Netflixホラー『群がり』キャスト/あらすじ/感想、虫より人間の方が怖い・・

Netflixで2021年8月6日から配信されている、
ホラー映画『群がり

気持ち悪さ全開のサムネがなかなか・・・。

Netflixホラー『群がり

✔︎ フランス語原題「La Nuée」、
調べてみると、このフランス語を英語に置き換えたのが「The Cloud」。
意味:雲、雲上のもの、もうもうと立ち込めるもの、(一面の)ほこり、大群、大勢、多数、(透明なもの・鏡などの表面の)曇り、きず、(顔面・額に漂う)曇り

✔︎ 英語原題だと「The Swarm」、意味は「群れ」。

✔︎ 殺人イナゴの大群を作り出してしまったある母親の物語

虫が苦手な人は視聴をお控えください、と、
虫が苦手なおじさんが視聴しネタにしようとしたんですけど、
虫の怖さよりも、母親の怖さが目立つホラー映画でした。

スポンサーリンク

Netflixホラー『群がり』キャスト/あらすじ/感想

群がり

The Swarm | Official Trailer | Netflix

監督
ジャスト・フィリッポ

脚本
ジェローム・ジュヌヴレ、フランク・ヴィクトル

再生時間
1時間41分

Netflixで2021年8月6日から配信

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marie Narbonne(@marie_nrb)がシェアした投稿

キャスト(役名)
スリアン・ブラヒム
(ヴィルジニー/イナゴを養殖し、姉弟を育てている母親)

マリー・ナルボンヌ
(ローラ/ヴィルジニーの娘、ガストンの姉)

ラファエル・ロマン
(ガストン/ヴィルジニーの息子、ローラの弟)

ソフィアン・カーメ
(カリム/ヴィルジニーの友人)

ビクター・ボネル
(ケヴィン/ローラの同級生、ヴィルジニー家を蔑んでいる)

 

あらすじ

群がり』あらすじ

食用イナゴを養殖し、
そこから生成した粉末などを売って、
生計を立てているシングルマザーのヴィルジニー。

娘ローラ、息子ガストンと3人暮らし、
苦しいながらもなんとか生活を続けていた。

しかし、

イナゴの養殖がなかなか上手くいかず、価格の低下なども相まって、
家計はどんどん苦しくなっていく。

娘ローラは家業をよく思っておらず、
息子のガストンはある程度味方をしてくれるが、
生活は改善せず、ヴィルジニーはどんどん追い詰められていってしまう。

そんなある日、

とうとうキレてしまったヴィルジニーは、
イナゴの養殖をしていたビニールハウスの中を破壊、
その反動で足を滑らせ頭を打ち、気を失ってしまった。

・・・ヴィルジニーのに群がるイナゴの大群・・・

目を覚ました時、すでに大量のイナゴがヴィルジニーの血を吸った状態。

ここからイナゴたちに変化が訪れる。

今まででは考えられないぐらい動きが活発になり、
恐ろしい勢いで繁殖していく血の味を覚えたイナゴたち

この状況を察してしまったヴィルジニーが、必然的に辿り着いた思想。

「イナゴたちにどんどんを与えていけば、私たちの生活は改善される!」

イナゴを劇的に繁殖させるには、血が必要・・・。

ヴィルジニーがまず踏み出したのは、

血を買うこと・・・。そして、

さらに・・・。

群がり

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレあり)

おじさんの声
おじさんの声
群がり』の感想

 

(残念ながら、あまりおすすめできません)

5.5

 

私は虫が嫌いです。イナゴやバッタはまだマシですが、
ゴキや蜂、ムカデあたりは絶対に無理です。

 

そんなおじさんが視聴したNetflixホラー『群がり
正直に言いますと、
そこまで虫の怖さを強調したような作品ではなかったですね。

 

イナゴを養殖し、
そこから生成した粉末などで生計を立てている母親ヴィルジニーが、
イナゴのため、生活のため、お金のため・・・と、
なりふり構わず堕ちていく様を見せつける作品でした。

 

怖いのは母親ヴィルジニー

 

あの流れでいくと、
もう少し時間があれば、最終的に人間を餌にして深淵まで堕ちるであろうことは、
容易に想像できてしまいます。

 

ですが残念、

 

そこまでを描いてはいませんでした。

 

もっと言うとですね、

 

ラストの展開と、終わり方が唐突すぎて、呆気に取られてしまいます。
「えっ、ここで終わり・・・」的に。

 

完全消化不良で終了してしまうのが群がりです。

 

ホラーだったら、もう少しヴィルジニーを堕とさないと、
本当のホラー好きには受け入れてもらえないのではないでしょうか?
ホラーが苦手な私でさえこう思いましたから、
ホラーに慣れきっている方におすすめできるような作品では・・・。

 

虫は気持ち悪いですけど、恐怖感という意味では中途半端でしたね。

 

虫が嫌い、ホラーが苦手なおじさんの私が、
淡々と最後まで視聴できてしまいましたし。しかも、「こんな終わり方?」と消化不良感を伴いながら。

 

殺人イナゴパニックというホラー的要素を希望しているのなら、
Netflixホラー『群がりはおすすめしません。

 

1番恐怖感を感じられるのはサムネの写真
そんな映画でした。

スポンサーリンク

1978年「スウォーム」:原題The Swarm

「スウォーム」

The Swarm(1978)Official Trailer

監督
アーウィン・アレン

キャスト(役名)
マイケル・ケイン
(ブラッドフォード・クレイン博士/昆虫学者)

キャサリン・ロス
(ヘレナ・アンダーソン大尉)

リチャード・ウィドマーク
(サリアス・スレイター将軍)

パティ・ディーク・アスティン
(リタ)

ブラッドフォード・ディルマン
(ベイカー少佐)

ヘンリー・フォンダ
(ウォルター・クリム博士)

リチャード・チェンバレン
(ハバード博士)

第51回アカデミー賞 衣装デザイン賞 ノミネート

日本公開1978年8月5日

1978年「スウォーム」

✔︎ 監督は、
「ポセイドン・アドベンチャー」(日本公開1973年)、
「タワーリング・インフェルノ」(日本公開1975年)、
この2作のヒット作を製作したアーウィン・アレン

✔︎ キャスト陣も当時としては豪華

✔︎ 殺人蜂の大群(スウォーム)に襲われるパニック映画で、
引きは強そうな感じなんですけど、
残念ながらヒットせずに終わった作品です。

私は一切視聴したことはありません。

ただ単に、
群がりの予告動画を探そうと、
 YouTubeで「the swarm trailer」と検索したらこちらの映画もヒット。

群がりの英語原題と同タイトルでしたから、
もしかするとリメイク?
間違った想像をしてしまったので、一応載せておこうかなと。

それだけです。

スポンサーリンク

最後に

 

気持ちの悪いサムネが特徴的なNetflixホラー
群がりを紹介させていただきました。

虫嫌いの人なら十二分に気持ち悪さを感じられると思いますが、
ホラー好きの人が満足するような感じは受け取れませんでしたね。

グロさはどうでしょうね?

もちろんグロい、でも、
最近視聴した「冷たい熱帯魚」の方が数万倍グロかった・・・。
比べる映画を間違っておりますけどね。

ではまた。

 

(Visited 16 times, 1 visits today)

スポンサーリンク