ノーラン家の最新作『レミニセンス』あらすじ/キャスト/感想、思ってたより・・

2021年9月22日

「ダークナイト」、「インセプション」、
「インターステラー」、「TENET テネット」などで知られる映画監督、
クリストファー・ノーラン。

このノーランを長として、
彼の家族には映画関係者が揃っています。

ノーラン家

  • クリストファー・ノーラン(映画監督、映画プロデューサー、脚本家)
    • 妻:エマ・トーマス(映画プロデューサー)
  • ジョナサン・ノーラン(クリストファーの弟、脚本家)
    • 妻:リサ・ジョイ(映画監督)

そんなノーラン家の最新作『レミニセンス
監督リサ・ジョイ、製作ジョナサン・ノーランのSFスリラー。
視聴してきましたので、紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ノーラン家の最新作『レミニセンス』あらすじ/キャスト

レミニセンス

ヒュー・ジャックマンが記憶探偵に...SFスリラー『レミニセンス』予告編

監督/脚本
リサ・ジョイ

製作
リサ・ジョイ
ジョナサン・ノーラン
マイケル・デ・ルカ
アーロン・ライダー

音楽
ラミン・ジャヴァディ

・アメリカでは2021年8月20日から公開

日本では2021年9月17日から公開予定

レミニセンスのニュースなどから植え付けられた印象・・・、
ジョナサン・ノーランは製作陣の1人というだけですので、
”リサ・ジョイの長編映画監督デビュー作”、という捉え方がしっくりきますね。

ただ、
予告動画からは強烈な「インセプション」臭がプンプンと・・・。

ジョナサン・ノーランが製作陣の1人、
奥さんのリサ・ジョイが監督、
「インセプション」臭、
一応、ノーラン家の最新作と言った感じでしょうか?

ちなみに、
ジョナサン・ノーランは「インセプション」に関わっていません。

ジョナサン・ノーランの主な作品
  • 2000年「メメント」:原案
  • 2006年「プレステージ」:脚本
  • 2008年「ダークナイト」:脚本
  • 2012年「ダークナイト ライジング」:脚本
  • 2014年「インターステラー」:脚本
  • 2021年『レミニセンス』:製作
  • 2016年〜 ドラマ「ウエストワールド」:原案、脚本、製作総指揮、監督

レミニセンスの監督リサ・ジョイは、
ドラマ「ウエストワールド」シーズン1第14話”スフィンクスの謎かけ”の監督。

長編映画監督デビュー作が今作です。

 

 

あらすじ

レミニセンス』あらすじ

”顧客が望むあらゆる記憶を追体験させる機会を提供”、
そんな危険な職業の専門家、
孤独な退役軍人:ニコラス・”ニック”・バクスター。

ニックは”記憶潜入エージェント”として、
水に支配された都市マイアミに迫る崩壊危機に立ち向かう。

ある日、彼の人生は、
謎めいた若い女性メイとの出会いで一変。

始まりは探し物だけの関係だったが、
やがて情熱的な恋愛に発展、ニックとメイは急速に距離を縮めた。

しかし、

メイは失踪。

そして、メイの失踪に隠された真実を求めて、
ニックはあらゆる人間の記憶に潜入。

策略、陰謀、殺人・・・。

マイアミに迫る危機とは?
メイとは一体何者なのか?

記憶潜入エージェント<レミニセンス>”のニックが辿り着いた真実・・・。

レミニセンス

本編を視聴した今、強烈に思うのは、
”予告動画を作った人が上手すぎる、間違った印象を植え付けられたな”、
という感じになりますね。

記憶潜入エージェント⇨⇨職業柄、人の記憶を覗き見できるだけで潜入はできない

SFスリラー⇨⇨スリラー感はそこまで強くなく、どちらかというとロマンス感が強い

インセプション臭⇨⇨全く別物

ノーラン家の最新作⇨⇨リサ・ジョイの長編映画監督デビュー作

インセプション
ノーランの名前だけで視聴するのは危険です。

これから視聴する方は、
リサ・ジョイ監督のSFロマンス・スリラー、とハードルを下げて映画館へ足を運んでください。

 

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hugh Jackman(@thehughjackman)がシェアした投稿

キャスト(役名)
ヒュー・ジャックマン
(ニコラス・”ニック”・バニスター)

レベッカ・ファーガソン
(メイ)

ダンディ・ニュートン
(エミリー・”ワッツ”・サンダース)

ダニエル・ウー
(セント・ジョー)

クリフ・カーティス
(サイラス・ブース)

ブレット・カレン
(ウォルター・シルヴァン)

アンジェラ・サラフィアン
(エルサ・カリーン)

ナタリー・マルティネス
(エイヴリー・カスティッロ)

ニコ・パーカー
(ゾーイ)

ちなみに、
メイ役:レベッカ・ファーガソンの2021年は凄くて、
2021年9月17日からレミニセンス
2021年10月15日から「DUNE/デューン 砂の惑星」(ジェシカ役)と、
超注目作が2つも公開予定となっています。

レミニセンスは映画館で視聴しましたので、
次は「DUNE/デューン 砂の惑星」に期待!ですね。

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレあり)

おじさんの声
おじさんの声
レミニセンス』の感想

 

(ノーランの名前に期待しすぎると、痛い目にあう)

6.5

 

予告動画にやられまして、
ハードルが完全に上がりきった状態で視聴したレミニセンス

 

失敗でした・・・、
駄作ではないですけど、普通よりの良作といった感じに落ち着く映画ですね。

 

言ってしまえば、
”おじさんが惚れてしまった女性の失踪に納得がいかず、記憶を頼りに尻を追いかけ、自分の前から失踪したのは、何か特別な理由があったから、自分への愛が失われたからではない!と、躍起になって頑張る”
といった内容のストーカー的ラブロマンスに、
SFとスリラーをちょっと足した感じです。

 

SF感とスリラー感はそんなに強くないんですよね。
ラブロマンスがメインの物語。

 

しかも、人の記憶に潜入はできません、覗き見できるだけ
この覗き見を潜入と強引に捉えてしまえば、そうなんでしょうけど・・・。

 

で、行き着いたのが、全体的にパッとしない
これが個人的なレミニセンスの感想になってしまいました。

 

意識してしまった「インセプション」に申し訳ないと思えるぐらい、
何も響かなかった映画です。

 

ノーランの名前で釣られたおじさんの末路・・・。

 

とはいえ、
これはあくまでも私個人の感想ですから、
レミニセンスを面白いと感じる方はたくさんいらっしゃいます。
レビュー評価を読んでみてもそうでした。

 

是非、ご自分の目で確認してみてください。

スポンサーリンク

ノーラン家が絡んだ映画一覧

製作陣の1人がジョナサン・ノーラン、
監督は奥さんのリサ・ジョイ、ノーラン家の最新作『レミニセンス

この最新作から遡ってみると、
ノーラン家が絡んだ映画は凄まじいですね。

ノーラン家が絡んだ長編映画一覧
  • 2020年「TENET テネット
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2017年「ジャスティス・リーグ」
    ⇨クリストファー・ノーラン:製作総指揮
    ⇨エマ・トーマス:製作総指揮
  • 2017年「ダンケルク
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2016年「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」
    ⇨クリストファー・ノーラン:製作総指揮
    ⇨エマ・トーマス:製作総指揮
  • 2014年「インターステラー
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨ジョナサン・ノーラン:脚本
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2014年「トランセンデンス」
    ⇨クリストファー・ノーラン:製作総指揮
    ⇨エマ・トーマス:製作総指揮
  • 2013年「マン・オブ・スティール」
    ⇨クリストファー・ノーラン:原案、製作
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2012年「ダークナイト ライジング」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、原案、製作
    ⇨ジョナサン・ノーラン:脚本
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2010年「インセプション
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2008年「ダークナイト」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、原案、製作
    ⇨ジョナサン・ノーラン:脚本
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2006年「プレステージ」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨ジョナサン・ノーラン:脚本
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2005年「バットマン ビギンズ」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本
    ⇨エマ・トーマス:製作
  • 2002年「インソムニア
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督
  • 2000年「メメント」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本
    ⇨ジョナサン・ノーラン:原作
  • 1998年「フォロウィング」
    ⇨クリストファー・ノーラン:監督、脚本、製作
    ⇨エマ・トーマス:製作

こうやって見てくると、
ジョナサンが絡んだ作品も少なくはないですけど、
明らかにクリストファーの右腕は奥さんのエマ・トーマス、という感じを受けてしまいますね。

クリストファー・ノーランの代表作、
全てに絡んでいるのが奥さんのエマ・トーマス。

この強烈ノーラン家兄夫妻の後を追うように、弟夫妻で世に送り出したレミニセンス
比べられてしまって大変でしょうが、
これから!ですね。

スポンサーリンク

 

最後に

 

ノーラン家の最新作
この秋最大の注目映画の1つレミニセンスを紹介させていただきました。

無事に映画館で視聴してきましたが、
色々調べていて、レミニセンス以上に気になってしまったのが、
ドラマ「ウエストワールド」。

基本的に、
ジョナサン・ノーランが監督と脚本、
奥さんのリサ・ジョイが脚本を共同担当しています。

レミニセンスよりも先に、
弟夫妻の代表作的ドラマが存在しているんですね。

残念ながらNetflixでは視聴できないので、
いつの日か、というか、近々、
U-NEXTの無料体験でも使って視聴しようかなと。

U-NEXTに加入している方がいらっしゃいましたら、
レミニセンスを視聴する前に、ノーラン家弟夫妻の「ウエストワールド」を視聴してみてはいかがでしょうか?
相当面白そうな感じですよ。

ではまた。

 

(Visited 21 times, 1 visits today)

スポンサーリンク