『ドクター・スリープ』の感想、「シャイニング」の続編とは言い難い・・

巨匠スタンリー・キューブリック監督、原作スティーヴン・キング

シャイニング」(1980年)

今なお語り継がれるホラー映画の傑作です。

コロラド州のロッキー山上にあるオーバールック・ホテル、
小説家志望のジャック・トランスとその妻ウェンディ、一人息子のダニー
彼ら3人が体験したホテルでの狂気は、
40年の時を経て復活。

シャイニング」の続編『ドクター・スリープ

再びダニー(ユアン・マクレガー)はホテルへ・・・。

スポンサーリンク

『ドクター・スリープ』あらすじ

 

ドクター・スリープ

映画『ドクター・スリープ』US版メイン予告[HD] 

監督・脚本 マイク・フラナガン
原作・著者 スティーヴン・キング
出演(役名) ユアン・マクレガー(ダニー・トランス)
レベッカ・ファーガソン(ローズ・ザ・ハット)
クリフ・カーティス(ビリー・フリーマン)
カール・ランブリー(ディック・ハロラン)
ロジャー・デール・フロイド(幼少期のダニー)
カイリー・カラン(アブラ・ストーン)
アメリカ公開 2019年11月8日
日本公開 2019年11月29日

ドクター・スリープあらすじ

1980年
母ウェンディとダニーはオーバールックホテルでの事件後、
フロリダで暮らしていた。
しかし、ホテルの狂気は常にダニーに付きまとっており、
自宅の浴室で腐敗した女性の亡霊と遭遇。
ダニーの特殊能力(シャイニング)は消えることなく、彼と共にあった。

一方では、
特殊能力(シャイニング)を持った子供達を殺害、その「生気」を貪り食うことで生活している集団、ローズ・ザ・ハット率いる「トゥルー・ノット」の存在が明らかに。

2011年
ダン(ダニー)は自身の特殊能力(シャイニング)を抑圧するために酒に溺れ、
アルコール中毒を患っていた。
そんな荒んだ生活を改善しようと、ニューハンプシャーに移住し、
アパートを借りて、アルコール中毒支援団体に入会する。
徐々に社会復帰をしていくダン、
それでも彼の特殊能力(シャイニング)は消えることなく、
ある日、ダンよりも非常に強力な能力者の少女アブラからテレパシーで連絡を受けるようになる。

2019年
特殊能力(シャイニング)を持った子供達を狙う「トゥルー・ノット」が、
アブラの存在に気付き、彼女に狙いを定めてしまう。
その企みを知ったダンは、アブラを助けようと動き出す。

そして、
ダンとアブラは、ローズ・ザ・ハットとの最終決戦をするために、
あの狂気が渦巻く場所
オーバールックホテルへ向かう・・・。

〜『ドクター・スリープ』〜

 

・ダニー(ダン)・トランス(ユアン・マクレガー)
40年前、
オーバールックホテルで精神を病み、家族を殺そうとしたお父さんジャック・トランス)から、
見事な機転でお母さんウェンディ・トランス)と共に助かった少年
シャイニング(特別な力)」という不思議な能力を持っていた少年は、そのまま大人に

・大人になってからもダニーに付きまとうシャイニング
・ダニーよりも強力なシャイニングの持ち主である少女アブラとの出会い。
・そして、その子供達のシャイニングを食い物にしている団体
前作「シャイニング」とは色合いの全く違う続編『ドクター・スリープ』。

予告動画から読み取れる情報そのままに、

特殊能力(シャイニング)を巡るバトル映画になっています。

多少気持ちの悪いシーンはありましたけど、
ホラーが苦手な私にとっては、前作よりも怖くなくて、単純に楽しめた映画でした。

 

スポンサーリンク

 

『ドクター・スリープ』を観た方達の感想

 

 

男性の声
男性の声
『ドクター・スリープ』の感想

4.5

続編だから当たり前だけど、後半シャイニング要素てんこ盛りでテンションが上がりました。
突然能力者同士のバトルが始まったり、ホラー感が薄かったりとちょっと困惑しましたけど、なんだかんだ面白かったです。
キューブリックが撮ったわけじゃないっていう事は理解しつつも、なんとなくキューブリック感が感じられていいな〜と思いました。

 

男性の声
男性の声
『ドクター・スリープ』の感想

2.5

続編となっているものの、なんでこれを続編としているのか・・・?というガッカリな仕上がりでした。
SFチックな作品が好きな人は別物として楽しめるかも・・・。
逆に、私はSFがあまり好きじゃないので、長くてツマラナイ作品でした。

 

女性の声
女性の声
『ドクター・スリープ』の感想

4

面白かった!でも、シャイニングとは別の映画って感じですかね?あの独特の怖さがなかったので。
今風になって帰ってきた感じです。
こういう所でお父さんにディープフェイク使って欲しかったな〜って思いつつ、誰かと思ったらE.Tの主人公と知ってビックリしました。

 

男性の声
男性の声
『ドクター・スリープ』の感想

1

前作「シャイニング」の雰囲気をぶち壊しています・・・。レビュー評価が結構高いから、期待して視聴しましたけど、
全然面白くなかったですね。

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
『ドクター・スリープ』の感想

 

(「シャイニング」の続編としてはキツイダニーのその後ならあり)

7

 

ジャック・ニコルソンが見せる狂気の笑顔「シャイニング」の続編、
ドクター・スリープ
前作との繋がりはあるものの、続編というには程遠い映画でした。

 

単純に言ってしまえば、
シャイニング」という作品の続編ではなく、
ダニーという登場人物のその後、そんな感じですね。

 

内容は予告動画そのままで、
特殊能力(シャイニング)を持った人間たちのバトルを描いた作品です。
前作で味わった精神的な怖さの類は一切ありません。
犠牲になる子供達がかわいそうだな、ぐらいで。

 

でも、個人的には、前作よりも遥かに観やすかった作品
前作「シャイニング」のファンではないので、これはこれで楽しめました。
ホテルに戻るという設定も、悪を悪で制す的な発想はアリかなと。

 

ただですね、1つだけ笑ってしまったことがありまして・・・。
ちょっとネタバレになってしまいますが、
お父さんのジャックが登場するんですけど、その俳優さんが似てないんですよ。
似せようとしているのは分かるんです。
それでも全然似ていなくて、そこだけプッとなってしまいました。
いい場面のはずが・・・少し興醒めしましたね。

 

多少、??となる場面がある『ドクター・スリープ』、
なんだかんだで、私は能力者バトル映画として楽しませて頂きました。
シャイニング」の続編という事は脇に置いておいて。

 

前作「シャイニング」のファンにはオススメできない、けど、
なんとなく楽しむSFものとしては良い感じではないかと。善と悪の対比が非常に分かりやすいですしね。

 

ユアン・マクレガー主演ドクター・スリープ』、
今現在、Netflixで視聴可能となっています。

 

スポンサーリンク

 

ダニー役:ユアン・マクレガーについて

ユアン・ゴードン・マクレガー(1971年3月31日〜)は、
スコットランド出身の俳優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1996年 トレインスポッティング マーク・レントン
1997年 普通じゃない ロバート・ルイス
1998年 ベルベット・ゴールドマイン カート・ワイルド
1999年 スター・ウォーズ/ファントム・メナス オビ=ワン・ケノービ
2001年 ムーラン・ルージュ クリスチャン
2002年 スター・ウォーズEP2/クローンの攻撃 オビ=ワン・ケノービ
2005年 スター・ウォーズEP3/シスの復讐
2009年 天使と悪魔 パトリック・マッケンナ
2010年 ゴーストライター ゴーストライター
2015年 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オビ=ワン・ケノービ(声の出演)
2017年 T2 トレインスポッティング マーク・レントン
2019年 ドクター・スリープ ダニー・トランス

ユアン・マクレガーといえばマーク・レントン
1996年の「トレインスポッティング」で大ブレイクした俳優です。

ユアン・マクレガーの最大のハマり役がレントンだとずっと思い込んでいましたが、
まさかオビ=ワンを演じるようになって、
シャイニング」で、
可愛い子供だったダニーの40年後を演じるようになるとは・・・。
私もおじさんになるはずです。

スキンヘッドジャンキーだった青年が、
ライトセーバー片手にダース・モールと戦うジェダイの騎士になり、
今度は再び「シャイニング」の舞台であるあのホテルへ。

ユアン・マクレガー主演ドクター・スリープ』は、今現在、
Netflix視聴可能となっています。

 

前作「シャイニング」(1980年)

シャイニング

THE SHINING – Trailer

監督・脚本・製作 スタンリー・キューブリック
出演(役名) ジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)
シェリー・デュヴァル(ウェンディ・トランス)
ダニー・ロイド(ダニー・トランス)
スキャットマン・クローザース(ディック・ハロラン)
バリー・ネルソン(スチュアート・アルマン)
アメリカ公開 1980年5月23日
日本公開 1980年12月13日

スティーヴン・キング原作の同名小説を、スタンリー・キューブリックが映画化した作品です。
ただ、キューブリックは原作を大幅に変更していて、ほとんど原作色は無くなっています。
全く別の作品と言っていいぐらい。
スティーヴン・キングはこの映画版「シャイニング」に批判的です。

 

とは言えですね、この映画は言わずと知れた、
ジャック・ニコルソン代表作の1つであり、
ジャック・ニコルソンの凄まじい怪演で、忘れる事の出来ないホラー映画の傑作
1980年の「シャイニング」です。

内容はご存知だと思います。
雪に覆われたホテル、そのホテルにやってきた家族
ホテルの異質な力によって徐々に精神を病んだお父さん斧を持って家族に襲いかかるお父さん
逃げるお母さんと息子
ひたすらにお父さんが怖い映画でした。
お父さんが怖いというか、ジャック・ニコルソンが怖すぎるというか。
あんな笑顔で話しかけないで欲しい・・・、有名なシーンですね。

狂気の笑顔でお馴染みお父さん
シャイニング」は、

今現在、Netflix視聴可能となっています

という事で、

ジャック・トランス役のジャック・ニコルソンについて書かせて頂きます。

 

ジャック役:ジャック・ニコルソンについて

ジャック・ニコルソン(1937年4月22日〜)は、
アメリカの俳優、プロデューサー、映画監督です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1969年 イージー・ライダー ジョージ・ハンソン
1970年 ファイブ・イージー・ピーセス ロバート・ボビー
1973年 さらば冬のかもめ ビリー・バダスキー
1974年 チャイナタウン ジェイク・ギテス
1975年 カッコーの巣の上で ランドル・パトリック・マクマーフィー
1980年 シャイニング ジャック・トランス
1981年 レッズ ユージン・オニール
1983年 愛と追憶に日々 ギャレット・ブリードラヴ
1985年 女と男の名誉 チャーリー
1987年 黄昏に燃えて フランシス・フェラン
1989年 バットマン ジャック・ネーピア/ジョーカー
1992年 ア・フュー・グッドメン ネイサン・R・ジェセップ大佐
1996年 マーズ・アタック! ジェームズ・デイル大統領/アート・ランド
1997年 恋愛小説家 メルヴィン・ユドール
2002年 アバウト・シュミット ウォーレン・シュミット
2006年 ディパーテッド フランシス・フランク・コステロ

経歴だけを見ていくと、もの凄いですよ。
賞レースの常連です。

12回のアカデミー賞ノミネートを経験

アカデミー助演男優賞

 

受賞1回・ノミネート4回
愛と追憶の日々」(1983年)ギャレット・ブリードラヴ役

☆「イージー・ライダー」(1969年)ジョージ・ハンソン役
☆「レッズ」(1981年)ユージン・オニール役
☆「愛と追憶の日々」(1983年)ギャレット・ブリードラブ役
☆「ア・フュー・グッドメン」(1992年)ネイサン・R・ジェセップ大佐役

 

アカデミー主演男優賞

受賞2回・ノミネート8回
カッコーの巣の上で」(1975年)ランドル・パトリック・マクマーフィー役
恋愛小説家」(1997年)メルヴィン・ユドール役

☆「ファイブ・イージー・ピーセス」(1970年)ロバート・ボビー役
☆「さらば冬のかもめ」(1973年)ビリー・バダスキー役
☆「チャイナタウン」(1974年)ジェイク・ギテス役
☆「カッコーの巣の上で」(1975年)ランドル・パトリック・マクマーフィー役
☆「女と男の名誉」(1985年)チャーリー役
☆「黄昏に燃えて」(1987年)フランシス・フェラン役
☆「恋愛小説家」(1997年)メルヴィン・ユドール役
☆「アバウト・シュミット」(2002年)ウォーレン・シュミット役

アカデミー助演男優賞1回アカデミー主演男優賞2回
そして、ゴールデングローブ賞も計7回受賞している、
アメリカを代表する俳優の1人です。

1989年、ティム・バートン監督作「バットマン」で見せたジョーカー役
完全なはまり役でしたね。気品が漂うあの笑顔、今も鮮明に記憶しています。

1996年、これまたティム・バートン監督作「マーズ・アタック!」で見せた、
デイル大統領の感動スピーチと宇宙人との交渉術、
効力0だったあの笑顔も記憶に残っています。

そんな多彩な笑顔で、狂気も笑いも提供してくれる名優ジャック・ニコルソン
1980年、「シャイニング」で見せたジャック・トランスのあの笑顔
気品の漂う狂気の笑顔、観るものに恐怖を植え付ける絶大な効力を発揮して、
今なお、鮮明に・・・。

ジャック・ニコルソンが残した笑顔の恐怖シャイニング」の続編、
ユアン・マクレガー主演ドクター・スリープ』で蘇ります。

作中、少しだけジャックが登場しますので、お楽しみに。
似てませんけどね。
(前作「シャイニング」も今なら、Netflix視聴可能となっています)

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

ユアン・マクレガー主演
シャイニング」の続編となっている『ドクター・スリープ』を紹介させて頂きました。

ホラーが苦手な私でも単純に楽しめた作品です。

前作「シャイニング」のファンからすると、
かなり肩透かしを食らった感じになったでしょうけど、ツマラナイという事ではないので、
機会がありましたら、動画サイト等で視聴してみてください。

2時間30分ほどある長い映画。

ホラー映画、サイコ・サスペンスの続編とは思わずに、
特殊能力者バトル系SF映画として楽しんでください。

ではまた。

 

スポンサーリンク