映画『デューン 砂の惑星PART2』キャスト/前作の配信サイト【2024年3月15日公開】

2021年に公開された「DUNE/デューン 砂の惑星」、
その続編が3月15日より公開予定となっています。

映画『デューン 砂の惑星PART2

✅ 前作からスタッフ陣、キャスト陣はほぼ続投
(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演:ティモシー・シャラメなど)

✅ 原作はフランク・ハーバートのSF大河小説「デューン 砂の惑星」
(前作は2部作の1作目、今作は2部作の2作目となっています)

✅ アメリカでの公開は3月1日、日本での公開は3月15日予定

注目作が一気に公開される3月。

このデューン 砂の惑星PART2(3月15日)から、
「オッペンハイマー」(3月29日)、
「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」(3月29日)など、
とりあえず映画館で視聴しておかないといけない作品が多いです。

まずはデューン 砂の惑星PART2

スポンサーリンク

映画『デューン 砂の惑星PART2』

デューン 砂の惑星PART2

映画『デューン 砂の惑星PART2』予告 2024年3月15日公開

【監督】
ドゥニ・ヴィルヌーヴ

【脚本】
ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
エリック・ロス

【原作】
フランク・ハーバート「デューン」

【製作】
メアリー・ペアレント、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
ケイル・ボイター

【音楽】
ハンス・ジマー

【撮影】
グリーグ・フレイザー

【編集】
ジョー・ウォーカー

【日本公開】
2024年3月15日

 

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Timothée Chalamet(@tchalamet)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
ティモシー・シャラメ(ポール・アトレイデス

ゼンデイヤ(チャニ

レベッカ・ファーガソン(レディ・ジェシカ

ジョシュ・ブローリン(ガーニイ・ハレック

オースティン・バトラー(フェイド=ラウサ・ハルコンネン

フローレンス・ピュー(皇女イルーラン

デイヴ・バウティスタ(グロッス・ラッバーン

クリストファー・ウォーケン(シャッダム4世

スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(スフィル・ハワト

レア・セドゥ(レディ・フェンリング

ステラン・スカルスガルド(ウラディミール・ハルコンネン男爵

シャーロット・ランプリング(ガイウス・ヘレン・モヒアム

ハビエル・バルデム(スティルガー

スポンサーリンク

ティモシー・シャラメ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Timothée Chalamet(@tchalamet)がシェアした投稿

ポール・アトレイデス役”のティモシー・シャラメ(1995年12月27日〜)は、
アメリカとフランスの俳優(二重国籍)です。

主な出演映画は(年代は日本公開年)、

インターステラー」(2014年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(少年期のトム・クーパー役)

(出典元:U-NEXT「君の名前で僕を呼んで」)

「君の名前で僕を呼んで」(2018年)
監督:ルカ・グァダニーノ
出演:(エリオ・パールマン役)
第90回アカデミー賞:主演男優賞 ノミネート

「ビューティフル・ボーイ」(2019年)
監督:フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン
出演:(ニック・シェフ役)

(出典元:U-NEXT「DUNE/デューン 砂の惑星」)

DUNE/デューン 砂の惑星」(2021年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(ポール・アトレイデス役)

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」(2023年)
監督:ポール・キング
出演:(ウィリー・ウォンカ役)

デューン 砂の惑星PART2』(2024年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(ポール・アトレイデス役)

クリストファー・ノーラン監督作「インターステラー」で、
ティモシー・シャラメを初めて観たという方も多いのではないでしょうか?
私もその1人。

あの時は、
こんな世界中から注目されている若手俳優になるとは・・・微塵も思いませんでしたけどね。
(どちらかと言うと、幼少期の“マーフ”を演じていたマッケンジー・フォイの方が・・・)

まさにこれからといった感じのティモシー・シャラメ。
2度目の演技となる“ポール・アトレイデス”、楽しみにしております。

スポンサーリンク

ジョシュ・ブローリン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Josh Brolin(@joshbrolin)がシェアした投稿

ガーニイ・ハレック役”で出演しているジョシュ・ブローリン(1968年2月12日〜)は、
アメリカの俳優です。

映画「グーニーズ」(1985年)の“ブランドン・ウォルシュ役”で映画デビュー、
その後も多くの映画に出演しておりますので、
何となく観たことのある俳優さんではないでしょうか?

印象深いのは(年代は日本公開年)、

「グーニーズ」(1985年)
監督:リチャード・ドナー
出演:(ブランドン・ウォルシュ役)

「インビジブル」(2000年)
監督:ポール・バーホーベン
出演:(マシュー“マット”・ケンジントン役)

(出典元:U-NEXT「ノーカントリー」)

「ノーカントリー」(2008年)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:(ルウェリン・モス役)

「ミルク」(2009年)
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:(ダン・ホワイト役)
第81回アカデミー賞:助演男優賞 ノミネート

「メン・イン・ブラック3」(2012年)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:(ヤング・エージェントK役)

「L.A. ギャング ストーリー」(2013年)
監督:ルーベン・フライシャー
出演:(ジョン・オマラ役)

(出典元:U-NEXT「エベレスト 3D」)

「エベレスト 3D」(2015年)
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:(ベック・ウェザーズ役)

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:(サノス役/モーションキャプチャ・声の出演)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:(サノス役/モーションキャプチャ・声の出演)

(出典元:U-NEXT「DUNE/デューン 砂の惑星」)

DUNE/デューン 砂の惑星」(2021年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(ガーニイ・ハレック役)

デューン 砂の惑星PART2』(2024年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(ガーニイ・ハレック役)

近年でジョシュ・ブローリンといえば、
「アベンジャーズ」シリーズの“サノス”が印象深くなっているかも知れません。

私のようなおじさんだと、
コーエン兄弟の「ノーカントリー」、
実際に起きた事故を基に描かれた「エベレスト 3D」などの印象が強い俳優さんです。

ちなみに、
韓国版「オールド・ボーイ」のハリウッド版リメイクに主演しておりますが、
個人的に駄作といった印象でしたので外しました。
(韓国版が良すぎるだけ、なんでしょうが)

そして今作デューン 砂の惑星PART2で、
2度目の“ガーニイ・ハレック役”を続投、前作よりは出演シーンが増えていそうです。
脇役としていぶし銀な感じもありますから、注目しておいてもよろしいかと。

 

フローレンス・ピュー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Florence Pugh(@florencepugh)がシェアした投稿

皇女イルーラン役”で出演しているフローレンス・ピュー(1996年1月3日〜)は、
イギリス出身の女優です。

ティモシー・シャラメと同様、
若手注目株女優として世界中から視線を注がれている感じですね。

主な出演作は(年代は日本公開年)、

(出典元:U-NEXT「ミッドサマー」)

ミッドサマー」(2020年)
監督:アリ・アスター
出演:(ダニー・アーダー役)

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」(2020年)
監督:グレタ・ガーウィグ
出演:(四女エイミー・マーチ役)
第92回アカデミー賞:助演女優賞 ノミネート

「ブラック・ウィドウ」(2021年)
監督:ケイト・ショートランド
出演:(エレーナ・ベロワ役)

デューン 砂の惑星PART2』(2024年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演(皇女イルーラン役)

「オッペンハイマー」(2024年)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:(ジーン・タットロック役)

フローレンス・ピュー、
彼女の印象は何といっても、恐ろしい色に輝きまくっている主演作「ミッドサマー」ではないでしょうか?

彼女が演じた“ダニー”の強烈さなのか、
映画の内容そのものの強烈さなのかは分かりませんけど、
私がフローレンス・ピューと見聞きした場合、必ず「ミッドサマー」が蘇ってしまいます。

この先、この印象を払拭していくのは大変でしょうね。

という感じですから、
デューン 砂の惑星PART2の“皇女イルーラン”、ある意味1番注目しております。

スポンサーリンク

クリストファー・ウォーケン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワーナー ブラザース ジャパン(@warnerjp_official)がシェアした投稿

(スライドしていって頂ければ、登場します)

 

シャッダム4世役”で出演しているクリストファー・ウォーケン(1943年3月31日〜)は、
アメリカの俳優です。

名脇役としても名が通っている俳優さんです。
有名な映画にも数多く出演しています(年代は日本公開年)。

「アニー・ホール」(1978年)
監督:ウディ・アレン
出演:(デュエイン・ホール役)

(出典元:U-NEXT「ディア・ハンター」)

「ディア・ハンター」(1979年)
監督:マイケル・チミノ
出演:(ニック役)
第51回アカデミー賞:助演男優賞 受賞

「天国の門」(1981年)
監督:マイケル・チミノ
出演:(ネイサン・D・チャンピオン役)

「007/美しき獲物たち」(1985年)
監督:ジョン・グレン
出演:(マックス・ゾリン役)

「バットマン リターンズ」(1992年)
監督:ティム・バートン
出演:(マックス・シュレック役)

「パルプ・フィクション」(1994年)
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:(クーンツ大尉役)

(出典元:U-NEXT「スリーピー・ホロウ」)

「スリーピー・ホロウ」(2000年)
監督:ティム・バートン
出演:(首なし騎士役)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2003年)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:(フランク・ウィリアム・アバグネイル役)
第75回アカデミー賞:助演男優賞 ノミネート

「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」(2021年)
監督:ティム・ヒル
出演:(ジェリー役)

デューン 砂の惑星PART2』(2024年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演(シャッダム4世役)

マイケル・チミノ監督作、
ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケンの「ディア・ハンター」、
有名な映画ですけど、若い人にはあまりピンと来ないかも知れません。
(私も視聴したのは大人になってから、1979年は無理です)

もしかすると、
ティム・バートン監督作「スリーピー・ホロウ」の“首なし騎士”が印象深くなっている感じでしょうか?

「パルプ・フィクション」ではちょっとしか登場しないし・・・。

今作デューン 砂の惑星PART2の“シャッダム4世役”もそこまで登場シーンが多いとは思えませんけど、
画を引き締める俳優さんであることは間違いありませんから、
注目しておいても損は無いと思います。

 

ハビエル・バルデム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワーナー ブラザース ジャパン(@warnerjp_official)がシェアした投稿

(スライドしていって頂ければ、座っている姿勢で写っているのがバルデムです)

 

スティルガー役”で出演しているハビエル・バルデム(1969年3月1日〜)は、
スペインの俳優です。

主な映画出演作は(年代は日本公開年)、

「夜になるまえに」(2001年)
監督:ジュリアン・シュナベール
出演:(レイナルド・アレナス役)
第73回アカデミー賞:主演男優賞 ノミネート

「海を飛ぶ夢」(2005年)
監督:アレハンドロ・アメナーバル
出演:(ラモン役)

(出典元:U-NEXT「ノーカントリー」)

「ノーカントリー」(2008年)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:(アントン・シガー役)
第80回アカデミー賞:助演男優賞 受賞

「BIUTIFUL ビューティフル」(2011年)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:(ウスバル役)
第83回アカデミー賞:主演男優賞 ノミネート
第63回カンヌ国際映画祭:男優賞 受賞

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(2017年)
監督:ヨアヒム・ローリング、エスペン・サンドベリ
出演:(アルマンド・サラザール役)

「愛すべき夫妻の秘密」(2021年)
監督:アーロン・キーソン
出演:(デジ・アーナズ役)
第94回アカデミー賞:主演男優賞 ノミネート

(出典元:U-NEXT「DUNE/デューン 砂の惑星」)

DUNE/デューン 砂の惑星」(2021年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(スティルガー役)

「シング・フォー・ミー、ライル」(2023年)
監督:ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック
出演:(ヘクター・P・ヴァレンティ役)

デューン 砂の惑星PART2』(2024年)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:(スティルガー役)

幅広い役をデ・ニーロばりに難なくこなす名優ハビエル・バルデム。

とりわけコーエン兄弟監督作「ノーカントリー」で演じた殺し屋“アントン・シガー役”は、
悪役として映画史に残ると言われるほどの演技を魅せてくれています。
(恐ろしくて魅力的でしたね)

今作デューン 砂の惑星PART2での“スティルガー役”、
前作に引き続き続投となっています。

前作での登場は終盤のみ、
今作はもう少し登場シーンも増えるのではないかと・・・完全な名優ですし、勿体無いですから。

デューン 砂の惑星PART2
日本で2024年3月15日から公開予定となっています。

スポンサーリンク

「DUNE/デューン 砂の惑星」配信サイト

「DUNE/デューン 砂の惑星」

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』US予告

前作「DUNE/デューン 砂の惑星」は、
2024年2月3日現在、
日本で視聴できる配信サイトはこんな感じになっています。

「DUNE/デューン 砂の惑星」配信サイト

Amazon Prime Video
年会費5900円、または月額600円(税込)で視聴可能
前作(字幕版)は見放題配信されています

U-NEXT
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!
無料トライアルを利用すると600ptがもらえるので、その中から199ptを使用し0円視聴が可能
通常ですと、月額2189円(税込)

Hulu
月額1026円(税込)
Huluストアにて、レンタル料金440円で視聴可能

前作「DUNE/デューン 砂の惑星」を視聴、
U-NEXTの無料トライアルを使用したことが無い人なら、
0円視聴可能なので、U-NEXTが何よりオススメです。

すでに使用してしまっているなら、
Amazon Prime Videoでの字幕版視聴が良心的料金ですので、
そちらを利用してください。

デューン 砂の惑星PART2は2024年3月15日から公開予定、
その前にお楽しみを。

スポンサーリンク

最後に

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作、
ティモシー・シャラメ主演映画デューン 砂の惑星PART2のキャストを紹介させていただきました。

前作から約3年、
まだ記憶にも新しいし、ちゃんとした続編ですから、
ちょっとだけ配信サイトでおさらいして映画館へ足を運べば問題ないかなと。

デヴィッド・リンチ版はもうこの際どうでも良い、
新しい「砂の惑星」を楽しむだけですね。

映画館で視聴するべき1本だと、個人的には強く思っています。

ではまた。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

スポンサーリンク