『刑事グロムvs粛清の疫病ドクター』キャスト/あらすじ/感想、意外とイケる

タイトルだけを見ると、
胡散臭くて再生する気が起きませんけど、
なんとなく視聴してみたら、これが意外とイケたんですよね。

刑事グロムvs粛清の疫病ドクター

ロシアのスーパーヒーロー映画

原作は、ロシアの漫画コミックシリーズ

タイトルから醸し出されているB級感は、視聴後に消えている

ロシア映画をまともに観たのは初。
暗そうな印象のあるロシア感をほぼ感じずに、最後まで楽しめた映画でした。

スポンサーリンク

 

『刑事グロムvs粛清の疫病ドクター』キャスト/あらすじ/感想

刑事グロムvs粛清の疫病ドクター

MAJOR GROM:PLAGUE DOCTOR Trailer

監督
オレグ・トロフィム

原作
アルテョム・ガブレリャノフ
エフゲニー・フェドトフ
⇨ロシアの漫画「刑事グロム」

ロシアで2021年4月1日に劇場公開

日本では、Netflixで2021年7月7日から配信

再生時間:2時間18分
エンドロール最中に2回、「次回作への伏線か?」といった部分が描かれていますから、しっかりと最後まで視聴することをおすすめします

スポンサーリンク

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Тихон Жизневский(@tihonzhiznevskiy)がシェアした投稿

(ティーホン・ジズネーフスキのインスタです)

キャスト(役名)
ティーホン・ジズネーフスキ
(イーゴリ・グロム/主人公の刑事)

ルボフ・アクショノーバ
(ユリア/独自の取材をシェアしているジャーナリスト)

セルゲイ・ゴロシュコ
(セルゲイ・ラズモフスキー/スマートSNS”ヴィメステ”の創業者)

ドミトリー・チェボタレフ
(オレグ・ヴァルコフ/ラズモフスキーの友人?)

アレクサンドル・セテイキン
(ドゥービン/新人刑事)

アレクセイ・マコラコフ
(プロコペンコ/警察署の署長)

Yuri Nasonov
(キリル・グレチキン/大富豪の息子)

オレグ・チュグノフ
(リョーシャ/グレチキンを恨む養護施設の少年)

アンナ・ネフスカヤ
(オルガ・イサエヴァ/ロスグラント銀行のオーナー)

誰1人、知っている俳優さんはいませんけど、
演技に違和感のある俳優さんは1人もいませんでした。

ちなみに

・ロシア系の女優さんでパッと思い付くミラ・ジョヴォヴィッチは、
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都キエフが出生地です。
父親はコソヴォ出身のセルビア人、
母親はドニプロペトロウシク(ウクライナ)出身のロシア女優。

この映画には何の関係もありません

スポンサーリンク

 

あらすじ

刑事グロムvs粛清の疫病ドクター』あらすじ

サンクトペテルブルク警察署の刑事グロムは、
細かなルールに縛られない型破りな捜査手法と、
その行動からは想像できない繊細な想像力を用いて、
犯罪者の逮捕を重ねていた。

ある日、

グロムが以前、逮捕した大富豪の息子グレチキンが、
司法の裏に手を回し、自身の罪を消し去って自由の身に。

そのグレチキンを処刑するという事件が起こる。

そして、

ロスグラント銀行の女性オーナーも処刑された。

ペスト医師の仮面を被った処刑人は”疫病ドクター”と名乗り、
町の有力者たちに宣戦布告。

疫病ドクター”は処刑の様子を映した動画を投稿して、
ネットで熱烈に支持され、
残虐な処刑ショー動画の再生回数は1000万回以上となる。

瞬く間に市民のダークヒーローとなった”疫病ドクター”、
次々に悪どく稼いでいる有力者たちを処刑していき、
町の雰囲気もガラッと変えてしまった。

連続処刑殺人鬼となった”疫病ドクター
その存在に立ち向かう刑事グロム

グロムが辿り着いた犯人の素顔・・・対決の行方は・・・。

刑事グロムvs粛清の疫病ドクター

スポンサーリンク

 

おじさんの感想(ちょっとネタバレ)

おじさんの声
おじさんの声
『刑事グロム』の感想

 

思っていた以上に面白かったロシア映画)

8

 

「〇〇vs〇〇」というタイトルで、
個人的に面白かったのは「エイリアンvsプレデター」、
フレディvsジェイソン」ぐらいでしたから、
「〇〇vs〇〇」に一切期待はしておりませんでした。

 

視聴する映画が見つからず、「まぁ、これでいいか〜」、
それぐらいハードルが下がりきっていたことは事実ですけど、
思いの外面白かったのが、
刑事グロムvs粛清の疫病ドクターでした。

 

原作が漫画なので、
「バットマン」的な匂いもするし(ちょっと「ジョーカー」が入っているし)、
「ファイト・クラブ」を思い出すような描写もあるんですが、
二番煎じ感はほとんど感じず、古臭いとも思わないで、
最後まで楽しませてもらいましたね。

 

物語の描き方はテンポがあって重くなく、
むしろ、軽く観られるアクション映画と言える作りではないかと。

 

主人公の刑事グロムも、
破天荒な割にはしっかりとした想像力を駆使する慎重派、だったりしますしね。

 

タイトルのダサさよりは何倍も面白い映画です。

 

ただ、

 

観終わってみると、
タイトル通りの映画、となっているんですけど。

 

もろ「〇〇vs〇〇」系。

 

私個人としては、
エイリアンvsプレデター」、
フレディvsジェイソン」、
そして刑事グロムvs粛清の疫病ドクターとなりました。

 

「バットマンvsスーパーマン」がアレでしたので、
久しぶりに「〇〇vs〇〇」系で面白かった映画です。

 

今度、
ゴジラvsコング」と比べてきます。

 

刑事グロムvs粛清の疫病ドクター
タイトルで避けている方がいましたら、騙されたと思って再生ボタンを押してみてください。
意外とイケますから。

スポンサーリンク

 

最後に

 

ロシアのスーパーヒーロー映画、
刑事グロムvs粛清の疫病ドクターを紹介させていただきました。

もしかすると、
次回作が作られる可能性もありますので、
今のうちから触れておいて良い映画かもしれませんね。

楽しめれば、という条件付きですけど。

私は楽しめたので、
次回作に期待をしています。

サラッと楽しめるアクション映画は貴重ですから。

ではまた。

 

(Visited 2 times, 1 visits today)

スポンサーリンク