アニャ・テイラー=ジョイ最新作『ザ・メニュー』あらすじ/キャスト/感想、後味はまぁまぁ・・

2022年11月28日

2022年11月18日から公開されているザ・メニュー

ザ・メニュー

「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)
「それでも夜は明ける」(2013年)
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(2014年)
「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年)
「ノマドランド」(2021年)などで、
アカデミー作品賞を受賞してきたサーチライト・ピクチャーズの最新作。

✅ 主演は、レイフ・ファインズとアニャ・テイラー=ジョイ。

✅ 2022年11月18日より日米同時公開。

予告動画から醸し出している雰囲気はまさに、
「何だか分からないけど、不気味・・・」。

映画館での視聴後、結局、

「完全に理解したとは言わないけど、パンチ力はあった」

そんなザ・メニューでした。

スポンサーリンク

『ザ・メニュー』あらすじ/キャスト/感想

ザ・メニュー

『ザ・メニュー』予告編〈11月18日 日米同時公開!〉

【監督】
マーク・マイロッド

【製作】
アダム・マッケイ、ベッツィ・コッホ

【撮影】
ピーター・デミング

【編集】
クリストファー・テレフセン

【音楽】
コリン・ステットソン

【日米同時公開】
2022年11月18日

 

あらすじ

ザ・メニュー』あらすじ

太平洋の孤島にあるレストラン“ホーソン”。

美しい景色を眺めながら、
完璧なサービスのもと、
有名なシェフ(レイフ・ファインズ)が作る極上のメニューを堪能するゲスト。

そんな高級レストラン“ホーソン”へやってきた1組のカップル、
マーゴ(アニャ・テイラー=ジョイ)と、
タイラー(ニコラス・ホルト)。

シェフ
「こんばんは、ホーソンへようこそ。おもてなしできて光栄です。
これからの数時間で、貴方は脂肪、塩、タンパク質、そして、
生態系を召し上がります。」

コース料理に感動するゲスト達。

しかし、

マーゴだけは違和感を感じ始めてしまう・・・。

そこから“ホーソン”は不穏な雰囲気に。

1つ1つの料理に隠されたサプライズ、
有名なシェフに隠された本当の顔。

マーゴが目の当たりにする“ホーソンとシェフ”・・・。

ザ・メニュー

スポンサーリンク

キャスト

【キャスト(役名)】
レイフ・ファインズ(ジュリアン・スローヴィク/シェフ

アニャ・テイラー=ジョイ(マーゴ

ニコラス・ホルト(タイラー

ホン・チャウ(エルサ

ジャネット・マクティア(リリアン・ブルーム

ジュディス・ライト(アン

ジョン・レグイザモ(落ちぶれている俳優

リード・バーニー(リチャード

ロブ・ヤン(ブライス

エイミー・カレロ(フェリシティ

 

アニャ・テイラー=ジョイについて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anya Taylor-Joy(@anyataylorjoy)がシェアした投稿

アニャ・テイラー=ジョイ(1996年4月16日〜)は、
アメリカ出身の女優、モデルです。

大女優への階段を駆け上がっている感のある26歳、
ザ・メニューを視聴する前に確認しておくべきではないでしょうか?

ウィッチ」(2016年)
監督:ロバート・エガース
主演:アニャ・テイラー=ジョイ(トマシン役)

アニャ・テイラー=ジョイの初長編映画主演作、
ホラー映画としても評価の高い作品です。
生贄と転化・・・魔女という存在に翻弄されていく、ある家族の物語。

U-NEXTなら見放題

ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(2020年)
全7話で描かれる爽快感抜群のドラマ
主演:アニャ・テイラー=ジョイ(ベス・ハーモン役)

評価の高いNetflixオリジナルドラマの中で、一際高評価を得ているのが、
この「クイーンズ・ギャンビット」です。
シーズン1全7話のみ、しっかりと完結しております。
Netflixへ加入しているなら、観ておいて損の無いドラマ。

Netflixで配信中

ラストナイト・イン・ソーホー」(2021年)
監督:エドガー・ライト
主演:トーマシン・マッケンジー(エロイーズ・ターナー役)
主演:アニャ・テイラー=ジョイ(サンディ役)

ホラー感とスリラー感、視聴者も一緒になって不思議でダークな体験をする作品。
ジョジョ・ラビット」のトーマシン・マッケンジーと共演しているアニャ・テイラー=ジョイ
未来の大女優2人に注目してください。

U-NEXTで399pt必要です

この他にも、
「スプリット」(2016年)、「ミスター・ガラス」(2019年)など、
「アンブレイカブル」の続編にあたる2作。

そして、
ロバート・エガース監督作「ザ・ノースマン」や、
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のスピンオフ作品、
「フュリオサ」(フュリオサ役)などの公開も控えているアニャ・テイラー=ジョイ

ザ・メニューでの彼女も必見です。

スポンサーリンク

レイフ・ファインズについて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サーチライト・ピクチャーズ(@searchlightjpn)がシェアした投稿

レイフ・ファインズ(1962年12月22日〜)は、
イギリスの俳優、映画監督、映画プロデューサーです。

「シンドラーのリスト」(1993年)で、
第66回アカデミー助演男優賞にノミネート(アーモン・ゲート役)。

「イングリッシュ・ペイシェント」(1996年)で、
第69回アカデミー主演男優賞にノミネート(アルマシー役)。

「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモート役、
などで知られるレイフ・ファインズですが、個人的なオススメはこちら。

レッド・ドラゴン」(2002年)
監督:ブレット・ラトナー
主演:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター役)
主演:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム役)
出演:レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド役)

「羊たちの沈黙」の前日譚を描いたシリーズ3作目「レッド・ドラゴン」。
個人的に「ハンニバル」よりも圧倒的にこちらの方が好きです。
レイフ・ファインズ演じる“フランシス・ダナハイド”は必見の怖さ
今作に限っていうと、レクターを凌駕する存在感を放っています。

U-NEXTで見放題
Netflixで配信中

「時の面影」(2021年)
監督:サイモン・ストーン
主演:キャリー・マリガン(エディス・プリティ役)
主演:レイフ・ファインズ(バジル・ブラウン役)

Netflixのオリジナル映画、実話を基に描いた「時の面影」。
微妙なオリジナル映画が多いNetflixですけども、この1本は観終わった後、
良い映画を観たな〜」と思える稀有な存在と言えるかもしれません。
派手さは皆無ですから、落ち着いた時間を過ごしたい方にオススメです。

Netflixで配信中

去年公開された「キングスマン:ファースト・エージェント」も印象深いんですが、
私にとってのレイフ・ファインズは、
「ハリー・ポッター」シリーズの“ヴォルデモート”より、
レッド・ドラゴン」の“フランシス・ダナハイド”。

ザ・メニューの“シェフ役”もしっかりと不気味でしたから、
レイフ・ファインズが演じた20年前の不気味キャラ、
“ダナハイド”に触れておいても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
ザ・メニュー』の感想

 

(不思議な映画でした)

8

 

アニャ・テイラー=ジョイとレイフ・ファインズの共演、
予告動画から醸し出していた不気味な雰囲気、
非常に気になっていた映画でしたから、
ザ・メニューを映画館で視聴してきました。

 

正直に言いますと、
完全に把握し理解したとは言い難いんですけど、ツマラナイなんて陳腐な言葉でまとめる事のできない、妙なパンチ力のある映画だったなと。

 

とにかくずっと“シェフ”は不気味ですし、
「その程度の理由で・・・」と思わずにはいられない“落ちぶれた俳優”という、
笑いそうになるぐらい可哀想な存在もいて、

 

「後味はまぁまぁ悪いのに、軽い爽快感を感じる不思議な映画」

 

パンチ効いてるな〜、なんて感覚になる1本でした。

 

ただ、
最高に面白かったとは言えないのも事実。
もうちょっと説明があっても良かったかなと。

 

“シェフ”の想いを完璧に理解するのは不可能です。
(理解できる存在もいるにはいるんですが、理由の弱い存在もいるので、何とも・・・)

 

“シェフ”の過去だったり、
なぜこの客たちが集められたのか、
なぜ店側と客側全てを◯◯しなければならないのか、
何となくは分かった気になるんですよ。

 

あくまでも、

 

「何となく・・・」

 

そんな状態なのに、どうしてでしょう、

 

「ツマラナイ映画ではない、けど、最高に面白かったとも言えない、なのに、ちょっとオススメしたい・・・」

 

本当に不思議な映画でした。

 

1つだけハッキリと分かったことは、

 

作中、最初からずっと、口の中の想像味覚とでも言いますか、
“シェフ”の出す料理の味を、味覚で想像できないんですけど、
最後の最後にバッチリと想像させるんです。

 

チーズバーガーの味だけバッチリ。

 

私は自分の想像味覚の限界をこれでもかと、突きつけられた気分になりました。

 

この味覚部分に強弱を感じたから、
ザ・メニューをパンチのある映画だと思ったのかもしれません。

 

味覚を揺さぶる映画・・・、初めてでした。
ちょっとオススメです。

スポンサーリンク

最後に

2022年11月18日から公開されている、
不気味な雰囲気の映画ザ・メニューを紹介させていただきました。

賛否は分かれると思いますけど、
個人的にはちょっとオススメしたい映画でした。

ちなみに、
英語のwikiページだと、
ザ・メニューは、ブラックコメディ・ホラー映画と表記されています。

タブー(禁忌)な笑いが散りばめられたオゾマシイ映画・・・

的を得ている気がする・・・。

ではまた。

 

(Visited 350 times, 1 visits today)

スポンサーリンク