映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』キャスト/前作を視聴できるサイト/感想

2024年4月2日

「ゴーストバスターズシリーズ」の5作目(リブート版含む)、
「アフターライフ」(2022年)の続編、
ゴーストバスターズ/フローズン・サマーが3月29日に公開されました。

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー

✅ 「アフターライフ」の脚本を担当していたギル・キーナンが今作の監督
(前作の監督ジェイソン・ライトマンは今作の脚本・製作に関わっている)

✅ キャストは前作からほぼ継続
(往年の“いつもの顔”たちも継続して登場)

✅ 日米同時公開予定
(2024年3月29日)

前作「アフターライフ」はオクラホマ州サマーヴィルの田舎町が舞台でしたが、
今作フローズン・サマーは大都市ニューヨークが舞台となっています。

あのイヤなキャラも復活しそうですから、
私のようなおじさんには懐かしさが押し寄せる1本になっていそう。

良いか悪いかは観てみないと分かりません。

ということで、視聴してきました。

スポンサーリンク

映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー

【特報!全世界一斉解禁】『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』2024年3月29日(金)全国の映画館にて公開!!〈予告1〉

【監督】
ギル・キーナン

【脚本】
ジェイソン・ライトマン、ギル・キーナン

【原作】
ダン・エイクロイド、ハロルド・レイミス
「ゴーストバスターズ」

【製作】
ジェイソン・ライトマン、ギル・キーナン
Jason Blumenfeld

【撮影】
エリック・スティールバーグ

【日米同時公開】
2024年3月29日

1:前作「アフターライフ」の監督ジェイソン・ライトマンが今作も監督をする予定でしたが、
ギル・キーナンが監督を引き継ぐことになりました。

2:1984年「ゴーストバスターズ」、1989年「ゴーストバスターズ2」の脚本を務めていたのが、
ダン・エイクロイド(レイ役で出演)とハロルド・ライミス(イゴン役で出演)でした。
「ゴーストバスターズ」という物語を作り上げたのがこの2人です。

ちなみに、
ハロルド・ライミスは2014年2月24日に自己免疫性炎症性血管炎のため69歳で死去。
前作「アフターライフ」にCG映像で出演しています。

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mckenna Grace(@mckennagraceful)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
マッケナ・グレイス
フィービー・スペングラー:キャシーの娘で、イゴン博士の孫)

フィン・ウルフハード
トレヴァー・スペングラー:キャシーの息子でフィービーの兄、イゴン博士の孫)

キャリー・クーン
キャリー・スペングラー:イゴンの娘で、フィービーとトレヴァーの母親)

ポール・ラッド
ゲイリー・グルーバーソン:地震学者、サマースクールの講師)

セレステ・オコナー
ラッキー・ドミンゴ:トレヴァーのアルバイト仲間)

ローガン・キム
ポッドキャスト:フィービーのクラスメイト)

ビル・マーレイ
ピーター・ヴェンクマン博士:ゴーストバスターズの創設者の1人)

ダン・エイクロイド
レイモンド・スタンツ博士:ゴーストバスターズの創設者の1人)

アーニー・ハドソン
ウィンストン・ゼドモア:初代ゴーストバスターズのメンバーの1人、経営者として成功している)

アニー・ポッツ
ジャニーン・メルニッツ:初代ゴーストバスターズの元受付嬢)

クメイル・ナンジニア
ナディーム:レイモンドの店に、ヤバい球体を持ち込んだ男性)

ウィリアム・アザートン
ウォルター・ペック:1984年「ゴーストバスターズ」では連邦環境保護局ニューヨーク第3支部の部長として、ゴーストバスターズの活動を批判していた人物。今作ではニューヨーク市長)

スポンサーリンク

マッケナ・グレイス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mckenna Grace(@mckennagraceful)がシェアした投稿

フィービー・スペングラー役”で出演しているマッケナ・グレイス(2006年6月25日〜)は、
アメリカの女優、歌手です。

主な映画出演作(年代は日本公開年)は、

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(2016年)
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:(デイジー・ブラックウェル役)

レディ・プレイヤー1」(2018年)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:(小学生役)

「キャプテン・マーベル」(2019年)
監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
出演:(13歳のキャロル・ダンヴァース役)

(出典元:U-NEXT「アナベル 死霊博物館」)

「アナベル 死霊博物館」(2019年)
監督:ゲイリー・ドーベルマン
出演:(ジュディ・ウォーレン役)

ゴーストバスターズ/アフターライフ」(2022年)
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:(フィービー・スペングラー役)

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』(2024年)
監督:ギル・キーナン
出演:(フィービー・スペングラー役)

イゴン博士”の孫“フィービー”を演じているマッケナ・グレイス、
前作に引き続き続投しています。

個人的にはですね、
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」や、
レディ・プレイヤー1」などは視聴したんですけど、全く覚えておらず・・・。

ゴーストバスターズ/アフターライフ」で初めて認識した若手女優さんです。

前作のラスト、
イゴン”とのシーンには泣かされましたので、
今作でも「またかよ〜」と重たくならない程度の共闘シーンでもあればと期待していましたけど、
流石になかったですね。

スポンサーリンク

フィン・ウルフハード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vancouver Canucks(@canucks)がシェアした投稿

トレヴァー・スペングラー役”で出演しているフィン・ウルフハード(2002年12月23日〜)は、
カナダ出身の俳優、ミュージシャンです。

主な出演作は(年代は日本公開年)、

ドラマ「ストレンジャー・シングス」(2016年〜)
ショーランナー・原案:マット・ダファー、ロス・ダファー
出演:(マイク・ウィーラー役)

映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(2017年)
監督:アンディ・ムスキエティ
出演:(リッチー・トージア役)

(出典元:U-NEXT「IT/イット THE END」)

映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」(2019年)
監督:アンディ・ムスキエティ
出演:(少年時代のリッチー・トージア役)

映画「ゴーストバスターズ/アフターライフ」(2022年)
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:(トレヴァー・スペングラー役)

映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』(2024年)
監督:ギル・キーナン
出演:(トレヴァー・スペングラー役)

イゴン博士”の孫、“フィービー”の兄“トレヴァー”を演じているフィン・ウルフハード。

映画「IT」を視聴した方なら、そちらの印象もあるんでしょうけど、
私は視聴していないので、強烈な印象といえば、
Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス」の“マイク”となっている若手俳優です。

そんな印象ですから、
前作「アフターライフ」を視聴した時でも結局、
「おっ、“マイク”が有名タイトルの映画に出演している」という感じに・・・。

ストレンジャー・シングス」の最終シーズンも控えておりますが、
いつの配信になるかはまだ未定状態ですので、
フィン・ウルフハードのファンの方達には、
ゴーストバスターズ/フローズン・サマーは最適、映画館で楽しんでください。

 

アニー・ポッツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Annie Potts(@thisisanniepotts)がシェアした投稿

(右は“イゴン役”のハロルド・ライミス)

ジャニーン・メルニッツ役”で出演しているアニー・ポッツ(1952年10月28日〜)は、
アメリカの女優、声優です。

今までの「ゴーストバスターズシリーズ」(シリーズ4本、リブート版1本)、
その全てに出演しています(年代は日本公開年)。

「ゴーストバスターズ」(1984年)
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:(ジャニーン・メルニッツ役)

「ゴーストバスターズ2」(1989年)
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:(ジャニーン・メルニッツ役)

(出典元:U-NEXT「ゴーストバスターズ」)

リブート版「ゴーストバスターズ」(2016年)
監督:ポール・フェイグ
出演:(ホテルのフロント係役)

ゴーストバスターズ/アフターライフ」(2022年)
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:(ジャニーン・メルニッツ役)

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』(2024年)
監督:ギル・キーナン
出演:(ジャニーン・メルニッツ役)

前作「アフターライフ」に赤縁メガネをかけて登場した“ジャニーン・メルニッツ”、
演じているアニー・ポッツは今作にも出演しています。

リブート版にも出演しておりますから、
「ゴーストバスターズシリーズ」になくてはならない脇役キャラ。
(リブート版ではホテルのフロント係、設備係が地下にいるとバスターズを迎え入れるだけの役どころでした)

ちなみに、アニー・ポッツ以外でシリーズ全てに出演しているのは、

(出典元:U-NEXT「ゴーストバスターズ」)

ビル・マーレイ(ピーター・ヴェンクマン博士)
「1」「2」「アフターライフ」フローズン・サマーに出演
リブート版には、“ゴーストに否定的なマーティン・ハイス博士役”として出演

ダン・エイクロイド(レイモンド・スタンツ博士)
「1」「2」「アフターライフ」フローズン・サマーに出演
リブート版には、“タクシー運転手役”で出演し、乗車拒否するだけの役
(セリフ的には、ゴーストのことを知っている風でした)

アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア)
「1」「2」「アフターライフ」フローズン・サマーに出演
リブート版では、“葬儀場の経営者役”で物語の終盤に少しだけ登場

今作に出演するかどうかは不明ですけど・・・
シガニー・ウィーバー(ディナ・バレット)
「1」「2」「アフターライフ」に出演
リブート版には、物語の終盤に“レベッカ・ゴードン博士”として登場

「ゴーストバスターズシリーズ」に出演している“いつもの顔”として、
ゴーストバスターズ/フローズン・サマーのアニー・ポッツにも注目です。
(ちょい役でしょうけどね)

スポンサーリンク

ウィリアム・アザートン

ウォルター・ペック役”で出演しているウィリアム・アザートン(1947年7月30日〜)は、
アメリカの俳優、声優です。

そこまで有名な俳優さんではありませんけど、
実は知っている方も多くいるのではないか、という俳優さんです。

有名な出演作(年代は日本公開年)は、

「ゴーストバスターズ」(1984年)
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:(ウォルター・ペック役)

ダイ・ハード」(1989年)
監督:ジョン・マクティアナン
出演:(リチャード・ソーンバーグ役)
〈マクレーン家へ強引な取材をするTVリポーター、最終的にホリーの鉄拳制裁を喰らう〉

「ダイ・ハード2」(1990年)
監督:レニー・ハーリン
出演:(リチャード・ソーンバーグ役)
〈ホリーと同じ飛行機に搭乗していて、ホリーからはスタンガン攻撃、最終的に老婦人から罵倒される)

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』(2024年)
監督:ギル・キーナン
出演:(ウォルター・ペック役)

「ゴーストバスターズシリーズ」へ、
40年ぶりに復活したキャラクター“ウォルター・ペック”で出演するウィリアム・アザートン。

「ダイ・ハードシリーズ」でもイヤな役回り、
「ゴーストバスターズ」(1984年)でもイヤな役回り、
今作でももしかすると同じような・・・。

ホリーに制裁を2度も喰らい、
マシュマロ大量摂取も喰らいましたから、
当然のように今作でも何かしらを喰らっていただきたい!

ゴーストバスターズ/フローズン・サマーは3月29日から公開されています。

スポンサーリンク

「アフターライフ」を視聴可能なサイト

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予告3

前作「ゴーストバスターズ/アフターライフ」(2022年)は、
今現在(2024年2月6日)、
こちらの動画サイトで視聴可能となっています。

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」視聴可能サイト

Netflix
「アフターライフ」の他に、「ゴーストバスターズ」(1984年)、
「ゴーストバスターズ2」(1989年)、
「ゴーストバスターズ」(2016年)が見放題配信中
契約中の方なら、Netflixは最適

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!
「アフターライフ」は199pt必要
その他のシリーズは3本とも見放題配信中
Netflixに加入していないのなら、上のリンクからU-NEXTのキャンペーンに加入し、600ptを無料で頂いてから199ptを使用して「アフターライフ」を視聴すれば、0円です

Amazon Prime Video
⇨シリーズ4本とも配信中ですが、今現在だとレンタル料がかかる仕様となっています
⇨「アフターライフ」を無料で視聴するのは少し難しい

Hulu
⇨シリーズ4本とも配信中、うち「アフターライフ」だけHuluストアでのレンタルとなっています
⇨加入している方なら、「アフターライフ」以外を無料で視聴可能

調べてみると、
ゴーストバスターズ/アフターライフ」を無料配信しているのは今現在、
Netflixのみとなっていました。

続編のフローズン・サマーが劇場公開されれば、
この状況は変化しそうですので、
どうしても即視聴したい方だけ行動を起こしていただけたらなと。

ゴーストバスターズ/フローズン・サマーは、
2024年3月29日から日米同時公開です。

スポンサーリンク

『フローズン・サマー』の感想(ネタバレ注意)

おじさんの声
おじさんの声
ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』の感想

 

(前作と同様の感動を期待すると失敗します)

6.5

 

前作「アフターライフ」を映画館で視聴し感動させられてしまったので、
今作フローズン・サマーも期待しつつ、映画館へ足を運んできました。

 

結論から言うと、

 

ちょっと残念・・・

 

飽きずにラストまで行けるのは間違い無いのですが、
面白さといった部分ではちょっと弱かったですね。

 

個人的には2つほど。

 

〈ラスボス登場までのスロー感と、ラストバトルのアッサリ感〉
とにかくラスボス登場までの前置き感が長すぎます。
もう少し早く登場させてくれていれば、怖さもそれなりに感じられたと思うのですが、
登場して即ラストバトルとなり、アッサリ決着ですから、
1本の映画として盛り上がりに欠ける印象で終わってしまいました。

 

〈感動的な部分は前作が最高値〉
前作「アフターライフ」では、
最高に感動的だった旧ゴーストバスターズ登場シーンと、
ゴーストタイプの“イゴン”参戦という、おじさんの涙腺を緩ませるには十分過ぎるシーンがありました。
けど、
今作フローズン・サマーには・・・。
感動的な部分は前作で枯渇してしまいましたね。
シガニー・ウィーバーとリック・モラニスあたりをゴーストバスターズとして戦わせる、
それぐらいの離れ業があれば良かったんですけど・・・。

 

少し期待し過ぎたのかもしれません。

 

そう何度も同じコンテンツで感動できるはず、ありませんよね。

 

私のミス・・・。

 

とはいえ、
これは昔の「ゴーストバスターズシリーズ」を視聴してきたおじさんの感想ですから、
あまり参考にはせず、
ご自分の目で確かめて頂きたいと思います。

 

飽きなかったのは事実ですので。

 

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー
3月29日から劇場公開されています。

スポンサーリンク

最後に

「ゴーストバスターズシリーズ」の5作目(リブート版含む)、
アフターライフ」(2022年)の続編、
3月29日から公開されているゴーストバスターズ/フローズン・サマーを紹介させていただきました。

以前にも書きましたが、
3月は忙しいです。

年度末ということもありますけど、
デューン 砂の惑星PART2」が3月15日、
フローズン・サマーは「オッペンハイマー」と同じ3月29日公開・・・。

映画好きにとって最高でもあり、
大忙しになる気配もあって、複雑な心境でございます。

もう少しバラけてくれても良かったのでは・・・今更何を言っても致し方ありませんね。

ただただ頑張ります、映画館に行きまくって。

ではまた。

 

(Visited 79 times, 1 visits today)

スポンサーリンク