後味は結構・・・『ウィッチ』キャスト/あらすじ/感想、無料で観るならU-NEXT

アニャ・テイラー=ジョイの長編映画初主演作、
ロバート・エガースの長編映画監督デビュー作、
ウィッチ

評価の高いホラー映画となっています。

ウィッチ

✅ ロバート・エガース監督作
ウィッチ(日本公開2017年)
ライトハウス」(日本公開2021年)
ザ・ノースマン」(日本公開2022年予定)

✅ アニャ・テイラー=ジョイ主演
ウィッチ(2017年:主演)
「スプリット」(2017年:出演)
「ミスター・ガラス」(2019年:出演)
ラストナイト・イン・ソーホー」(2021年:出演)
ザ・ノースマン」(2022年:出演)

ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(2020年:主演)

✅ ロバート・エガースの映画監督スタート
アニャ・テイラー=ジョイの映画女優スタートといった映画

2022年公開予定となっている、
ロバート・エガース監督3作目「ザ・ノースマン」にも出演しているアニャ・テイラー=ジョイ。

彼らが初めてタッグを組んだ1作目ウィッチ
今のうちに視聴しておいても損はありません。

スポンサーリンク

『ウィッチ』キャスト/あらすじ/感想

ウィッチ

映画『ウィッチ』 公式予告編

【監督/脚本】
ロバート・エガース

【製作】
ジェイ・ヴァン・ホイラース・クヌードセン
ジョディ・レドモンドダニエル・ベーカーマン
ホドリゴ・テイシェイラ

【製作総指揮】
ロウレンソ・サンターナソフィー・マス
マイケル・サックラージュリア・ゴジンスカヤ
クリス・コロンバスエレノア・コロンバス
アレックス・ザガルチックアレクサンドラ・ジョーンズ
ジョナサン・ブロンフマントーマス・ベンスキー
ルーカス・オチョア

【音楽】
マーク・コーヴェン

【撮影】
ジェアリン・ブラシュケ

【編集】
ルイーズ・フォード

【映画賞】
第31回サンダンス映画祭 監督賞 受賞
2017年エンパイア賞 最優秀ホラー作品賞 受賞
など、様々な賞を受賞

【評価】
Rotten Tomatoes
318件の評論のうち90%が高評価、平均で10点満点中7.7

Googleユーザー
78%が高評価

Filmarks
3500件以上のレビュー、5点満点中3.4

【日本公開】
2017年7月22日

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anya Taylor-Joy(@anyataylorjoy)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
アニャ・テイラー=ジョイ(トマシン/長女)

ラルフ・アイネソン(ウィリアム/父親)

ケイト・ディッキー(ケイト/母親)

ハーヴェイ・スクリムショウ(ケイレブ/長男、トマシンの弟)

エリー・グレインジャー(マーシー/次女、ジョナスと双子)

ルーカス・ドーソン(ジョナス/次男、マーシーと双子)

バスシェバ・ガーネット(老魔女

サラ・ステファンズ(魔女:老魔女と同一人物だと思われます)

 

あらすじ

ウィッチ』あらすじ

1630年のニューイングランド。

敬虔なキリスト教徒であるウィリアム夫婦と5人の子供たちは、
村から追放され、
遠く離れた森の近くの荒地に引っ越してきた。

厳しいながらも家族で助け合って生活していたが、
ある日、
長女のトマシンが一瞬だけ目を離した隙に、
赤ん坊のサムが何者かに連れ去られてしまった。

どんなに探してもサムの行方は不明のまま、
家族が悲しみにくれる中、今度は、
トマシンと行動を共にしていた長男のケイレブも行方不明に・・・。

立て続けに子供が2人も姿を消し、
おぞましい何かの存在を感じ始めたウィリアム夫婦は、
魔女の仕業ではないかと考え始める。

そして、

その矛先は長女のトマシンへ・・・。

やがて、

行方不明だったケイレブが見つかり、
明らかにおかしくなった長男の姿を目の当たりにした家族は、
魔女の存在を確信していく。

「・・・トマシンは魔女なのか・・・」

ウィッチ

 

【評価】
Rotten Tomatoes
318件の評論のうち90%が高評価、平均で10点満点中7.7

Googleユーザー
78%が高評価

Filmarks
3500件以上のレビュー、5点満点中3.4

ウィッチ0円で視聴するなら、
U-NEXTのキャンペーンを利用するのがベストです

 

おじさんの感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
ウィッチ』の感想

 

(そこまで怖くないけど、後味は結構・・・)

8

 

ロバート・エガース監督作「ザ・ノースマン」を楽しみに待っているので、
ホラー系は苦手ですが一応、確認だけはしておこうという変な使命感のもと、
長編映画監督デビュー作ウィッチを視聴しました。

 

観終わった時の感想は、

 

〈後味の悪い映画〉
終わり方が「ヘレディタリー/継承」っぽい感じを受けて、
魔女誕生のお話”を不気味な雰囲気で1時間30分ほど観せられた印象でした。
視覚的な怖さも後味の悪さも「ヘレディタリー/継承」の方が上ですけども、終わり方はちょっと似ていたなと。

 

そして、

 

これは結果論的にですが、

 

〈ベルセルクの蝕の魔女バージョン〉
最近ニュースになっていたからかも知れません。
結果的に、
自分以外の全てを犠牲にして、おぞましい何かの一員へと昇華されていく様を観た時、
漫画ベルセルクの蝕”を私は思い出してしまいました。
「捧・・・げる」ではなく、「捧・・・げた」でしょうけど。

 

と、

 

ウィッチはラストスパートの印象が強く、
ホラー映画が苦手な私でも全然苦にならずに観続けられました。ホラー感は強くありません。

 

むしろ、
1番怖いのは、盲信している人間だったりしますし。

 

ただ、
後味はよろしくない映画ですので、
ホラー感が弱くても、少し構えて再生した方がよろしいと思います。

 

気持ち良く停止ボタンを押せる映画じゃありませんからね。

 

それでも、
アニャ・テイラー=ジョイを観たい!!と強く思っているなら、
ウィッチは最適な1本ではないでしょうか。
1時間30分、アッという間です。

 

【評価】
Rotten Tomatoes
318件の評論のうち90%が高評価、平均で10点満点中7.7

Googleユーザー
78%が高評価

Filmarks
3500件以上のレビュー、5点満点中3.4

ウィッチ0円で視聴するなら、
U-NEXTのキャンペーンを利用するのがベストです

最後に

2022年公開予定、
絶対に映画館で視聴しようと心に決めているロバート・エガース監督作、
ザ・ノースマン」を視聴する前に、
一応観ておこうということで構えて再生したウィッチを紹介させていただきました。

構えた割にはそこまで怖くなかったので、
ホラー映画が苦手な方でも最後までイケると思いますよ。

後味はよろしくありませんけど、視覚的なキツさも強くありませんからね。

ちなみにですが、
“トマシン役”のアニャ・テイラー=ジョイ、
“ウィリアム役”のラルフ・アイネソン、
“ケイト役”のケイト・ディッキーは再び「ザ・ノースマン」で共演しております。

だから何だ?、と言われたらそれまでなんですけど・・・、一応。

ではまた。

 

(Visited 45 times, 1 visits today)

スポンサーリンク