トム・ハンクス主演『フィンチ』キャスト/あらすじ/感想、Apple TV+の無料体験で視聴すべきです

トム・ハンクス主演
そして、予告動画を観て非常に気になっていた映画、
フィンチ

フィンチ

✅ 当初、
2020年10月2日にユニバーサル・ピクチャーズが米国で劇場公開する予定でしたが、コロナの影響で何度も延期。

✅ その後、
タイトルを『Finch』に変更し、Apple TV+に売却され、
2021年11月5日に公開。

✅ 正直、
Apple TV+の無料体験で視聴すべき映画です

Apple TV+なら1週間の無料体験が可能ですので、
その期間中にフィンチを視聴してください、それがベストですね。

スポンサーリンク

トム・ハンクス主演『フィンチ』キャスト/あらすじ/感想

フィンチ

フィンチ - 公式予告編 | Apple TV+

【監督】
ミゲル・サポチニク

【脚本】
Craig Luck、Daniel Maze
Kevin Misher、lvor Powell
Jack Rapke、Miguel Sapochnik
ロバート・ゼメキス

【音楽】
Gustavo Santaolalla

【撮影】
Jo Willems

【編集】
Tim Porter

【公開】
Apple TV+にて2021年11月5日から公開

 

キャスト

【キャスト(役名)】
トム・ハンクス
フィンチ/人類がほぼ絶滅した世界で生き残った1人、ロボット技術者)

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ジェフ/フィンチが製作したロボット)
(モーションキャプチャとして)

✅ トム・ハンクス
(1956年7月9日〜)
カリフォルニア州出身の俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサーです。

アカデミー主演男優賞、助演男優賞

1988年「ビッグ
(第61回アカデミー主演男優賞 ノミネート)
(役名:ジョシュ・バスキン)

1993年「フィラデルフィア
第66回アカデミー主演男優賞 受賞
(役名:アンドリュー・ベケット)

1994年「フォレスト・ガンプ/一期一会」
第67回アカデミー主演男優賞 受賞
(役名:フォレスト・ガンプ)

1998年「プライベート・ライアン
(第71回アカデミー主演男優賞 ノミネート)
(役名:ジョン・H・ミラー大尉)

2000年「キャスト・アウェイ」
(第73回アカデミー主演男優賞 ノミネート)
(役名:チャック・ノーランド)

2019年「幸せへのまわり道」
(第92回アカデミー助演男優賞 ノミネート)
(役名:フレッド・ロジャース)

スポンサーリンク

あらすじ

フィンチ』あらすじ

地球上のほぼ全ての生き物が絶滅し、
荒廃した世界でただ1人、
愛犬と暮らしているロボット技術者のフィンチ。

太陽光を浴びる訳にはいかず、
紫外線が死に直結してしまう外の世界。

そんな世界で生き残ったフィンチには、ある心配事があった。

それは、

“自分の命があとわずかで尽きる事、自分が死んだ後の愛犬の世話は・・・”

自分の死期が迫っている事を感じ取っているフィンチは、
愛犬の世話を託すために、
1体のロボットを製作。

人間並みの知能を与え、言葉を理解し会話もできる、
そして、
犬の世話だってこなすロボットを作り上げたフィンチ。

しかし、
1人と一匹と1体で暮らしていこうとしたその矢先、
フィンチたちが暮らしている地域に、
どうしようもない強烈な嵐が近づいてきた。

“この嵐を避け、安全な新しい土地へ向かわなければいけない”

フィンチは自分自身、最後の旅に出る事を決意する。

自分の為ではない。

愛犬と、そして、
自分の代わりに愛犬の世話をしてくれるロボットの為。

フィンチはハンドルを握り、アクセルを踏み込んだ。

フィンチ

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
フィンチ』の感想

 

無料で視聴して良かった・・・)

7

 

ずっと気になっていた映画だったので、
Apple TV+の無料体験を利用して視聴したフィンチ

 

正直に言いますと、あまりパッとしませんでした。

 

曲に例えると、サビの部分が弱いな〜・・・といった感じです。

 

題材的には、こすられまくって来た良く知る世界が舞台、
ほぼ全ての人類が滅亡した世界観は慣れきっていますけども、弱くはないじゃないですか。
1人生き残ったロボット科学者と愛犬、そしてロボット、
そこも弱くはないじゃないですか。

 

なのにず〜っと平坦なんですよね。

 

簡単に言うと、盛り上がりに欠ける2時間、という感想に落ち着いてしまう映画でした。

 

駄作ではないんですけど、
感情の揺さぶりがのまま過ぎ去って・・・、期待し過ぎましたかね?

 

拍子抜けした感は否めません。

 

ただ、

 

それでも2時間ぐらいなら大丈夫なんです。

 

“ツマラナイ映画”という括りには入らない1作。

 

なぜなら、

 

トム・ハンクスが1人で間を持たせてくれるから

 

「キャスト・アウェイ」の1人芝居部分には敵いませんけど、
フィンチという映画を1人で成立させてしまっているのは間違いありません。

 

本当なら、1人と1匹と1体のドラマ部分をオススメしたいんですが、
ちょっと弱く感じてしまったので、
個人的には、

 

「トム・ハンクスファンは、観ておいても良い1作」

 

とさせていただきます。

 

気になる方はですね、
Apple TV+の無料体験で視聴してみてください。0円が妥当です。
(余談ですけど、Apple TV+の字幕、ちょっと見づらいので、視聴の際はお気を付けて)

スポンサーリンク

最後に

トム・ハンクス主演『フィンチを視聴したので、
紹介させていただきました。

私はハマりませんでしたけど、
決してツマラナイ訳じゃないので、気になる方は視聴してみてください。

観て判断して頂ければなと。

ただ、お金は一切かけない方が・・・。

私は完全に0円での視聴でしたから、「まぁ、良しとするか」ぐらいで済みました。

映画館じゃなくて良かった・・・これが本音です。

ではまた。

 

(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサーリンク