得、そして、
日本人としても嬉しい賞レースに。
(視覚効果賞「ゴジラ-1.0」、長編アニメ映画賞「君たちはどう生きるか」)

2024年3月29日、
オッペンハイマーが日本で公開されます。

スポンサーリンク

最後に

クリストファー・ノーラン監督の最新作、
オッペンハイマーを紹介させていただきました。

今現在から過去へと、
日本の歴史を振り返った時に、決して避けて通る訳にはいかないのが、
広島と長崎です。

「第二次世界大戦を終わらせる、その為には必要な犠牲だった・・・」

受け入れられます?
どのような理由があろうと、私には無理。

ただ、その気持ちがあるからこの映画を観ない、とはなりません。

観てから判断したい・・・ノーランが「原爆の父」をどのように描いているのか。

オッペンハイマー、2024年3月29日から日本で公開予定です。

ではまた。

 

(Visited 31 times, 1 visits today)

スポンサーリンク